<   2006年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

2006年 09月 24日
【MotoGP】第15戦 日本GP プレビュー
タイトル争いも佳境に入ってきたどー!
ヘイデンが突き放すか? ロッシが差をさらに詰めるか? あるいは逆転もある???

■ 茂木概要

b0039141_4563558.gif正式名称は「ツインリンクもてぎ」。1999年に日本GPとしてWGP初開催。翌年からは、鈴鹿で「日本GP」、茂木で「モテギパシフィックGP」が同時開催される形で定着する。しかし2003年のダイジローの事故の影響で鈴鹿はカレンダーから外されることになり、2004年以降は茂木で日本GPが開催されることになった。

全長は4,801m。最長ストレート区間は762m。どちらも年間カレンダー中では真ん中あたりで、言ってみれば現代の標準的な規格のサーキットの一つ。
コース序盤はフランスGPが開催されるルマンに似た、典型的なストップ&ゴーのレイアウト。右コーナー(第1、第2の複合)、左コーナー(第3、第4の複合)、更に右コーナー(第5)と、過激な加速と減速を繰り返す。中盤は高速右コーナー(130R)とS字からなるテクニカルなレイアウトに変わる。そして終盤は再びストップ&ゴー。短いストレートで結ばれた二つのヘアピン(V字、ヘアピン)を抜けると、コース中最長直線区間になるダウンヒル・ストレートがある。名前の通り、ストレートの終わりに近付くにつれて傾斜がキツクなる下り勾配のストレートで、ストレート・エンドにある右90度直角コーナーが、このコース最大の勝負ポイント。90度コーナーの先には、オランダGPが開催されるアッセンに似た、左、左、右(ビクトリーコーナー)と連続する最終セクションが待っている。

序盤と中盤ではコースの性格が変わるのでセッティングが難しいところだけど、全体的にストップ&ゴーのレイアウトなので、MotoGPに移行した2002年以降はピークパワーとトラクション特性に優れるホンダが好成績をあげている。

Course Map (C) JS-STYLE COMPANY

URL :  http://www.twinring.jp
GoogleMaps : 36.533060,140.228634

b0039141_514470.jpg

ヴィクトリー・コーナーを駆け抜けるMotoGPマシンたち(2005年)
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA


過去のデータと分析予想を読んでみる
[PR]
by oretch | 2006-09-24 00:55 | MotoGP

2006年 09月 22日
【MotoGP】第14戦 オーストラリアGP 結果
21戦ぶりのウェット・レースはシッチャカメッチャカの大混乱でタイトルの行方もますます分からなくなっちゃったよ ('A`)

b0039141_6215664.jpg

125ccクラスでバウティスタがチャンピオン獲得! おめでとー!!
Photo (C) Reuters / Yahoo!ITALIA


b0039141_125567.jpg

MotoGPクラスは雨で大混乱! そこから抜け出したのは・・・マ、マルコメ!? 
Photo (C) Honda Motor Co.



GMC AUSTRALIAN GRAND PRIX @ 17th September 2006

MotoGP Race Result : 26Laps* / Wet
* re-set warm up lap after race declared wet

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team; Tyre Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 33 Marco Meladnri (ITA) Honda; Fortuna; MI  44'15.621 ( 7)
[ 2] 71 Chrsi Vermeulen (AUS) Suzuki; Rizla; BS    +9.699 (16)
[ 3] 46 Valentino Rossi (ITA) Yamaha; Camel; MI   +10.526 ( 3)
[ 4] 15 Sete Gibernau (ESP) Ducati; Marlboro; BS  +10.615 (12)
[ 5] 69 Nicky Hayden (USA) Honda; Repsol; MI    +10.694 ( 1)
[ 6] 27 Casey Stoner (AUS) Honda; LCR; MI     +11.323 ( 8)
[ 7] 65 Loris Capirossi (ITA) Ducati; Marlboro; BS  +26.555 (13)
[ 8] 56 Shinya Nakano (JPN) Kawasaki; K.R.T; BS  +26.666 ( 2)
[ 9] 24 Toni Elias (ESP) Honda; Fortuna; MI      +57.234 (14)
[10]  6 Makoto Tamada (JPN) Honda; JIR; MI    +1'02.231 (11)
[11] 17 Randy De Puniet (FRA) Kawasaki; K.R.T; BS +1'02.432 ( 9)
[12] 21 John Hopkins (USA) Suzuki; Rizla; BS     +1'18.809 (15)
[13] 66 Alex Hofmann (GER) Ducati; d'Antin; DL    +1'48.233 (17)
[14] 10 Kenny Roberts (USA) Roberts; Roberts; MI   +1Lap ( 4)
[15] 26 Dani Pedrosa (ESP) Honda; Repsol; MI      +1Lap (10)

Pole Position : 69 Nicky Hayden (USA) Honda; Repsol; MI   1'29.020
Fastest Lap : 46 Valentino Rossi (ITA) Yamaha; Camel; MI  1'30.917

Event Max Speed : 15 Sete Gibernau (ESP) Ducati  331.4km/h @WarmUp

Race Leader Sequence
 Lap 1 56 Shinya Nakano; Kawasaki
 Lap10 15 Sete Gibernau; Ducati
 Lap16 33 Marco Melandri; Honda


b0039141_1255013.jpg

佳境を迎えつつあるタイトル争いの方は、ロッシと・・・・・・ヘイデンは? 
Photo (C) soup army / SUPERBIKEPLANET



250cc Race Result : 25Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 48 Jorge Lorenzo (ESP) Aprilia; Fortuna    39'17.327 ( 1)
[ 2]  7 Alex De Angelis (RSM) Aprilia; Aspar      +0.009 ( 2)
[ 3]  4 Hiroshi Aoyama (JPN) KTM; Red Bull      +6.560 ( 6)
[ 5] 73 Shuhei Aoyama (JPN) Honda; Repsol     +36.000 (11)
[19] 44 Taro Sekiguchi (JPN) Aprilia; Campetella    +1Lap (24)
[NC] 55 Yuki Takahashi (JPN) Honda; Humangest   +17Laps ( 9)

Pole Position : 48 Jorge Lorenzo (ESP) Aprilia; Fortuna  1'32.717
Fastest Lap :  7 Alex De Angelis (RSM) Aprilia; Aspar   1'33.471

Event Max Speed : 48 Jorge Lorenzo (ESP) Aprilia  277.6km/h @Race


b0039141_1273289.jpg

今年もやっぱりありましたよ、最終ラップ最終コーナーからの攻防が。
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA



125cc Race Result : 15Laps* / Dry
* re-start race after accident

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 19 Alvaro Bautista (ESP) Aprilia; Aspar   24'30.115 ( 2)
[ 2] 36 Mika Kallio (FIN) KTM; Red Bull        +3.242 ( 1)
[ 3] 75 Mattia Pasini (ITA) Aprilia; Aspar       +3.381 ( 6)
[12] 71 Tomoyoshi Koyama (JPN) Malaguti; Ajo  +13.285 (13)
[25] 90 Hiroaki Kuzuhara (JPN) Aprilia; WTR    +46.411 (27)

Pole Position : 36 Mika Kallio (FIN) KTM; Red Bull     1'36.625
Fastest Lap : 19 Alvaro Bautista (ESP) Aprilia; Aspar   1'36.927

Event Max Speed : 6 Joan Olive (ESP) Aprilia  239.9km/h @Race


b0039141_1304045.jpg

この突き抜けるような青空が一転、今季のタイトル争いに大混乱をもたらした
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA


Point Standings, Statistics, and Notes
[PR]
by oretch | 2006-09-22 01:17 | MotoGP

2006年 09月 17日
【MotoGP】第14戦 オーストラリアGP プレビュー
久しぶりにプレビューをば。
でももう今ごろリアルでは決勝も終わってんだよね orz

■ フィリップアイランド概要

b0039141_23404032.jpgメルボルン近くのフィリップ湾に浮かぶフィリップ島にあるサーキット。海岸に面し、200km/hオーバーで疾走するGPマシンの上をカモメが舞うシーンが印象的な、GPカレンダー中屈指の高速サーキット。

正式名称は「Phillip Island Grand Prix Circuit」。開設は1956年と古いけど、WGP初開催は1989年。地元のヒーロー、W・ガードナーが、レイニー、サロン、マギーとの4台の大バトルを制して記念すべき母国オーストラリアでの初GPで初優勝を飾った。1991年から1996年にかけてオーストラリアGPは一時イースタンクリークに移っていたけど、1997年に復活して現在にいたる。
全長はカレンダー中10番目の4,445m。ホームストレートの長さはカレンダー中8番目の900m。このスペックだけ見るとごく普通のコースだけど、クリアスピードが200km/hを超えるコーナーが3つもあるのが特長。1ラップの平均速度は180km/h近くに達し、アッセンが改修された今、恐らくGPカレンダー中ナンバーワンの平均速度を誇る。

b0039141_2343255.gifコースレイアウトは、ストップ&ゴーが主流の近代GPサーキットの中では珍しく、高速コーナー主体のダイナミックでスムーズな構成のテクニカルなレイアウト。
ヘアピンが2つあり、これがコース全体に区切りをつけていて、2つ目のシケインから高速の最終コーナーを抜けて、ホームストレート、高速の1コーナー、中速の2コーナー、そして1つ目のシケインへと続く区間はとてもダイナミックな展開。とりわけ、トップスピードが330km/hに達する超高速最終コーナーから長さ900mのホームストレートに続くセクションは、スリップストリームを使ったスペクタクルなバトルが毎年のように展開される。
ただし、パワーがあれば速く走れるというわけでもない。連続する中高速コーナーをリズム良く流れるようにつなぐことがタイムアップにつながる。その証拠に、過去には日本メーカーに比べてパワーで劣るアプリーリアとプロトンが、J・マクウィリアムズのライディングでそれぞれ1回ずつポールポジションを獲得したことがある。
高速テクニカルなレイアウトのためにコース上には複数のラインがあり、勝負どころはほぼ全周に及ぶ。超高速から度胸で飛び込むターン1、超高速のターン3の先にあるヘアピンのターン4、急な下り勾配のブレーキングが難しいターン10など。
でも取り分けこのコースらしいパッシングポイントは、最終コーナーからフィニッシュラインまでの直線部分。最終コーナーは高速のためにコーナリング中からスリップストリームが効くし、コーナーを抜けてからフィニッシュラインまでが遠いおかげで、このポイントで過去数々のドラマが生まれて来た。
一番印象深いのはなんと言っても2000年の250ccクラス。我らが中野王子がフィニッシュライン直前でスリップストリームから抜け出たジャックにかわされ、僅か千分の14秒差でその年の王座を逃した。

フィリップアイランドは間違いなくGP中随一の見応えのあるサーキットだと思う。だからオレッチはGPカレンダー中、ここが一番好き。今年も好レースを期待してるで!

Photo 上;(C) motoplanet.com 下;(C) www.worldsbk.com

URL :  http://www.phillipislandcircuit.com.au
GoogleMaps : 38.503218,145.234709

b0039141_23515138.jpg

Photo (C) CRASHNET / Yahoo!UK&IRELAND


過去のデータと分析予想を読んでみ
[PR]
by oretch | 2006-09-17 23:54 | MotoGP

2006年 09月 17日
【MotoGP】第13戦 マレーシアGP レビュー その2
ペドロサ、ヘイデンのレプソル編隊を振り切ったロッシとカピロッシ。
レースはいよいよ終盤。
前戦チェコGPのロッシとペドロサのバトルに勝るとも劣らないすごいバトルの幕が開けた。

b0039141_441406.jpg

ロッシのテールに張り付いてチャンスを伺っていたカピロッシが遂に動き出した!
Photo © DPPI / www.Moto-Live.com


More
[PR]
by oretch | 2006-09-17 04:14 | MotoGP

2006年 09月 17日
【MotoGP】第13戦 マレーシアGP レビュー その1
b0039141_4281864.jpg

Photo © DPPI / www.Moto-Live.com



■ 波乱続きでてんやわんやのフリー&予選!? (予選レビュー)

今年のマレーシアGPはペドロサ負傷! という衝撃のニュースで始まった。
現在ポイントランキング2位、タイトル争いの主役の1人がこの期に及んで負傷って勘弁してくれよなぁオイ!
幸い怪我は思ったほど深刻ではなくて、いつものごとくドクター・コスタのおかげで決勝レース出場可能になってホント良かった。ペドロサのためにも。全てのGPファンのためにも。

b0039141_4283710.jpg

あちゃっ!! 右ひざを4針縫う怪我。決勝出れてホントに良かった。
Photo © motogp.com



ペドロサの負傷に続く波乱は公式予選が中止されたこと。なんだよ中止って!?

土曜日の午後に振り出した豪雨のために、とてもMotoGPマシンでは走れないような状態になってしまったと。そこでロッシとカピの2人(だけ?)が代表としてライダーの意見を取りまとめ、レース運営側と協議して公式予選を中止したんだって。
もうどうなってんでしょうか?

More
[PR]
by oretch | 2006-09-17 04:13 | MotoGP

2006年 09月 15日
【MotoGP】第13戦 マレーシアGP 結果
タイトル争いは振り出しに戻ったと言ってもいいんじゃない?

b0039141_2181989.jpg

チェコGPに続いて主役はこの3人。ヘイデンはどこいった?
Photo © Ducati Motor Holding S.p.A.


b0039141_2193777.jpg

今季5勝目。ポイントリーダーのヘイデンとは26点差。ついに射程圏内に捉えた。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


MARLBORO MALAYSIAN MOTORCYCLE G.P. @ 10th September 2006

MotoGP Race Result : 21Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team; Tyre Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 46 Valentino Rossi (ITA) Yamaha; Camel; MI  43'07.829 ( 1)
[ 2] 65 Loris Capirossi (ITA) Ducati; Marlboro; BS   +0.849 ( 3)
[ 3] 26 Dani Pedrosa (ESP) Honda; Repsol; MI     +3.863 ( 5)
[ 4] 69 Nicky Hayden (USA) Honda; Repsol; MI     +5.780 ( 2)
[ 5] 15 Sete Gibernau (ESP) Ducati; Marlboro; BS   +9.301 ( 6)
[ 6] 21 John Hopkins (USA) Suzuki; Rizla; BS     +11.081 ( 8)
[ 7] 10 Kenny Roberts (USA) Roberts; Roberts; MI  +11.838 ( 4)
[ 8] 27 Casey Stoner (AUS) Honda; LCR; MI     +12.267 (10)
[ 9] 33 Marco Meladnri (ITA) Honda; Fortuna; MI   +15.019 ( 9)
[10]  5 Colin Edwards (USA) Yamaha; Camel; MI   +19.909 (11)
[11] 71 Chrsi Vermeulen (AUS) Suzuki; Rizla; BS   +24.371 (16)
[12]  7 Carlos Checa (ESP) Yamaha; Tech3; DL   +30.884 (15)
[13] 17 Randy De Puniet (FRA) Kawasaki; K.R.T; BS +36.335 ( 7)
[14]  6 Makoto Tamada (JPN) Honda; JIR; MI     +48.777 (13)
[15] 66 Alex Hofmann (GER) Ducati; d'Antin; DL    +59.081 (17)
[NC] 56 Shinya Nakano (JPN) Kawasaki; K.R.T; BS  +21Laps (12)

[ 8] 56 Shinya Nakano (JPN) Kawasaki; K.R.T; BS  +16.942 ( 5)

Pole Position : 46 Valentino Rossi (ITA) Yamaha; Camel; MI 2'00.605
Fastest Lap : 65 Loris Capirossi (ITA) Ducati; Marlboro; BS 2'02.127

Event Maxi Speed : 65 Loris Capirossi (ITA) Ducati  315.1km/h @Practice

Race Leader Sequence
 Lap 1 46 Valentino Rossi; Yamaha
 Lap 3 65 Loris Capirossi; Ducati
 Lap 7 46 Valentino Rossi; Yamaha
 Lap17 65 Loris Capirossi; Ducati
 Lap19 46 Valentino Rossi; Yamaha
 Lap20 65 Loris Capirossi; Ducati
 Lap21 46 Valentino Rossi; Yamaha


b0039141_2441955.jpg

トップ4には留まったもの、トップ3にな完全に追いていかれた。
ヘイデンどなってるんだろうねぇ?
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



250cc Race Result : 20Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 48 Jorge Lorenzo (ESP) Aprilia; Fortuna    43'15.499 ( 2)
[ 2] 34 Andrea Dovizioso (ITA) Honda; Humangest   +5.428 ( 5)
[ 3]  7 Alex De Angelis (RSM) Aprilia; Aspar     +10.225 ( 6)
[ 4] 55 Yuki Takahashi (JPN) Honda; Humangest   +25.669 ( 9)
[ 6] 73 Shuhei Aoyama (JPN) Honda; Repsol     +39.936 ( 7)
[13] 44 Taro Sekiguchi (JPN) Aprilia; Campetella  +2'00.097 (22)
[NC]  4 Hiroshi Aoyama (JPN) KTM; Red Bull    +16Laps ( 3)

Pole Position : 80 Hector Barbera (ESP) Aprilia; Fortuna  2'08.266
Fastest Lap :  4 Hiroshi Aoyama (JPN) KTM; Red Bull   2'08.761

Event Max Speed : 15 Roberto Locatelli (ITA) Aprilia  259.9km/h @Race


b0039141_2493314.jpg

う~ん残念! 青山兄はタイトル争いから脱落かな?
タイトル争いはロレンツォとドビチオーゾの2人の絞られた。
Photo © Associate Press / Yahoo!ITALIA



125cc Race Result : 12Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 19 Alvaro Bautista (ESP) Aprilia; Aspar   26'52.154 ( 1)
[ 2] 36 Mika Kallio (FIN) KTM; Red Bull        +3.577 ( 2)
[ 3] 55 Hector Faubel (ESP) Aprilia; Aspar      +9.904 ( 5)
[NC] 71 Tomoyoshi Koyama (JPN) Malaguti; Ajo  +6Laps ( 9)

Pole Position : 19 Alvaro Bautista (ESP) Aprilia; Aspar   2'12.846
Fastest Lap : 19 Alvaro Bautista (ESP) Aprilia; Aspar   2'13.118

Event Max Speed : 19 Alvaro Bautista (ESP) Aprilia  222.8km/h @WarmUp

b0039141_2552685.jpg

125ccクラスはバウティスタが独走状態。
Photo © Associate Press / Yahoo!ITALIA


Point Standings, Statistics, and Notes
[PR]
by oretch | 2006-09-15 02:05 | MotoGP

2006年 09月 15日
【F1】第15戦 イタリアGP 結果

そしてチャンピオン争いは振り出しに戻ったのだった。

b0039141_1455057.jpg

序盤は先行するライコネンを追走。1回目のピットインで鮮やかに逆転。
Photo © Response


b0039141_146357.jpg

その後一度もトップの座を譲ることなく最後まで独走。
熱狂するティフォシ達の歓喜の中、90回目のトップチェッカーを受けた。
Photo © CRASHNET / AUTOSPORT WEB


b0039141_148232.jpg

表彰台上の皇帝を取り囲み狂喜するティフォシ達。そしてこの直後・・・
Photo © XPB / www.F1-LIVE.com



Grand Prix of Italy @ 2006/09/10

Final Classification : 53Laps / Dry

[Pos.] # Driver (Nat.);     Const. Chassy; Tyre Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1]  5 Michael Schumacher (GER); Ferrari 248F1; BS 1:14'51.975 ( 2)
[ 2]  3 Kimi Raikkonen (FIN); McLaren MP4-21; MI      +8.046 ( 1)
[ 3] 17 Robert Kubica (POL); BMW Sauber F1.06; MI    +26.414 ( 6)
[ 4]  2 Giancarlo Fisichella (ITA); Renault R26; MI      +32.045 ( 9)
[ 5] 12 Jenson Button (GBR); Honda RA106; MI       +32.685 ( 5)
[ 6] 11 Rubens Barrichello (BRA); Honda RA106; MI     +42.409 ( 8)
[ 7]  8 Jarno Trulli (ITA); Toyota TF106B; BS        +44.662 (11)
[ 8] 16 Nick Heidfeld (GER); BMW Sauber F1.06; MI     +45.309 ( 3)

Race Leader

 Lap 1: 3 K.Raikkonen ; McLaren
 Lap 15: 5 M.Schumacher ; Ferrari
 Lap 18: 17 R.Kubica ; BMW Sauber
 Lap 23: 5 M.Schumacher ; Ferrari

 34 Laps - 5 M.Schumacher ; Ferrari
 14 Laps - 3 K.Raikkonen ; McLaren
  5 Laps - 17 R.Kubica ; BMW Sauber

Pole Position

3 Kimi Raikkonen (FIN); McLaren MP4-21; MI  1'21.484 @ 3rd Period

Fastest Lap

3 Kimi Raikkonen (FIN); McLaren MP4-21; MI  1'22.559 @ Lap13

b0039141_1494962.jpg

白煙を噴出すルノーR26。アロンソまさかのリタイア。タイトル争いは振り出しに戻った。
Photo © XPB / www.F1-Live.com


Point Standings, Statistics and Notes
[PR]
by oretch | 2006-09-15 01:43 | F1

2006年 09月 13日
【WRC】第11戦 ラリー・ジャパン 結果
歴史が塗り替えられた。“よりにもよって”この日本で。コンチクショー!
でも字を大にして書こう、


b0039141_0371693.jpg

SSベストの応酬によるグロンホルムとの一騎打ちを、最後は僅か5.6秒差で制したローブ。
Photo © Keisuke Koga / AUTOSPORT WEB


WRC新記録、通算27勝達成!



b0039141_038053.jpg

WRCの歴史に名を残せてローブはきっと幸せだろうけど、
歴史が作られる瞬間をリアルタイムで経験できるオレッチもとっても幸せ
Photo © CRASHNET / AUTOSPORT WEB


おめでとう、セブ!



Rd.11 Rally Japan @ 2006/09/01-03

Result

[Pos.] # Driver (Nat.) / Co-Driver (Nat.); Manu. Car      Time/Gap
[1]  1 Loeb (FRA) / Elena (MON); Citroen Xsara WRC05    3:22'20.4
[2]  3 Gronholm (FIN) / Rautiainen (FIN); Ford Focus RS WRC06  +5.6
[3]  4 Hirvonen (FIN) / Lehtinen (FIN); Ford Focus RS WRC06  +2'46.5
[4]  6 Atkinson (AUS) / MacNeall (AUS); Subaru Impreza WRC06 +6'07.8
[5]  7 Stohl (AUT) / Minor (AUT); Peugeot 307 WRC        +7'10.7
[6] 14 Arai (JPN) / Sircombe (NZL); Subaru Impreza WRC06   +9'05.1
[7]  1 Solberg (NOR) / Mills (GBR); Subaru Impreza WRC06   +11'43.7
[8] 33 Nutahara (JPN) / Barritt (GBR); Mitsubishi Lancer Evo9 +22'57.4


b0039141_0383857.jpg

グロンホルムもよく頑張った。移籍1年目であることを考えればグロンホルムこそ驚異。
Photo © CRASHNET / AUTOSPORT WEB


Point Table, Statistics and Leg Results
[PR]
by oretch | 2006-09-13 01:51 | WRC

2006年 09月 13日
【MotoGP】第12戦 チェコGP レビュー その3
「FASTER」「turn-8」に続くGP映画第3弾「The Lap」の製作が決定したそうですよ(嘘)

b0039141_025059.jpg

ロッシV字回復でタイトル争いは再び混沌としてきた
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


b0039141_0253522.jpg

追うロッシの方が余裕の表情? かつてのチームメイト同士の大バトル
Photo © DPPI / www.Moto-Live.com


■ ドミネーション

「先のことは誰にもわからないさ」

アメリカGPで今季3度目のリタイアを喫して開き直り発言してたロッシだけども、コメントの最後についてたのがこの言葉。
いやホント、チェコGPを終えてこの先どうなるのか分からなくなってきた。
ロッシ「今日はとてもいいレースができたし、ウイークを通じてとても良かった。終盤はペドロサとバトルになり何度も抜いたり抜かれたり。これは楽しかった。最終的に僕が前でゴールできたから、とくにね。チャンピオンシップのことを考えたときに、この2位は非常に重要だ。今はランキング3位だけれど、2位のペドロサ、1位のヘイデンとの差を縮めることができて本当に良かった。」
(ヤマハ発動機レース情報より抜粋)

このコメント読めば分かるように、案の定と言うかなんと言うか、やっぱりロッシはぜーんぜん諦めてなんか無かった訳だ。周りから無理だダメだ諦めろなんて言われれば言われるほどムキになるんだよね、”奴”は。
そう言えばF1への転向話の時だって、眉毛野郎に挑発されてムキになって言い返してたし。

b0039141_0264363.jpg

はじける笑顔! 輝く青春!
Photo © DPPI / www.Moto-Live.com


More
[PR]
by oretch | 2006-09-13 00:24 | MotoGP

2006年 09月 10日
【MotoGP】第12戦 チェコGP レビュー その2
レース終盤、ついに大喧嘩が始まったぜっ!

b0039141_103323.jpg

ロッシの走りをじっと観察してきたペドロサが、レース終盤ついに動いた!
Photo © FStopFizgerald / SUPERBIKEPLANET



■ あの伝説を超える大興奮バトル! (決勝レース)

でもなんなんだこの突然の展開!
やっぱりペドロサは勝負を終盤まで待ってたんだな。
王者ロッシ相手になんて大胆な奴なんだ。
でもロッシだってそう易々とはやられない。
ペドロサのアタックに一歩も引く気はなさそうだ。

2台はテール・トゥ・ノーズのまま後半のセクションに突入していく。
さっきアタックに失敗した直後、一瞬ギャップが開いたはずなのに、ペドロサはもうロッシとの間合いを詰めている。

新人ペドロサが、

あのロッシを追い立てている!!


b0039141_108164.jpg

すぐにまたロッシとの間を詰めたペドロサ。まさに獲物に狙いを定めた猛禽類。
Photo © DPPI / www.Moto-Live.com


More
[PR]
by oretch | 2006-09-10 10:06 | MotoGP