カテゴリ:ホビー( 31 )

2012年 10月 27日
TAMIYA RC211V '03 製作中
やっと外装のデカール貼りまで終わった。

b0039141_1153494.jpg


レプソルカラーは全て塗り分け。デカール張るのに4時間かかった。
次はカーボンデカールだ。

作り始めて2か月でやっとここまで。手が遅いのは相変わらず。





とか言いながら、途中で気分転換にこんなの作ってた。

b0039141_1293385.jpg

西暦2030年のフォーミュラーカー Ferrari F2030 だ!


b0039141_1201964.jpg

ベースはサイクロンマグナム。
デカールはタミヤの1/20フェラーリF2001のものを使用。


b0039141_1282644.jpg

サイドポンツーン(?)のダクトはパテで埋めて、
デカール貼り後はクリア塗装して研ぎだし。


b0039141_122536.jpg

なかなかいいカッコイイのができたと思う。
ニューウィがデザインしたX2010/2011にコンセプトは似てなくもない(?)



結構手をかけて作ったのに、息子には「かっこ悪い」と言われてしまった。残念。
[PR]
by oretch | 2012-10-27 21:15 | ホビー

2012年 09月 19日
積んどくモデラー卒業

祝 積んどくモデラー卒業!

b0039141_142128.jpg





b0039141_034167.jpg

7年の歳月をかけて遂に完成!


b0039141_061389.jpg

ロバーツ親子のYZR&ガンマも作った。


b0039141_075254.jpg

さらにもう一台製作中

[PR]
by oretch | 2012-09-19 00:10 | ホビー

2012年 09月 16日
真打ち初代NSRまでキタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!
b0039141_2254010.jpg

まさかの初代NSRキット化キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!
Photos © Honda Racing Corp.?

株式会社タミヤ : ホビーショー注目のアイテム! (2012/09/14)

1984年のロードレース世界選手権に参戦、前年チャンピオンのF.スペンサー選手のライディングでデビューを飾ったHonda のワークスレーサー、初代NSR500が登場です。

最大の特徴であるV4エンジンの上にチャンバー、下に燃料タンクという通常とは上下逆のレイアウトを実車そのままに再現。チャンバーの取り回しや燃料タンクの複雑な形状など、Hondaならではのチャレンジスピリットに溢れたマシンのディテールをお楽しみください。

(株式会社タミヤ公式サイトより抜粋引用)


フジミのペプシガンマ、ハセガワの88YZRに続いて、とうとうバイク模型の本家タミヤから80年代GPマシンの真打ち、初代NSRが登場だ。

ペプシガンマにも驚いたけど、初代NSRのキット化はそれ以上の驚き。

初代NSRと言えば、何と言ってもこのタンクとチャンバーが上下逆転したレイアウト。

b0039141_233391.jpg

理想を突き詰めていったら、突き抜けてトンデモマシンになっちゃったでござる
Photos © Honda Racing Corp.?


このレイアウトを自分の手で作れると想像しただけで嬉しくなってくる。


でも、ガンマにYZRにこのNSR。
この秋から冬にかけては、懐がちょっと寂しくなりそうだな・・・

RACERS volume8 (2011) (SAN-EI MOOK)

三栄書房

初代NSR誕生秘話は必読

スコア:


[PR]
by oretch | 2012-09-16 02:40 | ホビー

2012年 09月 16日
"ガンダム"YZRもキタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!
b0039141_1555056.jpg

"ガンダム"YZRもキタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!
Illustration © 大塚克氏/ハセガワ

株式会社ハセガワ : ヤマハ YZR500 (0W98) “1988 WGP500 チャンピオン”(2012/08)

価格/4,410円(本体:4,200円)
発売/2012年10月27日ごろ (10/24出荷)

1988年のWGP500で、エディ・ローソンを3度目のワールドチャンピオンへと導いた「ヤマハYZR500」をキット化します。

フレームの高剛性化「への字」型スイングアーム採用など着実に進化をとげた'88年モデル0W98を、実車取材をもとに徹底再現。組み立てやすさを考慮したパーツ構成と、精密感あふれるディテール表現でWGPマシンの魅力をお楽しみいただけます。

フロントフォークは正立サス(0W98前期)と倒立サス(0W98後期:第9戦ベルギー以降)の選択式。レース用スタンド付属。デカールは発色の良いカルトグラフ製。パッケージイラストは大塚 克 氏が担当します。

(株式会社ハセガワ公式サイトより引用)


フジミのペプシガンマに続いて、今度はハセガワが同じ88年のチャンピオンマシン、ローソンのYZR500をキット化!

バイク模型界は今まさに80年代ブームだね。


b0039141_2114882.jpg

マールボロデカールもゲットすべし
Photo © Arrow


RACERS volume7 (2011) (SAN-EI MOOK)

三栄書房

やっぱりレースシーンにマールボロレッドは欠かせない

スコア:


[PR]
by oretch | 2012-09-16 02:15 | ホビー

2012年 09月 16日
ペプシガンマキタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!
b0039141_139277.jpg

ペプシガンマキタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!
Photos © フジミ模型株式会社


フジミ模型株式会社 : 1/12 BIKEシリーズ No.13 スズキ RGV-Γ 後期型(XR74)1988年 チーム ペプシ スズキ (2012/07)

1988年の2輪ロードレース世界GPグランプリ500ccクラスでシーズン後半からスズキが投入したマシンがRGVγ(XR74)です。

この年から世界GPフル参戦を果たしたシュワンツはその走りでファンを魅了し、スズキRGVγのパフォーマンスも強く印象付けたのです。

スケールは1/12、ペプシカラーが施されたカウルの形状から内部のV型4気筒エンジンやフレーム、サスペンションなどのメカニズムもリアルにモデル化。シュワンツの熱い走りも味わっていただけるモデルです。

(フジミ模型株式会社公式サイトより抜粋引用)


オレッチが初めて生WGPを観たのが1988年の日本GP@鈴鹿。
そのレースで優勝したのが、このペプシガンマを駆るシュワンツだった。

まさかペプシガンマがキット化される日が来るとは。。。(涙

買わずに死ねるか。

#「作らずに死ねるか」と言えないところが積んどくモデラーの悲しさ・・・


b0039141_1491658.jpg

1988年シーズン後に開催された「富士スーパースプリント」でのシュワンツとガンマ。
この富士スーパースプリント仕様で仕上げるのも渋いかも。
Photos © Oretch


Racers volume 03 ケビン・シュワンツが駆ったRGVーГヒストリー (SAN-EI MOOK)

三栄書房

スズキのレーサーと言えば、オレッチにとってはやっぱりこのペプシガンマだ

スコア:


[PR]
by oretch | 2012-09-16 01:52 | ホビー

2010年 02月 10日
【Hobby】F1チャンピオンカー自作コレクションボックス

こんなの作ってみた。


b0039141_252324.jpg

2007、2008、2009年のF1チャンピオンカーの自作コレクションボックス


2007年王者ライコネンのF2007、2008年王者ハミルトンのMP4-23、そして昨年の王者バトンのBGP001の1/43スケールモデル3台を並べてみた。

シンプルながら、なかなかシックでいい感じ。とても気に入っている。

レシピ(材料と作り方)はこちら
[PR]
by oretch | 2010-02-10 01:49 | ホビー

2010年 02月 04日
MINICHAMPS 1/12 YZR-M1 2008 V.Rossi

初回入荷分は速攻売り切れ。再入荷の案内見て急いでゲット。


b0039141_0512188.jpg


ロッシが3年ぶりにタイトル奪還したM1の1/12スケールモデル。
こうして見ると、まぁカッコイイことはカッコイイんだけど・・・・


b0039141_0513711.jpg


PMAのM1は相変わらずプロポーションがなんか変なんだよなぁ~
おまけに今回は工作精度というか製造品質まで低いし。
どうなっとんのじゃゴラァ ヽ(`Д´)ノ


b0039141_0521488.jpg

取り外し可能になっている左右のサイドカウルの合わせが甘い。
そのために、フロントカウルとの合わせ目がしっくりハマらず浮いてしまう。


b0039141_0522986.jpg

シートカウル裏に「46」が無い。
実車はシーズン通してちゃんと「46」があったのに。


b0039141_10417.jpg

こちらは実車の写真。シートカウル裏の違いが一目瞭然。
致命的なミスだろこれは。
Photo © Yamaha Motor Co.



フロントカウルの形状も実車より明らかにボッテリとし過ぎてるし。

2007年モデルの金型使って、カラーリングだけ変えた安直な仕立てなんじゃねーの?

安い値段じゃないんだから、もちっとどうにかせーよ!(#`皿´) >PMA
[PR]
by oretch | 2010-02-04 01:04 | ホビー

2008年 02月 24日
史上最高値なミニカーの前に

なんぞ骨董価値でもある希少なミニカーの話かと思いきや・・・

Gismodo Japan : 史上最高値なミニカーは14万ドル「Hot Wheels」 (2008/02/20)

この14万ドルの「Hot Wheels」は、現時点で世界で一番高いミニカーだと言われています。また、どうしてこんなミニカーを? と思いますよね?
はい。こちらMattelの小さな車たちの40周年を祝って制作されたものだそうです。

なんでそんなにお高いかというと、キラキラを見て察しがついていると思いますが、この23カラットのブリンブリンな装飾品に関係しているんです。

(Gizmodo Japanより抜粋引用)

b0039141_126111.jpg

Photo © dailystab.com


やいマテル!

こんなもん作ってる金と暇があるなら、
フェラーリF1のクオリティ上げる努力せいやボケッ (#゜Д゜)!!
[PR]
by oretch | 2008-02-24 01:26 | ホビー

2008年 02月 06日
GTペーパークラフト

オレッチはペーパークラフトが好きだ。

元来はプラモデルが好きなんだけど、ペーパークラフトは塗装やデカール貼りの作業が無い分、プラモよりずっと手軽。なので、プラモを作る暇は無いけど何か作りたい、なんて気分のときはペーパークラフトに手を出したりしている。

これまでに、ノベルティとしてペーパークラフトをくれるスバルをはじめ、ホンダやヤマハなど、大手メーカーがWebサイトに用意しているペーパークラフトに色々と手を出してきた。

どれも、なかなか精密にできていて感心したのだけど、遂に最強のペーパークラフトに出会ってしまった。

Gizmodo Japan : ペーパークラフトでモーターショー (2008/01/31)

NSXでSUPER GT選手権に参戦しているEPSON Nakajima Racingはこだわりまくり。各年度のモデルを2004年から2007年まで、初級と上級の2種類用意しているだけではなく、中嶋監督とドライバー、はてはチームスタッフにレースクイーンのペーパークラフトまで用意している周到ぶり。まあ人間は全部平面ですけどね。

 → Epson Nakajima Racing ペーパークラフト

(Gizmodo Japanより抜粋引用)

EPSON Nakajima Racingのペーパークラフトの凄いところは、もちろんその精密さ(上級版)もさることながら、なんと言ってもその種類の豊富さ。歴代GTマシンだけじゃなく、トランスポーターやスペアタイヤのほか、ピットパーツやサインマンズテント(ピットボックス)、さらには給油リグなんてものまである。しかも、どれも超精密で、全部作ったら、Nakajima Racingのリアルなジオラマが完成する。

b0039141_0224250.jpg

2007年Epson NSX(上級版)の完成品。
ペーパークラフトとは思えない見事なプロポーション。


b0039141_0231144.jpg

細部の仕上げも上々。


b0039141_0234832.jpg

こちらはトランスポーター。中に積んであるクルマやパーツも全てペーパークラフト。
Photos © Seiko Epson Corporation


素晴らしすぎる!

今は1/1スケールの木造住宅を建てるので手一杯だから、手をつけるのは当分先になっちゃうけど、いつか全制覇してやるから待っていろ!




元ネタのGizmodo Japan記事で紹介されてた各メーカーのペーパークラフトはこちら↓

 Honda トイタウン Mizorogi'sペーパークラフト
 マンガ・タッチのほのぼのペーパークラフト。子供達が喜びそう。

 日産 ペーパークラフト
 新型GT-Rもある。精密度は低い。初心者向けかな。

 三菱 ペーパークラフト
 シンプルだけどプロポーションは悪くない。三菱車はペーパークラフト向きなのかも。

 ヤマハ PAPER
 元記事にはなかったけど、YZR-M1がなかなかカッコイイ。
[PR]
by oretch | 2008-02-06 00:29 | ホビー

2008年 01月 31日
PMA HONDA NSR 500 LAWSON, EDDIE 1989

エディのNSR500(1989年)キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!!


b0039141_2321228.jpg

Photo © Minichamps GmbH & Co. KG


ようやく発売されたよ1989年NSR500!
長いこと待ってたぜコンチクショ―――!



・・・・・でも、なんかプロポーション、変だな。

やっぱり、PMAって2輪はヘタだよあなぁ。

それで価格は1万円オーバーだもんな。

う~ん、買うか買わまいか、微妙だなぁ・・・


b0039141_23413189.jpg

1990年代のNSR黄金期の礎となった名機
Photo © Honda Motor Co.

[PR]
by oretch | 2008-01-31 23:29 | ホビー