タグ:Car Life ( 50 ) タグの人気記事

2012年 10月 04日
【MotoGP】ロードゴーイングRC213V 続報
9/30の記事「ロードゴーイングRC213V?」の続報。

なるほど。アレのMotoGP版っていう位置づけだったのか。

Mr.BIKE : ホンダ社長会見で大型モデルシリーズ第二弾発売などを表明!

二輪R&Dセンター長でHRC社長の鈴木哲夫氏が取材に応じた。
 
Q. スーパースポーツバイク開発に関して。
鈴木──簡単に言うと、ジェネレーションも変わって、自分たちで“RC30”を作りたい、と言うこと。お客様の要望もあるし。
 それと、今のMotoGPですが、我々の作っているプロトと、CRTという昔で言えばTT-F1に相当する車両が走っています。今後、ドルナの意向も含めて、プロトのコストダウンを図っていく、というのも一つあると思うんですね。現在、CRTとはあまりにも性能差がありますから、それを何とかしないといけないかな、と。ワールドスーパーバイクとの棲み分けを考えても、やはりプロトと、プロトに近い性能を有するマシンを提供することによって、CRTのチームの参戦費用を抑えることが大事かな、というのもありまして。
 RC30は、TT-F1のベース車両になったワケですが、時代も変わり、技術も変わっていますから、どうせ作るのであればワールドスーパーバイクのベース車両を作るのではなく、MotoGPのベース車両にしようよ、という志でやる。
 ですから、値段も含めて、今までとは異なる価値を提供することになる。

Q. それは、CRTチーム向けマシンと開発はリンクしている?
鈴木──はい。レーサーと量産車を両方開発します。

Q. 値段はどれくらいになりそうですか?
鈴木──松と梅でいこうかな、と。まだまだ検討中でして……。まともに作ると、やはり3000万円なんですね、安く作っても。だけど、3000万じゃちょっと、ね。やはり、その10分の1くらいがリーズナブルじゃないですか、一般的に言っても。だけど、300万円でMotoGPに出られるとなると、MotoGPの価値が下がってしまう。その間くらい……間でも高いな。その間より、大分下を狙っています。

Q. ちなみにMotoGPマシンはいくらくらいですか? 3000万円より高い?
鈴木──当然高いです。

Q. 数倍?
鈴木──はい。

Q. いつ頃出すんですか?
鈴木──それは、内緒。

(Mr.BIKEより抜粋引用)


TT-F1とは、また懐かしい言葉が出てきたな。

TT-F1クラスはクランクケース以外は改造無制限。
市販バイクのエンジンをベースに改造し放題のCRTはTT-F1クラスの焼き直しと言えなくもない。

そのCRT向けにRC30を復活させると言われれば、なるほど分かりやすい。

ホンダはCRT構想にかなり冷淡な態度だった印象だけど、いざ始まったら盛り上げるのに一役買いますよ、という姿勢を見せるところは流石No.1メーカーならではの器の大きさといったところか。

CRTマシンを"ガラクタ"呼ばわりしてたエドワーズも、ホンダの本気の"ニューRC30"なら満足するのかも。


b0039141_1464465.jpg

これが件のRC30。
ほぼ吊るしの状態でWSBで優勝したりもした伝説のマシン。
ホンダ本気のスーパーマシンが当時150万円というバーゲン価格で売り出されたもんだから、
そりゃもう大人気だった。
Photo © simonkobe


b0039141_152556.jpg

そしてこちらがRC30の元になったワークスマシンRVF750。
写真の個体は1992年の8耐優勝マシン。なのでRC30のオリジナルとは言えないか。
1992年の優勝ライダーはW.ガードナーとM.ドゥーハンの超豪華WGP王者コンビ。
当時は現役GPライダーが大挙して8耐に出場していて、さながら"第二の日本GP"状態だった。
ちなみにカーナンバー「11」は、ダブルエース体制なので"1+1=11"という由来だったはず。
Photo © Mr.BIKE

[PR]
by oretch | 2012-10-04 02:14 | MotoGP

2012年 09月 30日
ロードゴーイングRC213V?
ホンダさん、本気?
レスポンス : NRの再来?…ホンダのスーパースポーツバイク、価格は500万円前後か (2010/09/22)

ホンダは9月21日、MotoGPマシンの技術をフィードバックしたスーパースポーツバイクの開発に着手したと発表した。そのバイクについて、二輪R&Dセンター長兼ホンダレーシング社長の鈴木哲夫氏は「価格も含めて、今までのものとは全く異なる形になる」と打ち明けた。

仕様については、今後のMotoGPのレギュレーションを見ながら対応していくそうだが、「価格については、まともにつくると3000万円になってしまう。それではちょっと……。その10分の1がリーズナブルだと思うが、300万円でMotoGPの車をつくってしまうと、MotoGPの価値が下がってしまう。その中間……、いや、それよりずっと安い価格になるだろう」

鈴木氏はこのように明言を避けたが、その口ぶりから判断すると、500万円あたりになるのではないかと思われる。

(レスポンスより)

記事を読む限り、かなり本気っぽい。

ロードゴーイングMotoGPマシンと言えば、2006年にドゥカティがリリースしたデスモセディッチRRが思い出される。
拙ブログ : Desmosedici RR 登場 (2006/06/02)

あれは見たまんまワークス・デスモだった。プライスタグは当時の外為レートで約720万円。

オレッチはどうせ買えないだろうから、外野の勝手な希望として言わせていただくなら、3,000万でも5,000万でもいいから、保安部品つけただけのまんまRC-Vだったら面白いのに。

b0039141_1383249.jpg

公道仕様のRC-Vって、こんな感じ?
Original Photo © Honda Racing Corp. / Response


まぁ、ここまで"まんま"ってことは無いだろうけど、もしからしたらCRTマシンより、こっち買ってチューニングした方が速いかもしれない。
[PR]
by oretch | 2012-09-30 09:00 | バイクとクルマ

2012年 09月 27日
【MotoGP】ロッシの6輪生活
ロッシがセレブのスポーツカーレースに再び参戦。


b0039141_23422135.jpg

やっほーーーーーーーい
Photo © Marksu Berns / SRO

AUTO SPORT Web : ロッシ、GTレース参戦2戦目は19位。ニュルを満喫 (2012/09/26)

二輪MotoGPのスーパースターであるバレンティーノ・ロッシが、9月20日〜21日に開催されたブランパン耐久シリーズに今季2度目の参戦を果たし、参加45台中総合19位でチェッカーを受けた。

今季開幕戦モンツァ以来の登場となるが、その時と同様にゼッケン46のフェラーリを駆り、幼馴染みの“ウッチョ”ことアレッシオ・サルッチ、ル・マンシリーズやインターナショナルGTオープンで活躍するイタリア人レーシングドライバーのアンドレア・ツェッカートと組んでレースに挑んだ。

45台中23番手でスタートしたロッシは、序盤から力強いオーバーテイクを繰り広げて先頭集団に追いつき、ポジションを5番手まで引き上げた。しかし、ライター・エンジニアリングの24号車ランボルギーニ・ガイヤルドのクラッシュでセーフティカーが導入され、その間にピットインをしてウッチョとドライバー交代をした際に大きくポジションを落としたが、第3ドライバーを担ったツェッカートが巻き返し、総合19位/プロ・アマクラス9位でチェッカーフラッグを受けた。

開幕戦のモンツァでGTレースを初体験し、ブランパン耐久の雰囲気やレースを気に入っていたロッシは、「今シーズン中にもう1戦参戦したい」と望んでいた。今回のレースの前にはミサノ、後にはアラゴンでMotoGPのレースが控えている超ハードスケジュールを縫っての参戦となったが、ブランパン特有とも言える多種多数のGT3マシンを前にして、ピットロードではしゃぐ姿も見かけられた。

今回のニュルブルクリンクのパドックでは、ロッシを一目見ようと数多くのファンが訪れた。短時間ではあったが、許された時間内でファンやメディアにも精一杯のファンサービスをしてくれたロッシ。世界王者のオーラは周囲を魅了していた。

(AUTO SPORT Webより抜粋引用)


先日のサンマリノGPでドゥカ移籍後のベストレースをして、まだまだ腕が落ちてないことを証明したロッシ。
どうやら4輪の方の才能もまだまだ健在みたいだ。


b0039141_23492747.jpg

決勝レースを控えたスターティング。ヘルメットはいつものデザインの4輪用バージョン。
Photo © Marksu Berns / SRO

b0039141_23513390.jpg

決勝レーススタート!
昨年誕生したブランパン耐久シリーズはエントラント受付を途中で打ち切ることがあるほど大盛況。
その台数的な盛況ぶりをMotoGPにも分けてあげて。
Photo © Marksu Berns / SRO

b0039141_23582712.jpg

おっと、コースからはみでちった。(ロッシは画面左下)
ここからガンガン追い上げて、心の友ウッチョに交代する時には、なんと5番手にまで浮上。
Photo © Marksu Berns / SRO

b0039141_011952.jpg

あー、楽しかった!
本業の方ではいろいろストレスも多いから、こうして気分リフレッシュも大事だね。
Photo © Marksu Berns / SRO


徹底した管理主義のシステムに馴染めずにF1からは足の遠のいたロッシ。
親しい仲間たちとワイワイ楽しみながら走れるブランパン耐久シリーズは肌に合ってるみたい。

さて、ロッシの乗ったマシンは・・・
[PR]
by oretch | 2012-09-27 01:13 | MotoGP

2010年 02月 08日
一家に一台F1カー

GIGAZINE : ドアにはって夢のある空間を演出する超絶リアルなステッカー (2010/02/04)

部屋の扉にはるだけで室内のイメージをがらりと変えることができるドイツ製のドア専用ステッカーを紹介します。

廊下やバスルームなどの室内を模した、扉の先に本当にそんな部屋があるように見えるだまし絵のようなものから、豪邸気分が味わえるもの、非日常的で夢のあるモチーフなど、遊び心のあるさまざまなタイプがそろっています。

詳細は以下から。

style-your-door.com - Home

(GIGAZINEより抜粋引用)


ドア用以外にも、ガレージ用の大きなものもある。
我が家はガレージ無いので、買うならドア用だ。

オレッチならもちろんコレがいいな!

b0039141_216203.jpg

Photo © style-your-door.com


こういうシャレっ気のあるモノが家の中にあると、毎日がほんのり楽しくなる。
[PR]
by oretch | 2010-02-08 01:12 | モータースポーツ

2010年 02月 06日
窓霜
先日の、この冬一番の寒さだった日の朝、
我が家のレガシィのフロントガラスに窓霜ができていた。

b0039141_352431.jpg



なかなかキレイなもんだね。

窓霜は、別名「霜華」とも言うらしい。

なるほどね。
[PR]
by oretch | 2010-02-06 03:08 | 雑記

2008年 08月 06日
Googleのストリート・ビューはヤバイ
 
ようやく日本でも公開されたGoogleストリート・ビュー。

早速試してみたけど、いや~、これはスゴイね。
というか、スゴすぎて怖いね。


b0039141_23362224.jpg

ストリート・ビューは、平面目線で街の風景を見ることが出来る。スゲェ・・・
Image © Google



現在オレッチが住んでるところもストリート・ビューにバッチリ写っていた。
我が家は公道から奥まったところにあって、(カメラから見て)手前にある大きなナラの木が丁度良い目隠しになっていて不鮮明にしか写ってないから良かったけど、隣の家はベランダに干してある洗濯物がハッキリ写っていた。

でもこれってどうなのよ?

公道から撮影しているから、街中でなにげなく撮ったスナップ写真とたいして意味的には変わらないのかも知れない。でも、自分の行動がいつ、どこで撮影されているのかも分からず、そして撮影された自分の姿が知らないうちに世界に向けて公開されているとなると、やっぱりこれは怖い気がする。


b0039141_084878.jpg

独身時代、カミさんとの初デートで行った江戸川競技場。ラグビーの試合を見に行った。
・・・・あれ? 初デートは品川水族館だったかも? どっちだったっけ?
Image © Google


b0039141_23403981.jpg

同じく独身時代、よくクルマの中でカミさんとイチャイチャしてたところ。
もしそんな場面をGoogleを見つかってたら結婚してなかったかも・・・?
Image © Google



ストリート・ビューは本家アメリカでプライバシー侵害など色々な問題が噴出している。日本公開に合わせたのかどうか知らんけど、結局、個人を特定できるような情報(顔やカーナンバーなど)はボカシを入れることで対応しているみたいだけど、それだけで解決する問題かね?

これから問題や批判が噴出して大論争になるんだろう。アメリカではGoogleに反発する市民団体が報復としてGoogle幹部の自宅をネット上に晒したりしてるし、日本でも早速あちらこちらで「これはマズイだろ~」って言うようなシーンが色々見つけ出されて批判を呼んでいる。

今のところ、オレッチ自身はストリート・ビューに対して是とも非とも判断ができない。
色々問題はあるにせよ、多分に有用なサービスだとは思うから。

ただ、現在建築中のマイホームの所在地がまだGoogleに“見つかってなくて”、ちょっとホっとした。

ま、“見つかる”のは時間の問題なんだろうけど・・・・・


b0039141_23465473.jpg

我が家のレガシィはバッチリ写っちゃってるよ。こえぇぇ・・・・・
Image © Google


→ Googleのストリート・ビューはヤバイ 続き
[PR]
by oretch | 2008-08-06 23:18 | 雑記

2008年 08月 05日
首都高、歪む
 
オレッチは現在神奈川県北部在住。そしてオレッチの実家は埼玉県北東部で、カミさんの実家は南東北。なので、帰省等で実家にクルマで行くときは、いつも「首都高3号線→都心環状線→5号線→+王子線→川口線」というルートを利用している。

今年も来週夏休みをとって、オレッチとカミさんの両方の実家に行く予定だったんだけど・・・


MSN産経ニュース : 首都高でトレーラー炎上 (2008/08/03)

3日午前5時55分ごろ、東京都板橋区熊野町の首都高速道路5号線下りと中央環状線外回りの合流地点で、ガソリンと軽油を積んだ大型トレーラーが横転し壁に衝突、炎上した。

炎で5号線上りの道路がゆがんだほか、首都高沿いのマンションの壁も燃えた。

調べでは、現場は5号線下りから右カーブ。警視庁高速隊はトレーラーがカーブを曲がりきれずに横転したとみて、運転手から事情を聴いている。
(MSN産経ニュースより抜粋引用)

5号線をしょっちゅう使ってるか、事故があった場所は良く知っている。
あの、「高速道路」とはとても思えないような、ほぼ直角にまがるカーブだ。

 → Google Map 座標 35.741357,139.70703

それにしても、「ゆがんだ」ってスゴイね。911テロでのWTCビルのように、熱によって鉄骨鉄筋がやられちゃったんだろうけど、実際どんなことになってるんだろうか?

・・・と、ネットを探し泳いでたら、まさにその画像を見つけた。

→ 首都高、歪む 続き
[PR]
by oretch | 2008-08-05 00:37 | バイクとクルマ

2008年 07月 30日
ジブリの森と東京の道

7月中旬にジブリ美術館に行ってきた。


b0039141_20454355.jpg

入場時間より現地に少し早くついたので、周囲の公園を散歩した。
したら見つけたこの案内板。なんだか、トトロの森に紛れ込んだような気分。



ジブリ美術館に行くのは今回が2回目。

我が家では先月辺りから、子供達がポ~ニョポニョポニョとうるさくてしょうがないので、んならちょっくら行ってみっか、と思い立った。

美術館開設当時はヤフオクでチケットが出回って事件になったりしてたけど、今では結構余裕でチケットが取れるね。


b0039141_20522848.jpg

美術館のシンボルの一つ、屋上のロボット兵発見。
ロボット兵って言うと、ラピュタよりルパンだね。オレッチは。



チケットは簡単に取れたけど、やっぱり人気の方は相変わらず高いらしい。
館内は結構混んでいた。

館内に入ると、子供達はあっちだこっちだと駆けずり回って、落ち着くことが無い。

それも当然。建物の造形や細工が実に凝っていて、魅せるクオリティが高い。
この圧倒的なレベルの高さは、いったいどういうだろうね?
このレベルに達してるのは、ほかにはTDL/Sのオリエンタル・ランドくらいじゃない?
やっぱりジブリはすごいね。改めて感心した。


b0039141_2115577.jpg

あ、猫の恩返しに出てきたSP猫だ!
(館内は撮影禁止でしたね。スミマセン・・・・・)



大人だけでなく、子供達も、もうヘトヘトってくらい存分に遊び、楽しんだ。
この日は気温も高かったので、デッキで飲んだラムネが実にウマかった。

そして、「マンマユート」で見つけた飛行艇の精密模型に後ろ髪を引かれながら、
日が傾いた頃に我が家一行はようやく帰路についた。

ジブリ最高!


さて今回、ジブリ美術館にはクルマで行ったんだけど、その道中に気付いたことがある。
東京の道が空いてるのだ。

我が家からジブリ美術館までは環八を使うのだけど、環八といえば慢性的な大渋滞をオレッチはイメージしていたので、入場指定時間に遅れないように、2時間も前に家を出た。
したら、ほんの30~40分程度で到着しちゃった。

往路だけじゃなく復路も、青梅街道こそ以前と変らず渋滞してたけど、環八はまたもや空いていて、1時間ほどで帰宅できてしまった。

昨今のガソリン高騰で道が空いてるという噂を聞いていたけど、ウチの近所の交通量は相変わらずだから、「そんなん噂だけじゃろ~」って思ってたけど、東京の道に限っては確かに空いておりました。ビックリ。


b0039141_21133494.jpg

ロッカーはもちろん「46」番を使わせていただきました。

[PR]
by oretch | 2008-07-30 21:30 | 雑記

2008年 06月 27日
ガソリン高っ!!

冗談じゃなく、ガソリン満タン入れたらマジで1万円札が飛んでっちゃうよ!


b0039141_055557.jpg



左のレシートは、暫定税率が一時的に失効していた4月に給油したときの伝票。
ハイオク1リットル139円。33.4リットル入れて、税込4,642円。

そして右のレシートは先週末給油したときの伝票。

ハイオク1リットル181円!
約53.8リットル入って、税込9,864円!!
壱万円札出して、お釣りはたったの136円!!



我が家は週末にレジャー目的でクルマを使うだけだからいいけど、クルマが必需品の地方に住んでる人たちは本当に大変なんだろうねぇ。

人口や新興国の消費量増大などを考えれば原油価格が上昇するのはしょうがないことなんだけど、でも現在の異常な原油価格高騰は世界的な金余りからくるマネーゲームが原因ってんだから、やるせないね。

どうにかなんないのかね?
[PR]
by oretch | 2008-06-27 00:08 | バイクとクルマ

2008年 06月 26日
イタリアのデコレーション・カー

先日、ニコタマのレストレンで食事を摂りながら、ボーっと国道246号を眺めてたら1台の「痛車」が駆け抜けていった。

初めて見る生「痛車」。今は絶版となったシルビアS15のサイドボディに大きく描かれた二次元の少女がどんなアニメのどんなキャラクターか全然分からんけど、とにかくあの、周囲からの“浮きっぷり”は痛々しいことこのうえなく、なるほど「痛車」のネーミングは秀逸だなと妙に納得した。

まぁ、「痛車」は極端な例だけども、カッティングシートやステッカーを貼って飾ったクルマは、近所でも結構日常的に目にする。

そういうのは勿論日本に限ったことじゃないみたいで、イタリアでも普通にステッカー貼ったりしてるよ、っていう記事を見つけた。件の記事では「デコレーション」という言葉が使われてるけど、まぁ似たようなモンでしょ。

場所はイタリア。そんでオレッチが喰いつくとなれば、当然アノ人の登場だい。


WebCG マッキナあらモーダ! : 第46回:八代亜紀はイタリアにもいるか? 大矢アキオが選ぶ「マイ・デコレーション選手権」 (2008/06/21)

女性系とは別のデコレーションネタとして密かな人気があるのは、イタリアが誇るモトGP選手ヴァレンティーノ・ロッシである。軽いものでは彼の車両ナンバーである「46」を貼るという行為だ。

写真のトラック、ピアッジョ・ポーター(ダイハツ・ハイゼットのピアッジョ版)は近所に来る左官屋さんのものだ。バイクの話をすれば、彼の仕事を妨害できること間違いなしである。
もうひとつの写真は、もっと過激な「マイ・ロッシ」仕様だ。初代「フィアット・パンダ」全周に46番とロッシのニックネーム「THE DOCTOR」を配し、同様に彼のキャッチフレーズである「Che spettacolo!(こりゃ凄いぜ、といった感じの意味)」も忘れていない。
テールゲートに貼られた別のステッカーによれば、地元のチューニング・クラブにも加盟しているようだ。仲間内でさながらお笑い部門といったポジショニングに違いない。

(WebCGより抜粋引用)

b0039141_2413490.jpg

記事中にあるロッシ仕様のフィアット・パンダ。
Photos © 大矢アキオ氏 / WebCG


密かに人気があるってことは、こういうクルマが街中をさりげなく、それなりの台数走ってたりするってことなんだろう。

さすがイタリア。やっぱりオレッチは一度でいいからイタリア人になってみたいな。
佐渡島産の母親から生まれてもイタリア人になれるかな?
なれるわけないか。

ところで、どうしてロッシ仕様だと「仲間内でさながらお笑い部門といったポジショニング」になるんだろう?

やっぱり、本家ロッシがイタリア国内でそういうポジションだから?




b0039141_2432067.jpg

世界最速のお笑い芸人とはオレ様のことだい。
Photos © motogp.com

[PR]
by oretch | 2008-06-26 01:28 | MotoGP