カテゴリ:F1( 159 )

2008年 02月 13日
【F1】バーレーン合同テスト 結果
今オフこれまでの合同テスト・トップ
バルセロナ (2007/11) : #2 F.Massa Ferrari  1’21.044
ヘレス (2007/12)    : #14 S.Vettel Toro Rosso  1’18.213
ヘレス (2008/01)    : #5 F.Alonso Renault  1’19.503
バレンシア (2008/01) : #23 H.Kovalainen McLaren  1’11.000
バルセロナ (2008/02) : #14 S.Vettel Toro Rosso  1’21.679


スペインから一気に遠くに飛んで、今年4回目の合同テストは中東のバーレーン。
でも、参加してるのは金持ちフェラーリとトヨタだけ。

これで合同テストと呼べるのか???

b0039141_0425961.jpg

わざわざ砂漠まで、ご苦労さん。
Photo © F1grandprix.it


F1 Bahrain Febrary Testing
@ Sakhir, Bahrain, 04~06,09~11 Feb 2008


■ 6日間総合 各ドライバーのラップタイムと順位

[順位] ドライバー(国) チーム シャシー  タイム(周回数)
---------------------------------------------------------
[ 1]  1 K.Raikkonen (FIN) Ferrari F2008  1’30.015 (431)
[ 2]  2 F.Massa (BRA) Ferrari F2008  1’30.190 +0.175(278)
[ 3] 11 J.Trulli (ITA) Toyota TF108  1’30.944 +0.929(407)
[ 4] 12 T.Glock (GER) Toyota TF108  1’31.209 +1.194(382) ☆
[ 5]  - L.Badoer (ITA) Ferrari F2008  1’32.230 +2.215(136)
[ 6]  - 小林可夢偉 (JPN) Toyota TF108  1’32.265 +2.250(115) ※

★=移籍、☆=新人、※=テストorゲスト・ドライー

Note : 2007 March Testing Best Lap
 F.Massa (BRA) Ferrari F2007  1’29.989 @ 2007/03/01


b0039141_044402.jpg

Photo © Panasonic Toyota F1


→ 【F1】バーレーン合同テスト 結果 続き
[PR]
by oretch | 2008-02-13 01:13 | F1

2008年 02月 13日
【F1】ホンダ新車RA108のカラーリング

去年と今年のカラーリングを比較して思ったこと。

b0039141_0362339.jpg

昨年(2007年)のRA107。
ボディ全体に大きく地球が描かれていて、全身でエコをアピール。
Photo © Honda Motor Co.


b0039141_0363717.jpg

そして2008年の新車、RA108。
地球の写真は一部に縮小。白い部分が目立つ。
Photo © Honda Motor Co.


思い切りが悪くなったな。

地球を消して白くした部分に広告入れてくつもりなんでしょ?

そうでしょ?
[PR]
by oretch | 2008-02-13 00:37 | F1

2008年 02月 09日
【F1】バーレーン合同テスト 前半終了

今年4回目の合同テストが中東バーレーンで開催されている。
2月4~6日の前半3日間と、9~11日の後半3日間、合計6日間の予定。

とりあえず前半3日間が終わったので、その速報。

b0039141_15213755.jpg

参加してるのは金持ち2チームのみ。寂しい。砂漠だけに余計・・・
Photo © Ferrari S.p.A. / F1grandprix.it


b0039141_1519352.jpg

チッ、また砂が入った・・・(怒
Photo © Associated Press / Yahoo!ITALIA


■ 前半3日間総合 各ドライバーのラップタイムと順位

[順位] ドライバー(国) チーム シャシー  タイム(周回数)
---------------------------------------------------------
[ 1]  1 K.Raikkonen (FIN) Ferrari F2008  1’30.455 (219)
[ 2]  2 F.Massa (BRA) Ferrari F2008  1’31.293 (64)
[ 3]  - L.Badoer (ITA) Ferrari F2008  1’32.230 (136)
[ 4] 11 J.Trulli (ITA) Toyota TF108  1’32.145 (157)
[ 5] 12 T.Glock (GER) Toyota TF108  1’32.889 (143) ☆
[ 6]  - 小林可夢偉 (JPN) Toyota TF108  1’32.265 (115) ※

Note : 2007 March Testing Best Lap
 F.Massa (BRA) Ferrari F2007  1’29.989 @ 2007/03/01


b0039141_15232682.jpg

#1 K.Raikkonen Ferrari F2008 : 1’30.455 (1位)
Photo © Ferrari S.p.A. / F1grandprix.it

前半3日間でトップタイムをマークしたのは王者ライコネン。
トラクション・コントロール無しで昨年のGPのPPタイムを上回った。

絶好調!

2番手は3日目に登場した僚友マッサ。
乗り始めてすぐに、トヨタ勢を余裕で上回るタイムをマーク。

今年もフェラーリの最強ペアは調子万全だな。


それにしても、なにもわざわざ遠く砂漠まで行ってテストせんでも・・・・・


b0039141_15242747.jpg

誰だよ? こんなところでテストしようとか言い出したのは・・・?
Photo © Ferrari S.p.A. / F1grandprix.it

[PR]
by oretch | 2008-02-09 15:26 | F1

2008年 02月 09日
【F1】バルセロナ合同テスト 結果

再びバルセロナに戻ってきて今年3回目の合同テスト。
フェラーリとトヨタ、スーパーアグリを除くチームが参加し、ルノーとホンダが新車を投入した。

スーパーアグリ(泣)

今オフこれまでの合同テスト・トップ
バルセロナ (2007/11) : #2 F.Massa Ferrari  1’21.044
ヘレス (2007/12) : #14 S.Vettel Toro Rosso  1’18.213
ヘレス (2008/01) : #5 F.Alonso Renault  1’19.503
バレンシア (2008/01) : #23 H.Kovalainen McLaren  1’11.000

b0039141_0185397.jpg

ホンダが復活を期して新車RA108を投入してきたけど・・・
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


b0039141_019418.jpg

王者フェラーリ不在の今テストでベストパフォーマンスを見せたのは・・・
Photo © DPPI / www.F1-Live.com


F1 Barcelona Febrary Testing
@ Barcelona, Spain, 2008.02.01~03

★=移籍
☆=新人(新レギュラー契約ドライバー。スポット参戦経験済み含む。)
※=テストorゲスト・ドライバー
太字=2008年新車

■ 3日間総合 各ドライバーのラップタイムと順位

[順位] ドライバー(国) チーム シャシー  タイム(周回数)
---------------------------------------------------------
[ 1] 14 S.Vettel (GER) Toro Rosso STR2B  1’21.679 (252)
[ 2] 15 S.Bourdais (FRA) Toro Rosso STR2B  1’21.782 +0.103 (222) ☆
[ 3] 22 L.Hamilton (GBR) McLaren MP4-23  1’22.135 +0.456 (254)
[ 4] 10 M.Webber (AUS) Red Bull RB4  1’22.385 +0.706 (191)
[ 5] 23 H.Kovalainen (FIN) McLaren MP4-23  1’22.422 +0.743 (137)
[ 6]  4 R.Kubica (POL) BMW Sauber F1.08  1’22.492 +0.813 (238)
[ 7]  5 F.Alonso (ESP) Renault R28  1’22.509 +0.830 (239) ★
[ 8]  3 N.Heidfeld (GER) BMW Sauber F1.08  1’22.874 +1.195 (225)
[ 9]  9 D.Coulthard (GBR) Red Bull RB4  1’22.889 +1.210 (226)
[10]  6 N.A Piquet (BRA) Renault R28  1’23.002 +1.323 (223) ☆
[11] 20 G.Fisichella (ITA) Force India F8-VIIB  1’23.015 +1.336 (98) ★
[12]  7 N.Rosberg (GER) Williams FW30  1’23.347 +1.668 (46)
[13]  - G.Paffett (GBR) McLaren MP4-23  1’23.349 +1.670 (45) ※
[14] 17 R.Barrichello (BRA) Honda RA108  1’23.795 +2.116 (137)
[15] 21 A.Sutil (GER) Force India F8-VIIB  1’23.800 +2.121 (86)
[16] 16 J.Button (GBR) Honda RA108  1’23.808 +2.129 (143)
[17]  8 中嶋一貴 (JPN) Williams FW30  1’23.948 +2.269 (75) ☆
[18]  - V.Liuzzi (ITA) Force India F8-VIIB  1’24.263 +2.584 (61) ※
[19]  - A.Wulz (AUT) Honda RA107B  1’26.975 +5.296 (26) ※


Note; 2007 November Testing Best Lap
 F.Massa (BRA) Ferrari F2007  1’21.044 @ 2007/11/15



b0039141_0192088.jpg

Photo © xpb.cc / Motorsport.com


→ 【F1】バルセロナ合同テスト 結果 続き
[PR]
by oretch | 2008-02-09 00:28 | F1

2008年 02月 06日
【F1】レッドブルの革新的なフィン

う~ん、カッコイイようなカッコ悪いような・・・

FMotorsports F1 : レッドブル、『RB4』に斬新リヤウィングをトライ (2008/02/02)

エレクトロニクスによるコントロール・システムが次々と制限される中、各チーム共エアロダイナミックスの開発に力を入れているが、バルセロナ合同テストでレッドブル・レーシングが『RB4』に斬新なエアロダイナミックスをトライして注目を集めた。

これは、ドライバー後部のエンジンカバー中心部を、そのままの高さでリヤウィング部まで伸ばすという目新しいもの。

(FMotorsports F1より抜粋引用)


b0039141_154130.jpg

これがレッドブルの”斬新リアウィング”。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


b0039141_193587.jpg

走っている姿。リアウィングに向かう空気の流れを整え、増やす効果があるとか。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com



カッコ良いんだか悪いだか判らんけど、とりあえずコレ思い出した。


b0039141_1245311.jpg

マクラーレンMP4/10@1995年
Photo © Minichamps GmbH & Co. KG


少なくともMP4/10よりはカッコイイかなぁ。




MP4/10の画像を探してたらこんなの見つけた。

b0039141_1252426.jpg

Photo © Mclaren Group?

こんなの初めて見た。写真は1991年のものらしい。恐らく、前年登場し、F1界に衝撃を与えたティレルのコルセア・ウィングにヒントを得てテストしてみたんだろうな。

うん、悪くないかも・・・
[PR]
by oretch | 2008-02-06 01:27 | F1

2008年 02月 01日
【F1】スーパーライセンスというビジネス

恥ずかしながら、もう20年以上もF1ファンをやっていて全然知らなかった。
F1のスーパーライセンスって、前年成績によって発給料金が違ってたのね。

FMotorsports F1 : F1スーパーライセンス、大幅値上げか (2008/01/19)

英『オートスポーツ』誌が伝えるところによれば、2008年シーズンからF1ドライバーに不可欠のスーパーライセンス発給の料金が大幅に値上げされる見通しということだ。

これまでスーパーライセンスの料金について公にされたことはないが、同誌によれば2007年の場合、基本料が1,690ユーロ(約26万円)で、これに加えて前年のチャンピオンシップで獲得したポイントに応じ、1ポイントあたり447ユーロ(約7万円)を加えたものだったという。
FIAは2008年、これを一気に基本料が1万ユーロ(約156万円)、前年獲得したポイント1毎に2千ユーロ(約31万2千円)にまで引き上げるというもの。

これでいくと、110ポイントを獲得した2007年のチャンピオンであるキミ・ライコネンの場合、基本料1万ユーロに加えてポイントの加算分が実に22万ユーロで総額は23万ユーロ(約3千588万円)という巨額ライセンスになる。

(FMotorsports F1より抜粋引用)

FMotorsports F1 : 『スーパーライセンス値上げ』FIA会長、認める (2008/01/29

先に英誌が報じたF1スーパーライセンス発給料金の値上げの可能性について、FIAのマックス・モズレー会長がこれを認める発言をしている。

モズレー会長は「そもそもドライバーたちはF1に参戦することにより巨額の報酬を受けている。それにわれわれはこれをF1レースの安全性のために使うんだ。引き上げたからといって、何もバチは当たらないよ」と、涼しい顔だ。

110ポイントを獲得した2007年のチャンピオンであるキミ・ライコネンの場合、2007年は3万745ユーロ(約480万円)だったのに対し、2008年の料金は23万ユーロ(約3,588万円)という巨額のライセンスということになる。

(FMotorsports F1より抜粋引用)

b0039141_114750.jpg

取れるところからトコトン搾り取ります
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


ニュースは「ライセンス発給料金がスゲェ高い」というところにポイントが置かれているけど、オレッチは冒頭に書いた通り、前年成績に応じて料金が変わるという仕組みの方にまず驚かされた。
なんだか、税金の話みたいじゃない? 計算の基準が収入か成績かという違いはあるけど、成績の良し悪しが収入に結びついていることを考えると、やっぱり同じようなもんだよね。
頑張って良い成績をあげるほど、翌年の発給料金が高くなるなんて、まるで何かの罰ゲームみたい。

ハミルトンやコバライネンのように、昨年の好成績によって収入が増えたドライバーならともかく、フィジコにとっては完全に罰ゲームだよ(笑

→ 【F1】スーパーライセンスというビジネス 続き
[PR]
by oretch | 2008-02-01 01:14 | F1

2008年 01月 31日
【F1】バレンシア合同テスト 結果

先週のヘレス・テストに続いて今年2回目の合同テスト。場所は同じスペインはバルセロナ・サーキット。今回も地元スペインのファンは安い入場料でテスト見学ができるんだって。
そりゃ、初日に3万人以上集まるわけだ。羨ましい。

今テストには、ルノー、BMW、ウィリアムズ、ホンダが2008年用の新型シャシーを持ち込んだ。
これで新型マシンが過半数を超えて、いよいよテスト・シーズン本番といった感じ。

スーパーアグリは初日に参加したけど、2日目以降はお金が無くて撤退(涙)
スーパーアグリがんばれ~


b0039141_211339.jpg

ホンダの2008年新型車、RA108が登場。
今年は”マトモ”なクルマになってるかな?
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


b0039141_2133241.jpg

今テストでの最注目ドライバーはウィリアムズの中嶋カズキ!!
と言っても、チームクルーをまた刎ねたわけじゃないぜ!
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


F1 Valcelona January Testing
@ Valcelona, Spain, 2008.01.22~24

★=移籍
☆=新人(新レギュラー契約ドライバー。スポット参戦経験済み含む。)
※=テストorゲスト・ドライバー
太字=2008年新車

■ 3日間総合 各ドライバーのラップタイムと順位

[順位] ドライバー(国) チーム シャシー  タイム(周回数)
---------------------------------------------------------
[ 1] 23 H.Kovalainen (FIN) McLaren MP4-23  1’11.000 (285) ★
[ 2]  1 K.Raikkonen (FIN) Ferrari F2008  1’11.189 (301)
[ 3]  2 F.Massa (BRA) Ferrari F2008  1’11.662 (274)
[ 4]  8 K.Nakajima (JPN) Williams FW30  1’11.971 (303) ☆
[ 5] 22 L.Hamilton (GBR) McLaren MP4-23  1’11.994 (199)
[ 6]  4 R.Kubica (POL) BMW Sauber F1.08  1’12.095 (207)
[ 7] 11 J.Trulli (ITA) Toyota TF108  1’12.109 (260)
[ 8]  5 F.Alonso (ESP) Renault R28  1’12.360 (204) ★
[ 9]  7 N.Rosberg (GER) Williams FW30  1’12.493 (201)
[10] 14 S.Vettel (GER) Toro Rosso STR2B  1’12.526 (262)
[11] 10 M.Webber (AUS) Red Bull RB4  1’12.594 (102)
[12]  3 N.Heidfeld (GER) BMW Sauber F1.07B  1’12.600 (170)
[13] 12 T.Glock (GER) Toyota TF108  1’12.705 (243) ☆
[14] 20 G.Fisichella (ITA) Force India F8-VII  1’12.949 (93) ★
[15]  6 N.A Piquet (BRA) Renault R28  1’12.973 (89) ☆
[16] 15 S.Bourdais (FRA) Toro Rosso STR2B  1’13.060 (293) ☆
[17]  - P.De La Rosa (ESP) McLaren MP4-23  1’13.163 (114) ※
[18]  - N.Hulkenberg (GER) Williams FW29B  1’13.306 (74) ※
[19] 21 A.Sutil (GER) Force India F8-VII  1’13.409 (98)
[20]  - M.Asmer (EST) BMW Sauber F1.07B  1’13.669 (44) ※
[21] 16 J.Button (GBR) Honda RA108  1’13.689 (80)
[22]  9 D.Coulthard (GBR) Red Bull RB4  1’13.944 (82)
[23] 17 R.Barrichello (BRA) Honda RA108  1’14.588 (36)
[24]  - V.Liuzzi (ITA) Force India F8-VII  1’15.095 (64) ※
[25]  - A.Wulz (AUT) Honda RA107B  1’15.440 (49) ※
[26]  - T.Kogure (JPN) Honda RA107  1’15.703 (75) ※

Note ; 2007 Febrary Testing Best Lap
 L.Hamilton (GBR) McLaren MP4-22  1’11.119 @2007/02/02


b0039141_2141938.jpg

Photo © xpb.cc / Motorsport.com


→ 【F1】バレンシア合同テスト 結果 続き
[PR]
by oretch | 2008-01-31 01:08 | F1

2008年 01月 26日
世界一の大トヨタ様には逆らうな

販売台数のカウントの仕方で混乱はあるようだけど、どうやら勝負はついたようだ。

REUTERS : 07年の世界自動車販売、トヨタが首位=米自動車専門紙 (2007/01/25)

米自動車専門週刊紙オートモーティブ・ニューズは24日、米ゼネラル・モーターズ(GM)の中国合弁会社での販売台数を除外すると、2007年の世界自動車販売台数でトヨタ自動車がGMを抜いて首位になると報じた。

2007年のGMとトヨタの世界自動車販売台数はほぼ937万台となったが、GMが僅かにリードした。

しかし、オートモーティブ・ニューズは、GMの中国合弁会社に対する出資比率は約30%で過半数には達していないとして、合弁会社の販売台数51万6000台は除外されるべきとしている。

(REUTERSより引用)

すごいね~。とうとう世界一ですよ。
日本人として、とりわけクルマ好きの日本人として実に誇らしい気分だ。

大トヨタ様、おめでとうございます!

b0039141_3124965.jpg

水道橋近くにある大トヨタ様の東京本社ビル。
さすが世界一の自動車メーカーにふさわしい威厳に満ちてます。
Photo © BLUE STYLE .COM


晴れて世界一の自動車メーカーとなった大トヨタ様は、もはや恐いもの無し。昨年のF1日本GPで、大トヨタ様の杜撰な運営で被害に遭った人たちが、遂に集団訴訟に立ち上がったなんてニュースも、大トヨタ様にとっては痛くも痒くもない些事に過ぎないだろう。

「うっさいわボケ!潰すぞ!」って感じ?

ただ、オレッチはこの集団訴訟のニュースに興味があったので、「あの問題はいったい何だったのか? 何が原因だったのか?」改めて調べてみた。すると、オレッチの知らなかった事実や、その後発覚した新事実などがいくつもあって驚いた。

→ 世界一の大トヨタ様には逆らうな 続き
[PR]
by oretch | 2008-01-26 01:11 | F1

2008年 01月 21日
【F1】2008年スタート ヘレス合同テスト

約1ヶ月間のテスト禁止期間が明けて、早くも今年最初の合同テストがヘレスで開催された。

本合同テストには、フェラーリ、マクラーレン、ルノー、トヨタ、ウィリアムズ、レッドブル、トロロッソ、そしてフォースインディアの8チームが参加。そのうち、すでにシェイクダウンを終えたフェラーリ、マクラーレンに加えて、トヨタやレッドブルの4チームが新車を持ち込んできた。

ドライバー面では、結局古巣ルノー復帰で落ち着いたアロンソが今オフ初のテスト参加。アロンソと入れ替わりでマクラーレンに移ったコバライネンも今回が初ドライブだ。

まだまだ今年のシーズンの行方を占うには早すぎるけど、開発の進捗具合ぐらいは分かるかな?


b0039141_132959.jpg

テスト禁止期間が明けて、今年もまた始まったぜ。
Photo © WRI2 / www.F1-Live.com


Jerez January Testing
@ Jerez, Spain, 2008.01.14~16


★=移籍
☆=新人(新レギュラー契約ドライバー。スポット参戦経験済み含む。)
※=テストorゲスト・ドライバー
太字=2008年新車

[順位] ドライバー(国) チーム シャシー  タイム(周回数) 計測日
---------------------------------------------------------
[ 1]  5 F.Alonso (ESP) Renault R27  1’19.503 (119) Day2
[ 2]  - P.De La Rosa (ESP) McLaren MP4-23  1’19.650 (165) Day2 ※
[ 3]  1 K.Raikkonen (FIN) Ferrari F2008  1’19.708 (237) Day2
[ 4]  7 N.Rosberg (GER) Williams FW29  1’19.756 (128) Day2
[ 5]  2 F.Massa (BRA) Ferrari F2008  1’19.772 (212) Day2
[ 6] 23 H.Kovalainen (FIN) McLaren MP4-23  1’19.780 (257) Day2 ★
[ 7] 12 T.Glock (GER) Toyota TF108  1’19.799 (261) Day3 ☆
[ 8] 22 L.Hamilton (GBR) McLaren MP4-23  1’20.099 (73) Day3
[ 9] 14 S.Vettel (GER) Toro Rosso STR2  1’20.305 (176) Day2
[10] 15 S.Bourdais (FRA) Toro Rosso STR2  1’20.346 (174) Day2 ☆
[11] 10 M.Webber (AUS) Red Bull RB3  1’20.392 (133) Day2
[12]  8 K.Nakajima (JPN) Williams FW29  1’20.526 (165) Day2 ☆
[13] - K.Kobayashi (JPN) Toyota TF108  1’20.577 (110) Day3 ※
[14] 20 G.Fisichella (ITA) Force India F8-VII  1’20.764 (76) Day2 ★
[15] 11 J.Trulli (ITA) Toyota TF108  1’21.314 (84) Day1
[16]  6 N.A Piquet (BRA) Renault R27  1’21.696 (41) Day1 ☆
[17] 21 A.Sutil (GER) Force India F8-VII  1’21.705 (71) Day3
[18]  9 D.Coulthard (GBR) Red Bull RB4  1’21.746 (103) Day1
[19]  - V.Liuzzi (ITA) Force India F8-VII  1’23.035 (44) Day1 ※
[20]  - N.Hulkenberg (GER) Williams FW29  1’24.023 (65) ※
[21]  - J.Rossiter (GBR) Super Aguri SA07  1’34.862 (10) Day1 ※

2007 December Testing Best Lap
 S.Vettel (GER) Toro Rosso STR2  1’18.213 @ 2007/12/07

2007 January Testing Best Lap
 J.Trulli (ITA) Toyota TF107  1’18.589 @2007/03/08

b0039141_18582.jpg

Photo © xpb.cc / Motorsport.com


→ 【F1】2008年スタート ヘレス合同テスト 続き
[PR]
by oretch | 2008-01-21 01:16 | F1

2008年 01月 16日
【F1】マクラーレンも新車発表&走り初め

フェラーリに続いて、いまだスパイ騒動の尾を引くマクラーレンも新車を発表。
意気揚揚としたフェラーリに比べて、こちらはビクビクしながらの船出だね。

FMotorsports F1 : マクラーレン、新型車『MP4-23』を正式発表 (2008/01/08)
マクラーレン・チームは7日(月)2008年シーズンを戦う新型車『MP4-23』を正式発表した。
場所はパートナーを組むメルセデス・ベンツの、ドイツ・シュツットガルトにある『メルセデス・ベンツ博物館』で、発表には同チームのロン・デニス代表やメルセデス・モータースポーツのノルベルト・ハウグ氏や今季のレースドライバーであるルイス・ハミルトン&ヘイキ・コバライネンらも顔を揃えた。
アロンソ離脱に伴い、スポンサー・ロゴに変更はあるものの、見た目には前任車である『MP4-22』の流れを汲んだデザインに思われる。
新型車の初テストは翌8日(火)、新加入コバライネンの手によりスペインのヘレス・サーキットで行われる予定だ。
(FMotorsports F1より抜粋引用)


b0039141_154258.jpg

ハミルトン、コバライネンの新コンビと共に現れたMP4-23。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


b0039141_155588.jpg

カーナンバーの“大きさ”に、昨年のスパイ騒動の傷跡が垣間見える。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


b0039141_1584010.jpg

MP4-22と変わり映えのしないサイド・フォルム。でも確実に熟成されている。
Photo © McLaren Group


b0039141_1592475.jpg

フロント・ウィングでかっ!
Photo © McLaren Group



フェラーリ同様、マクラーレンも新車発表に続いてシェイクダウン・テストを実施した。

→ 【F1】マクラーレンも新車発表&走り初め 続き
[PR]
by oretch | 2008-01-16 01:59 | F1