2008年 08月 04日
マイホームへの道~ 表層改良

週末、うだるような暑さの中、マイホームの建築現場を見学してきた。

現場に着いてみると、土地の北側に細長く大きな穴が掘ってあった。

b0039141_232139.jpg

土地の北側(写真左手)に細長い穴がポッカリ空いていた。


この穴は、表層改良のために掘られたもの。

基本的にこの土地一帯はしっかりした地盤なんだけど、着工前に実施した地盤調査で、敷地の地盤表層の一部が軟弱で、測定点によって地耐力の大きなバラツキがあることが判明。このままだと、あの恐ろしい「不同沈下」が起こってしまうので、軟弱な部分を幅1.5m深さ1.25m掘削し、砕石等で十分締め固めた上にベタ基礎を施工することになったのだった。

この日は工事がお休みだったのか、親方はじめ工事関係者は誰も居ない。そこで、勝手に敷地に入って(と言っても、オレッチが土地の所有者だけどね)、穴を除くと、底の一部に小石が敷き詰めてあった。


b0039141_2326341.jpg

底に敷き詰められた小石。
この表層改良工事の代金は20万円也。


いまはまだ土を掘り返したりしてるだけだから、今のところ全然マイホームを建ててる実感が沸いてこない。だけど、建築確認審査でさんざん待たされたから、こうして着実に工事が進んでいることを確かめられただけで嬉しかったり、ホっとしたり、ラジバンダリ!


b0039141_2329462.jpg

地表から50cmくらいから下は粘土層になってる。
穴はまた埋め戻されるので、もうこの地層は見られなくなる。貴重だと思って撮った一枚。

[PR]
by oretch | 2008-08-04 23:47 | マイホーム

<< 首都高、歪む 犯罪検索でヒットしちゃったあの人たち >>