2008年 06月 30日
【F1】2008年Rd.6 モナコGP 結果

雨とアクシデントで展開が二転三転。久しぶりに面白いモナコGPが見られて満足。


b0039141_2424085.jpg

スタート直後にマシンを傷めて先頭グループから一旦は脱落したハミルトン。
そこから幸運と驚異の追い上げでトップを奪い返した!
Photo © xpb.cc


b0039141_243528.jpg

最後までツキを味方に付けたハミルトンがデビュー2年目でモナコ初優勝。
いやっほーーーーい!
Photo © McLaren Group



Rd.6 Grand Prix de Monaco
@ Monte Carlo, Monaco, May 25, 2008


■ Final Classification : 76Laps / Wet ※2時間ルール適用

[Pos.] # Driver (Nat.);     Const. Chassy; Tyre Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 22 Lewis HAMILTON (GBR); McLaren MP4-23; BS  2:00’42.742 ( 3)
[ 2]  4 Robert KUBICA (POL); BMW Sauber F1.08; BS     +3.064 ( 5)
[ 3]  2 Felipe MASSA (BRA); Ferrari F2008; BS          +4.811 ( 1)
[ 4] 10 Mark WEBBER (AUS); Red Bull RB4; BS         +19.295 ( 9)
[ 5] 15 Sebastian VETTEL (GER); Toro Rosso STR3; BS    +24.657 (19)
[ 6] 17 Rubens BARRICHELLO (BRA); Honda RA108; BS   +28.408 (14)
[ 7]  8 中嶋 一貴 (JPN); Williams FW30; BS           +30.180 (13)
[ 8] 23 Heikki KOVALAINEN (FIN); McLaren MP4-23; BS  +33.191 ( 4)


b0039141_2432987.jpg

今季2勝目をマークして、チャンピオンシップでも首位を奪還した。
にしても、マクラーレンはモナコで強いな。
Photo © xpb.cc



Race Leader

 Lap 1~:  2 Felipe MASSA ; Ferrari
 Lap16~:  4 Roberto KUBICA ; BMW Sauber
 Lap26~:  2 Felipe MASSA ; Ferrari
 Lap33~: 22 Lewis HAMILTON ; McLaren
 
 44 Laps - 22 Lewis HAMILTON ; McLaren
 22 Laps -  2 Felipe MASSA ; Ferrari
 10 Laps -  4 Roberto KUBICA ; BWM Sauber

Pole Position

2 Felipe MASSA (BRA); Ferrari F2008; BS  1'15.787

Fastest Lap

1 Kimi RAIKKONEN (FIN); Ferrari F2008; BS  1'16.689 @ Lap 74


b0039141_2434483.jpg

ハミルトンの奇跡の逆転劇を演出したのは自滅したフェラーリ勢。
とくにライコネンはドタバタとみっとないレースになった。なにやってんの?
Photo © xpb.cc / Motorsport.com



b0039141_244028.jpg

モナコ!
Photo © xpb.cc / Motorsport.com




 
 
■ Point Standings

Driver

[ 1] 22 Lewis HAMILTON (GBR); McLaren  38pts. ↑
[ 2]  1 Kimi RAIKKONEN (FIN); Ferrari  35pt. (-3) ↓
[ 3]  2 Felipe MASSA (BRA); Ferrari  34pts. (-4) ↓
[ 4]  4 Robert KUBICA (POL); BMW Sauber  32pts. (-6) →
[ 5]  3 Nick HEIDFELD (GER); BMW Sauber  20pts. (-18) →
[ 6] 23 Heikki KOVALAINEN (FIN); McLaren  15pts. (-23) →
[ 7] 10 Mark WEBBER (AUS); Red Bull  15pts. (-23) →
[ 8]  5 Fernando ALONSO (ESP); Renault  9pts. (-29) ↑
[ 9] 11 Jarno TRULLI (ITA); Toyota  9pts. (-29) →
[10]  7 Nico ROSBERG (GER); Williams  8pts. (-30) →
[11]  8 中嶋 一貴 (JPN); Williams  7pts. (-31) →
[NC] 18 佐藤 琢磨 (JPN); Aguri  0pt.

Constructor

[ 1] Ferrari ; Scuderia Ferrari Marlboro  69pts. →
[ 2] McLaren ; Vodafone McLaren Mercedes  53pts. (-16) ↑
[ 3] BMW Sauber ; BMW Sauber F1 Team  52pts. (-17) ↓
[ 4] Williams ; AT&T Williams F1 Team  15pts. (-54) →
[ 5] Red Bull ; Red Bull Racing  15pts. (-54) →
[ 6] Toyota ; Panasonc Toyota Racing  9pts. (-60) →
[ 7] Renault ; ING Renault F1 Team  9pts. (-60) →
[ 8] Toro Rosso ; Scuderia Toro Rosso  6pts. (-63) ↑
[ 9] Honda ; Honda Racing F1 Team  6pts. (-63) ↓
[NC] Super Aguri ; Super Aguri F1 Team  0pt.


b0039141_2444638.jpg

ハミルトンがモナコを制してポイント首位奪回。
やっぱこの若者はスターの星を持ってるわ。
Photo © xpb.cc / GPUPDATE


b0039141_2445914.jpg

スーティルのカマ掘って泣かしちゃったライコネン。
泣きたいのはこっちだよとは絶対言わないタイプ。2位に落ちても気にして無さそう・・・
Photo © Ferrari S.p.A.


b0039141_2451217.jpg

ハミルトンの優勝は多分にツキが作用してたけど、クビサの2位は完全に実力。
荒れたレースだったとは言え、フェラーリを追い込んだスピードは素晴らしいの一言。
Photo © Ferrari S.p.A.


b0039141_245332.jpg

Photo © Renault F1 UK



■ Statistics and Notes

ポールポジション(PP)記録
  • F.Massaが2戦連続今季トップの3回目、モナコGPでは自身初、通算12回目のPP獲得。G.Berger、D.Coulthard、J-P.Montoyaと並ぶ歴代25位タイに。同20位タイのJ.Brabham('59、’60、’66)、G.Hill(’62、’68)、J.Villeneuve(’97)、J.Ickx、R.Barrichelloの記録「13」まであと「1」。現役では4位タイ。
  • Ferrariが4戦連続、モナコGPでは8年ぶり9回目、通算199回目のPP獲得。歴代1位の最多記録を更新し、同2位のMcLarenの記録「134」との差は「65」に。

b0039141_245468.jpg

本人もビックリだったPPゲット。そんだけナチュラルに速くなってるってことか?
確かに最近、以前の粗さが消えて、かなりスムーズに速くなって気がするわ。
Photo © xpb.bb / Motorsport.com


優勝記録
  • L.Hamiltonが今季2回目、モナコGPでは自身初、通算6回目の優勝。J.Surtees(’64)、J.Rindt(’70)、G.Villeneuve、R.Schumacherら7人と並ぶ歴代34位タイに。同31位タイのR.Arnoux、J-P.Montoya、J.Massaの記録「7」まであと「1」。現役では6位。
  • McLarenが今季2回目、モナコGPでは2年連続最多15回目、通算158回目の優勝。現在歴代2位。同1位のFerrariの最多記録「205」との差は「47」に。

b0039141_246390.jpg

レース中盤のハミルトンの集中力は見事だった。
去年、「自分はナンバー2だから」って言ってたのは、ただの負け惜しみじゃなかったわけだ。
Photo © xpb.bb / Motorsport.com


表彰台記録
  • L.Hamiltonが3戦連続、今季4回目、モナコGPでは2年連続2回目、通算16回目の表彰台獲得。P.Hill(’61)と並ぶ歴代51位タイに。同49位タイのA.Ascari('52、’53)、Rosbergパパ(’82)の記録「17」まであと「1」。現役では、18回のG.Fisichellaに次ぐ7位。
  • R.Kubicaが3戦ぶり今季3回目、モナコGPでは自身初、通算4回目の表彰台獲得。I.Irland、G.Nilsson、D.Warwickら5人と並ぶ歴代89位タイに。同86位タイのP.Taruffi、A.De Cesaris、O.Panisの記録「5」まであと「1」。現役では、7回のJ.Trulliに次ぐ11位。
  • F.Massaが4戦連続、モナコGPでは2年連続2回目、通算21回目の表彰台獲得。G.Farina(’50)、J.Watsonを抜いて歴代単独40位に。同39位のR.Arnouxの記録「22」まであと「1」。現役では、49回のF.Alonsoに次ぐ5位。

b0039141_2463172.jpg

まだ出走20戦そこそこなのにもう表彰台16回目。
今のペースを続けられたら、シューが打ち立てた大記録154回にだって届くだろう。
Photo © McLaren Group


b0039141_2464558.jpg

「負けちった・・・・」 ('A`)ショボーン
レース序盤から順調にリードを広げてたのに、あのたった1回のミスで・・・。
Photo © Ferrari S.p.A.


b0039141_247887.jpg

狭い車内に大柄な身体を押し込めてタイトなモナコを走るだけでも大変そう。
ポーランド人初のモナコGP表彰台ゲットは、クビサにふさわしい勲章。胸をはっていい。
Photo © DPPI / www.f1-Live.com


b0039141_2472898.jpg

どうせ張るなら、こういう胸のほうがいいけどね・・・・・ウヘヘっ
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


入賞(ポイント・フィニッシュ)記録
  • L.Hamiltonが今季5回目、モナコGPでは2年連続2回目、通算20回目の入賞。J.Siffert、J.Bonnierと並ぶ歴代76位タイに。同71位タイのA.Ascari、P.Hill、J.Rindt、G.Villeneuve、J.Behreの記録「21」まであと「1」。現役11位。
  • R.Kubicaが5戦連続、モナコGPでは2年連続2回目、通算17回目の入賞。L.Villoresi、L.Bandiniと並ぶ歴代82位タイに。同81位のF.Gonzalezの記録「18」まであと「1」。現役12位。
  • F.Massaが今季4回目、モナコGPでは2年連続3回目、通算43回目の入賞。E.De Angelisと並ぶ歴代37位タイに。同36位のJ.Watsonの記録「46」まであと「3」。現役9位。
  • M.Webberが5戦連続、モナコGPでは3年ぶり2回目、通算33回目の入賞。P.Tambayを抜いて歴代単独52位に。同50位タイのJ.Hunt(’76)、P.Depaillerの記録「36」まであと「3」。現役10位。
  • S.Vettelが今季初、モナコGPでは自身初、通算3回目の入賞。R.Parnell、P.Frere、Mi.Andretti、片山右京ら31人と並ぶ歴代173位タイに。同155位タイのM.Gugelmin、JJ Lehto、C.Fittipaldiら18人の記録「4」まであと「1」。現役16位タイ。
  • R.Barrichelloが2006年最終戦以来、今季初、モナコGPでは2年ぶり8回目、通算111回目の入賞。現在、歴代4位。同3位のD.Coulthardの記録「119」まであと「8」。現役では3位。
  • 中嶋一貴が通算3回目の入賞。R.Parnell、P.Frere、Mi.Andretti、片山右京ら31人と並ぶ歴代173位タイに。同155位タイのM.Gugelmin、JJ Lehto、C.Fittipaldiら18人の記録「4」まであと「1」。現役16位タイ。
  • H.Kovalainenが今季4回目、モナコGPでは自身初、通算15回目の入賞。A.Wurzと並ぶ歴代89位タイに。同85位タイのW.Von Trips、H.Schell、C.Pace、M.Saloの記録「16」まであと「1」。現役13位。

b0039141_2475449.jpg

4位ウェバー。このところ、BMWの次にいるのはいつもレッドブル。
Photo © Red Bull Racing


b0039141_248557.jpg

バリチェロが2年ぶりにポイントゲット。
来季チームから放出される可能性が濃くなって尻にようやく火がついたかな?
Photo © Honda Motor Co.


b0039141_2481758.jpg

7位中嶋Jr.はモナコGPでの日本人初ポイントをゲット。
やっぱりこの子は、やればできる子。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


b0039141_2484145.jpg

スタートでいきなり躓いたものの、粘り勝ちで8位入賞したコバライネン。
さんざんバッドラックが重なって、ランキング8位。でもスピードがあるのは確か。
Photo © McLaren Group


ファステストラップ(FL)記録
  • K.Raikkonenが3戦連続、今季トップ3回目、モナコGPでは5年ぶり2回目、通算28回目のFLを記録。J.Clark('63、’65)と並ぶ歴代4位タイ。同3位のN.Mansell(’92)の記録「30」まであと「2」。現役トップ。
  • Ferrariが3戦連続、今季トップ3回目、モナコGPでは2年ぶり最多15回目、通算210回目のFLを記録。歴代1位の最多記録を更新し、同2位のMcLarenの記録「136」との差を「74」に。

b0039141_2485986.jpg

「オレ様はマスター・オブ・ファステスト・ラップ。
文句ある奴はかかってこいや! ホァリャーー!!」
Photo © xpb.cc / Motorsports.com


チャンピオンシップ
  • L.Hamiltonが首位奪還。フェラーリのK.RaikkonenとF.Massaはそれぞれ1つずつ順位を落として2位、3位に。
  • K.Raikkonenは前戦までキャリア・ベストのポイント獲得ペースだったが、今回の失速でセカンド・ベストに一歩後退。(キャリア・ベストは2003年の5戦して40点)
  • Ferrari首位は変わらず。McLarenが優勝&W入賞でポイントを伸ばしてBMW Sauberを逆転、2位に浮上した。

b0039141_2491838.jpg

3強がトップ3を仲良く分け合った。これが今のF1の日常。
Photo © xpb.cc / Motorsport


b0039141_2493325.jpg

今回のクビサの走りを見ると、2強とBMWの差は確実に縮まってる気がする。
Photo © xpb.cc / Motorsport


Notes
  • L.Hamiltonが伝統のモナコGPで黒人ドライバーとして初優勝。また、イギリス人ドライバーとしては、2002年のD.Coulthard以来6年ぶり、5人目の優勝。
    モナコGPの優勝回数などは末尾参照。
  • ポールシッター以外のドライバーが優勝するのは5年ぶり。
  • 6戦終了時に3人のドライバーが2勝ずつ分け合うのは史上2回目の珍しいパターン。
    ちなみに前回(1987年)は、開幕6戦をA.Prost、N.Mansell、A.Sennaが2勝ずつ分け合ったが、タイトルは”第4の男”N.Piquetがかっさらっていった。これに倣うと、今季のタイトルはクビサかコバライネンあたりが・・・?
  • K.Raikkonenがキャリア3度目の3戦連続FLをマーク。現役ドライバー中、他に3戦連続FLをマークしたことのあるドライバーは居ない。さすがレース番長。
  • R.KubicaがモナコGPでポーランド人ドライバーの初表彰台を獲得。もちろん入賞も初めて。
  • 中嶋一貴がモナコGPで日本人ドライバー初ポイントを獲得。
  • S.Vettelは自己ベスト・フィニッシュ。R.Kubicaは自己ベスト・タイ。

※記録は全て色んな資料をもとにOretchが集計したものなので正確性を必ずしも保証するものでは無いっす。
※記録は全て1950年代のアメリカGP(インディ500)のものを含む。
※各コンストラクターの記録は買収された前身時代を含まない。
※ドライバー名の後ろの( )内はチャンピオン獲得年。

b0039141_2501017.jpg

また一つ歴史を作ったハミルトン。マンセル以来のイギリス人王者誕生は近そうだな。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


b0039141_2503345.jpg

PP絶対有利のモナコで優勝を逃したマッサ。
これがマッサにとって、今季のターニングポイントにならなきゃいいんだけどね。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


b0039141_2504549.jpg

ライコネンがキャリア3回目の3戦連続FL。歴代トップ3が見えてきた。
でも、いくらFLを刻んでも1点にもなりません。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com



■ Topics

b0039141_251017.jpg

デザイナーやってるエクレストンの娘のショーにF1ドライバーが大挙出演。
そりゃ、依頼されりゃ断れんだろ。エクレストン一家のF1私物化は不愉快。
Photo © CRASHNET / Yahoo!EUROSPORT


b0039141_2512176.jpg

b0039141_2513181.jpg

上はフォース・インディア・オーナー、ビジャイ・マルヤ所有の大型クルーザー。
下は、写真のオリジナル・キャプションブによればブリアトーレの船らしい(チャーターかも)。
いずれにしろ、F1ってケタ違いの金持ち達ばっかりだね。
Photos © xpb.cc / Motorsport.com


b0039141_2514519.jpg

今年も出現したレッドブルのエナジーステーション。
これ海の上に浮かんでるんだよね。金の使い方がハンパ無いね。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


b0039141_2515737.jpg

ストーナー夫妻も今年もモナコにやってきた。
チャンピオン獲得して、いまやすっかりセレブの仲間入り。
Photo © Associated Press / Yahoo!EUROSPORT


b0039141_2521092.jpg

もう1人のチャンピオン、WRCのローブも登場。
多分、今季からシトロエンをサポートしてるレッドブルつながりの招待。で、何その顔は?
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


b0039141_2523022.jpg

そしてもちろん、この人も・・・・・
「・・・・・(来年はオレもまた走ろうかな)」
Photo © xpb.cc / Motorsport.com






■ モナコGP優勝回数ベスト5

[ドライバー・ベスト5]
順位 優勝回数 ドライバー(国) 優勝シーズン内訳
-------------------------------------------------------------------------
 1位 6勝 Ayrton Senna (BRA) 1987,1989,1990,1991,1992,1993
 2位 5勝 Graham Hill (GBR) 1963,1964,1965,1968,1969
     5勝 Michael Schumacher (GER) 1994,1995,1997,1999,2001
 4位 4勝 Alan Prost (FRA) 1984,1985,1986,1988
 5位 3勝 Jackie Stewart (GBR) 1966,1971,1973
     3勝 Stirling Moss (GBR) 1956,1960,1961

モナコ・マイスターとは、通常3勝以上したドライバーのみ。つまり、現在のところ上記6人だけがモナコ・マイスターと呼ばれる資格がある。
現役ではアロンソとデビクルが2勝。ライコネン、トゥルーリ、ハミルトンが1勝。アロンソが、今一番マイスターに近い位置にいると言えるかな。


b0039141_2525396.jpg

今年はハイドフェルトとのクラッシュ以外、目立たところのなかったアロンソ。
モナコ・マイスターになるには、勝てるクルマを再び手にいれないとね。
Photo © Renault F1 UK



[コンストラクター・ベスト5]
順位 優勝回数 コンストラクター 優勝シーズン内訳
-------------------------------------------------------------------------
 1位 15勝 McLaren 1984-86,1988-93,1998,2000,2002,2005,2007,2008
 2位  8勝 Ferrari 1955,1975,1976,1979,1981,1997,1999,2001
 3位  7勝 Lotus 1960,1961,1968-70,1974,1987
 4位  5勝 BRM 1963-66,1972
 5位  3勝 Williams 1980,1983,2003
      3勝 Tyrrell 1971,1973,1978
      3勝 Cooper 1958,1959,1962

ベスト5以下の現役エントラントは、2勝したルノーだけ(前身のベネトン時代にも2勝している)。


b0039141_2531245.jpg

通算勝率26%を誇るフェラーリなのに、モナコではなぜか勝率15%。
モナコとはやっぱり相性悪いんだね。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com



■ モナコGP連勝ドライバー・ベスト5

順位 連勝回数 ドライバー(国) 優勝シーズン内訳
-------------------------------------------------------------------------
 1位 5連勝 Ayrton Senna (BRA) 1989~1993
 2位 3連勝 Alan Prost (FRA) 1984~1986
     3連勝 Graham Hill (GBR) 1963~1965
 4位 2連勝 Fernando Alonso (ESP) 2006~2007
     2連勝 Michael Schumacher (GER) 1994~1995
     2連勝 Niki Lauda (AUT) 1975~1976
     2連勝 Graham Hill (GBR) 1968~1969
     2連勝 Stirling Moss (GBR) 1960~1961

なんつってもセナの5連勝が光ってる。「ここはモナコ・モンテカルロ!絶対に抜けない!」(©フジTV三宅アナ)の名台詞が生まれた1992年のマンセルとの攻防は今でも語り草。
去年までアロンソが連勝してたけど今年負けたから、またリセットだね。それともハミルトンが来年以降も勝ち続けて、憧れのセナに追いつくかな?


b0039141_2533252.jpg

モナコで5勝したシューも、連勝は2つ止まり。
そんだけ勝つのが難しいコースってことだね。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com



■ モナコGPポール・トゥ・ウィン回数ドライバー・ベスト5

順位 回数 ドライバー(国) 優勝シーズン内訳
-------------------------------------------------------------------------
 1位 3回 Ayrton Senna (BRA) 1989,1990,1991
 2位 2回 Fernando Alonso (ESP) 2006,2007
     2回 Alan Prost (FRA) 1984,1986
     2回 Niki Lauda (AUT) 1975,1976
     2回 Jackie Stewart (GBR) 1971,1973
     2回 Graham Hill (GBR) 1965,1968
     2回 Stirling Moss (GBR) 1960,1961
     2回 Juan Manuel Fangio (ARG) 1950,1957

ランク外の現役はライコネンとトゥルーリが1回ずつ。シューもハッキネンも1回だけ。
今年もアロンソがポール・トゥ・ウィンをキメてたらセナに並んだのに。惜しかったな。マクラーレンとケンカ別れしなきゃ良かったのに。


b0039141_2535261.jpg

せっかく応援に来た地元のファンだってガッカリだ。
(゜ロ゜)「おい、オレ達のヒーロー、アロンソはどこだ? 双眼鏡で見えるか?」
(○д○)「あぁ、よく見えるぞ。すんげぇよく見えるぞ・・・・」
(゜ロ゜)「ちょっとオレにも双眼鏡よこせ。」
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


b0039141_25459.jpg

(○д○)「ちょっと待って。もうちょっと・・もうちょっとだから・・・・」
(`Д´)「その双眼鏡はオレんだぞ! 返せよ!」
(○д○)「もうちょい・・・もうちょい・・・」
Photo © WRI2 / www.F1-Live.com

[PR]
by oretch | 2008-06-30 02:41 | F1

<< 【F1】2008年Rd.6 モ... ガソリン高っ!! >>