<   2005年 09月 ( 49 )   > この月の画像一覧

2005年 09月 29日
【MotoGP】第13戦 マレーシアGP レビュー
http://uk.sports.yahoo.com/050925/23/dvpw.html
抱き合って喜ぶチャンピオンを決めたロッシと勝ったカピロッシ。
[Photo : Yahoo!UK&IRELAND / crash.net]


イタリアのバイクに乗ったイタリア人が勝ったレースでイタリア人がチャンピオンになった。
もういいかげん満足してくれよ・・・

ロッシ5連覇

ロッシが最高峰クラスで5年連続、通算7度目のタイトルを獲得した。日本GPで他人を巻き込みながらちょっと足踏みしたけども、2002年と同じマレーシアでタイトルを決めた。

ロッシのチャンピオン獲得についてはすでに色々書いたし、シーズン終了後にも改めて振り返るとして、ここでは今季の残りレースでロッシに期待することを書いてみる。

http://uk.sports.yahoo.com/050925/23/dvox.html
Va7entino Rossi !
[Photo : Yahoo!UK&IRELAND / crash.net]


ロッシは今季ここまでに、すでにいくつかの記録を達成、あるいは更新してきた。現役ではダントツの記録ばかりだ。今季残り4戦で、さらにロッシが達成または更新しそうな記録を思いつくだけ書き出してみる。

  • 最高峰クラスでの優勝回は現在歴代3位の「51」。歴代2位のドゥーハンの記録「54」まであと「3」。
  • 最高峰クラスでの表彰台回数は現在歴代4位の「77」。歴代3位ローソンの記録「78」まであと「1」。
  • 今季ここまでの優勝回数は「9」。あと1勝すると4回目の年間二桁勝利となる。これは、アゴスチーニ(5回)、ヘイルウッド(4回)に続いて史上3人目の快挙。
  • 単独クラスでの年間二桁勝利4回達成はアゴスチーニ(4回)に続く史上2人目の快挙(ヘイルウッドは複数クラスを合計した年間二桁勝利が4回)。
  • 97年に500ccクラスでドゥーハンが達成した一クラスでのシーズン最多勝記録「12」まであと「3」。
  • 全クラス通算のPP回数は現在歴代4位の「40」。歴代3位のマルチネスの記録「42」まであと「2」。

なんか最近ロッシを見る目が、5連覇してた頃のドゥーハンを見る目と一緒になってきた。圧倒的な速さと強さに惚れ惚れしつつも、一人勝ちの度が過ぎてるから負けるところも期待したりして、でもやっぱりWGP新記録を打ち立てる歴史的な瞬間も見てみたい、なんて感じで。
贅沢?

http://it.sports.yahoo.com/050924/21/axw5.html
記録ばかりではなくて“珍”場面も多いロッシ。今回はトカゲ!
[Photo : Yahoo!ITALIA / crash.net]


こうなったら、とことんいけるとこまでいっとくれっ!

ドゥカ2連勝

ロッシのV5達成の影にちょっと隠れちゃったけど、こちらも歴史的な快挙だった。

http://uk.sports.yahoo.com/050925/23/dvrc.html
勝ってチャンピオンを決めたかったはずのロッシをブッチ切り!
[Photo : Yahoo!UK&IRELAND / crash.net]


PPからスタートしたカピロッシが文句無しの2戦連続のポール・トゥ・ウィン。中盤、一時的にロッシにポジションを譲るシーンもあったものの、余裕溢れる優雅な走り(オレッチにはそう見えた)で最後は王者ロッシをスパっと振り切った。もう見事というしかない。
最高峰クラスに移ってからのカピロッシは、単発でチョコチョコ勝ちはするものの、常にトップに絡みつづけるというところまではなかなかいかなかった。だけど今回は違っていた。レース後ロッシは「猫が鼠をもてあそぶようにカピロッシに遊ばれた」とコメントしている。事実、茂木、セパンでの2戦では王者ロッシでさえも全く歯が立たなかった。
2戦連続ポール・トゥ・ウィンを達成したカピ&ドカ&ブリヂストンのパッケージ。このパッケージは、少なくとも瞬間風速的には現在世界最速っていうことだ。

http://it.sports.yahoo.com/050924/1/axre.html
とにかく乗れてるカピロッシ。
[Photo : Yahoo!ITALIA / Associated Press]


今回の連勝はカピロッシにとっても初めてなら、ドゥカティにとっても勿論初めて。
最高峰クラスでイタリア製マシンが連勝したのは、なんと1974年のラスト2戦でMVアグスタを駆るP・リードが達成して以来、実に31年ぶりの快挙だ(2戦連続ポール・トゥ・ウィンも同じ)。

しかも、ドゥカティの快挙はこれだけじゃなかった。
マルコメ、ヘイデンのホンダの若手2人を料理して、ロッシのすぐ後ろにまで追い上げたチームメートのチェカが3位に入って、ドゥカティ初の1-3フィニッシュまでキメてしまった。

http://it.sports.yahoo.com/050924/21/axv1.html
チェカも今シーズン一番の走りで3位表彰台ゲット
[Photo : Yahoo!ITALIA / crash.net]


http://it.sports.yahoo.com/050925/1/az15.html
チャンピオンを決めたロッシよりも勝ったカピの方が嬉しそう
[Photo : Yahoo!ITALIA / Associated Press]


イタリア製マシンが3つの表彰台のうち2つを占めたのも、これまた1974年の最終戦チェコGP以来で31年ぶり、GP数にすると414戦ぶりとなる大快挙だ。
ちなみに、最強だったはずのホンダは2001年以来4年ぶりに表彰台を逃した。

カピもチェカも最早ベテランの域に達したライダー。今更テクニックが劇的に向上したとは考え難い。だとすればこの快挙を成し遂げた原動力は何か?ドゥカティかブリヂストンということになる。
予選順位を見ると、ブリヂストン・ユーザーが上位9台中、過半数の5台を占めて、スポット参戦のジャックを除いてみんなグリッド3列目までにマシンを並べた。決勝でもスズキが7位と9位に入っているし、中野王子もリタイアするまで2位を走っていた。どうやらブリヂストンがここに来て急激に性能を向上させてきたみたいだ。
そう言えばブリヂストンにしても最高峰クラスの連勝は初めてのはず。

来季は、日本製マシン対イタリア製マシン、ミシュラン対ブリヂストンという新しい戦いが激化しそうだ。
でもあんまりドゥカが速くなるとロッシが色気を持つんじゃないかなとちょっと心配したりして。

http://it.sports.yahoo.com/050923/21/awza.html
映画「FASTER」で主役の一人だったホッパーもブリヂストン気流に乗って上昇できるか?
[Photo : Yahoo!ITALIA / crash.net]


痛々しくて見てられない

いつも毒々しくて面白いcrash.netの漫画。今回のには思わず唸った。ロッシのチャンピオンを祝った7人の小人達と、“ホンダの7人の小人達”をかけるなんて巧すぎるっ!

http://it.sports.yahoo.com/050926/21/b0g4.html
似てるんだか似てないんだか。白雪姫ってロッシだよねぇ?
[Photo : Yahoo!ITALIA / crash.net]


いつも機嫌の悪い「おこりんぼ(Grumpy)」はビアッジ。レースなんだから、思い通りにいかないからって怒っててもしょうがないよ!
いつも眠そうにしている「ねぼすけ(Sleepy)」はヘイデン。“第2のスペンサー”はいったいいつ目覚めるんだい?
物知りの「せんせい(Doc)」はバロス。年の功で優勝はしたものの、もう一人の"先生"には歯が立たないね。
いつもモジモジ内気な「てれすけ(Bushful)」はベイリス。いくら恥ずかしがりや屋でも、いつも誰かの後ろにいたら勝てないでしょ!
いつもニコニコ明るい「ごきげん(Happy)」は我らがタマヤン。常にポジティブなのはいいんだけど、愛想がいいだけじゃ物足りないよ!
お調子者の「おとぼけ(Dopey)」はマルコメ。オマエはロッシに勝つ気があるのか?飼い馴らされてどうすんだ?

そして問題は最後の一人。
本当は最後の一人の名前は「Sniffy」じゃなくて「くしゃみ(Sneezy)」のはず。なのに漫画は「お高く止まった/臭い」という意味の「Sniffy」。ジベルノウってそんなに嫌われているのか?

http://it.sports.yahoo.com/050923/21/awz4.html
来季はドゥカ移籍の噂もあるジベ。上昇中のドゥカに乗ってジベも再浮上できるか?
[Photo : Yahoo!ITALIA / crash.net]


シーズン前半までは王者ロッシの自他ともに認めるライバルとして、素晴らしいレースをいくつか見せてくれていたのに、シーズン後半には予想外の低迷ぶり。チェコ、日本、そしてマレーシアと3戦連続のリタイア。もう痛々しくて見ていられない。
今回は絶好調だった我らが中野王子を道連れにしてくれて、日本中から”Sniff(ばかにする)”されちゃったジベ。

可哀想すぎる・・・

http://it.sports.yahoo.com/050923/21/ax67.html
タマヤンもどうしちゃったんだよ~・・・
[Photo : Yahoo!ITALIA / crash.net]


250と125も面白いぞ

日本GPに続いてこちらも連勝が期待されていた青山兄だけど残念ながら5位。でも250ccクラスのチャンピオン争いが面白くなってきたぞ。

日本GP終了時点でポイント2位のストーナーに「63」点差をつけ、速ければカタールGPで2年連続、125ccクラスから考えると3年連続チャンピオンを決定すると思われたペドロサ。が、なーんとマレーシアで今シーズン初のリタイアを喫してしまった。安定度抜群のペドロサがリタイアしたのは昨年の第1戦以来、26戦振り。
そしてここで勝たなきゃならないストーナーが根性見せて今季3勝目をゲット。ポイント差を「63」から「38」まで一気に削り取ることに成功した。
とは言え、残りは4戦しかないから依然としてペドロサが圧倒的に有利ではある。来季MotoGPクラスにステップアップするペドロサとして、3年連続チャンピオンの勲章を引っさげてロッシに宣戦布告したいところだよなぁ。今頃マスター・プーチは、パダワン・ペドロサのためにどんな策を練っているんだろう?

そんな250ccよりももっとチャンピオン争いが激しいのが125cc。

http://uk.sports.yahoo.com/050925/23/dvob.html
その差1000分の2秒!
[Photo : Yahoo!UK&IRELAND / crash.net]


フィニッシュ間際までの激戦が専売特許の125ccでも、今回のは特にすごいデッドヒートだった。勝ったルティと2位カリオの差は僅か1000分の2秒!
こんな僅差っていくら125ccでも久しぶりじゃない?

しかも、茂木で赤旗中断の原因を作ったくせにちゃっかり2位20点をゲットしたルティが勝って、その赤旗中断で一番ワリを喰ったポイント2位カリオとの差をさらに広げちゃった。なんだか因縁めいてきて面白いぞ。
[PR]
by oretch | 2005-09-29 22:10 | MotoGP

2005年 09月 29日
【MotoGP】ロッシが勝ち取ったもの
http://uk.sports.yahoo.com/050925/2/dvjx.html
[Photo : Yahoo!UK&IRELAND / Reuters]


もうすでに6回もチャンピオンになっている。しかも、殆どが圧倒的な強さだった。勝率は5割を超え、数々の大記録も打ち立ててきた。だから、今さらロッシは何を喜ぶことがあるんだろうと思ってた。F1転向の噂がいつまでも消えないのも、周囲が一致して、もはやロッシは2輪レースでモチベーションを保てないだろうと見ているからだろう。

ところが、TV画面の中のロッシからはなんだか本当に嬉しそうに見えた。このところすっかり影を潜めていた茶目っ気が久しぶりに顔を出した、本当に嬉しそうな気持ちが伝わってきた。

http://uk.sports.yahoo.com/050925/23/dvtk.html
白雪姫(?)と7人の小人達が祝福。久しぶりに茶目っ気たっぷりのパフォーマンス
[Photo : Yahoo!UK&IRELAND / crash.net]


なぜだろうと思ったけど、次のロッシのインタビューを読んで分かった気がした。

motogp.com : Rossi comments on fifth consecutive title
Last year was a surprise to win but this time everyone was ready for me and I was the target. It has been a great achievement to beat all my rivals this year, because they have been very strong.
昨年勝てたのは驚きだったけど、今年は誰もが僕を目標として準備をしてきた。だから、今年、とても手強いライバル達を打ち破って勝つことができたことはとてもスゴイことだと思う。

http://it.sports.yahoo.com/050515/21/862f.html
[Photo : Yahoo!ITALIA / crash.net]

Every year there is a different story to the championship, and this year has been a hard battle. The emotion to win a seventh world championship is difficult to explain. The first is like a dream, the second unbelievable; there are just no words to describe the seventh! The feeling is different to when I won the 125cc and 250cc titles, but just as good!
毎年、チャンピオンシップは違う展開になるし、今年はとても困難な戦いだった。7度目のワールドチャンピオンとなった感動を説明するのは難しい。最初のタイトルはまるで夢のようだった。2つ目は信じられなかった。7度目のタイトル獲得をなんて表現したらいいのか分からない。125ccクラスと250ccクラスを勝った時の気持ちとは異なるけど、同じくらい嬉しいよ。

http://uk.sports.yahoo.com/050925/23/dvtm.html
チームを変えても辛苦を共にしてくれた仲間がいたからこその5連覇達成。
[Photo : Yahoo!UK&IRELAND / crash.net]


今季開幕戦、最終ラップの最終コーナーで、これまで見せたことも無い強引な走りで勝ったロッシを見て、昨年以上に本気なのが分かった。

最強ホンダから低迷するヤマハに移籍した1年目の昨年は、本人すら、と言うよりも、本人だからこそ、まさかチャンピオンになれるとは思っていなかった。「ロッシなら・・・」という期待は確かにあったけど、確信は無かった。
ところが蓋を開けてみるといつものごとく勝ち星を順調に積み重ねていくことに成功して、結局予想外のチャンピオン獲得という結果に終わった。勿論、シーズン途中からは自分を信じられるようになったのだろうけど、昨年のタイトル獲得に関するインタビューの端々から、それは本人にとっては予想外のご褒美を貰ったようなものだったことが分かる。

http://it.sports.yahoo.com/050831/21/ae8f.html
見た目ほど楽に勝っているわけじゃない
[Photo : Yahoo!ITALIA / crash.net]


でも今年は、「ロッシはやっぱりロッシ」と理解したライバル達や、その強さを誰よりもロッシ自身がよく知っている巨人ホンダが、「今年こそロッシの首を獲ったるぞ!」と昨年以上に熱心に、そして執拗に挑んできた。そうした包囲網の中で、ロッシはライバル達を徹底的に返り討ちしながら、チャンピオンを狙って、努力して、そして勝ち獲った。

http://it.sports.yahoo.com/050831/21/ae8k.html
天才だって努力がなければここまで勝ちつづけられない
[Photo : Yahoo!ITALIA / crash.net]


ロッシは、昨年のタイトルを「surprise」、今年のタイトルを「achievement」と表現している。
言ってみれば、ロッシにとって昨年のタイトルは望外の“褒美”で、今年のタイトルは意識して努力した末に勝ち獲った“報酬”だったんだろう。
周りの人間には、“褒美”と“報酬”にたいした違いは感じられないかも知れない。だけど当人にとっては、きっとその違いはとても大きいものだったに違いない。

http://uk.sports.yahoo.com/050801/23/cnfj.html
WGPの歴史に残る数多くの記録も達成した。
[Photo : Yahoo!UK&IRELAND / crash.net]


ほんとにスゴイ奴だな、バレ!おめでとう!


http://uk.sports.yahoo.com/050925/23/dvqx.html
勝利の美酒。いつの間にかロッシもお酒が飲める年齢になってたんだなぁ。
[Photo : Yahoo!UK&IRELAND / crash.net]



でもフレディ様にはまだまだじゃのぉ・・・
[PR]
by oretch | 2005-09-29 22:04 | MotoGP

2005年 09月 28日
チャンピオンの生まれた国 1
ロッシが今年5連覇を達成したことで、イタリアは最高峰クラスでのチャンピオンシップ(ライダー)獲得回数で遂にイギリスを抜いた。これでイタリアは、最高峰クラス、250ccクラス、125ccクラスの現行開催3クラスの全てで、最も多くのチャンピオンを獲得した国になった。

これまで最高峰クラスで最も多くチャンピオンを獲得してきた国はイギリスだった。デューク、サーティース、へイルウッドが'50~'60年代に荒稼ぎして、その数は6人で合計17回を数えた。でも、1978年にバリー・シーンがイギリスにとって最後のチャンピオンを獲って以降、その数は止まったままだ。

一方イタリアは、金字塔となるアゴスチーニの7連覇などでイギリスを追い上げたもの、'80年代に入って台頭してきたアメリカ、オーストラリアの新大陸勢に阻まれてなかなかイギリスに追いつけずにいた。

が、新世紀に現れた天才、バレンティーノ・ロッシがイタリアの救世主になった。
昨年通算17回目のチャンピオンを獲得してイギリスに追いつき、そして今年、遂にイギリスを抜き差った。


イタリアはWGP57年の歴史の中で、25人の世界チャンピオンを生み、獲得したタイトルは合計72にも昇る。一方日本が生んだチャンピオンは5人、獲得数は7回だ。
イタリアは日本と比べて、人口は半分、GDPは3分の1しかない。なのに、どうしてこんなにも多くのチャンピオンを生み出すことができるのか?

やっぱり、チャンピオンを生み出すのに必要なのは国力じゃないんだな。確かにイタリアの国力は日本の半分以下しかないけど、モータスポーツに対する“熱情”は日本の何倍もあって、それがこれだけ多くのチャンピオンを獲得する原動力になるんだな。

羨ましい・・・(´・ω・`)



たとえモータースポーツに対して熱情を持っている人の数が10分の1だとしても、一人当たりの熱情が10倍以上勝っていれば、熱情の“総和”では上回ることができる。

無理?

国別チャンピオン獲得数
[PR]
by oretch | 2005-09-28 22:46 | モータースポーツ

2005年 09月 28日
近所で世界の名車巡り
オレッチは神奈川県北部に住んでるんだけども、うちの近所一帯は、クルマ好きならきっと誰もが喜ぶような場所だ。なぜなら、貴重なクルマを扱う中古車店が近所にたくさんあるから。

ちょっとチャリンコで近所をプラプラ走るだけで、次のようなクルマ達に会うことができる。

続きを読む
[PR]
by oretch | 2005-09-28 18:48 | バイクとクルマ

2005年 09月 27日
【MotoGP】第13戦 マレーシアGP 結果
Marlboro Malaysian Motorcycle Grand Prix

MotoGP Race Result : 21Laps

[ 1] 65 Loris Capirossi (ITA) / Ducati / Marlboro  43'27.523
[ 2] 46 Valentino Rossi (ITA) / Yamaha / Gauloises  +1.999
[ 3]  7 Carlos Checa (ESP) / Ducati / Marlboro  +2.069
[ 4] 69 Nicky Hayden (USA) / Honda / Repsol  +9.227
[ 5] 33 Marco Melandri (ITA) / Honda / Movistar  +15.886
[ 6]  3 Max Biaggi (ITA) / Honda / Repsol  +16.826
[ 7] 10 Kenny Roberts (USA) / Suzuki / Suzuki  +17.249
[ 8]  4 Alex Barros (BRA) / Honda / Camel  +18.221
[ 9] 21 John Hopkins (USA) / Suzuki / Suzuki  +20.125
[10]  5 Colin Edwards (USA) / Yamaha / Gauloises  +22.275
[11] 24 Antonio Elias (ESP) / Yamaha / Fortuna  +29.856
[12]  6 Makoto Tamada (JPN) / Honda / Konica Minolta +51.672
[13] 44 Roberto Rolfo (ITA) / Ducati / Pramac +1'05.365
[14] 67 Shane Byrne (GBR) / Honda / Camel +1'19.106
[15] 11 Ruben Xaus (ESP) / Yamaha / Fortuna  +1'19.356

Pole Position : 65 Loris Capirossi (ITA) / Ducati / Marlboro  2'01.731
Fastest Lap : 69 Nicky Hayden (USA) / Honda / Repsol  2'02.993

Event Best Maximum Speed : 33 Marco Melandri / Honda  317.3km/h

Race Leader Sequence :
 Lap 1 1 L.Capirossi / Ducati
 Lap12 46 V.Rossi / Yamaha
 Lap14 65 L.Capirossi / Ducati

250cc Race Result : 20Laps

[ 1] 27 Casey Stoner (AUS) / Aprilia / Carrera  43'23.138
[ 2]  5 Alex De Angelis (RSM) / Aprilia / MS  +3.133
[ 3] 19 Sebastian Porto (ARG) / Aprilia / Aspar  +4.111
[ 5] 73 Hiroshi Aoyama (JPN) / Honda / Movistar  +10.109
[ 7] 55 Yuki Takahashi (JPN) / Honda / Scot  +27.301
[10] 44 Taro Sekiguchi (JPN) / Aprilia / Campetella  +59.579

Pole Position : 73 Hiroshi Aoyama (JPN) / Honda / Movistar  2'07.860
Fastest Lap : 27 Casey Stoner (AUS) / Aprilia / Carrera  2'08.853

125cc Race Result : 19Laps

[ 1] 12 Thomas Luthi (SUI) / Honda / Elit  43'02.214
[ 2] 36 Mika Kallio (FIN) / KTM / Red Bull  +0.002
[ 3] 75 Mattia Pasini (ITA) / Aprilia / Totti  +9.684
[10] 71 Tomoyoshi Koyama (JPN) / Honda / Ajo  +20.071
[NC]  9 Toshihisa Kuzuhara (JPN) / Honda / Angaia

Pole Position : 12 Thomas Luthi (SUI) / Honda / Elit  2'14.546
Fastest Lap : 14 Gabor Talmacsi (HUN) / KTM / Red Bull  2'14.839

Point Standings, Notes, and more
[PR]
by oretch | 2005-09-27 20:55 | MotoGP

2005年 09月 27日
【F1】第17戦 ブラジルGP 結果
Final Result

Classification (74Laps)

[1] 10 Juan Publo Montoya (FIN) / McLaren MP4-20 / MI  1:29'20.574
[2]  9 Kimi Raikkonen (FIN) / McLaren MP4-20 / MI  +2.527
[3]  5 Fernando Alonso (ESP) / Renault R25 / MI  +24.810
[4]  1 Michael Schumacher (GER) / Ferrari F2005 / BS  +35.658
[5]  6 Giancarlo Fisichella (ITA) / Renault R25 / MI  +40.218
[6]  2 Rubens Barrichello (BRA) / Ferrari F2005 / BS  +1'09.173
[7]  3 Jenson Button (GBR) / B.A.R. 007 / MI  +1Lap
[8] 17 Ralf Schumacher (GER) / Toyota TF105 / MI  +1Lap

Race Leader

 Lap 1   5 F.Alonso / Renault
 Lap 3  10 J-P.Montoya / McLaren
 Lap28  9 K.Raikkonen / McLaren
 Lap31  10 J-P.Montoya / McLaren
 Lap54  9 K.Raikkonen / McLaren
 Lap59  10 J-P.Montoya / McLaren

Pole Position

5 Fernando Alonso (ESP) / Renault R25 / MI 1'11.988

Fastest Lap

9 Kimi Raikkonen (FIN) / McLaren Mercedes MP4-20 / MI 1'12.268

Point Standings,Notes, and more
[PR]
by oretch | 2005-09-27 20:45 | F1

2005年 09月 27日
【MotoGP】 7
「ミニバイクでレースを始めた年にコープ(生協)で買ったんだ。それ以来、縁起を担いで、どのレースでもミケランジェロ(忍者タトゥーマスコットの名)は一緒だよ。ヘルメットの上にくっつけて走ったこともあるんだ」


1997年。初のタイトルを目前にしていたロッシは当時まだ18歳。「RIDING SPORTS」のインタビューへの応えのはしばしに、まだ無邪気さが残ってた。


http://uk.sports.yahoo.com/050925/23/dvpg.html
[Photo : Yahoo!UK&IRELAND / crash.net]


「(目標とするライダーは)シュワンツだね。彼と僕はタイプがよく似ていると思う。彼の大胆で華麗な走りは僕に似てないかい?それは冗談だけど、レースを見にくる人たちはやっぱりそういう走りに声援を送るものだろう?」


http://uk.sports.yahoo.com/050925/23/dvpa.html
[Photo : Yahoo!UK&IRELAND / crash.net]


目標にあげたシュワンツはこの時すでに引退していて、残した記録は最高峰500ccクラスでの25回の優勝とチャンピオン1回。一方、この時のロッシは125ccクラスで9勝。
ステップアップが難しかった当時の常識からすれば、随分と遠い目標だった。
でも本人にすれば、ちっとも遠い目標だなんて思っていなかったんだろう。


http://it.sports.yahoo.com/050923/21/awz7.html
[Photo : Yahoo!ITALIA / crash.net]


ドゥーハンが5連覇を達成した時、GPファンとして、歴史に残る偉大なチャンピオンの時代をリアルタイムに体験できる自分をとても幸せだと思った。
だけど、どうやら自分で思っていたよりも、もっと幸せだったみたいだ。こうしてまたもう1人のとんでもないチャンピオンの時代を見られるのだから。


http://it.sports.yahoo.com/050925/1/az0r.html
[Photo : Yahoo!ITALIA / Associated Press]


去年は「CHE SPETTACOLO」だったから、今年はさてどんなメッセージで来るかな?と思っていたら、こうきたか!


http://it.sports.yahoo.com/050925/1/az0q.html
[Photo : Yahoo!ITALIA / Associated Press]


最高峰クラス5連覇。通算、7回目のワールドチャンピオン。
だからシンプルに「7」!。


http://uk.sports.yahoo.com/050925/23/dvto.html
[Photo : Yahoo!UK&ITALIA / crash.net]


おめでとう、バレ!


http://it.sports.yahoo.com/050925/1/az19.html
[Photo : Yahoo!ITALIA / Associated Press]





日本GPで出そびれちゃった白雪姫と小人たちも、やっと出番がきて良かったね。

http://it.sports.yahoo.com/050925/21/azt6.html
[Photo : Yahoo!ITALIA / crash.net]

[PR]
by oretch | 2005-09-27 01:21 | MotoGP

2005年 09月 25日
Wチャンピオン
2005年シーズンの、MotoGPとF1の両方のチャンピオンがもうすぐ決まる。

2輪、4輪両方のチャンピオンが同日に決まるのは、
確か1993年と2003年に続いて3度目と言うことになる。

チャンピオンになるのが誰かはもう分かっているのに、
チャンピオン決定の瞬間(と言うかレース)は毎年ワクワクするんだな、やっぱり。

MotoGPはマレーシア、F1はブラジルだから、
時間的にはMotoGPの方が先に決着する。あと数分でスタートだ。

地上波しか見られないからリアルタイムで決定の瞬間を見ることはできない。
Live Timingで観戦するか、深夜のTV放映まで待とうかどうしようか、悩みどころだ・・・

F1はいずれにしても深夜の放送だし、やっぱり昼寝して深夜に備えよう。

なんだ・・・?深夜の放送はMotoGPとF1と重なってるじゃないか!

じゃあやっぱりMotoGPはLiveTimingで観戦しようかどうしようか・・・

あぁ、もうスタートだ!!

どうしよう?!



<追記>
そういやマレーシアとも時差があるんだった。あと1時間か・・・
[PR]
by oretch | 2005-09-25 13:52 | モータースポーツ

2005年 09月 24日
【F1】第17戦 ブラジルGP プレビュー
こっちもチャンピオン決定しそう。
2輪、4輪同時にチャンピオンが決定するのって、これまでにあったのかな?

2004 Result

 [ 1] 3 J-P.Montoya (COL) / Williams BMW / MI   1:28'01.451
 [ 2] 6 K.Raikkonen (FIN) / McLaren Mercedes / MI  +1.022
 [ 3] 2 R.Baricchello (BRA) / Ferrari / BS         +24.099
 [ 4] 8 F.Alonso (ESP) / Renault / MI            +48.908
 [ 5] 4 R.Schumacher (GER) / Williams BMW / MI    +49.740
 [ 6]10 T.Sato (JPN) / BAR Honda / MI           +50.248
 [ 7] 1 M.Schumacher (GER) / Ferrari /BS         +49.626
 [ 8]12 F.Massa (BRA) / Sauber Petronas / BS     +1'02.310

  PP : 2 R.Baricchello (BRA) / Ferrari / BS  1'10.646
  FL : 3 J-P.Montoya (COL) / Williams BMW / MI 1'11.473

昨年は最終戦として開催された。ウェット路面でスタートした決勝レース序盤は、PPからスタートして悲願の母国GP制覇を狙うバリチェロがリードするが、タイヤ交換のタイミングを逸し脱落。代わってモントーヤとライコネンがマッチレースを展開し、最後は1秒差で逃げ切ったモントーヤが、ウィリアムズでの最後のレースを有終の美で飾る優勝。

過去の優勝者 (1995-2004)

 1995 M.Schumacher / Benetton Renault
 1996 D.Hill / Williams Renault
 1997 J.Villeneuve / Williams Renault
 1998 M.Hakkinen / McLaren Mercedes
 1999 M.Hakkinen / McLaren Mercedes
 2000 M.Schumacher / Ferrari
 2001 D.Coulthard / McLaren Mercedes
 2002 M.Schumacher / Ferrari
 2002 G.Fisichella / Jordan Ford
 2004 J-P.Montoya / Williams BMW

現役では、シューマッハが3勝、ヴィルヌーヴ、クルサード、フィジケラ、モントーヤがそれぞれ1勝ずつ。

有力ドライバー別過去5年間(2000-2004)の成績

# 1 M.Schumacher (GER) ;  1st - 2nd - 1st - DNF - 7th
# 2 R.Baricchello (BRA)   ;  DNF - DNF - DNF - DNF - 3rd
# 3 J.Button (GBR)      ;  (NE) - 10th - 4th - DNF - DNF
# 4 T.Sato (JPN)        ;  (NE) - (NE) - 9th - (NE) - 6th
# 5 F.Alonso (ESP)      ;  (NE) - (NE) - (NE) - 3rd - 4th
# 6 G.Fisicella (ITA)      ;  2nd - 6th - DNF - 1st - 9th
# 9 K.Raikkonen (FIN)    ;  (NE) - (NE) - 12th - 2nd - 2nd
#10 J-P.Montoya (COL)   ;  (NE) - (NE) - 5th - DNF - 1st
#16 J.Trulli (ITA)        ; 4th - 5th - DNF - 8th - 12th
#17 R.Schumacher (GER)  ; 5th - DNF - 2nd - 7th - 5th
※(NE)はNo Entry

ここ数年勝ちまくったはずの皇帝シューマッハがそれほど実績を残していない。デビクル、フィジコ、モン吉など、チャンピオン争いとは外れたところにいるドライバーが勝つ感じ。2年連続2位のライコとアロンソは安定している。

有力コンストラクター別過去5年間(2000-2004)の成績

Ferrari  ;  1st/DNF - 2dn/DNF - 1st/DNF - DNF/DNF - 3rd/7th
B.A.R.   ;  9th/DNF - 4th/7th - 10th/DNF - 6th/DNF - 6th/DNF
Reanult  ;  2nd/DNF - 6th/10th - 4th/DNF - 3rd/8th - 4th/10th
Williams ;  5th/6th - DNF/DNF - 2nd/5th - 7th/DNF - 1st/5th
McLaren ;  DNF/DNF - 1st/DNF - 3rd/12th - 2nd/4th - 2nd/11th
Toyota  ; (NE) - (NE) - 6th/DNF - 10th/DNF - 12th/13th
※Renaultは'01年以前はBenetton

優勝も表彰台も結構バラけている。荒れたレースになることが多いためか。有力チームの中ではマクラーレンが表彰台を連続して獲得しているのが目立つ程度。

独断予想

昨年、別チームながら1-2を決めたライコとモン吉が今年も1-2をキメて、3位に入ったアロンソが史上最年少でチャンピオンを獲得。

もうそれしか無いでしょ。

来季シート喪失の琢磨、意地見せて上位に割って入って来い(涙)
[PR]
by oretch | 2005-09-24 11:16 | F1

2005年 09月 24日
【F1】琢磨クビ
触れないわけにはいかんわなぁ。
琢磨、とうとうBARから補欠降格の宣告を受けちまった・・・

ホンダ : ジェンソン・バトンが2006年B・A・R Hondaで参戦決定(2005/9/21)
2006年のB・A・R Hondaレースドライバーとして、ジェンソン・バトンが参戦することが確定した。(中略)これにより、来年1月1日からチームに加わることが先月発表となったルーベンス・バリチェロが、2006年シーズンからバトンのチームメイトとなる。

大島裕志 本田技研工業株式会社 広報・モータースポーツ担当執行役員のコメント「2006年のB・A・R Hondaのレースドライバーが、ジェンソン・バトン選手とルーベンス・バリチェロ選手に決定し、来年私たちは、この二名のドライバーと共に、目標であるF1チャンピオンシップ獲得に向け戦ってまいります。(中略) 尚、佐藤琢磨選手については、マシン開発においてもレースにおいても優秀なドライバーの一人として、チームの成長および活躍に大きく貢献してくれました。佐藤選手のチームとのレギュラードライバー契約は2005年をもって終了しますが、今後何らかの形でのチーム残留を期待しています。」

ホンダ : ジェンソン・バトン選手とB・A・R Hondaとの契約に関する報道についてのご報告(2005/9/23)
佐藤琢磨選手につきましては、残念ながら2006年のB・A・R Hondaのシートは確保できませんが、今後の様々な可能性について検討をしております。


一方琢磨サイドとしては、

FMotorsports.nifty : 佐藤琢磨、ホンダと訣別!(2005/9/24)
ブラジルGPの会場に現れた佐藤琢磨は、今回のB.A.Rチームの処遇に対し不満を表明した。(中略) 佐藤はまた、第3ドライバーとしてB.A.R・ホンダ・チームに残留するつもりがないことを明示、4年間に渡って在籍したチームを今年限りで離れる意向を明らかにした。ホンダではチーム離脱後も佐藤をサポートする姿勢をみせているが、本人の側にはその意志はもうないようだ。

FMotorsports.nifty : 佐藤琢磨、ホンダと訣別!(2005/9/24)
注目される佐藤琢磨の去就について、パーソナル・マネージャーであるアンドリュー・ギルバート・スコット氏は「あくまでもF1現役」を狙っていることを示唆した。「B.A.R・ホンダに残る意味は何もないよ。ここには2人の長期契約を持ったドライバーがいるので、2006年に第3ドライバーを務めたとしてもその後の展望が全く拓けないからだ。(IRLなど)他の分野に転向するつもりもなく、あくまでも琢磨に他のF1シートを見つけるのが自分の仕事になる。」


”ま、しょうがないな ┐(-_- )┌ ”というのがオレッチの感想。

昨年、ヴィルヌーヴに替わってBARのレギュラー・シートを獲得。チームメイトになったバトンは既に注目を浴びている存在だったから、琢磨がバトンをコテンパンにやっつけて、一躍脚光を浴びる、なんてぇ~のを期待していたんだけど・・・

昨季は確かにこれまでの日本人ドライバーとしては最高の活躍を見せてくれた。けど、同僚のバトンはランキング3位で一躍トップドライバーの仲間入り。完全に差をつけられた。今シーズンに入ると差は開く一方。シーズン前半、チームの欠場などの不運があったという擁護論もあるけど、それはバトンも一緒。シーズン後半、勢いを取り戻してきたバトンと沈んだままの琢磨。逆境でこそ本当の力量が分かるもの。
琢磨は、バトンよりも格が下であることがハッキリした。

BARとしては当然の判断だろう。バリチェロとバトンのBBコンビなら、ドライバー・ラインナップとしてはマクラーレン、ルノーと比べても遜色は無い。
もっとも、ホンダは支払いを否定しているけど、ウン十億円も払って買い取る必要があるほどの価値がバトンにあるとは思えないけどねぇ。あれが将来のチャンピオンの器かなぁ?
まぁ、F1の場合は選手の力量よりもマシンの性能が重要だから、マシンに恵まれれば、バトンぐらいのドライバーならチャンピオンになれるんだろう。少なくとも、琢磨よりはよほど可能性が高いという判断なんだろう。無情だねぇ・・・

さてこれから琢磨はどうすんだろう?
ニフティの記事にあるように、もう見込みがあるのはジョーダン(ミドランド)くらいか?

そう言えば、ミドランドは来季トヨタを積むんだよなぁ。となると、こりゃ期待できそうだ。“マーケティングの鬼”トヨタにすれば、琢磨を放って置く手はない。いまや、日本ではF1と言えば琢磨。トヨタにとってはドライバーとしての価値なんかどうでもいいはず。トヨタにとって大事なのは宣伝効果なんだから。

今、琢磨はエコ性能をアピールするホンダのCMに出てるけど、来年はトヨタのCMでお目にかかれるかもね。
[PR]
by oretch | 2005-09-24 10:59 | F1