カテゴリ:バイクとクルマ( 86 )

2012年 09月 30日
ロードゴーイングRC213V?
ホンダさん、本気?
レスポンス : NRの再来?…ホンダのスーパースポーツバイク、価格は500万円前後か (2010/09/22)

ホンダは9月21日、MotoGPマシンの技術をフィードバックしたスーパースポーツバイクの開発に着手したと発表した。そのバイクについて、二輪R&Dセンター長兼ホンダレーシング社長の鈴木哲夫氏は「価格も含めて、今までのものとは全く異なる形になる」と打ち明けた。

仕様については、今後のMotoGPのレギュレーションを見ながら対応していくそうだが、「価格については、まともにつくると3000万円になってしまう。それではちょっと……。その10分の1がリーズナブルだと思うが、300万円でMotoGPの車をつくってしまうと、MotoGPの価値が下がってしまう。その中間……、いや、それよりずっと安い価格になるだろう」

鈴木氏はこのように明言を避けたが、その口ぶりから判断すると、500万円あたりになるのではないかと思われる。

(レスポンスより)

記事を読む限り、かなり本気っぽい。

ロードゴーイングMotoGPマシンと言えば、2006年にドゥカティがリリースしたデスモセディッチRRが思い出される。
拙ブログ : Desmosedici RR 登場 (2006/06/02)

あれは見たまんまワークス・デスモだった。プライスタグは当時の外為レートで約720万円。

オレッチはどうせ買えないだろうから、外野の勝手な希望として言わせていただくなら、3,000万でも5,000万でもいいから、保安部品つけただけのまんまRC-Vだったら面白いのに。

b0039141_1383249.jpg

公道仕様のRC-Vって、こんな感じ?
Original Photo © Honda Racing Corp. / Response


まぁ、ここまで"まんま"ってことは無いだろうけど、もしからしたらCRTマシンより、こっち買ってチューニングした方が速いかもしれない。
[PR]
by oretch | 2012-09-30 09:00 | バイクとクルマ

2010年 02月 28日
CB1100

お! ようやく正式に発売発表されたか。

マイコミジャーナル : ホンダ、空冷エンジンのロードスポーツモデル「CB1100」発売日決定(2010/02/26)

本田技研工業は、新開発の空冷4ストローク直列4気筒1100ccエンジンを搭載したロードスポーツバイク「CB1100」を発売する。価格はスタンダードモデルが99万7500円、ABSモデルが107万1000円。発売時期はアップハンドルの「Type I」が3月11日、低いハンドル位置の「Type II」が6月4日。

(マイコミジャーナより抜粋引用)


b0039141_23282191.jpg

Photo © Honda Motor Co.


かっこいいなぁ~

このバイクは、2007年のモーターショーにショーモデルとして初登場した時から気になってたんだ。

 oretch : 【TMS07】このバイクに惚れた (2007/11/26)


全体の雰囲気はクラシックながら、ディテールには新しさがある。
武骨で男っぽい、オーソドックスなバイクらしいバイク、といったスタイル。


b0039141_23284134.jpg

b0039141_23464145.jpg

上は低ハンドル・タイプの市販モデル。下は2007年TMS時のショーモデル。
ホンダはショーモデルほぼそのままのスタイルで商品化してきた。拍手。
でもやっぱり微妙に違う。ショーモデルの方が低く構えた感じでカッコイイな、やっぱ。
Photo © Honda Motor Co.


続きを読む
[PR]
by oretch | 2010-02-28 00:52 | バイクとクルマ

2008年 08月 05日
首都高、歪む
 
オレッチは現在神奈川県北部在住。そしてオレッチの実家は埼玉県北東部で、カミさんの実家は南東北。なので、帰省等で実家にクルマで行くときは、いつも「首都高3号線→都心環状線→5号線→+王子線→川口線」というルートを利用している。

今年も来週夏休みをとって、オレッチとカミさんの両方の実家に行く予定だったんだけど・・・


MSN産経ニュース : 首都高でトレーラー炎上 (2008/08/03)

3日午前5時55分ごろ、東京都板橋区熊野町の首都高速道路5号線下りと中央環状線外回りの合流地点で、ガソリンと軽油を積んだ大型トレーラーが横転し壁に衝突、炎上した。

炎で5号線上りの道路がゆがんだほか、首都高沿いのマンションの壁も燃えた。

調べでは、現場は5号線下りから右カーブ。警視庁高速隊はトレーラーがカーブを曲がりきれずに横転したとみて、運転手から事情を聴いている。
(MSN産経ニュースより抜粋引用)

5号線をしょっちゅう使ってるか、事故があった場所は良く知っている。
あの、「高速道路」とはとても思えないような、ほぼ直角にまがるカーブだ。

 → Google Map 座標 35.741357,139.70703

それにしても、「ゆがんだ」ってスゴイね。911テロでのWTCビルのように、熱によって鉄骨鉄筋がやられちゃったんだろうけど、実際どんなことになってるんだろうか?

・・・と、ネットを探し泳いでたら、まさにその画像を見つけた。

→ 首都高、歪む 続き
[PR]
by oretch | 2008-08-05 00:37 | バイクとクルマ

2008年 06月 27日
ガソリン高っ!!

冗談じゃなく、ガソリン満タン入れたらマジで1万円札が飛んでっちゃうよ!


b0039141_055557.jpg



左のレシートは、暫定税率が一時的に失効していた4月に給油したときの伝票。
ハイオク1リットル139円。33.4リットル入れて、税込4,642円。

そして右のレシートは先週末給油したときの伝票。

ハイオク1リットル181円!
約53.8リットル入って、税込9,864円!!
壱万円札出して、お釣りはたったの136円!!



我が家は週末にレジャー目的でクルマを使うだけだからいいけど、クルマが必需品の地方に住んでる人たちは本当に大変なんだろうねぇ。

人口や新興国の消費量増大などを考えれば原油価格が上昇するのはしょうがないことなんだけど、でも現在の異常な原油価格高騰は世界的な金余りからくるマネーゲームが原因ってんだから、やるせないね。

どうにかなんないのかね?
[PR]
by oretch | 2008-06-27 00:08 | バイクとクルマ

2008年 06月 24日
スバル「EXIGA」発売

オレッチ家は現在大人2名、子供3名の計5人家族。下の子2人はチャイルドシートを使ってるので、我が家のレガシィTWの車内は全くスペースに余裕が無い。実家に行ったりなんかしても、親を乗せることもできない。

だもんだから、スバル初の7シーターにはそれなりに期待していた。
(※トラビックはオペルのOEM、トライベッカは国内未導入)

で、先週、遂にその期待の7シーター、「EXIGA」が発売された。

富士重工業 : 7シーター パノラマ ツーリング 新型車スバルE X I G Aを発売 (2008/06/17)

富士重工業は、新型多人数乗り車スバルエクシーガを、本日より全国のスバル特約店を通じ一斉に発売する。

エクシーガは、“7シーターパノラマツーリング”をコンセプトに開発。乗る人すべてが、会話や景色、ツーリングすることの楽しさを共有でき、安心してくつろげる快適な移動空間を持つ多人数乗り車である。スバルがこれまで培ってきたワゴン造りのノウハウを活かし、7人までしっかり乗れる高い居住性と開放感あふれる室内空間を実現。スバル独自の水平対向エンジンレイアウトや、SI- シャシー(SUBARUIntelligent-Chassis)コンセプトによる高い操縦安定性、優れた静粛性、しなやかで上質な乗り心地などとあわせ、多人数乗り車の新しい価値を提案している。

(富士重工業プレスリリースより抜粋引用)

b0039141_250068.jpg

b0039141_2502371.jpg

b0039141_2503514.jpg

Photos © Fuji Heavy Industries Ltd. / マイコミジャーナル



う~ん・・・・・


レガシィのメタボ版?

→ スバル「EXIGA」発売 続き
[PR]
by oretch | 2008-06-24 02:57 | バイクとクルマ

2008年 06月 01日
未来のGPマシーン?

2輪じゃなくて3輪か。

Gizmodo Japan : エクソスケルトン(外骨格)+バイク=ハイパーセグウェイみたいな乗り物 (2008/05/29)

パサデナアートセンターの学生、Jake Loniakさんが考えたコンセプトデザインのバイクです。

ウルトラキャパシタ及びリン酸塩を使ったバッテリーを利用するそうです。圧縮空気を使った36の人工筋肉と2つのリニアアクチュエーターが、7つの人工脊椎骨からなる背骨を支えます。
実現化したら、3秒で96km/時まで加速し、最高時速120kmの乗り物になるんだとか。

(Gizmodo Japanより抜粋引用)


b0039141_219391.jpg

b0039141_2193187.jpg

Pics © Jake Loniak


ヤマハとロゴがあるけど、ヤマハが考えたんじゃないみたいね。きっとデザインしたLoniakさんがヤマハ・ファンなんだろう。

直立姿勢から走行形態に移るところなんてカッコイイじゃん。
速度域によって前2輪の幅が広くなったり狭くなったりするとさらにカッコイイね。

でも最高時速120km/hじゃレースには無理かな。


b0039141_2191837.jpg

Pics © Jake Loniak

[PR]
by oretch | 2008-06-01 01:06 | バイクとクルマ

2008年 05月 13日
新種発見

ビッグスクーターを中心にカスタム・バイクが当たり前に見られるようになった今のご時世、さすがにオレッチも、最近はどんな異形なバイクを目にしてもそうそう驚かなくなったと思っていたけど、さすがにこれには驚いた。

っつーか、ひいた・・・

GIZMODE : 痛単車…ではなくアートバイク? (2008/05/08)

和のココロが詰まりすぎて、むしろ日本人ウケがよろしくないかもと思ってしまえるカスタムバイクです。

なんかスゴいことになっちまってますけど、ベースはヤマハのMAXAM。250ccのスクーターです。

(GIZMODEより抜粋引用)


b0039141_2445656.jpg

b0039141_2453633.jpg

こ、これは・・・・・
Photos © super_vegeta_360氏(ヤフオクID)


なんちゅーか、新種の深海魚みたい・・・・・




ホンダのDN-01からも異形な臭いを感じるのはオレッチだけ?


b0039141_2474028.jpg

プロトタイプがモーターショーでお披露目された時からずっと、
DN-01にはなぜかハリウッド版ゴジラの面影を感じてしまう。なぜだろう?
Photos © Honda Motor Co.

[PR]
by oretch | 2008-05-13 00:43 | バイクとクルマ

2008年 04月 16日
三菱自工が試んだ新しいCM手法

怪しい。あまりにも写真がデキすぎてる。

the Daily Mail : Living on the edge: Pictures show how car thieves' getaway ended precariously near a cliff-face (2008/04/09)
ニュースウォッチ2チャンネル : 断崖絶壁の中腹に盗難届けが出された三菱車を発見!…一体、どうやって?深まる謎 (2008/04/13)

自動車泥棒が四駆車を崖っぷちの危ない場所に置きっぱなしにして、「living on the edge(危ない人生)」を表現しようとしているように思える。

サンドラ・アトリーさんは犬の散歩中に車を発見した。「車を見つけた時はまだエンジンがかかっていました。この辺りは過去何人も自殺している場所 なので誰か中に居るのではないかと心配しました。降りて行こうと思いましたがすぐに止めた方がいいと気づき、引き返して警察を呼びました。私には車が転落 してそこで止まったように見えました」。

この車は3月11日にウィットビー近郊のヒンダーウェルで盗難に遭ったものだが、泥棒が運転して急斜面を降りたのか、あるいは崖から落下させようとして押し出したのが止まったのかは分かっていない。
この不思議な写真は観光で来ていたトム・パティンソン氏が撮影した。警察は車を回収して現在科学捜査を行っている。窃盗容疑者の逮捕には至っていない。
(ニュースウォッチ2チャンネルより抜粋引用)

これはきっと三菱自工が、パジェロの比類無き悪路走破性能をアピールするためにこっそり仕掛けた全く新しい広告宣伝手法に違いない!


b0039141_23433927.jpg

b0039141_23434550.jpg

パジェロすげえええええ!!(笑

Photos © Mr. Tom Pattinson? / the Daily Mail

[PR]
by oretch | 2008-04-16 23:46 | バイクとクルマ

2008年 04月 15日
筑水キャニコム

オレッチは2輪レース好き。

2輪レースと言えば「汚れた英雄」。

「汚れた英雄」と言えば草刈正雄。

草刈正雄と言えば草刈機まさお

っつーことで、このステキなネーミング(デザインもGデザイン賞受賞!)の草刈機を開発した「筑水キャニコム」の新製品を、クルマ雑誌「ベストカー」が最新号のグラビア記事で伝えていた。

「ついてくるか~」(電動マルチカート)やら、「ブッシュカッター・ジョージJr」(歩行型草刈機)やら、相変わらずそのネーミング・センスはク~ル且つ香ばしくて素晴らしい!!

この素晴らしいセンスを持った「筑水キャニコム」とは一体どんな会社なのかと思って公式サイトにアクセスしてみたら、商品のネーミング・センスもブッ飛ばすほどの超イケてるサイトデザインに思わず目眩がしてしまった。

→ 筑水キャニコム 公式サイト http://www.canycom.jp/


こんなに元気な会社がある限り、日本の製造業はまだまだ安泰だと思った。


筑水キャニコム万歳!


b0039141_1373896.jpg

乗用雑草刈車 『草刈機まさお』 (CM182/212)
メーカー希望小売価格(税込) 774,900円(CM182)~
Photo © CHIKUSUI CANYCOM


b0039141_1535062.jpg

こちらが"本家"草刈正雄。超カッコイイ!
© 1982角川ヘラルド映画




汚れた英雄
/ 角川ヘラルド映画
ISBN : B000IU3A22

 


[PR]
by oretch | 2008-04-15 01:40 | バイクとクルマ

2008年 04月 12日
レガシィ初車検

先月末、我が家のレガシィが満3歳となり、スバルのディーラーに初めての車検に出した。

走行距離は約19,000km。1年あたり約6,300km。まぁそんなところだろう。

この3年間でトラブルらしいトラブルは一切無かった。強いてあげるとすれば、
  1. リアに貼ってあるエンブレムの「L」部分が脱落して、「EGACY」になってしまった
  2. 左後席ドア部分をブロック塀に擦り付けてしまい、地肌が出るほど抉ったような傷をつけてしまった。
  3. 運転席から後方に手を伸ばして、全開状態だったサンシェードを閉じようとして、誤ってサンルーフの枠(?)を全力で引っ張って曲げてしまった。

といったところだけど、2と3は完全な自爆行為だし、3も誰か不心得物のイタズラによるものらしいので、つまりは3年間ノートラブルということだ。

オレッチは都会暮らしのサンデードライバーなので、我が家のレガシィは所謂典型的な「シビア・コンディション」(短い距離をチョコチョコ走る使い方が多い)なのだけど、3年19,000km走っても、ボディ、機関ともに絶好調。レガシィ買う前は「スバルの品質ってどうよ? 故障とか多いかも・・・?」と多少気になっていたのだけど、少なくとも我が家のレガシィに関しては余計な心配だったようだ。


<車検明細>

【整備】
 24ヶ月法定点検
  車検整備          15,600円(技術料)
  走行距離項目(1年毎)点検  4,800円(技術料)
  走行距離項目(2年毎)点検  1,700円(技術料)
  スチームクリーニング     8,000円(技術料)
  検査・機器使用料       8,000円(技術料)
  日常点検項目         2,000円(技術料)
  シビアコンディション項目   -
  ホイールアライメント点検   -
  ヘッドライト焦点点検・調整  2,300円(技術料)
  下回り防錆塗装        4,000円(技術料)
  スリースラスター       4,714円(技術料)
  緊急発煙筒/期限切れ確認   -
  エアクリーナーエレメント点検 -
  Vベルト点検         -
  スパークプラグ点検      -
  クーラント液点検       -
  バッテリー液点検       -
  ウォッシャー液点検      -
  ブレーキフルード交換     2,600円(技術料)
   ブレーキフルード      1,100円(部品代)
  全ブレーキ分解・清掃・給油  3,000円(技術料)
   ブレーキクリーナ&グリス  2,000円(部品代)
  下回り各部点検・絞付     -
 エンジンオイル交換       1,600円(技術料)
  スバルオリジナルオイル    4,300円(部品代)
  ガスケット、ドレーンプラグ   100円(部品代)
 ワイパーラバー交換       1,200円(技術料)
  ラバーアセンブリ、ウィンドシール920円(部品代)
  ラバーアセンブリ、ウィンドシール760円(部品代)
  ラバーアセンブリ、リアワイパ  630円(部品代)
----------------------------------------------------
小計(1)            69,324円
                (技術料54,800円)
                (部品代14,524円)


【手数料】
 車検代行手数料        8,000円
----------------------------------------------------
 小計(2)             8,000円


【法定費用】
 自動車重量税         37,800円
 自賠責保険料         22,470円
 印紙代等            1,100円
----------------------------------------------------
 小計(3)             61,370円


(1)整備費用        69,324円
(2)手数料          8,000円
 消費税            3,866円
(3)法定費用        61,370円
----------------------------------------------------
合計            142,560円(税込)




(追記)

ディーラーに、保証延長プラン「NEXTEP」への加入を薦められた。これに入っておくと、一般保証がさらに2年延長するとのこと。加入料は10,500円(税込)。保険だと思って加入した。

10,500円(税込)なんて、ちょっとトラブったら簡単に吹っ飛ぶ額だもんね。
[PR]
by oretch | 2008-04-12 01:59 | バイクとクルマ