<   2007年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2007年 05月 30日
「紅の豚」を観て

やっぱ面白いわぁ~、「紅の豚」。
宮崎映画の中ではカリオストロやトトロに並ぶ傑作だね。

b0039141_141236.jpg

面白くて興奮したので、久々にペンをとってみた。
ポルコの愛機 “Savoia S21” 超カッケー!


でもやっぱし宮崎駿と言えばカリオストロだなぁ。
いずれ是非またルパン映画を作って欲しい。

宮崎映画の真骨頂と言えば浮遊感抜群の空中シーン。
となれば、ルパン第2シリーズ中の傑作「死の翼アルバトロス」か、「さらば愛しきルパン」あたりをベースにして作ってくれると嬉しいナァ。


b0039141_1462369.jpg

やっぱルパンでしょ



b0039141_146415.jpg

あ、こっちだった
© モンキーパンチ / TMS

[PR]
by oretch | 2007-05-30 01:51 | 雑記

2007年 05月 30日
ストーナーがアルファロメオの新車ゲット。ってそれいいのか?

現在MotoGPクラスでポイント・トップに立つストーナーが、アルファロメオからブレラをプレゼントされた。

インテリマーク : アルファロメオをストーナーに新車をプレゼント (2006/5/27)
MotoGPドゥカティー・マルボロ・チームのビッグスポンサーの1つであるイタリアの自動車メーカーのアルファロメオ社が、フィアット・グループのショールームの1周年記念イベントに、ドゥカティーのMotoGPライダーであるケーシー・ストーナーを招き、新車のアルファロメオをプレゼントした。
(インテリマーク記事より抜粋引用)

b0039141_1305854.jpg

Alfa Romeo Brera
フランスで開催される「世界でもっとも美しいクルマ」コンテストで昨年のグランプリを受賞。
Photo © Alfa Romeo Automobiles


アルファがドゥカのスポンサーだったなんて知らなかった。
マシンにロゴとか貼ってあったっけ?

b0039141_1355213.jpg

ああ!あった!ステップのすぐ下のところ! エンブレム発見!
Photo © Ducati Corse / Motorsport.com


今までアルファのエンブレムが描かれているなんて全然気付かんかった・・・

ま、それはいいや。
それよりも気になったのは、フィアットの立場。いや、ロッシの立場か。

記事中にもあるとおり、アルファロメオはフィアットの100%子会社なわけで、フィアットと言えばもちろん、現在ストーナーの後塵を浴びまくって大苦戦中のロッシ様&ヤマハのメインスポンサーだ。
親会社であるフィアットが応援しているロッシをやっつけたストーナーに、子会社のアルファがご褒美をあげるかっこうになってるわけだよね。
ましてロッシはアルファの母国、イタリアの英雄。人事ながら、「大丈夫なんか?そんなことして」とか「ロッシの心中やいかに?」って思っちゃった。

ま、見当ハズレな心配なんだろうけどね。

それと、WGPにおける現在のイタリアという国のプレゼンスは圧倒的だなぁ、と。
イタリアの巨大企業グループが支援するイタリアの英雄が、イタリアの伝統的企業が支援するイタリア製バイク・チームと激闘を繰り広げている。

もうこの際だから、イタリアだけ別のとこでレースやっててよ・・・
[PR]
by oretch | 2007-05-30 00:28 | MotoGP

2007年 05月 29日
【MotoGP】第5戦 フランスGP 結果
オーストラリアまたはじまったな。

b0039141_0858100.jpg

まさに水を得た魚。バーミューレンが後方からグングン追い上げて最後は独走。
同郷のアイツには負けてらんねぇ! って感じ?
Photo © DPPI / Moto-Live.com


b0039141_0105296.jpg

スズキに6年ぶりの勝利をもたらすチェッカー。今季3人目のウィナー。
曇天下でもリズラのスカイブルーが映えて見えるぜ。
Photo © Suzuki Racing



ALICE GRAND PRIX DE FRANCE
@ Le Mans ; 20th May 2007


■ MotoGP Race Result

Final Classification : 28Laps / Wet

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team; Tyre Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 71 Chrsi VERMEULEN (AUS) Suzuki; Rizla; BS   50’58.713 (12)
[ 2] 33 Marco MELANDRI (ITA) Honda; Gresini; BS     +12.599 ( 9)
[ 3] 27 Casey STONER (AUS) Ducati; Marlboro; BS     +27.347 ( 2)
[ 4] 26 Dani Pedrosa (ESP) Honda; Repsol; MI        +37.328 (10)
[ 5] 66 Alex HOFMANN (GER) Ducati; Pramac; BS      +49.166 (17)
[ 6] 46 Valentino ROSSI (ITA) Yamaha; FIAT; MI      +53.563 ( 4)
[ 7] 21 John HOPKINS (USA) Suzuki; Rizla; BS      +1’01.073 ( 5)
[ 8] 65 Loris CAPIROSSI (ITA) Ducati; Marlboro; BS  +1’21.241 (15)
[ 9]  6 Makoto TAMADA (JPN) Yamaha; Dunlop; DL    +1 Lap (16)
[10] 50 Sylvain GUINTOLI (FRA) Yamaha; Dunlop; DL   +1 Lap (11)
[11] 11 Fonsi NIETO (ESP) Kawasaki; K.R.T; BS        +1 Lap (19)
[12]  5 Colin Edwards (USA) Yamaha; FIAT; MI        +3 Laps ( 1)
[NC] 56 Shinya NAKANO (JPN) Honda; JiR; MI         +8 Laps (14)

Pole Position
 5 Colin EDWARDS (USA) Yamaha; FIAT; MI  1'33.616

Fastest Lap
 21 John HOPKINS (USA) Suzuki; Rizla; BS  1'38.678 @ Lap 5

Event Max Speed
 27 Casey STONER (AUS) Ducati  288.5km/h @ Qualify

Race Leader Sequence
 Lap 1 46 Valentino ROSSI; Yamahai
 Lap 6 50 Sylvain GUINTOLI; Yamaha
 Lap 7 14 Randy DE PUNIET; Kawasaki
 Lap 9 21 John HOPKINS; Suzuki
 Lap10 33 Marco MERANDLI; Honda
 Lap11 71 Chris VERMEULEN; Suzuki

b0039141_0271832.jpg

途中から雨が降りだしてマシン交換。これでレースはまた複雑なことに。
危険なフラッグ・トゥ・フラッグ・ルールにはオレッチはやっぱり反対だ。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


b0039141_0304328.jpg

しっかり3位に入って、さらにポイント・リードを広げたストーナー。勢いは衰えず。
Photo © Tocyu



■ 250cc Race Result

Final Classification : 26Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 1 Jorge LORENZO (ESP) Aprilia; Fortuna     43’12.237 ( 1)
[ 2] 34 Andrea DOVIZIOSO (ITA) Honda; Scot      +0.156 ( 8)
[ 3] 3 Alex DE ANGELIS (RSM) Aprilia; Aspar        +2.733 ( 6)
[ 9] 73 Shuhei AOYAMA (JPN) Honda; Repsol      +28.915 (12)
[14] 44 Taro SEKIGUCHI (JPN) Aprilia; Campetella +1’06.720 (18)
[NC]  4 Hiroshi AOYAMA (JPN) KTM; Red Bull      +14 Laps (10)
[NE] 55 Yuki TAKAHASHI (JPN) Honda; Humangest  Not Entry

Pole Position
 1 Jorge LORENZO (ESP) Aprilia; Fortuna  1'37.934

Fastest Lap
 34 Andrea DOVIZIOSO (ITA) Honda; Scot  1'38.566 @ Lap 26

Event Max Speed
 80 Hector BARBERA (ESP) Aprilia  256.0km/h @ Free Nr.2

b0039141_0321382.jpg

どうしてもロレンツォに勝てないドビ。ロレンツォは2連覇に一直線。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



■ 125cc Race Result

Final Classification : 24Laps / Dry

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 33 Sergio GADEA (ESP) Aprilia; Aspar     41’50.112 ( 6)
[ 2] 52 Lukas PESEK (CZE) Derbi; Seedorf       +0.478 ( 5)
[ 3] 38 Bradley SMITH (GBR) Honda; Repsol      +2.963 ( 2)
[10] 71 Tomoyoshi KOYAMA (JPN) KTM; Red Bull  +19.108 ( 3)

Pole Position
 12 Mattia PASINI (ITA) Aprilia; Polaris  1'43.111

Fastest Lap
 52 Lukas PESEK (CZE) Derbi; Seedorf  1'43.859 @ Lap 23

Event Max Speed
 71 Tomoyoshi KOYAMA (JPN) KTM  220.7km/h @ Qualify Nr.2

b0039141_033222.jpg

3戦連続してニュー・ウィーナー誕生。相変わらず125ccは大混戦。小山がんばれ!
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA



b0039141_035422.jpg

Photo © DPPI / Moto-Live.com


Point Standings, Statistics, and Notes
[PR]
by oretch | 2007-05-29 23:10 | MotoGP

2007年 05月 24日
うぁあ見ちゃったよ!

さっき、ブラウザのブックマークを選び間違えてトーチューのホームページ出しちゃった。
そんで2輪フランスGPの表彰台の写真見ちゃった。

2輪フランスGPが先週末に開催されてから今日で4日、
せっかく今週末の地上波のTV放送でレースを楽しもうと、
これまでずっとWGP情報を断ってきたのに、
先に結果が分かっちまったよ!!

ちくしょおおおおお!!!

b0039141_1358412.jpg



あと3日、あと3日の我慢だったのに・・・・ orz


日テレさん、月刊モトGPプラスとかいって1時間半も放送してくれるのは、
それはそれで嬉しいけども、
それよりもまず同日(深夜)放送をお願いしますお願いしますお願いします。



心がすさんじゃったから、とりあえずココ見て和んどくか・・・・
[PR]
by oretch | 2007-05-24 14:06 | MotoGP

2007年 05月 24日
日本は世界最強のロボット大国
だって、こんなにすごいロボット作っちゃうんだもん。

「“世界一お酢に詳しいロボット”を、(株)ビルドアップ が開発」 (2007/05/18)
株式会社ビルドアップは、エンターテインメント・ロボット技術の粋を集めた、企業用プレゼンテーション・ロボットを開発。今回、お酢について プレゼンテーションを行うロボットを発表した。
本ロボットは、今年で創業100周年を迎える、タマノイ酢株式会社の新本社ビル内、アミューズメント・シアター「サイバートリップ」で使用される。
(株式会社ビルドアップ プレスリリースより)

※ タマノイ酢株式会社の公式サイトには、このロボットについて言及しているプレスリリース無し

世界一お酢に詳しいという得意技だけでも胸がドキドキしてきちゃうけど、ロボットのルックスを見たら、今年37歳になるオッサンでさえも瞳の中の星がキラキラ・トキメキ・ラブリー・ハートだぜ!!

b0039141_13521748.jpg

お酢プレゼン界の世界最強ロボット、降臨!


b0039141_1351918.jpg

スターウォーズ出演決定!?


b0039141_13505691.jpg

大昔の子供向け着ぐるみヒーロー番組にこんな顔のダークヒーローいなかったっけ?


なんだこの無駄に突き抜けたカッコ良さは(笑)

ロボット作った人たちも素晴らしいけど、オレッチはこのロボットを採用したお酢会社こそ讃えたい。
[PR]
by oretch | 2007-05-24 13:54 | 雑記

2007年 05月 24日
アァドビっくりイラストレーター
とにかく素晴らしい。

b0039141_13455074.jpg

© Yukio Miyamoto


ライカの写真に見えるけど、これは写真じゃなくてイラスト。
もう素晴らしすぎて言葉なし。

イラストはAdobeのIllustratorで描いているとのこと。
IllustratorとかPhotoshopのガイド本を執筆されてるみたいだけど、この人を置いて他に誰が書く?ってくらい適任ですな。

その他の驚愕精緻なイラストはこちら(http://www.bekkoame.ne.jp/~yukio-m/)で見ることができる。

exciteでブログもお持ちのようだけど、恐れ多くてトラックバックできません・・・



オレッチは車とか工業製品の透過図が大好き。時間を忘れてじーっと見続けちゃう。
PCでこれだけ緻密な絵を描ける宮本さんもスゴイと思うけど、PCが一般化する以前に手描きで透過図とか描いていた人たちもいたんだと思うとさらに溜息。
[PR]
by oretch | 2007-05-24 13:48 | 雑記

2007年 05月 23日
超かっこいい4ドア・クーペたち (゚∀゚)欲しい!

相変わらず自動車雑誌では「セダン(3ボックス車)こそクルマの正統」という主張が金科玉条のように語られているけど、もはやそんな時代じゃないと思うんだけどね。

いまや道路上ではミニバンやコンパクト・カーが幅を利かせてるし、かつて「日本では売れない」とあれほど言われてたハッチバックだって普通に売れる世の中になってるじゃん。

なのに、なんで自動車業界の人たちって、そこまでセダンに拘るんだろう?

確かに実用性を考えたら4ドアであることは重要なポイントだとは思う。4シートじゃなくて4ドアね。子供やお年寄りがいる家族とか、お客さん乗せたりする時にはやっぱり2ドア、3ドアじゃ辛いしね。そういう意味で“4ドア”に拘るのはオレッチも分かる。

なのでオレッチは、4ドアでかっこいいクルマつくればいいじゃない、って思うわけですよ。

で、ここからが本題。

日本のメーカーがなぜか3ボックス・セダンに拘っている間に、海外のオサレなメーカーがここ数年、「要は4ドアなりゃいんだろ」とばかりに、新しいコンセプトの4ドア車を次々と発表している。
これがまた、どいつもこいつも実にカッコイイ!(゚∀゚)

共通するのは、4ドアだけどセダンには全く見えない、4ドア・クーペと呼ぶべき流麗でグラマラスでスポーティなスタイリングだ。

More
[PR]
by oretch | 2007-05-23 00:53 | バイクとクルマ

2007年 05月 21日
北斗の拳
なんか最近、「北斗の拳」がきてるみたいね。
新作の映画3部作が盛り上がってるようで。

先月にはラオウの葬式を寺でやったとか。
新聞記事の中には、マンガの登場人物の葬式をホンモノの寺でやるのは初だとか書いてたのもあったけど、「あしたのジョー」の力石も葬式やってなかったっけ?

それはさておき、「北斗の拳」の映画の宣伝に触れているうちに、なんだか無性にまた読み返してみたくなってきて、先週、押入れの奥の段ボールから大昔に買った「北斗の拳」のコミックスを引っ張り出してみた。
そしてここ数日、通勤電車の中とかで読みふけっていた。


b0039141_15957100.jpg



やっぱ面白いわ、北斗の拳

そして泣ける

More
[PR]
by oretch | 2007-05-21 02:11 | 雑記

2007年 05月 21日
【F1】第4戦 スペインGP 結果
マッサはえええええええ! ハミルトンすげえええええ!

b0039141_0485663.jpg

スタート直後の1コーナーでマッサとアロンソが接触! この瞬間にレースが決まった。
マッサは独走して2連勝。アロンソは3位がやっとで首位陥落。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


b0039141_021446.jpg

2戦連続パーフェクト・レースのマッサ。いよいよノってきたぞこの小僧!
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


Grand Prix of Spain
@ Circuit de Catalunya 2007/5/13


<strong>■ Final Classification : 65Laps / Dry

[Pos.] # Driver (Nat.);     Const. Chassy; Tyre Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1]  5 Felipe Massa (BRA); Ferrari F2007; BS    1:31’36.230 ( 1)
[ 2]  2 Lewis Hamilton (GBR); McLaren MP4-22; BS    +6.790 ( 4)
[ 3]  1 Fernando Alonso (ESP); McLaren MP4-22; BS  +17.456 ( 2)
[ 4] 10 Robert Kubica (POL); BMW Sauber F1.07; BS   +31.615 ( 5)
[ 5] 14 David Coulthard (GBR); Red Bull RB3; BS      +58.331 ( 9)
[ 6] 16 Nico Rosberg (GER); Williams FW29; BS       +59.538 (11)
[ 7]  4 Heikki Kovalaninen (FIN); Renault R27; BS   +1’02.128 ( 8)
[ 8] 22 Takuma Sato (JPN); Aguri SA07; BS          +1 Lap (13)

Race Leader

 Lap 1: 5 F.Massa ; Ferrari
 Lap 20: 2 L.Hamilton ; McLaren
 Lap 23: 9 N.Heidfeld ; BMW Sauber
 Lap 25: 5 F.Massa ; Ferrari
 Lap 43: 2 L.Hamilton ; McLaren
 Lap 48: 5 F.Massa ; Ferrari
 
 55 Laps - 1 F.Massa ; Ferrari
  8 Laps - 2 L.Hamilton ; McLaren
  2 Laps - 9 N.Heidfeld ; BMW Sauber

Pole Position

5 Felipe Massa (BRA); Ferrari F2007; BS  1'21.421

Fastest Lap

5 Felipe Massa (BRA); Ferrari F2007; BS  1'22.680 @ Lap14

b0039141_026274.jpg

シューマッハ参上。マッサにとっては、やっぱり心強い味方なんだろうな。
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


b0039141_0293873.jpg

スーパーアグリが初ポイント・ゲット。勝ったような喜びよう。おめでとう。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


Point Standings, Statistics and Notes
[PR]
by oretch | 2007-05-21 00:15 | F1

2007年 05月 19日
F1マシンがニュルに帰ってきた
ちょっと古いネタだけどログっておこう。

今季ぬるぬると評価うなぎ昇りのハイドフェルト。
BMWのイベントでニュルブルクリンクの北コース“Nordschleife”をF1で走ったとさ。
うらやましい。

b0039141_2145031.jpg


b0039141_2155495.jpg


b0039141_2164179.jpg


b0039141_217296.jpg

Photos © BMW AG


→ Nurburgring 'Nordschleife' @ Google Map


ただ残念ながら、今回はあくまでイベントってことでタイム・アタックは無し。3ラップ走って最速タイムは8分34秒だったとのこと。
NSXやスカイラインGT-R(R34)、インプレッサWRX(STI)が確か8分切ってるはずだから、市販車以下っていうのが寂しいけど、ま、しゃーないね。あんだけ路面が荒れまくりのバンピーな北コースを現代のF1がまともに走れるわけないし。
車高を目一杯上げて、タイヤもバーストしないよう特別仕様のスーパー・ハード・タイヤ履いて、パレードラップ気分で周って出したタイムなんだから、そう考えれば流石F1とも言えるし。

ちなみに、最後にニュルの北コースでF1GPが開催されたのは1976年。もちろん、あの有名なラウダの炎上事故のためにこの年が最後になったわけだけど、その時の記録は以下の通り。

1976年 西ドイツGP
  ポールポジション: ジェームス・ハント(マクラーレンM23) 7分6秒5
  決勝レース優勝: ジェームス・ハント(マクラーレンM23) 1時間41分42秒7
  平均タイム 7分15秒9 / 平均速度 188.6km/h
  ファステストラップ: ジョディ・シェクター(ティレルP34) 7分10秒8
  ※ 当時のニュル北コースは全長22.835km(現在は20.8km)

ニュルのレコード・タイムは1983年にCカーのポルシェ956が記録した6分11秒13(ただし、タイムを記録した時のコース全長は20.832km)。

7年のギャップがあるとは言え、やっぱりニュル北コースのような高速コースはF1よりグループCカーの方が速いのかな? どうなのかな?

More
[PR]
by oretch | 2007-05-19 02:24 | F1