<   2006年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

2006年 10月 30日
【WRC】第13戦 ラリー・トルコ 結果
鬼の居ぬ間になんとやら。こういうとき確実に勝てるのが「格」ってやつだよね。

b0039141_1401293.jpg

天敵ローブがいなければ食物連鎖の頂点に立つのはこの男。
レグ1で築いた大量リードを保って余裕の勝利。タイトルに望みをつないだ。
Photo (C) xpb.cc / Motorsport.com


b0039141_3304446.jpg

グロンホルムには差をつけられたものの、久しぶりの快走で2位キープ。
のはずが、レグ2でやっぱりリタイア。今年はもうどうにもならんわ・・・(;´Д⊂)
Photo (C) Subaru World Rally Team / Motorsport.com



Rd.13 Rally of Turkey @ 2006/10/13-15

Result

[Pos.] # Driver (Nat.) / Co-Driver (Nat.); Manu. Car      Time/Gap
-------------------------------------------------------------
[1]  3 Gronholm (FIN) / Rautiainen (FIN); Ford Focus RS WRC06 3:28'16.3
[2]  4 Hirvonen (FIN) / Lehtinen (FIN); Ford Focus RS WRC06   +2'23.4
[3]  8 H.Solberg (NOR) / Menkerud (NOR); Peugeot 307 WRC   +3'06.0
[4] 14 Pons (ESP) / Del Barrio (ESP); Citroen Xsara WRC05    +3'27.4
[5] 10 Katajamaki (FIN) / Alane (FIN); Ford Focus RS WRC04   +3'28.5
[6] 6 Atkinson (AUS) / MacNeall (AUS); Subaru Impreza WRC2006 +3'36.5
[7]  2 Sordo (ESP) / Marti (ESP); Citroen Xsara WRC       +4'24.8
[8]  7 Stohl (AUT) / Minor (AUT); Peugeot 307 WRC         +4'30.3


b0039141_146371.jpg

リタイアした弟が悔し涙なら、兄は初表彰台で嬉し涙。
「弟に近づけて嬉しいよ」。兄ちゃん・・・ (;´Д⊂)
Photo (C) DPPI / Motorsport.com


Point Table, Statistics and Leg Results
[PR]
by oretch | 2006-10-30 01:28 | WRC

2006年 10月 29日
【MotoGP】第17戦 バレンシアGP 予選結果
いよいよクライマックス!

b0039141_321667.jpg

雌雄を決する時来る!
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA


b0039141_322455.jpg

先手を取ったのはロッシ!
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ESPANA



GP bwin.com DE LA COMUNITAT VALENCIANA

MotoGP Qualifying Practice Classification

Pos. # Rider (Nat.)     Makes; Team; Tyre Time Gap
-------------------------------------------------------------
[ 1] 46 V.Rossi (ITA) Yamaha; Camel; MI     1’31.002
[ 2] 12 T.Bayliss (AUS) Ducati; Marlboro; BS   1’31.210 +0.208 +0.208
[ 3] 65 L.Capirossi (ITA) Ducati; Marlboro; BS  1’31.307 +0.305 +0.097

[ 4] 56 S.Nakano (JPN) Kawasaki; K.R.T; BS   1’31.341 +0.339 +0.034
[ 5] 69 N.Hayden (USA) Honda; Repsol; MI    1’31.378 +0.376 +0.037
[ 6] 26 D.Pedrosa (ESP) Honda; Repsol; MI   1’31.385 +0.383 +0.007

[ 7] 27 C.Stoner (AUS) Honda; LCR; MI      1’31.470 +0.468 +0.085
[ 8] 71 C.Vermeulen (AUS) Suzuki; Rizla; BS  1’31.606 +0.604 +0.136
[ 9] 21 J.Hopkins (USA) Suzuki; Rizla; BS     1’31.663 +0.661 +0.057

[10]  5 C.Edwards (USA) Yamaha; Camel; MI  1’31.711 +0.709 +0.048
[11] 17 R.De Puniet (FRA) Kawasaki; K.R.T; BS 1’31.892 +0.890 +0.181
[12] 33 M.Meladnri (ITA) Honda; Fortuna; MI   1’32.062 +1.060 +0.170

[13] 24 T.Elias (ESP) Honda; Fortuna; MI     1’32.144 +1.142 +0.082
[14] 10 K.Roberts (USA) Roberts; Roberts; MI  1’32.358 +1.356 +0.214
[15]  6 M.Tamada (JPN) Honda; JIR; MI       1’32.467 +1.465 +0.109

[16]  7 C.Checa (ESP) Yamaha; Tech3; DL    1’32.747 +1.745 +0.280
[17] 66 A.Hofmann (GER) Ducati; Pramac; BS  1’33.289 +2.287 +0.542
[18] 30 J.L.Cardoso (ESP) Ducati; Pramac; BS  1’33.755 +2.753 +0.466

[19] 77 J.Ellison (GBR) Yamaha; Tech3; DL    1’33.953 +2.951 +0.198
[20]  8 G.McCoy (AUS) Ilmor; Ilmor; MI       1’34.811 +3.809 +0.858


Max Speed : 65 Loris Capirossi (ITA) Ducati   318.2km/h @Qualify


b0039141_323559.jpg

決戦の場はバレンシア・サーキット。偉大な先達達が勝負を見届ける。
Photo (C) Yamaha-Sebring

[PR]
by oretch | 2006-10-29 02:15 | MotoGP

2006年 10月 29日
ロッシCM
「  マ ハ 」

ロッシが出演するヤマハの企業PRのCM。
登場するM1は昨年のバレンシアGPで登場したスペシャル・カラーリング・マシン。

撮影はどこでやったんだろう? ムジェロ? イモラ?

・・・とか思ってたけど、あれ、モンツァだったのね。


b0039141_3331254.jpg

お、まさにCMのあのシーンじゃん
Photo (C) motograndprix.it



モンツァとは意外だったな。
当然GPサーキットのどこかだとばかり思ってた。
それがまさか、1987年を最後にWGPが開催されてないモンツァとはね。

ま、GP開催してないからってCM撮影しちゃいけいないってわけじゃないけど。

あれか、ロッシはオフシーズンにここでラリーやってて馴染みがあるからかな?


b0039141_3332043.jpg

どのくらいのタイムだったのか気になるな。
ちなみに、1987年当時のコースレコードはガードナーが記録した1'48.66
Photo (C) motograndprix.it

[PR]
by oretch | 2006-10-29 01:43 | MotoGP

2006年 10月 29日
【MotoGP】第17戦 バレンシアGP プレビュー
世紀の一戦!

b0039141_2401936.jpg

Photo © motogp.com



■ バレンシア・サーキット概要

b0039141_2364793.jpgスペイン、バレンシア州のチェステ近郊に建設された、ヘレス、カタルニアに次ぐスペイン第3のサーキット。少数派の半時計回りサーキットの1つ。
正式名称は「Circuit de la Comunitat Valenciana Ricardo Tormo」。名前にあるRicardo Tormoとは、50ccクラス(現在は廃止)で2度タイトルを獲った地元のライダー。
WGP初開催は1999年。地元のクリビーレがスペイン人として始めて最高峰クラス(当時500ccクラス)でチャンピオンになった記念すべき年。当初はシーズン終盤のフライアウェイ・ラウンド前のヨーロッパラ最終戦として開催されていたが、MotoGPクラス元年の2002年以降はシーズン全体の最終戦として定着している。
(Map © F1.LT)

全長4,005mはラグナセカ、ザクセンに次ぐ3番目の短さ。最長ストレート区間は876m。近代サーキットらしい、Rのきついタイトな低速コーナーが次々と現れる典型的なストップ&ゴーのレイアウト。サーキット全体に渡ってアップダウンがあり、下りながら進入するコーナーが多い。コーナーセクションはとにかくミスせず加速減速で遅れをとらないように無難に走って、ホームストレートエンドの第1コーナーで勝負するのがセオリー。
また、グランドスタンドからはサーキット全体が見渡せるように設計されているので、よく見てるとTV画面からも観客の興奮が伝わってくるよ。

URL : http://www.circuitvalencia.com
GoogleMaps : 39.485979,-0.630662


b0039141_244499.jpg

Photo © motogp.com


過去のデータと分析予想を読んでみる
[PR]
by oretch | 2006-10-29 01:36 | MotoGP

2006年 10月 28日
【MotoGP】第16戦 ポルトガルGP レビュー その3
■ まさにドラマのような劇的な演出

タイトルを争うキャメル・ヤマハとレプソル・ホンダのガチ勝負でレース・スタート。
ところが序盤でポイント・リーダーのヘイデンが追突されてクラッシュ。
よりにもよって犯人はチームメイトのペドロサ。
ヘイデンはリタイアしてノーポイント。
ロッシのポイント逆転が確定。
でも伏兵エリアスが1000分の2秒差でロッシを下して初優勝。
ロッシがポイントでヘイデンを逆転するも差は8点どまり。
罪滅ぼしでペドロサが最終戦はヘイデンを強力サポートすると宣言。
最終戦、ヘイデンの順位に関わらずロッシは2位に入ればV6獲得。
でもヘイデンが勝ち、ペドロサが汚名挽回でロッシを抑えれば再逆転でヘイデン初タイトル。

ヘイデンは逆転タイトルの望みを賭けて必勝態勢。
十字架を背負ったペドロサは悲壮な覚悟でチームメイトのアシストを誓う。
そしてロッシはレプソル軍団を返り討ちにして史上最大の大逆転劇完遂を狙う。


で、これなんて梶原一騎マンガ?

b0039141_3442019.jpg

Photo (C) DPPI / www.Moto-Live.com


More
[PR]
by oretch | 2006-10-28 02:00 | MotoGP

2006年 10月 28日
【MotoGP】第16戦 ポルトガルGP レビュー その2
(その1からつづく)

ヘイデンとペドロサのクラッシュによって凍りついたエストリル・サーキットを、再び真っ赤に燃え上がらせるもう1つのスペクタクルがちゃんと用意されていたとは・・・

エリアスだ。

ヘイデンとペドロサが脱落した直後から、トップのキャメル・ヤマハの2台を上回るペースで急速に追い上げてきた。そして中盤に差し掛かる頃には、ついにエドワーズのすぐ背後にまで迫ってきた。

b0039141_264191.jpg

トップを快走するロッシ。そのロッシに忍び寄る影・・・・
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


意外な相手の突然の来襲に再びブロック態勢に入るエドワーズ。先頭を走るロッシとの距離を計りながら巧みにエリアスを抑えつける。

More
[PR]
by oretch | 2006-10-28 01:41 | MotoGP

2006年 10月 28日
【MotoGP】第16戦 ポルトガルGP レビュー その1
これもまたレース・・・・ 、なんて達観してる場合じゃねえええええええええ!

b0039141_164793.jpg

無残な姿のレプソル・ホンダ。まさに悪夢・・・・
Photo © Associated Press / Yahoo!UK&IRELAND


b0039141_165514.jpg

そしてこの男がついにトップに立った!
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



■ 闘いは予選から始まってるんだぜ! (予選レビュー)

ヘイデン236点、ロッシ224年。その差、12点。2戦を残し、ついにロッシがヘイデンを射程距離に捉えた。
こうなるとパーマ野朗はもうイケイケのアゲアゲ状態だ。一方のアゴ割れ兄ちゃんだって尻に火がついてフガフガと鼻息が荒くなってきたんじゃないの?

そんなオレッチの予想を超えて、2人の意地と気合は予選からバチバチを火花を上げてぶつかり合ってたみたいだねぇ。

More
[PR]
by oretch | 2006-10-28 01:22 | MotoGP

2006年 10月 23日
【MotoGP】第16戦 ポルトガルGP 結果
いったい誰がこんなベタな演出したんだよ!? 誰にしてもそいつは天才!!

b0039141_315840.jpg

なんダニよこれはぁ!? ありえねえええええええ!!!!
Photo © motogp.com


b0039141_3152849.jpg

そしてレースは今季は象徴するような大混戦&大接戦。
Photo © AFP / Yahoo!FRANCE



bwin.com GRANDE PREMIO DE PORTUGAL @ 10th October 2006

MotoGP Race Result : 28Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team; Tyre Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 24 Toni Elias (ESP) Honda; Fortuna; MI      46’08.739 (11)
[ 2] 46 Valentino Rossi (ITA) Yamaha; Camel; MI     +0.002 ( 1)
[ 3] 10 Kenny Roberts (USA) Roberts; Roberts; MI    +0.176 (13)
[ 4]  5 Colin Edwards (USA) Yamaha; Camel; MI   +0.864 ( 2)
[ 5]  6 Makoto Tamada (JPN) Honda; JIR; MI     +18.419 (14)
[ 6] 21 John Hopkins (USA) Suzuki; Rizla; BS     +25.181 ( 6)
[ 7]  7 Carlos Checa (ESP) Yamaha; Tech3; DL   +29.348 ( 9)
[ 8] 33 Marco Meladnri (ITA) Honda; Fortuna; MI   +31.813 (15)
[ 9] 71 Chrsi Vermeulen (AUS) Suzuki; Rizla; BS   +40.117(12)
[10] 17 Randy De Puniet (FRA) Kawasaki; K.R.T; BS +41.496 (16)
[11] 66 Alex Hofmann (GER) Ducati; Pramac; BS   +41.533 (18)
[12] 65 Loris Capirossi (ITA) Ducati; Marlboro; BS  +44.776 (10)
[13] 77 James Ellison (GBR) Yamaha; Tech3; DL  +1'19.113 (17)
[14] 20 Jose Luis Cardoso (ESP) Ducati; Pramac; BS +1’40.716 (19)
[15]  8 Garry McCoy (AUS) Ilmor; Ilmor; MI       +4Laps (20)
[NFF] 56 Shinya Nakano (JPN) Kawasaki; K.R.T; BS  +28Lap ( 7)

Pole Position : 46 Valentino Rossi (ITA) Yamaha; Camel; MI  1'36.200
Fastest Lap : 10 Kenny Roberts (USA) Roberts; Roberts; MI  1'37.914

Event Max Speed : 69 Nicky Hayden (USA) Honda  329.9km/h @Practice

Race Leader Sequence
 Lap 1 46 Valentino Rossi; Yamaha
 Lap22 24 Toni Elias
 Lap 1 25 Valentino Rossi; Yamaha
 Lap28 24 Toni Elias


b0039141_3165596.jpg

瀬戸際でついにポイント首位に立ったロッシ。
でも、まったくノーマークだった伏兵エリアスが奪った「5点」が最終戦のドラマを生む?
Photo © CRASHNET / Yahoo!ESPANA



250cc Race Result : 26Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 34 Andrea Dovizioso (ITA) Honda; Humangest 44’30.727 ( 7)
[ 2]  4 Hiroshi Aoyama (JPN) KTM; Red Bull      +0.015 ( 2)
[ 3]  7 Alex De Angelis (RSM) Aprilia; Aspar       +0.348 ( 6)
[ 6] 55 Yuki Takahashi (JPN) Honda; Humangest    +9.619 (12)
[18] 44 Taro Sekiguchi (JPN) Aprilia; Campetella  +1'15.390 (19)
[NC] 73 Shuhei Aoyama (JPN) Honda; Repsol      +11Laps ( 9)

Pole Position : 15 Roberto Locatelli (ITA) Aprilia; Toth   1'41.511
Fastest Lap :  4 Hiroshi Aoyama (JPN) KTM; Red Bull  1'41.676

Event Max Speed : 80 Hector Barbera (ESP) Aprilia  269.7km/h @Qualify2


b0039141_3184429.jpg

くぅーーー、惜しいっ!
Photo © DPPI / www.Moto-Live.com



125cc Race Result : 23Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 19 Alvaro Bautista (ESP) Aprilia; Aspar       40’48.792 ( 1)
[ 2] 55 Hector Faubel (ESP) Aprilia; Aspar         +15.098 ( 2)
[ 3] 36 Mika Kallio (FIN) KTM; Red Bull          +15.112 (11)
[ 6] 71 Tomoyoshi Koyama (JPN) Malaguti; Ajo      +27.588 ( 7)
[20] 49 Kazuma Watanabe (JPN) Honda; Humangest +1’21.367 (35)
[28] 73 Kazuya Otani (JPN) Malaguti; Ajo         +1’33.112 (40)
[NC] 90 Hiroaki Kuzuhara (JPN) Aprilia; WTR       +4Laps (30)

Pole Position : 19 Alvaro Bautista (ESP) Aprilia; Aspar  1'45.322
Fastest Lap : 19 Alvaro Bautista (ESP) Aprilia; Aspar   1'45.746

Event Max Speed : 20 Roberto Tamburini (ITA) Aprilia  242.0km/h @Practice2


b0039141_3185968.jpg

今季の125ccクラスを牛耳ったアスパー軍団。最終戦も1-2で閉めた。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


Point Standings, Statistics, and Notes
[PR]
by oretch | 2006-10-23 01:14 | MotoGP

2006年 10月 21日
【F1】第17戦 日本GP 結果
ほぼ終戦。F1史の金字塔を築いたドライバーの最後があんな終わり方なんて・・・

あ、まだ終わってないか?

b0039141_3493337.jpg

好事魔多し。悪夢のマシントラブルで突然の終幕。帝王の終結宣言は真意なのか?
Photo © CRASHNET / AUTOSPORT WEB


b0039141_3494394.jpg

“当面”最後の鈴鹿を制したのはアロンソ。2年連続チャンピオンに王手。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



Grand Prix of Japan @ 2006/10/08

Final Classification : 53Laps / Dry

[Pos.] # Driver (Nat.);     Const. Chassy; Tyre Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1]  1 Fernando Alonso (ESP); Renault R26; MI    1:23'53.413 ( 5)
[ 2]  6 Felipe Massa (BRA); Ferrari 248F1; BS       +16.151 ( 1)
[ 3]  2 Giancarlo Fisichella (ITA); Renault R26; MI     +23.953 ( 6)
[ 4] 12 Jenson Button (GBR); Honda RA106; MI       +34.101 ( 7)
[ 5]  3 Kimi Raikkonen (FIN); McLaren MP4-21; MI     +43.596 (11)
[ 6]  8 Jarno Trulli (ITA); Toyota TF106; BS         +46.717 ( 4)
[ 7]  7 Ralf Schumacher (GER); Toyota TF106; BS    +48.869 ( 3)
[ 8] 16 Nick Heidfeld (GER); BMW Sauber F1.06; MI   +1'16.095 ( 9)

Race Leader

 Lap 1: 6 F.Massa ; Ferrari
 Lap 3: 5 M.Schumacher ; Ferrari
 Lap 37: 1 F.Alonso ; Renault

 34 Laps - 5 M.Schumacher ; Ferrari
 17 Laps - 1 F.Alonso ; Renault
  2 Laps - 6 F.Massa ; Ferrari

Pole Position

6 Felipe Massa (BRA); Ferrari 248F1; BS   1'29.599

Fastest Lap

1 Fernando Alonso (ESP); Renault R26; MI  1'32.676 @ Lap14


b0039141_3495644.jpg

若き王者の勝利の舞。 カコワルイ・・・
Photo © gettyimages


Point Standings, Statistics and Notes
[PR]
by oretch | 2006-10-21 01:25 | F1

2006年 10月 17日
ロッシ、再び
おぉー、またやんのかい?

AUTOSPORT WEB : ロッシ、ラリー・ニュージーランドにインプレッサWRCで参戦へ
(2006/10/12)

※リンク先を見るにはユーザ登録(無料)が必要
 MotoGPにキャメル・ヤマハから参戦、現在ランキング2位につけるバレンティーノ・ロッシが、来月のラリー・ニュージーランドにスバル・インプレッサWRCで参戦することになった。2002年にプジョー206WRCを駆り、ラリー・グレートブリテンに参戦したこともあるロッシは、今回が2回目のWRC参戦となる。

 今回ロッシが使用するのは、今年のドイチェランドでクリス・アトキンソンが使用した2005年スペックのインプレッサWRCにアクティブ・ディファレンシャルを装着したもので、スバル・ワールドラリーチーム(SWRT)がメンテナンスを行うが、エントリーは『バレンティーノ・ロッシ』となり、プライベーターとしての参戦となる。

 SWRTを運営するプロドライブの代表、デイビッド・リチャーズはラリー・ニュージーランドの公式サイト上で「ロッシはモータースポーツ界のヒーローだ。彼は強烈なカリスマを持ち、ものすごい能力を持っている。ニュージーランドのファンはみんなロッシがラリーに挑戦するところを見に来るだろうし、世界的にもこのイベントが注目を集めるはずだ」と語る。
(AUTOSPORT WEBより抜粋引用)

b0039141_23371552.jpg

2002年、ラリーGBにエントリーした時のロッシ。
Photo (C) Reuters


ラリー・ニュージーランドが開催されるのは11月17-19日。
WGPの最終戦、バレンシアGP(10月29日)も終了し、今季のWGP全日程が終わった後。

もちろんV6チャンピオンとして意気揚揚と現地に乗り込む気なんだろうな。
あるいはその目処が立ったってことで、エントリーを正式に決めたってか?


前回はプジョーのカスタマー仕様206WRCでエントリーして、SS2で早々にクラッシュ・リタイアに終わっちゃったから、今回はせめてレグ1ぐらいフィニッシュして欲しいな。
しかもマシンは我らがインプレッサWRC。2005年仕様とは言ってもポテンシャルは十分。現役2輪選手がWRCでポイント獲得という偉業だって達成不可能じゃなーい。

b0039141_23435534.jpg

写真は今年ドイツのアトキンソン。ヴァレが乗るのはこのマシン。バリバリのWRカー!
Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA


F1転向がご破算になった今(もちろんご破算になって良かったけど)、ヴァレにはぜひとも、また新たな伝説を作ってほしい。

なので気合入れて頑張れよ!ヴァレ!


でもその前に、まずは本業で決着をつけてからね!



オレッチ的には、スバルに必ず来てくれるなら転向しても許せるけどねぇ~。
[PR]
by oretch | 2006-10-17 23:45 | WRC