<   2006年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

2006年 05月 31日
【WRC】第7戦 ラリー・デ・イタリア 結果
ローブ5連勝ーーー! で、ソルベルグにぶつけた奴、前出てこいや( ゚Д゚)ゴルァ!!


b0039141_292030.jpg

Photo (C) Keisuke koga / AUTOSPORT COM



Rd.7 Rally d'Italia Sardegna @ 2006/05/19-21

Result

[Pos.] # Driver (Nat.) / Co-Driver (Nat.); Manu. Car      Time/Gap
-------------------------------------------------------------
[1]  1 Loeb (FRA) / Elena (MON); Citroen Xsara WRC05    3:54'18.9
[2]  4 Hirvonen (FIN) / Lehtinen (FIN); Ford Focus RS WRC06 +2'41.4
[3] 15 Sordo (ESP) / Marti (ESP); Citroen Xsara WRC05     +3'27.7
[4]  2 Pons (ESP) / Del Barrio (ESP); Citroen Xsara WRC05  +5'28.3
[5] 26 Valmaki (FIN) / Kalliolepo (FIN); Mitsubishi Lancer WRC  +7'08.8
[6] 27 K.Sohlberg (FIN) / Tuominen (FIN); Subaru Impreza WRC +7'36.9
[7]  7 Stohl (AUT) / Minor (AUT); Peugeot 307 WRC       +8'18.4
[8] 22 Duval (BEL) / Privato (FRA); Skoda Fabia WRC      +9'45.8


b0039141_2104316.jpg

Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA


Point Table, Statistics and Leg Results
[PR]
by oretch | 2006-05-31 23:17 | WRC

2006年 05月 26日
【ロッシ狂奏曲】WGP参戦継続発表
「全てが順風満帆」「向かうところ敵なし」「何をやっても上手くいく」

これまでのロッシをたとえるならそんな感じ。

b0039141_14221332.jpg

なぜかって? ボクがボクだからサ
Photo (C) Associated Press / Yahoo!ITALIA


世の中には、何をやっても上手くいく奴というのがいる。
これまでのロッシはまさにそんな奴だった。



これまでは。

そう、「これまで」は。

なぜ「これまで」なのかと言えば、なんかこのところロッシのツキが落ち始めた感じがするから。

今年の1月、F1の合同テストにロッシが登場したあたりまでは問題なかった。2輪の天才王者が賛否両論の中、4輪に殴りこみをかける。稀代の天才ロッシだからこその話題が沸騰する様に、まさにロッシ天下の絶頂を感じさせた。

ところがその後突然として持ち上がったYZR-M1のバイブレーション問題。解決せぬまま突入したシーズン開幕戦では、スタート直後の1コーナーで追突されてレースを棒に振る不運。カタールで持ち直したかに見えたものの、次のトルコでは存在感の無いままに表彰台を見上げ、中国GPでは絶好調宣言を出した途端にタイヤトラブルでリタイア。そしてダメ押しとばかりに、フランスGPではトップ独走中にマシントラブルが発生し奈落の底に突き落とされた。
仲がいいはずのあの人物から猿呼ばわりされた、なんてのもあったな・・・(もちろんこれは冗談でだけど)

そうそう、先日発表されたローレウス賞では3年連続受賞を逃した。スピリッツ賞という特別賞は受賞したものの、見方によっては体のいい残念賞と言えなくも無い。

b0039141_14121520.jpg

レース前は「-32」。レース後は「-43」に拡大・・・
Photo (C) Yamaha Racing


フランスGPのレース前は、こんなポーズとってお茶らける余裕があった。
つい数日前には爆笑したこの写真も、リタイア後にガックリと肩を落としたままモーターホームに消えていく後姿を見てしまったら、今はただ空虚なものにしか感じられない。
天真爛漫、天衣無縫。かつてはロッシの代名詞とも言えたこれらの言葉も、このところすっかり剣のある表情が目立つようになった最近は、ただ空しく響くばかり。

今この状況では、シューマッハの冗談も笑っていられないよな。
やることなすこと全てダメ。まったく思い通りにコトが運ばない。なんか今そんな感じ。

どうした、ロッシ? ちょっと、疲れちまったのか?



なんて心配していたところに飛び込んできたビッグニュース。

motogp.com : V.ロッシ、MotoGP継続参戦を表明 (2006/05/25)
バレンティーノ・ロッシは24日、イタリア通信社の取材に対して、2007年のF1入りを否定。MotoGPに継続参戦すると語った。

"no Formula 1, at least not for the moment. I am staying with bikes...."
F1はない。少なくとも現時点では。バイクを続けるよ。もう少しMotoGPで走り続けるつもりだ

"I believe my work in motorcycling is not yet finished. I still have so much to do and will carry on in MotoGP for a while."
バイクの仕事はまだ終わっていないと考える。たくさんの刺激があり、もうしばらくMotoGPに参戦する

そうか、そういうことか。ああ、そういうことだったんでぃすか。

つい数年前までのロッシは、レース前半は余力を残してライバルをわざと先行させ、先行したライダーが勝ちを意識し始めた頃合を見計らって、そののぼせ上がりをまるで嘲笑うかのように土壇場になってその本来の力を爆発させて逆転勝利を飾るのが常套手段だった。

今度はそれに倣って、シーズンそのものを演出しようって腹か?

さすがだな、このヤロ。

More
[PR]
by oretch | 2006-05-26 14:16 | モータースポーツ

2006年 05月 26日
ローレウス・スポーツ賞 結果
スポーツ界のアカデミー賞こと「ローレウス・スポーツ賞(LAUREUS SPORTS AWARD)」の今年の受賞者が発表された。

LAUREUS SPORTS AWARD

最注目の「WORLD SPORTSMAN OF THE YEAR」にノミネートされていたのはこの6人。
フェルナンド・アロンソ(スペイン) 自動車 初ノミネート
ランス・アームストロング(アメリカ) 自転車 5年連続5回目
ロジャー・フェデラー(スイス) テニス 3年連続3回目
ロナウジーニョ(ブラジル) サッカー 初ノミネート
ヴァレンディーノ・ロッシ(イタリア) バイク 3年連続3回目
タイガー・ウッズ(アメリカ) ゴルフ 3年ぶり5回目

4月に候補者が発表されたとき、オレッチも独断と偏見で予想をたてた。オレッチ一押しは当然ロッシ。今年こそ、3度目の正直でロッシが獲得するはず!
鼻息荒く断言したオレッチの予想は果たして当たったのか?

さぁ、注目の結果は・・・!!

More
[PR]
by oretch | 2006-05-26 11:41 | MotoGP

2006年 05月 26日
【F1】シューマッハのコラム面白い その2
巡回対象ブログの一つ、「F1通信」で紹介されていて面白かったのでここでも取り上げた、「PLANET-F1.COM」に掲載されているシューマッハのコラム。

oretch : シューマッハのコラム面白い(2006/04/11) 

スペインGP編が紹介されてたのでまた読んでみた。
相変わらず辛らつで面白い。もちろん本人はジョークのつもりなんだろうけど、それをそうと受け取れないのは、オレッチが未だにシューマッハとユーモアの掛け合わせに違和感を感じるからか?

The Sekret Diary of Michael Schumacher: Spain: Planet-F1
Hello tifosis. This is getting a bit more interesting now. You will have noticed that things have certainly livened up in the last few weeks. All the expectations of the beginning of the season have been turned on their heads.
The man who was expected to be the front-runner this year is now falling away - yes, Valentino Rossi's name has hardly been mentioned in the last
few weeks.
So in 2007 it could be me and Felipe at Scuderia Ferrari, or it could be me and gurgle boy. Or it could be gurgle boy and Felipe. The motorbike monkey does not seem to figure in it all. However everything is conditional uponme

“motorbike monkey”って(笑)
ロッシの名前を聞くのはウンザリというのは前回のコラムにも書いてたけど、今度はサル扱いかい(笑)

それに誰だよ“gurgle boy”って(笑)
「F1通信」では「モゴモゴ男」って訳されてたけど、なるほど彼はモゴモゴだ。
gur・gle
━━ v., n. どくどく[ごぼごぼ]流れ出る(音); (赤ん坊が)のどを鳴らす(音)
((with)); のどをごろごろさせながら…を言う.
(goo辞書より)http://dictionary.goo.ne.jp/

さらにシューマッハの矛先はかつて近しかった連中にも向けられる。
It is interesting to see that Edmund Irvine is having a change of viewsabout who should go where in F1.
(中略)
Basically he doesn't know anything - which makes him the perfect candidate to take over an F1 team. He and Flav could talk for hours.

元チーム・ボスだけじゃなくて元チームメートにも容赦ないな(笑)
I think the reason that Fernando is fighting so hard to be World Championin 2006 is because he knows that he will not stand a chance in 2007 with McLaren. All the talent is leaving the team, first Adrian Newey and then the aero team, and it is not surprising when you consider their boss has all the charisma of a water butt.

ライバル・チームのボスには輪をかけて容赦ない(笑)
※water butt = 天水おけ

さらにピクサーの新作映画「カーズ」に声の出演をしたことについて。
I play an interesting voiceover, as well as Fernando Alonso. Because most Americans do not know who we are, or what F1 is, or where to find Europe on a map,
最後はアメリカ人も敵に回す(笑)
さすが皇帝様。

次回も期待してます。
[PR]
by oretch | 2006-05-26 11:35 | F1

2006年 05月 26日
【MotoGP】第5戦 フランスGP レビュー
なんか今シーズンはものすごいことになりそうな予感。

b0039141_10161281.jpg

Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA


b0039141_10144413.jpg

Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA


■ ロッシを襲った悲劇、マルコメに訪れた歓喜

予選はペドロサが中国GPから連続となるPPゲット。やっぱり身体の軽さを活かした立ち上がり加速を武器に、ストップ&ゴー・タイプのコースでは強いなぁ。
一方ロッシは待望の新型シャシーを手に入れ、レースウィーク初日はトップタイムもマーク。予選ではグリップの高い予選用タイヤでまたバイブレーションが出て7番グリッドに落ちるものの、レース用タイヤでは絶好調のようで、どうやら決勝には自信がある模様。

明けて決勝レース。レース前に雨でも降ったのか、ウォームアップラップで映し出されたコースはところどころ色を濃くしている。最終コーナー手前では、ロッシがステップ上に立ち上がって、いつものようにレーシングスーツの股間のあたりの収まり具合を直している。余裕なのか、あるいは必勝を期して緊張しているのか。
サーキットの上空には今にも雨を落としそうな重い雲が漂っている。まるで決勝レースが荒れた展開になることを予言しているように。

b0039141_9536100.jpg

グリッドでロッシは何を思う?
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA


More
[PR]
by oretch | 2006-05-26 09:45 | MotoGP

2006年 05月 25日
【MotoGP】第5戦 フランスGP 結果
ロッシの6連覇に赤信号?

b0039141_1085219.jpg

フランスの空にひるがえる日の丸。高橋でかした!
Photo (C) crash.net / Yahoo!ITALIA


ALICE GRAND PRIX DE FRANCE @ 21th May 2006

MotoGP Race Result : 28Laps / Wet (Actually Dry)

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team; Tyre Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 33 Marco Melandri (ITA) Fortuna; Honda; MI  44'57.369 ( 5)
[ 2] 65 Loris Capirossi (ITA) Ducati; Marlboro; BS   +1.929 ( 6)
[ 3] 26 Dani Pedrosa (ESP) Honda; Repsol; MI     +2.269 ( 1)
[ 4] 27 Casey Stoner (AUS) Honda; LCR; MI      +5.494 (11)
[ 5] 69 Nicky Hayden (USA) Honda; Repsol; MI     +5.709 (10)
[ 6]  5 Colin Edwards (USA) Yamaha; Camel; MI   +11.519 ( 9)
[ 7]  6 Makoto Tamada (JPN) Honda; JIR; MI     +16.692 (13)
[ 8] 15 Sete Gibernau (ESP) Ducati; Marlboro; BS  +18.142 ( 8)
[ 9] 24 Toni Elias (ESP) Honda; Fortuna; MI      +23.645 (16)
[10] 71 Chris Vermeulen (AUS) Suzuki; Rizla; BS    +39.362 (12)
[11]  7 Carlos Checa (ESP) Yamaha; Tech3; DL   +47.730 (14)
[12] 56 Shinya Nakano (JPN) Kawasaki; Kawasaki; BS +47.782 ( 2)
[13] 66 Alex Hofmann (GER) Ducati; d'Antin; BS   +1'09.092 (18)
[14] 77 James Ellison (GBR) Yamaha; Tech3; DL   +1'16.172 (17)
[15] 21 John Hopkins (USA) Suzuki; Rizla; BS     +2Laps ( 3)

Pole Position : 26 Dani Pedrosa (ESP) Honda; Repsol; MI 1'33.990
Fastest Lap : 46 Valentino Rossi (ITA) Yamaha; Camel; MI 1'35.087

Event Maximum Speed : 27 Casey Stoner (AUS) Honda  299.1km/h

Race Leader Sequence
 Lap 1 21 John Hopkins / Suzuki
 Lap 5 46 Valentino Rossi / Yamaha
 Lap21 26 Dani Pedrosa / Honda
 Lap24 33 Marco Melandri / Honda


250cc Race Result : 26Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 55 Yuki Takahashi (JPN) Honda; Humangest  43'42.773 ( 4)
[ 2] 34 Andrea Dovizioso (ITA) Honda; Humangest  +0.098 ( 1)
[ 3] 73 Shuhei Aoyama (JPN) Honda; Repsol     +2.215 ( 5)
[ 4]  4 Hiroshi Aoyama (JPN) KTM; Red Bull     +2.484 ( 7)

Pole Position : 34 Andrea Dovizioso (ITA) Honda; Humangest 1'39.733
Fastest Lap : 4 Hiroshi Aoyama (JPN) KTM; Red Bull     1'39.964


125cc Race Result : 24Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1]  1 Thomas Luthi (SUI) Honda; Caffe Latte 42'54.555 ( 9)
[ 2] 36 Mika Kallio (FIN) KTM; Red Bull GP125    +3.380 ( 6)
[ 3] 32 Fabrizio Lai (ITA) Honda; Valsir Seedorf   +9.807 ( 8)
[13] 71 Tomoyoshi Koyama (JPN) Malaguti; Ajo   +30.890 (19)

Pole Position : 75 Mattia Pasini (ITA) Aprilia; Master MVA  1'44.515
Fastest Lap : 33 Sergio Gadea (ESP) Aprilia; Master MVA  1'44.637

Point Standings, Notes, and more
[PR]
by oretch | 2006-05-25 01:43 | MotoGP

2006年 05月 25日
【MotoGP】第4戦 中国GP レビュー
ペドロサキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

そしてロッシの6連覇に黄信号・・・

b0039141_8583498.jpg

Photo (C) Associated Press / Yahoo!ESPANA


b0039141_9254871.jpg

珍しく大ハシャギして喜ぶペドロサ。やっぱり最高峰クラスの優勝は格別。
Photo (C) Associated Press / Yahoo!ESPANA


早くも2回目のペドロサ・ショー

天候に振り回された予選でPPを獲得したのは、予選時間終了間際に大逆転タイムをたたき出したペドロサだった。
カタールでのストーナー、トルコでのバーミューレンに続き、今季のルーキーは本当に活きがいい。さらに2番グリッドにはスズキのホプキンス、3番グリッドにはエドワーズ、そして4番グリッドには我らが中野王子と、トップ4が見事に4メーカーに分かれたなんて、9年ぶりにポール・シッターが4戦連続異なることと併せて、今季の混戦ぶりが一層実感されて面白過ぎますわな。

ランクトップを走るヘイデンはキッチリ5番グリッドにつけたものの、王者ロッシは依然としてバイブレーション問題は解消せず、結局13番グリッドにまで沈んじゃった。決勝レースも波乱が起こりそうな予感ヒシヒシ。ところでオレッチが優勝予想でイチオシしたマルコメは8番グリッドとイマイチ。どうやらオレッチの予想がまたも大ハズレする予感もヒシヒシ。

b0039141_923247.jpg

ロッシは予選13番手。シナリオは狂い始めた。
Photo (C) Associated Press / Yahoo!ESPANA


果たして決勝は、これまで見たことも無いオーダーで進行された。

More
[PR]
by oretch | 2006-05-25 01:32 | MotoGP

2006年 05月 20日
【MotoGP】第5戦 フランスGP プレビュー
またレースウィーク始まってから書いてるよ・・・

ブガッティ・サーキット概要

ルマン24時間耐久レースで世界的に知られるフランス中部にあるサーキット。正式名称は「Circuit Bugatti」。
WGP初開催は1969年。70年代から90年代にかけては、フランス南部にある「Paul Ricard Circuit」と不定期に交代しながらフランスGPを開催していたけど、「Paul Ricard Circuit」がテスト専用コースになって以降はここでフランスGPが毎年開催されるようになった。このコースは4輪の24時間耐久レースで使用される全長13km超に及ぶ「Sarthe Circuit」が有名だけど(PS2の「GT4」で350km/hでブッ飛ばすとちょっとトリップできる)、2輪レースで使うのはコントロール・タワー・セクション周りの全長4,180mのショートコース。このコースの名前を「Circuit Bugatti」と呼ぶわけやね。

このコースのレイアウトは絵に描いたような典型的なストップ・アンド・ゴーではっきり言って退屈。でもその分、バトルになる可能性も高いからレース自体は結構面白い場合が多い。
コース前半はひたすら急加速と急減速を繰り返す。名物は、GPカレンダー中ナンバーワンの超高速で駆け抜ける1コーナー。MotoGPクラスはここで300km/hを超える最高速を記録する。シケインを通過し、有名なダンロップの広告アーチをくぐり抜けると、下りながら進入するきつい右コーナー(5コーナー)がある。ここがこのサーキット最大のオーバーテイク・ポイント。その後、短いストレートと180度転回する左右のコーナーから構成されるストップ・アンド・ゴー区間が続く。半径の異なるコーナーが並び、多少変化のある後半セクションを抜け、シケイン状の最終コーナーを立ち上がると、巨大なグランドスタンドが待ち受けるホームストレートに帰ってくる。

とにかく激しいブレーキングとコーナー脱出時の加速競争勝負なので、フロント安定方向、リアはトラクション稼ぐために柔らかめのセッティングになる。タイヤに厳しいコースのため、タイヤのライフマネジメントとレース後半の我慢強さが勝負の分かれ目。

Adress : c/o AC de L'Ouest, Cedex 19X, Le Mans 72009, France
URL : http://www.lemans.org
GoogleMaps : 47.954378,0.210800

過去のデータと分析と独断予想
[PR]
by oretch | 2006-05-20 11:53 | MotoGP

2006年 05月 18日
ナゾ解明
すっげえええええええええ!

http://ameblo.jp/warata2ki/entry-10012517215.html

なんかすごくスッキリして今日はよく眠れそう。

大福食いてぇ。
[PR]
by oretch | 2006-05-18 22:07 | 雑記

2006年 05月 18日
【F1】第6戦 スペインGP 結果
レース中、コース上でのオーバーテイクはたった2回しかなかったんだと。
それもまたレース・・・・、なのか?


いやっほ~っい!!


b0039141_22392926.jpg

Photo (C) crash.net / Yahoo!ESPANA



Grand Prix of Spain @ 2006/05/14

Final Classification : 66Laps / Dry

[Pos.] # Driver (Nat.);     Const. Chassy; Tyre Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1]  1 Fernando Alonso (ESP); Renault R26; MI  1:26'21.759 ( 1)
[ 2]  5 Michael Schumacher (GER); Ferrari 248F1; BS +18.502 ( 3)
[ 3]  2 Giancarlo Fisichella (ITA); Renault R26; MI    +23.951 ( 2)
[ 4]  6 Felipe Massa (BRA); Ferrari 248F1; BS      +29.859 ( 4)
[ 5]  3 Kimi Raikkonen (FIN); McLaren MP4-21; MI   +56.875 ( 9)
[ 6] 12 Jenson Button (GBR); Honda RA106; MI     +58.347 ( 8)
[ 7] 11 Rubens Barrichello (BRA); Honda RA106; MI   +1Lap ( 5)
[ 8] 16 Nick Heidfeld (GER); BMW F1.06; MI        +1Lap (10)

Race Leader

 Lap 1: 1 F.Alonso / Renault
 Lap 18: 2 G.Fisichella / Renault
 Lap 19: 5 M.Schumacher / Ferrari
 Lap 24: 1 F.Alonso / Renault
 Lap 41: 5 M.Schumacher / Ferrari
 Lap 47: 1 F.Alonso / Renault

 1 F.Alonso / Renault ; 54Laps
 5 M.Schumacher / Ferrari ; 11Laps
 3 G.Fisichella / Renault ; 1Laps

Pole Position

1 Fernando Alonso (ESP); Renault R26; MI 1'14.648

Fastest Lap

5 Michael Schumacher (GER); Ferrari 248F1; BS 1'16.648

Point Standings, Statistics and Notes
[PR]
by oretch | 2006-05-18 21:51 | F1