2010年 08月 18日
VALENTINO IN ROSSO
とうとうその日が来たか


b0039141_1421376.jpg

La Gazzetta dello Sport @ 2010.8.17


ヤマハ発動機 : ヤマハ、ロッシ選手との契約を2010年末で終了 (2010/08/15)

ヤマハ発動機株式会社は、MotoGPレース活動におけるバレンティーノ・ロッシ選手との契約を、今シーズン末で終了することを決定した。

ヤマハとロッシ選手とのパートナーシップは2004年シーズンからで、この7年間にMotoGPで4度の世界チャンピオンを獲得した。ロッシ選手の活躍は、ヤマハのレース活動に多大な功績を与え、それは今後もヤマハの“財産”として受け継がれることになる。ヤマハはこの7年間のロッシ選手の素晴らしい尽力と貢献に感謝の意を表するとともに、ロッシ選手の今後の活動、新チャレンジでの活躍を願う。

(ヤマハ発動機ニュースリリースより抜粋引用)

Ducati Motor Holding S.p.A. : ドゥカティ モトGPチーム バレンティーノ・ロッシと2011年からの契約を発表 (2010/08/16)

9度のワールドチャンピオンを獲得したバレンティーノ・ロッシは2011年からドゥカティモトGPチームと2年間の契約にサインしました。バレンティーノは“ボルゴパニガーレの真紅のマシン”を駆って2011年のチャンピオンシップを戦います。ドゥカティへのバレンティーノの移籍はイタリアン・バイクメーカーのレース史において、また同時にモトGPチャンピオンシップにおいても、新たなそしてエキサイティングな章の始まりとなるでしょう。

( Ducati Motor Holding S.p.A.より抜粋引用)


たぶんロッシはつい最近まで、本気でヤマハでキャリアを終える気だったはず。
だから本人の談話も、実に想いのこもった、感傷的な内容になっている。

今回は歴史的な出来事なので全文引用してみる。

ヤマハ発動機 : バレンティーノ・ロッシ選手の談話 (2010/08/15)

ヤマハと僕との7年間の関係については、ひと言やふた言で説明することはできない。あの2004年から、いろいろ状況が変ってきたけれど、中でも一番変化したのが彼女、つまりYZR-M1なんだ。彼女は当時、グリッドの真ん中あたりに留まっていて、ライダーを含めてMotoGPに携わる多くの人たちにとって、その存在は輝くものではなかった。ところが今は、すっかり成長して進化し、賞賛され、求愛されてガレージのなかで微笑んでいる。クラストップの存在として扱われるようになったんだ。

この進化を可能にした人たちのリストを作れば非常に長くなるが、僕はまず、M1の表情を変化させるために頑張ってくれた全てのエンジニアの代表として、古沢政生、中島雅彦、そして“僕の”親愛なる渥美弘弥にお礼を述べたい。それから、世界中のコースで、いつも愛情を持って彼女の面倒を見てくれたジェレミー・バージェスとそのスタッフたち、またヤマハで働く全ての人たちにも感謝している。

新たなチャレンジを目指す時期が来た。ヤマハでの仕事は終わったんだ。最も美しいラブストーリーも、残念ながらいつかは幕を閉じる。でもたくさんの素晴らしい思い出が残っている。ウェルコムの草の上で初めてキスをしたこと、そして彼女がまっすぐ僕の目を見て、“I love you”と言ったこと…

(ヤマハ発動機ニュースリリースより)

b0039141_147134.gif

ロッシ直筆メッセージ。ちょっと字が汚ねぇな(笑


ロッシはこれまでいつだって、新しいチャレンジを通して、他の誰にも真似できない驚きと興奮と感動と笑いをオレッチに提供してきてくれた。

だから今回もまた、ロッシの新しいチャレンジを存分に楽しませてもらおう。
[PR]
# by oretch | 2010-08-18 02:08 | MotoGP

2010年 08月 18日
生存確認@2010.8
完全ホームシック。

でも、とりあえずまだ挫けず生きてる。


b0039141_1393552.jpg

[PR]
# by oretch | 2010-08-18 01:40 | 雑記

2010年 04月 01日
家建てたら・・・  のジンクスは都市伝説じゃ無かった


1年半前に家建てたばかりなのに、


大阪に転勤だ・・・



単身赴任で行ってきます (TДT)

(これはエイプリルフール・ネタじゃないんだよ・・・ orz)
[PR]
# by oretch | 2010-04-01 23:46 | 雑記

2010年 04月 01日
パッカードベルが今度こそ“本物の”ロッシ仕様ノートPC発売

今年2月、フィアット・ヤマハ・チームのスポンサーの1社であるパッカードベルが、ロッシ仕様のノートPCを発売した。


だけど発表されたモデルは、普通のノートPCにロッシのトレードマークの“太陽と月”のイラストをあしらっただけの平凡なもので、世界中のロッシ・ファンをガッカリさせたのは記憶に新しいところ。

で、先日、前回の失敗を反省したらしいパッカードベルが一念発起して、これぞ本物のロッシ仕様!と言える新モデルを発表した。

Packard Bell : Start your engines again! Here comes the real range of Packard Bell notebooks and netbook signed by Valentino Rossi (2010/04/01)

Great news from Packard Bell for all Valentino Rossi fans. The nine-times world champion of Moto GP will sign a new and exciting line of Packard Bell products designed for the on-the-go lifestyle of all those who love exclusive, unique, top-performance objects.

(Packard Bellより抜粋引用)


b0039141_23344695.jpg

Photo © Packard Bell


うん、そうそう、こういうのを待ってたんだよ。
やっぱロッシ仕様っていうからには、ロッシのイメージカラーである黄色は外せないでしょ。

しかもマシンのスペックは、ロッシにあやかって細かく設定されている。
  • 限定生産台数=46,000台 (※ロッシのゼッケンナンバー46)
  • CPU周波数=4.6GHz (※同上)
  • メモリ容量=4GB (※ロッシが制覇したクラス数4)
  • 重量=1.03kg (※ロッシの通算優勝回数103)
  • USBポート数=9個 (※ロッシのタイトル数9)
  • HDD容量=163GB (※ロッシの通算表彰台回数163)


さらにこのロッシ仕様モデルには、ロッシ・ファンならきっと喜ぶ次のような機能が搭載されているとのこと。
  • PCの起動時と終了時の音は、ロッシが「Ciao!」と言う音声になっている。
  • 電子メールを受信すると、ロッシの声で“You've Got Mail!”と知らせてくれる。
  • ロッシのtwitterを表示すると、ロッシの音声で読み上げてくれる。
  • ロッシがサーキットを駆け抜けるシーンのスクリーンセイバーが附属している。
  • プレインストールされているスケジュール管理ソフトに自分の誕生日を登録しておくと、誕生日にPCを最初に起動した直後、ロッシからの特別メッセージ・ビデオが再生される。

ロッシ・ファン、特に女性ファンにはうれしい機能じゃないかな?

ただ気になることもある。あくまで噂だけど、どうやら深刻なバグがいくつかあるらしい。
噂によると、出荷前のテスト段階で確認されたバグは、
  • 文字入力中、“k c”または“27”と入力すると“cheeky”に、“j l”または“99”と入力すると“bald”に、“d p”または“26”と入力すると“puppy”にそれぞれ勝手に変換される。(ちなみに、“n h”や“69”と入力しても無反応らしい)
  • WRC(世界ラリー選手権)に関係するwebサイトを閲覧していると、いつの間にかタスクトレイの時刻表示が意味不明のカウントダウンに変わっていることがある。
  • インターネットで税金関係の調べものをしたり、ワープロソフトで税金申告書類を作成したりしていると、突然ブルースクリーン(何らかのエラーで、OSに深刻なダメージが発生したかもしれない時に表示される画面)が表示されて、直後に白煙を吐き出しながら炎上する。
  • 1000台に1台の割合で、PCを購入後最初に起動した時刻からちょうど1週間後に、画面からロッシが這い出してくる現象が発生する。
といったものらしい。

b0039141_23351930.jpg

ロッシが這い出してくるって、こんな感じか?


ロッシが這い出してくるって、かなり恐いな。
(熱烈ファンならむしろ喜ぶ?)

パッカードベルも相当バグ潰しを頑張ったみたいだけど、結局直せず、諦めて見切り発車で発売開始するらしい。
大丈夫かいな?

残念ながらパッカードベル商品は現在日本では正規販売していないけど、パッカードベルのWeb直販サイトで買えば、日本まで送ってもらうことはできる。
値段は日本円で約6万円。送料含めても7万円弱でこのスッペクが買えるなら大分お得感がある。

興味とお金のあるロッシ・ファンの方は検討してみては?

→ パッカードベル直販サイト http://store.packardbell.com/
[PR]
# by oretch | 2010-04-01 23:38 | MotoGP

2010年 03月 08日
【MotoGP】Moto2テスト 第2幕 @バレンシア

今日現在、今月に入って既に2回目になるMoto2テストがへレスで行われている。

まずは先週バレンシアで行われた3日間のテストの結果をまとめる。
そろそろ、この新しいカテゴリーの勢力図が見えてきた感じ。


b0039141_130593.jpg

このテストから各チームにMoto2用にチューンされたCBR600RRエンジンが供給された。
Photo © Geo Technology


Moto2 Test @ 1-3 March 2010 Valencia

[Pos.] Best Time # Rider (Nat.) Bike - Team
-------------------------------------------------------------
[ 1] 1’37.156 - 60 Jukian SIMON (SPA) RSV - Mapfre Aspar
[ 2] 1’37,371 - 9 Kenny NOYES (USA) PromoHarris - Jack&Jones by A. Banderas
[ 3] 1’37.530 - 24 Toni ELIAS (SPA) Moriwaki - Gresini Racing
[ 4] 1’37.579 - 71 Claudio CORTI (ITA) Suter – Forward Racing
[ 5] 1’37.635 - 72 高橋 裕紀 (JPN) Tech3 - Tech3 Racing
[ 6] 1’37.687 - 15 Alex DE ANGELIS (RSM) Scot - Scot Racing
[ 7] 1’38.040 - 61 Vladimir IVANOV (RUS) Moriwaki - Gresini Racing
[ 8] 1’38.056 - 12 Thomas LUTHI (SUI) Moriwaki - Interwetten Moriwaki
[ 9] 1’38.144 - 68 Yonny HERNANDEZ (COL) BQR - Blusens STX
[10] 1’38.151 - 10 Fonsi NIETO (SPA) Moriwaki - G22 Holidaygym
[11] 1’38.190 - 53 Valentin DEBISE (FRA) ADV - WTR San Marino
[12] 1’38.260 - 7 Karel ABRAHAM (CZE) RSV - Cardion AMB
[13] 1’38.301 - 16 Jules CLUZEL (FRA) Suter - Forward Racing
[14] 1’38.426 - 35 Raffaele DE ROSA (ITA) Tech3 - Tech3 Racing
[15] 1’38.456 - 40 Sergio GADEA (SPA) Kalex - Pons Racing
[16] 1’38.459 - 80 Axel PONS (ESP) Kalex – Pons Racing
[17] 1’38.512 - 2 Gabor TALMACSI (HUN) FTR – Speed Up
[18] 1’38.523 - 8 Anthony WEST (AUS) MZ – MZ Racing
[19] 1’38.542 - 25 Alex BALDOLINI (ITA) ICP – Caretta Technology
[20] 1’38.572 - 63 Mike di MEGLIO (FRA) RSV – Mapfre Aspar
[21] 1’38.671 - 59 Niccolo CANEPA (ITA) Scot – Scot Racing
[22] 1’38.681 - 48 富沢 祥也 (JPN) Suter – Technomag CIP
[23] 1’38.783 - 41 Arne TODE (GER) Suter – Team Germany
[24] 1’38.893 - 4 Stefan BRADL (GER) Suter – Viessmann Kiefer
[25] 1’38.940 - 5 Joan OLIVE (SPA) PromoHarris - Jack&Jones by A. Banderas
[26] 1’38.977 - 6 Alex DEBON (SPA) FTR – Aerioirt de Castello
[27] 1’38.988 - 77 Dominique AEGERTER (SUI) Suter – Technomag CIP
[28] 1’39.198 - 45 Scott REDDING (GBR) Suter – Marc VDS
[29] 1’39.212 - 95 Mashel Al Naimi (QAT) BQR – Blusens STX
[30] 1’39.339 - 39 Robertino PIETRI (VEN) Suter – Italtrans STR
[31] 1’39.701 - 75 Mattia PASINI (ITA) TSR – JiR
[32] 1’39.999 - 29 Andrea IANNONE (ITA) FTR – Speed Up
[33] 1’40.254 - 52 Lukas PESEK (CZE) Moriwaki – Matteoni CP
[34] 1’40.525 - 27 Vincent LONBOIS (BEL) Suter – Marc VDS
[35] 1’40.766 - 3 Simone CORSI (ITA) TSR – JiR
[36] 1’40.768 - 21 Vladimir LEONOV (RUS) Suter – Vector Kiefer
[37] 1’40.072 - 88 Yannick GUERRA (SPA) Moriwaki – G22 Holidaygym


b0039141_1312123.jpg

3日間のベストタイムをマークしたのはシモン。
昨年の125cc王者だけど、その前にはしばらく250ccに乗ってたから、その経験が活きてるのかな?
Photo © motograndprix.it


シモンのほか、エリアス、高橋、デ・アンジェリス、ルティといった有力ライダー達が順当に上位につけてる。

サプライズは2位のケニー・ノイズ。全くノーマークだったライダーだ。スペイン選手権で活躍していたらしいけど、一体どんなライダーなんだろう?

前回のテストに続いて好調維持してる高橋に対して、今回は富沢はイマイチな感じ。
それでも一大勢力のSuter勢の中では3番手。バイクの方の問題かな?

全員が同じエンジンを使った初めてのテスト。トップからビリまで約3秒の差。
混戦だった250cc時代に比べると、結構トップと下位の間の差が大きいクラスになりそう。
[PR]
# by oretch | 2010-03-08 01:41 | MotoGP

2010年 03月 07日
歴代戦闘機TOP10

CS放送が見られるようになってからTVを観る時間がかなり増えた。
#拙ブログがしばらく休眠していた原因の一つだったり・・・・

最近お気に入りなのは「ディスカバリーch」や「ヒストリーch」でやってる飛行機モノのドキュメント。ここ数日はヒストリーchで航空自衛隊に密着した番組を連日放送していて、飛行機好きのオレッチはホクホクしている。

ちょっと古い話だけど、2月上旬にディスカバリーchで「戦闘機トップ10」という番組をやっていた。

ディスカバリーチャンネル 戦闘機トップ10

トップテンに名を連ねる、最も恐るべき戦闘機とは何か。専門家の意見と視聴者による投票、技術的な比較に基づいて5つのポイントを設定し、史上最強の戦闘機10機を選ぶ。1位は何か?


大昔の複葉機から最新のステルス機まで、単純に性能だけでなくて、実績なんかも加味されてランキングされた傑作機たち。

結論からすると、和製飛行機は完全に無視されて米英機ばかりが取り上げられていた点は噴飯モノだったが内容はそれなりに見応えがあって面白かった。
#スピットファイヤーが選ばれて九九式艦爆もゼロ戦も選ばれないのはナンセンス!

忘れないうちに、同番組がトップ10認定した戦闘機たちをログっておく。

続きを読む
[PR]
# by oretch | 2010-03-07 17:54 | 雑記

2010年 03月 06日
グランプリ・イラストレイテッド2009年版はどうなった?

毎年リリースされるのを楽しみにしているWGPの年鑑誌「グランプリ・イラストレイテッド」。

例年なら1月にリリースされるのに、今年は3月の今になっても、制作元のヴェガ・インターナショナルからも、出版元のエキスプレスからも全くアナウンスが無くて、とってもヤキモキしている。

ヴェガ・インターナショナルのWebサイトは昨年の6月以降更新されてないし・・・・

もしや、「グランプリ・イラストレイテッド」もこのまま静かにフェードアウトしてしまうんだろうか?


b0039141_2105233.jpg

Picture © Vega International S.A.


上の画像は「2008年版」。
例年通り、最高峰クラスのチャンピオンになったロッシが表紙を飾っている。
2001年版は例外的に250ccクラス王者になったダイジローが表紙を飾った。
2009年版は果たしてロッシとヒロシのどちらが表紙を飾るだろう? と楽しみにしてるのに・・・

例年より遅れてはいるけど、リリースに向けて現在絶賛編集中! でいてくれることを願ってます。




また一誌、バイク雑誌がご臨終・・・・

b0039141_2192071.jpg

Picture © Nigensha Publishing Co.,Ltd.


他のバイク専門誌とは異なり、「バイクのあるライフスタイル提案」というユニークなコンセプトで編集されていた「MOTO NAVI」誌。

休眠ライダーであるオレッチは何年か前に、「もういちど、オートバイと暮らす」という同誌のキャッチコピーに大いに心動かされ、毎号欠かさず同誌を買いつつ本気でバイク・ライフ復帰を目論んできただけに、同誌休刊(実質廃刊)は非常に残念だ。

幸い、同誌は近いうちに姿を変えて復活できるらしいけど、バイク雑誌受難の時代はまだ当分続くのかなぁ?
[PR]
# by oretch | 2010-03-06 02:33 | MotoGP

2010年 03月 05日
【MotoGP】セパン合同テスト2回目 まとめ

先週、2回目のセパンテストが行われた。そのまとめ。

例年とは様子が違っててちょっとワクワク。


b0039141_2393751.jpg

いつもはスロースターターのロッシが今年は最初から飛ばしまくり。
どうした?
Photo © motoblog.it


b0039141_2395678.jpg

ドゥカにも異変。遂に眠れる獅子が目を覚ましたのか?
Photo © CRASHNET



Sepang MotoGP Test @ 25-26 Feb

[Pos.] Best Time # Rider (Nat.); Team (Laps)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 2’00.271 - 46 Valentino ROSSI (ITA) Fiat Yamaha (86 laps)
[ 2] 2’00.512 - 27 Casey STONER (AUS) Ducati Marlboro (66 laps)
[ 3] 2’00.703 - 69 Nicky HAYDEN (USA) Ducati Marlboro (103 laps)
[ 4] 2’00.988 - 5 Colin EDWARDS (USA) Yamaha Tech3 (70 laps)
[ 5] 2’01.014 - 11 Ben SPIES (USA) Yamaha Tech3 (86 laps)
[ 6] 2’01.320 - 65 Loris CAPIROSSI (ITA) Rizla Suzuki (102 laps)
[ 7] 2’01.439 - 4 Andrea DOVIZIOSO (ITA) Repsol Honda(98 laps)
[ 8] 2’01.487 - 26 Dani PEDROSA (ESP) Repsol Honda (104 laps)
[ 9] 2’01.692 - 7 青山 博一 (JPN) Interwetten Honda (107 laps)
[10] 2’01.732 - 19 Alvaro BAUTISTA (ESP) Rizla Suzuki (59 laps)
[11] 2’01.980 - 14 Randy DE PUNIET (FRA) LCR Honda (134 laps)
[12] 2’02.078 - 33 Marco MELANDRI (ITA) Honda Gresini (112 laps)
[13] 2’02.080 - 40 Hector BARBERA (ESP) Aspar Ducati (114 laps)
[14] 2’02.082 - 36 Mika KALLIO (FIN) Pramac Ducati (142 laps)
[15] 2’02.367 - 41 Aleix ESPARGARO (ESP) Pramac Ducati (84 laps)
[16] 2’03.254 - 58 Marco SIMONCELLI (ITA) Honda Gresini (55 laps)

Sepang Test Fastest Time @ 5-6 Feb
2’00.915 - 46 Valentino ROSSI (ITA) Fiat Yamaha

Pole Position Time @ 2009 Malaysian GP
2’00.518 - 46 Valentino ROSSI (ITA) Fiat Yamaha

Fastest Lap Time @ 2009 Malaysian GP (wet)
2’13.694 - 46 Valentino ROSSI (ITA) Fiat Yamaha


b0039141_2404394.jpg

深々とお辞儀をしながら「今年も1年、よろしくお願いしま~す」
毎年恒例、ロッシの新マシンご挨拶の儀式が今年も見られたのだった。(<嘘)
Photo © CRASHNET


続きを読む
[PR]
# by oretch | 2010-03-05 02:39 | MotoGP

2010年 02月 28日
CB1100

お! ようやく正式に発売発表されたか。

マイコミジャーナル : ホンダ、空冷エンジンのロードスポーツモデル「CB1100」発売日決定(2010/02/26)

本田技研工業は、新開発の空冷4ストローク直列4気筒1100ccエンジンを搭載したロードスポーツバイク「CB1100」を発売する。価格はスタンダードモデルが99万7500円、ABSモデルが107万1000円。発売時期はアップハンドルの「Type I」が3月11日、低いハンドル位置の「Type II」が6月4日。

(マイコミジャーナより抜粋引用)


b0039141_23282191.jpg

Photo © Honda Motor Co.


かっこいいなぁ~

このバイクは、2007年のモーターショーにショーモデルとして初登場した時から気になってたんだ。

 oretch : 【TMS07】このバイクに惚れた (2007/11/26)


全体の雰囲気はクラシックながら、ディテールには新しさがある。
武骨で男っぽい、オーソドックスなバイクらしいバイク、といったスタイル。


b0039141_23284134.jpg

b0039141_23464145.jpg

上は低ハンドル・タイプの市販モデル。下は2007年TMS時のショーモデル。
ホンダはショーモデルほぼそのままのスタイルで商品化してきた。拍手。
でもやっぱり微妙に違う。ショーモデルの方が低く構えた感じでカッコイイな、やっぱ。
Photo © Honda Motor Co.


続きを読む
[PR]
# by oretch | 2010-02-28 00:52 | バイクとクルマ

2010年 02月 27日
【F1】へレス合同テスト@Feb まとめ

おっと、もうバルセロナ・テストも始まっちゃってるけど、その前に前回のへレス・テストをログっておく。


b0039141_2533174.jpg

10~13日、17~20日の計8日間の結果をまとめてみた。
Photo © f1grandprix.it


b0039141_2534648.jpg

コンディションは万全とは言えなかった8日間。
各チーム、ちゃんとセッティングを詰められたんかな?
Photo © xpb / Motorsport.com



■ へレス合同テスト 8日間の総合結果 @10-13,17-20. Feb. 2010

[Pos.] Best Time # Driver (Nat.); Const. Chassy; Laps
-------------------------------------------------------------
[ 1] 1’18.871 1 J.BUTTON (GBR); McLaren MP4-25; 360Laps
[ 2] 1’19.114 11 R.KUBICA (POR) Renault R30; 405Laps
[ 3] 1’19.188 27 小林 可夢偉 (JPN); Sauber C29; 303Laps
[ 4] 1’19.299 6 M.WEBBER (AUS); Red Bull RB6; 351Laps
[ 5] 1’19.583 2 L.HAMILTON (GBR); McLaren MP4-25; 310Laps
[ 6] 1’19.650 15 V.LIUZZI (ITA); Force India VJM03; 255Laps
[ 7] 1’19.919 17 J.ALGUERSUARI (ESP) Toro Rosso STR5; 433Laps
[ 8] 1’20.026 16 S.BUEMI (SUI) Toro Rosso STR5; 341Laps
[ 9] 1’20.061 4 N.ROSBERG (GER); Mercedes MGPW01; 311Laps
[10] 1’20.115 8 F.ALONSO (ESP); Ferrari F10; 486Laps
[11] 1’20.341 9 R.BARRICHELLO (BRA); Williams FW32; 417Laps
[12] 1’20.613 3 M.SCHUMACHER (GER); Mercedes MGP W01; 398Laps
[13] 1’20.629 10 N.HULKENBERG (GER); Williams FW32; 460Laps
[14] 1’20.736 26 P. DE LA ROSA (ESP); Sauber C29; 247Laps
[15] 1’21.203 5 S.VETTEL (GER); Red Bull RB6; 318Laps
[16] 1’21.428 14 A.SUTIL (GER); Force India VJM03; 229Laps
[17] 1’21.485 7 F.MASSA (BRA); Ferrari F10; 396Laps
[18] 1’22.000 12 V.PETROV (RUS) Renault R30; 206Laps
[19] 1’22.433 24 T.GLOCK (GER) Virgin VR-01; 136Laps
[20] 1’22.912 25 L.DI GRASSI (BRA) Virgin VR-01; 105Laps
[21] 1’23.470 18 J.TRULLI (ITA) Lotus T127; 141Laps
[22] 1’23.521 19 H.KOVALAINEN (FIN) Lotus T127; 98Laps

続きを読む
[PR]
# by oretch | 2010-02-27 01:47 | F1