カテゴリ:F1( 159 )

2008年 06月 30日
【F1】2008年Rd.7 カナダGP 結果
 
ハミルトンの失態でクビサは漁夫の利。なんちゅー混沌。


b0039141_22425920.jpg

ピットレーンでハミルトンがライコネンのカマ掘って両者リタイア。
ポイント首位と2位が一瞬にして退場。
Photo © CRASHNET / Yahoo!EUROSPORT


b0039141_22431614.jpg

フェラーリとマクラーレンが居なくなればBMWの独壇場。
クビサが念願の初優勝を達成。そして同時にランキング首位に躍り出た!
Photo © F1grandprix.it



Rd.7 Grand Prix of Canada
@ Circuit Gilles Villeneuve, Canada, June 6, 2008


■ Final Classification : 70Laps / Dry

[Pos.] # Driver (Nat.);     Const. Chassy; Tyre Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1]  4 Robert KUBICA (POL); BMW Sauber F1.08; BS  1:36’24.447 ( 2)
[ 2]  3 Nick HEIDFELD (GER); BMW Sauber F1.08; BS   +16.495 ( 8)
[ 3]  9 David COULTHARD (GBR); Red Bull RB4; BS     +23.352 (13)
[ 4] 12 Timo GLOCK (GER); Toyota TF108; BS          +42.627 (11)
[ 5]  2 Felipe MASSA (BRA); Ferrari F2008; BS         +43.934 ( 6)
[ 6] 11 Jarno TRULLI (ITA); Toyota TF108; BS          +47.775 (14)
[ 7] 17 Rubens BARRICHELLO (BRA); Honda RA108; BS  +53.597 ( 9)
[ 8] 15 Sebastian VETTEL (GER); Toro Rosso STR3; BS    +54.120 (19)
[NC]  8 中嶋 一貴 (JPN); Williams FW30; BS          +24Laps (12)
[NC]  1 Kimi RAIKKONEN (FIN); Ferrari F2008; BS     +51Laps ( 3)
[NC] 22 Lewis HAMILTON (GBR); McLaren MP4-23; BS   +51Laps ( 1)


b0039141_22521431.jpg

クビサがたくさんの「初」が付く歴史的勝利。おめでとー!
Photo © xpb.cc / Motorsport.com



Race Leader

 Lap 1~: 22 Lewis HAMILTON ; McLaren
 Lap19~:  3 Nick HEIDFELD ; BMW Sauber
 Lap29~: 17 Rubens BARRICHELLO ; Honda
 Lap36~:  9 David COULTHARD ; Red Bull
 Lap37~: 11 Jarno TRULLI ; Toyota
 Lap39~: 12 Timo GLOCK ; Toyota
 Lap42~:  4 Roberto KUBICA ; BMW Sauber
 
 29 Laps -  4 Roberto KUBICA ; BWM Sauber
 18 Laps - 22 Lewis HAMILTON ; McLaren
 10 Laps -  3 Nick HEIDFELD ; BWM Sauber
  7 Laps - 17 Rubens BARRICHELLO ; Honda
  3 Laps - 12 Timo GLOCK ; Toyota
  2 Laps - 11 Jarno TRULLI ; Toyota
  1 Lap -  9 David COULTHARD ; Red Bull

Pole Position

22 Lewis HAMILTON (GBR); McLaren MP4-23; BS  1'17.886

Fastest Lap

1 Kimi RAIKKONEN (FIN); Ferrari F2008; BS  1'17.387 @ Lap 14


b0039141_22523059.jpg

ザウバー時代も通してチーム悲願の初優勝達成。しかも1-2でスーパーマリオも大喜び。
これでBMWは完全にトップ・チームの仲間入りを果たした。
Photo © F1grandprix.it


b0039141_22523942.jpg

Photo © xpb.cc / Motorsport.com


→ Point Standings, Statistics, Notes and Topics
[PR]
by oretch | 2008-06-30 22:41 | F1

2008年 06月 30日
【F1】2008年Rd.7 カナダGP レビュー

前半戦の天王山になるかと思いきや、あのアホんだらのおかげで・・・・


b0039141_2241850.jpg

無残な姿を晒すライコネンのF2008とハミルトンのMP4-23。
Photo © DPPI / www.F1-Live.com


b0039141_22412340.jpg

登り調子のクビサが大混乱に陥ったレースを制して初優勝達成!
Photo © f1grandprix.it


→ 【F1】2008年Rd.7 カナダGP レビュー 続き
[PR]
by oretch | 2008-06-30 22:39 | F1

2008年 06月 30日
【F1】2008年Rd.6 モナコGP レビュー

毎週レースやってて書くの間に合わんわ・・・・


b0039141_2574012.jpg

b0039141_2575771.jpg

b0039141_2581347.jpg

モナコGP前のポイント順位は首位ライコネン、2位マッサ、3位ハミルトン。
この順位がレース後、どうなったかっつーと・・・・・
Photo © xpb.cc / Motorsport.com



b0039141_2583056.jpg

Photo © xpb.cc / Motorsport.com


→ 【F1】2008年Rd.6 モナコGP レビュー 続き
[PR]
by oretch | 2008-06-30 02:56 | F1

2008年 06月 30日
【F1】2008年Rd.6 モナコGP 結果

雨とアクシデントで展開が二転三転。久しぶりに面白いモナコGPが見られて満足。


b0039141_2424085.jpg

スタート直後にマシンを傷めて先頭グループから一旦は脱落したハミルトン。
そこから幸運と驚異の追い上げでトップを奪い返した!
Photo © xpb.cc


b0039141_243528.jpg

最後までツキを味方に付けたハミルトンがデビュー2年目でモナコ初優勝。
いやっほーーーーい!
Photo © McLaren Group



Rd.6 Grand Prix de Monaco
@ Monte Carlo, Monaco, May 25, 2008


■ Final Classification : 76Laps / Wet ※2時間ルール適用

[Pos.] # Driver (Nat.);     Const. Chassy; Tyre Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 22 Lewis HAMILTON (GBR); McLaren MP4-23; BS  2:00’42.742 ( 3)
[ 2]  4 Robert KUBICA (POL); BMW Sauber F1.08; BS     +3.064 ( 5)
[ 3]  2 Felipe MASSA (BRA); Ferrari F2008; BS          +4.811 ( 1)
[ 4] 10 Mark WEBBER (AUS); Red Bull RB4; BS         +19.295 ( 9)
[ 5] 15 Sebastian VETTEL (GER); Toro Rosso STR3; BS    +24.657 (19)
[ 6] 17 Rubens BARRICHELLO (BRA); Honda RA108; BS   +28.408 (14)
[ 7]  8 中嶋 一貴 (JPN); Williams FW30; BS           +30.180 (13)
[ 8] 23 Heikki KOVALAINEN (FIN); McLaren MP4-23; BS  +33.191 ( 4)


b0039141_2432987.jpg

今季2勝目をマークして、チャンピオンシップでも首位を奪還した。
にしても、マクラーレンはモナコで強いな。
Photo © xpb.cc



Race Leader

 Lap 1~:  2 Felipe MASSA ; Ferrari
 Lap16~:  4 Roberto KUBICA ; BMW Sauber
 Lap26~:  2 Felipe MASSA ; Ferrari
 Lap33~: 22 Lewis HAMILTON ; McLaren
 
 44 Laps - 22 Lewis HAMILTON ; McLaren
 22 Laps -  2 Felipe MASSA ; Ferrari
 10 Laps -  4 Roberto KUBICA ; BWM Sauber

Pole Position

2 Felipe MASSA (BRA); Ferrari F2008; BS  1'15.787

Fastest Lap

1 Kimi RAIKKONEN (FIN); Ferrari F2008; BS  1'16.689 @ Lap 74


b0039141_2434483.jpg

ハミルトンの奇跡の逆転劇を演出したのは自滅したフェラーリ勢。
とくにライコネンはドタバタとみっとないレースになった。なにやってんの?
Photo © xpb.cc / Motorsport.com



b0039141_244028.jpg

モナコ!
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


→ Point Standings, Statistics and Notes
[PR]
by oretch | 2008-06-30 02:41 | F1

2008年 06月 07日
【F1】2008年Rd.5 トルコGP 結果
 
マッサはもうトルコ人でいいです。本人もそう言ってます。


b0039141_2562156.jpg

ポール・スタートのマッサがレースをリード。
途中ハミルトンの抵抗に遭うものの、最後は突き放して完勝。
Photo © Sutton / GPUPDATE


b0039141_258638.jpg

3年連続ポール・トゥ・ウィン達成。マッサはもうトルコの人。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com



Rd.5 Grand Prix of Turkey
@ Istanbul Circuit, Istanbul, Turkey, May 11, 2008



■ Final Classification : 58Laps / Dry

[Pos.] # Driver (Nat.);     Const. Chassy; Tyre Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1]  2 Felipe MASSA (BRA); Ferrari F2008; BS      1:26’49.451 ( 1)
[ 2] 22 Lewis HAMILTON (GBR); McLaren MP4-23; BS    +3.779 ( 3)
[ 3]  1 Kimi RAIKKONEN (FIN); Ferrari F2008; BS      +4.271 ( 4)
[ 4]  4 Robert KUBICA (POL); BMW Sauber F1.08; BS   +21.945 ( 5)
[ 5]  3 Nick HEIDFELD (GER); BMW Sauber F1.08; BS  +38.741 ( 9)
[ 6]  5 Fernando ALONSO (ESP); Renault R28; BS      +53.724 ( 7)
[ 7] 10 Mark WEBBER (AUS); Red Bull RB4; BS       +1’04.229 ( 6)
[ 8]  7 Nico ROSBERG (GER); Williams FW30; BS     +1’11.406 (11)
[NC] 8 中嶋 一貴 (JPN); Williams FW30; BS          + 57 Laps (16)


b0039141_2582534.jpg

レース中盤、ハミルトンに抜かれても冷静を保ったことがマッサの勝因。
Photo © xpb.cc / GPUPDATE



Race Leader

 Lap 1~: 2 F.MASSA ; Ferrari
 Lap20~: 1 K.RAIKKONEN ; Ferrari
 Lap22~: 2 F.MASSA ; Ferrari
 Lap24~: 22 L.HAMILTON ; McLaren
 Lap33~: 2 F.MASSA ; Ferrari
 Lap41~: 1 K.RAIKKONEN ; Ferrari
 Lap44~: 22 L.HAMILTON ; McLaren
 Lap46~: 2 F.MASSA ; Ferrari
 
 42 Laps - 2 F.MASSA ; Ferrari
 11 Laps - 22 L.HAMILTON ; McLaren
  5 Laps - 1 K.RAIKKONEN ; Ferrari

Pole Position

2 Felipe MASSA (BRA); Ferrari F2008; BS  1'27.617

Fastest Lap

1 Kimi RAIKKONEN (FIN); Ferrari F2008; BS  1'26.506 @ Lap 20


b0039141_259274.jpg

見応えのあるいいレースだった。敗れたハミルトンもナイス・ファイトだった。
Photo © Sutton / GPUPDATE


b0039141_2592126.jpg

Photo © xpb.cc / Motorsport.com


→ Point Standings, Statistics and Notes
[PR]
by oretch | 2008-06-07 01:53 | F1

2008年 06月 07日
【F1】2008年Rd.5 トルコGP レビュー

b0039141_3301584.jpg

Photo © CRASHNET / Yahoo!EUROSPORT



また字数制限に引っ掛かった。なのでリザルトとレビューは別記事に。

ま、それだけ書くことの多い面白いレースだったってことだね。


b0039141_332611.jpg

ばっちこーい
Photo © xpb.cc / GPUPDATE


→ Review本編
[PR]
by oretch | 2008-06-07 01:37 | F1

2008年 05月 13日
【F1】2008年Rd.4 スペインGP 結果

ライコネンが呪縛を打ち破る快心の勝利。


b0039141_045230.jpg

スタート直後からフェラーリが1-2体勢でレースを完全にコントロール。
前戦に続いて、いよいよフェラーリの強さがハッキリと確認されたレースになった。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


b0039141_052144.jpg

ライコネンが今季2回目のファースト・チェッカー。ハットトリックの完勝だった。
”アノ人”の呪縛からも遂に解放された???
Photo © xpb.cc / Motorsport.com



Rd.4 Grand Prix of Spain
@ Circuit de Catalunya, Barcelona, Spain, April 27, 2008


<strong>■ Final Classification : 66Laps / Dry

[Pos.] # Driver (Nat.);     Const. Chassy; Tyre Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1]  1 Kimi RAIKKONEN (FIN); Ferrari F2008; BS  1:38’19.051 ( 1)
[ 2]  2 Felipe MASSA (BRA); Ferrari F2008; BS        +3.228 ( 3)
[ 3] 22 Lewis HAMILTON (GBR); McLaren MP4-23; BS   +4.187 ( 5)
[ 4]  4 Robert KUBICA (POL); BMW Sauber F1.08; BS   +5.694 ( 4)
[ 5] 10 Mark WEBBER (AUS); Red Bull RB4; BS       +35.938 ( 7)
[ 6] 16 Jenson BUTTON (GBR); Honda RA107; BS      +53.010 (13)
[ 7]  8 中嶋 一貴 (JPN); Williams FW30; BS         +58.244 (12)
[ 8] 11 Jarno TRULLI (ITA); Toyota TF108; BS         +59.435 ( 8)
[13] 18 佐藤 琢磨 (JPN); Aguri SA08; BS             +1 Lap (22)


b0039141_055034.jpg

頭丸めてなんか童顔チックなライコネン。
開幕4戦して2勝はキャリア・ベストのペース。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com



Race Leader

 Lap 1~: 1 K.RAIKKONEN ; Ferrari
 Lap21~: 22 L.HAMILTON ; McLaren
 Lap22~: 3 N.HEIDFELD ; BMW Sauber
 Lap25~: 1 K.RAIKKONEN ; Ferrari
 
 62 Laps - 1 K.RAIKKONEN ; Ferrari
  3 Laps - 3 N.HEIDFELD ; BMW Sauber
  1 Laps - 22 L.HAMILTON ; McLaren

Pole Position

1 Kimi RAIKKONEN (FIN); Ferrari F2008; BS  1'21.813

Fastest Lap

1 Kimi RAIKKONEN (FIN); Ferrari F2008; BS  1'21.670 @ Lap 46


b0039141_075073.jpg

「遂にオレ様の呪縛を打ち破りおったか・・・・・」
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


b0039141_092983.jpg

今回はアロンソも頑張ったよ。
Photo © F1grandprix.it


b0039141_0111829.jpg

Photo © xpb.cc / Motorsport.com


→ Race Digest, Point Standings, Statistics and Notes
[PR]
by oretch | 2008-05-13 00:13 | F1

2008年 05月 08日
【F1】スーパー・アグリ撤退

連休明けにこんな大きなニュースがあるとは。
でもまぁ実際のところ、来るべきものが遂に来たな、といった感じかなァ・・・・・

スーパーアグリF1 : スーパーアグリF1チームからの声明 (2008/05/06)

スーパーアグリF1チーム(SAF1)は、本日、F1世界選手権から撤退することを決定した。2006年からプライベーターチームとしてF1に参戦し、昨年はチーム結成22戦目(スペインGP)で初ポイントを獲得、2007年のランキング9位という成績を残したSAF1のF1における活動は本日、その幕を閉じることになる。

鈴木亜久里 チーム代表
「F1チームオーナーになるという私の昔からの夢を実現すべく、2005年11月にF1にエントリー申請をし、2006年よりスーパーアグリF1チームとして、2年と4ヶ月にわたりF1の世界で戦ってきたが、本日その活動に終止符をうつことになった。

多くの自動車メーカーが参戦しているこの世界でプライベーターとして戦いを挑み、昨年はチーム参戦から、わずか22戦目にして初ポイントを獲得しランキング9位となる快挙を達成することができた。しかし、昨年のシーズン初頭から、パートナーとして一緒に戦っていくはずだったSS United Group Company Limitedの契約不履行によりチームは経済的なバックボーンを失い、経営は非常に厳しい状況に追い込まれた。また、カスタマーカーに関する方向性の変化などチームをとりまく環境変化もあり、チームは新たなパートナー探しを精力的に続けてきたが、その活動は難航した。

その間、ホンダから支援を受けながら、なんとか今日まで持ちこたえてきたが、現在のF1を取り巻く環境の中で、今後も安定的に活動を継続していく目処が立たず、本日、F1から撤退するという苦渋の決断をくだすこととなった。

ここまでチームを支えてくれたホンダ、ブリヂストン、そしてスポンサーの皆様、いろいろな状況の中でアドバイスを頂いたF1関係者の皆様、チームが苦しい状況の中でも、モチベーションを絶やさず働いてくれたチームスタッフ、厳しい状況の中でも頑張ってくれたアンソニー、チーム立ち上げから一緒に戦いチームを引っ張ってくれた琢磨、そして、これまでSAF1を応援してくれてきた世界中のファンの皆様に最大の感謝を表したい」

(スーパーアグリF1チーム声明より全文引用)

b0039141_245482.jpg

F1撤退の記者会見に臨んだ鈴木亜久里代表。
なんとなく晴れやかで穏やかな表情なのが印象的。
Photo © i-dea / AUTOSPORT WEB


万策尽きた、といった感じなんだろうか。
まぁ、チーム立ち上げの時からして、いつかこうなるだろうなとは誰しも思ってたことだろうけど。

撤退の発表当日に開催された記者会見では、復活をキッパリと否定したうえで、「しばらく休みたい」「これからF1やろうとする人には、やらない方がいいよと言う」といったコメントが続いた。

やっぱり、もう疲れ切っちゃったんだろうね。

今後復活はあるのか?という質問に対して、「レースがしたいよね」という答えが全てを象徴しているように思う。2006年の参戦以来、金策にずっと追われていて、まともにレースをやっていたという実感が無かったんだろうな。

もともと、BARホンダのレギュラーシートを失った佐藤琢磨を救済するために、無理して立ち上げたチームだったし、もし復活するとすれば、もう一度そういう機運が盛り上がらないとダメだろうね。でも、残念ながら佐藤琢磨もスーパーアグリで消耗してしまってピークを過ぎてしまった感じが強いし、かつては日本のファンの期待が佐藤琢磨に集中していたけど、今では中嶋Jr.の名門ウィリアムズ入りなんかでファンの期待も分散してしまったから、もはや以前のような状況が再現される可能性はほぼ無いだろう。

F1史上16番目に短い活動期間だったらしいけど、大メーカー支配の度合いがかつて無いほど高まっている現代のF1において、無い無い尽くしの中で熱意と根性だけで数々の逆境を乗り越え、戦い続けたスーパー・アグリF1チームが、世界中のF1ファンに与えたインパクトは決して小さくなかったと思う。

正直なところ、現役時代の鈴木亜久里選手は、なんかいつもいい訳ばっかり言ってる印象が強くて、あまり好きじゃなかった。スーパー・アグリF1チームに対しても、それほどオレッチは評価しているわけじゃなかった。どう考えたって、まともな結果なんて期待できなかったし・・・

でも、チームを立ち上げてからの鈴木亜久里”代表”は、現役時代とは打って変わって言い訳や泣き言を一切言わず、常に前向きに逆境に立ち向かっていくリーダー然とした姿がとても颯爽としていてカッコ良かった。


鈴木亜久里代表をはじめとするスーパー・アグリF1チームの皆さん、おつかれさまでした。


b0039141_3202856.jpg

どこの誰でもいいから、誰か、亜久里さんにちゃんとレースさせてあげて欲しかったな。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


→ 【F1】スーパー・アグリ撤退 続き
[PR]
by oretch | 2008-05-08 01:44 | F1

2008年 04月 20日
【F1】オン・シーズン最初のバルセロナ合同テスト

今季初のシーズン中テストをバルセロナで実施。
開幕3戦の結果を踏まえて、各チームとも早速アップデートに余念が無いようで。


b0039141_234997.jpg

最近バイクにご執心のシューミ登場。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


b0039141_25258.jpg

今テストでは各チームがスリック・タイヤをテスト。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


F1 Barcelona Test @ April
@ Barcelona, Spain, 2008.04.14~17


  Corse Record : F.Massa (BRA) Ferrari  1’22.680 @2007
  Lap Record : F.Massa (BRA) Ferrari  1’20.597 @2007
  Unofficial Best : F.Massa (BRA) Ferrari  1’20.508 @2008

■ 4日間総合 各ドライバーのラップタイムと順位

[順位]カーナンバー ドライバー(国) チーム シャシー  ベストタイム(周回数)
---------------------------------------------------------
[ 1]  2 F.MASSA (BRA) Ferrari F2008  1’18.339 (190) day1
[ 2]  5 F.ALONSO (ESP) Renault R28  1’18.483 (218) day3
[ 3] 17 R.BARRICHELLO (BRA) Honda RA108  1’18.928 (218) day2
[ 4]  - M.SCHUMACHER (GER) Ferrari F2008  1’19.323 (83) day3
[ 5] 21 A.SUTIL (GER) Force India VJM01  1’19.424 (102) day3
[ 6] 20 G.FISICHELLA (ITA) Force India VJM01  1’19.721 (79) day2
[ 7]  7 N.ROSBERG (GER) Williams FW30  1’19.841 (180) day3
[ 8]  9 D.COULTHARD (GBR) Red Bull RB4  1’20.392 (146) day2
[ 9] 22 L.HAMILTON (GBR) McLaren MP4-23  1’20.452 (96) day2
[10] 14 S.BOURDAIS (FRA) Toro Rosso STR02B  1’20.715 (71) day3
[11] 10 M.WEBBER (AUS) Red Bull RB4  1’20.849 (124) day3
[12] 11 J.TRULLI (ITA) Toyota TF108  1’20.867 (108) day3
[13]  3 N.HEIDFELD (GER) BMW Sauber F1.08  1’20.981 (202) day2
[14]  - A.WURZ (AUT) Honda RA108  1’21.059 (75) day1
[16]  - P.DE LA ROSA (GER) McLaren MP4-23  1’21.566 (77) day1
[16]  6 N.PIQUET Jr. (BRA) Renault R28  1’22.125 (130) day1
[17]  8 中嶋一貴 (JPN) Williams FW30  1’22.431 (134) day1
[18]  - V.LIUZZI (ITA) Force India VJM01  1’22.846 (91) day1
[19] 23 H.KOVALAINEN (FIN) McLaren MP4-23  1’23.589 (34) day4
[20]  1 K.RAIKKONEN (FIN) Ferrari F2008  1’23.619 (34) day4
[21]  4 R.KUBICA (POL) BMW Sauber F1.08  1’24.715 (32) day4
[22] 16 J.BUTTON (GBR) Honda RA108  1’24.873 (41) day4


b0039141_254144.jpg

シーズン中も開発の手を休めず、日々進化するF1。ご苦労様っす~。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


→ 【F1】オン・シーズン最初のバルセロナ合同テスト 続き
[PR]
by oretch | 2008-04-20 02:11 | F1

2008年 04月 19日
【F1】パクリこそがF1の本質

特許権とか意匠権とかお互いヤボなことは言わずにパクりパクられる文化こそがF1がF1でいられる理由(のはず)だ?

FMotorsports F1 : ルノーも新エンジンカウルをトライ (2008/0416)

バルセロナ合同テストではとりわけエアロダイナミックスに各チームで新たなトライが行われているが、ルノー・チームも新しいルックスのエンジンカウルを装着して現れた。

これは、レッドブルの『RB4』がすでに投入しているリヤウィングまで伸びる大型のエンジンカバー・タイプのもので、15日(火)フェルナンド・アロンソがトライした。

(FMotorsports F1より抜粋引用)

b0039141_2465983.jpg

出たよ。元チャンピオンチームもなりふり構わずやってきたな。
ところで、一時期噂になってた「Wウィング」はどうした?
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


b0039141_249149.jpg

元記事には出てこなかったけど、トロ・ロッソもやってきた。
ま、こちらは元祖レッドブルの弟分だからね。パクるのは時間の問題だったね。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com



「シャークフィン」なんて呼ばれてるらしいね、これ。

たいして実装が難しそうに見えないから、もっと早くレッドブルをパクるチームが出てくるかと思ってたから別に意外じゃないね。

それに、改めてシャークフィンをよく見ると、これは広告スペースとして実に魅力的だなということに気づいた。
これは流行るね、きっと。たとえタイムアップに効果が無かったとしても、広告スペースが広くなれば、既存の広告主はご機嫌が良くなるだろうし、あるいは新しい広告主を見つけるのにも役立つだろうし。


でも、こっちは流行りそうもないし、流行って欲しくもない。

→ 【F1】パクリこそがF1の本質 続き
[PR]
by oretch | 2008-04-19 02:59 | F1