タグ:F1 ( 119 ) タグの人気記事

2008年 02月 22日
【F1】ウィリアムズというチーム

改めて、ウィリアムズというチームは紛うことなき名門チームだなと思った。

The Official Formula 1 Website : Champions pay tribute to three decades of Williams (2008/02/19)
F1通信 : 歴代チャンピオン、ウィリアムズに敬意を表する (2008/02/20)

19日からバルセロナのシルクイート・デ・カタルーニャでテストが始まったが、ウィリアムズは、F1レーシング参戦30年を祝うためにデザインされた最新の冬用カラーリングを披露した。

新しいデザインは6種類の5番目で、ウィリアムズでワールドチャンピオンになった7人のドライバー、アラン・ジョーンズ、ケケ・ロズベルグ、ネルソン・ピケ、ナイジェル・マンセル、アラン・プロスト、デイモン・ヒル、ジャック・ヴィルヌーヴの手書きのメッセージが掲載されている。

タイトル保持者からのメッセージのほか、今週3日間テストを行う予定の2台のFW30のモノコックには、アイルトン・セナ、マリオ・アンドレッティ、カルロス・ロイテマン、クレイ・レガツォーニなど過去30年間チームに在籍した31人のドライバー全員の名前も描かれている。

(F1通信より抜粋引用)


b0039141_2441058.jpg

Photo © F1 Administration


ここ数年、自動車メーカーがワークスチームを立てて相次いで参戦してきた影響もあって、すっかり”Bクラス化”してしまっている感じのウィリアムズだけど、過去の栄光を振り返ってみると、やっぱりこのチームはF1の歴史にその名を刻む名門チームなんだなぁ、と改めて思った。

これまでに輩出したチャンピオンは7人。これは、フェラーリ(9人)に次ぐ第2位の記録だ。ウィリアムズと並ぶ名門のマクラーレンは、チャンピオン回数はウィリアムズより多いけど人数にすると1人少ない6人。

ウィリアムズのチャンピオン・ドライバー達がFW30に寄せたメッセージとともに、過去の栄光を振り返ってみる。

→ 【F1】ウィリアムズというチーム 続き
[PR]
by oretch | 2008-02-22 01:42 | F1

2008年 02月 22日
フェデラーV4 ローレウス賞

以前はこの時期にノミネート(候補者)が決って、イヤー賞の受賞者決定は5月頃だったのに、いつの間にかスケジュールが変わったのね。

Home of Sports : Hamilton receives Laureus gong (2008/02/18)
F1通信 : ハミルトン、ローレウス賞を受賞 (2008/02/19)

18日、ロシアのサンクトペテルスブルクで開催されたローレウス賞授賞式において、キミ・ライコネンは "World Sportsman of the Year" 賞を逃したが、2007年ドライバース・チャンピオンシップ2位のルイス・ハミルトンが "Breakthrough of the Year" 賞を獲得した。

"World Sportsman" 賞を受賞したのはテニス選手ロジャー・フェデラーだった。彼の同賞の受賞は4年連続。ハミルトンは本人が授賞式に出席し、直接賞を受け取った。

ライコネンのチーム、フェラーリも "Team of the Year" 賞にノミネートされていたが、同賞はラグビーの世界チャンピオン、南アフリカに与えられた。

(F1通信より抜粋引用)

フェデラー4連覇だって。強すぎ。
いまや完全に、押しも押されもせぬ世界中のスポーツ選手の頂点だ。

なしてフェデラーはこんなにも強いのか?
wikipediaでフェデラーの昨年の活躍ぶりを調べてみた。

なになに? 2年連続で4大大会中3つで勝って、そのうち全豪では36年ぶりに全試合ストレート勝ち、全英では史上2人目の5連覇を達成。さらに世界ランキングでは、1位連続保持週数の新記録(187週)をマークし、現在もなお更新中か・・・・・。

ハァ・・・、こりゃローレウスV4も納得だわ。
苦労した末にようやく念願の初タイトルを獲ったようなライコネンじゃ、敵いっこないね。

ここは素直に、フェデラーの偉大さを心から讃えよう。


b0039141_2344757.jpg

アンタすげーよ
Photo © Reuters / Alexander Demianchuk


→ フェデラーV4 ローレウス賞 続き
[PR]
by oretch | 2008-02-22 01:13 | モータースポーツ

2008年 02月 18日
【F1】ヘレス(2月)合同テスト 結果
今オフこれまでの合同テスト・トップ
バルセロナ (2007/11) : #2 F.Massa Ferrar  1’21.044
ヘレス (2007/12)    : #14 S.Vettel Toro Rosso  1’18.213
ヘレス (2008/01)    : #5 F.Alonso Renault  1’19.503
バレンシア (2008/01) : #23 H.Kovalainen McLaren  1’11.000
バルセロナ (2008/02) : #14 S.Vettel Toro Rosso  1’21.679
バーレーン (2008/02) : #1 K.Raikkonen Ferrari  1’30.015


今オフ3回目のヘレス・テスト。2月に入ってからも、もうこれで3回目だ。

まったく慌しいもんだね。そりゃ、倹約家のウィリアムズだって「もうスペインに拠点移しちゃった方がよくね?」って思うよね。


b0039141_2172170.jpg

カズキまたまた好走! もう表彰台は見えたな。 <気が早い
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


b0039141_2173199.jpg

スーパーアグリ復活!
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


F1 Jerez Febrary Testing
@ Jerez, Spain, 11~14 Feb 2008


■ 4日間総合 各ドライバーのラップタイムと順位

[順位] ドライバー(国) チーム シャシー  タイム(周回数)
---------------------------------------------------------
[ 1] 23 H.Kovalainen (FIN) McLaren MP4-23  1’17.974 (180) ★
[ 2]  9 D.Coulthard (GBR) Red Bull RB4  1’18.485 +0.511(401)
[ 3] 10 M.Webber (AUS) Red Bull RB4  1’18.628 +0.654(389)
[ 4]  7 N.Rosberg (GER) Williams FW30  1’19.091 +1.117(318)
[ 5] 22 L.Hamilton (GBR) McLaren MP4-23  1’19.102 +1.128(240)
[ 6]  8 中嶋一貴 (JPN) Williams FW30  1’19.117 +1.143(371) ☆
[ 7]  - P.De La Rosa (ESP) McLaren MP4-23  1’19.287 +1.313(88) ※
[ 8]  4 R.Kubica (POL) BMW Sauber F1.08  1’19.535 +1.561(336)
[ 9]  6 N.A Piquet (BRA) Renault R28  1’19.660 +1.686(364) ☆
[10] 14 S.Vettel (GER) Toro Rosso STR2B  1’19.688 +1.714(220)
[11]  5 F.Alonso (ESP) Renault R28  1’19.710 +1.736(104) ★
[12] 15 S.Bourdais (FRA) Toro Rosso STR2B  1’19.848 +1.874(259) ☆
[13]  3 N.Heidfeld (GER) BMW Sauber F1.08  1’19.934 +1.960(319)
[14] 20 G.Fisichella (ITA) Force India F8-VIIB  1’20.669 +2.695(89) ★
[15] 16 J.Button (GBR) Honda RA108  1’20.988 +3.014(206)
[16] 19 A.Davidson (GBR) Super Aguri SA07B  1’21.010 +3.036(103)
[17]  - N.Hulkenberg (GER) Williams FW30  1’21.116 +3.142(71) ※
[18] 17 R.Barrichello (BRA) Honda RA108  1’21.133 +3.159(129)
[19]  - L.Di Grassi (BRA) Renault R28  1’21.200 +3.226(165) ※
[20] 18 佐藤琢磨 (JPN) Super Aguri SA07B  1’21.376 +3.402(191)
[21]  - V.Liuzzi (ITA) Force India F8-VIIB  1’21.553 +3.579(103) ※
[22]  - A.Wurz (AUT) Honda RA108  1’21.605 +3.631(189) ※
[23] 21 A.Sutil (GER) Force India F8-VIIB  1’22.244 +4.270(86)

★=移籍、☆=新人、※=テストorゲスト・ドライバー

Note : 2008 January Testing Best Lap
 F.Alonso (ESP) Renault R27  1’19.503 @ 2008/01/15

Note : 2007 December Testing Best Lap
 S.Vettel (GER) Toro Rosso STR2  1’18.213 @ 2007/12/07


b0039141_2175023.jpg

Photo © xpb.cc / Motorsport.com


→ 【F1】ヘレス(2月)合同テスト 結果 続き
[PR]
by oretch | 2008-02-18 00:15 | F1

2008年 02月 13日
【F1】シューとトッドが映画出演

以前、「カーズ」に声優として出演したことがあったけど(ラストシーン近くに登場するフェラーリ役)、今回はちゃんと実写映画に出演して芝居もしてるみたいね。

WebCG : ハエル・シューマッハーが仏コメディ映画に主演!? (2008/02/11)

フェラーリF1チームに黄金期をもたらしたレーシングドライバー、ミハエル・シューマッハーと、現在本社の最高経営責任者(CEO)をつとめるジャン・トッドが、フランス映画史上最高の製作費をかけたコメディ映画に出演。

2006年に現役を退いた大スター、シューマッハーが出演するのは、古代ローマ軍に対抗したガリア人を描いた作品。フランスの人気コミック「アステリックス」の、実写版映画シリーズ3作目に当たる『Asterix aux Jeux d'Olympiques』(オリンピックのアステリックス/フレデリック・ホレスティエ&トーマス・ラングマン監督)だ。
製作費7500万ユーロ(約120億円)以上を投じたこの大作で、シューマッハーはローマの戦車を駆るレースの旗手=レーサー役として、トッドはそのチームマネージャー役として特別出演する。

トッドは地面の砂をつかんで、「砂が湿っていて、重いかもしれない」とシュミに路面状況を耳打ちしたりするのだから、F1ファンなら思わずニヤリしてしまうハズだ。ちなみに、シューマッハーの役名は、主人公の「アステリックス」にならって「シュミックス」と命名された。

横一列に4台の戦車が並んだ後、フラッグが振り落とされた。予想通り(?)好スタートを切った“シュミックス”は、他を突き放してオーバルコースを快走する。途中、突然ピットインすると、競馬らしいピット作業が繰り広げられて大いに笑える。

(WebCGより抜粋引用)

b0039141_23285877.jpg

Asterix aux Jeux d'Olympiques


これ観たいなぁ。

でも、残念ながら日本での公開予定は無いらしい。外国のマンガ原作映画って日本国内だとあまりヒットしないから、どこの配給会社も食指が伸びないんだろうな。

こうなりゃ某動画共有サイトで探すしかないだろう。

ってことで探してみたら、あったあった、いかにも劇場で盗撮したと思しきやつが(笑

おぉ、シューミなかなかカッコイイじゃん!
トッドも結構小芝居してるし。役者だネェ。
ピットストップシーンは、確かにF1ファンなら笑えるかも(笑

やっぱりこれは、是非クリアな映像を大画面で観てみたいなぁ。

いずれDVDでリリース&レンタルされるのを期待してようっと。


b0039141_23323194.jpg

凛々しいお姿。CMとかで慣れてるのかな? なかなか芝居も板についてる。
© Asterix aux Jeux d'Olympiques

[PR]
by oretch | 2008-02-13 23:37 | F1

2008年 02月 13日
【F1】バーレーン合同テスト 結果
今オフこれまでの合同テスト・トップ
バルセロナ (2007/11) : #2 F.Massa Ferrari  1’21.044
ヘレス (2007/12)    : #14 S.Vettel Toro Rosso  1’18.213
ヘレス (2008/01)    : #5 F.Alonso Renault  1’19.503
バレンシア (2008/01) : #23 H.Kovalainen McLaren  1’11.000
バルセロナ (2008/02) : #14 S.Vettel Toro Rosso  1’21.679


スペインから一気に遠くに飛んで、今年4回目の合同テストは中東のバーレーン。
でも、参加してるのは金持ちフェラーリとトヨタだけ。

これで合同テストと呼べるのか???

b0039141_0425961.jpg

わざわざ砂漠まで、ご苦労さん。
Photo © F1grandprix.it


F1 Bahrain Febrary Testing
@ Sakhir, Bahrain, 04~06,09~11 Feb 2008


■ 6日間総合 各ドライバーのラップタイムと順位

[順位] ドライバー(国) チーム シャシー  タイム(周回数)
---------------------------------------------------------
[ 1]  1 K.Raikkonen (FIN) Ferrari F2008  1’30.015 (431)
[ 2]  2 F.Massa (BRA) Ferrari F2008  1’30.190 +0.175(278)
[ 3] 11 J.Trulli (ITA) Toyota TF108  1’30.944 +0.929(407)
[ 4] 12 T.Glock (GER) Toyota TF108  1’31.209 +1.194(382) ☆
[ 5]  - L.Badoer (ITA) Ferrari F2008  1’32.230 +2.215(136)
[ 6]  - 小林可夢偉 (JPN) Toyota TF108  1’32.265 +2.250(115) ※

★=移籍、☆=新人、※=テストorゲスト・ドライー

Note : 2007 March Testing Best Lap
 F.Massa (BRA) Ferrari F2007  1’29.989 @ 2007/03/01


b0039141_044402.jpg

Photo © Panasonic Toyota F1


→ 【F1】バーレーン合同テスト 結果 続き
[PR]
by oretch | 2008-02-13 01:13 | F1

2008年 02月 13日
【F1】ホンダ新車RA108のカラーリング

去年と今年のカラーリングを比較して思ったこと。

b0039141_0362339.jpg

昨年(2007年)のRA107。
ボディ全体に大きく地球が描かれていて、全身でエコをアピール。
Photo © Honda Motor Co.


b0039141_0363717.jpg

そして2008年の新車、RA108。
地球の写真は一部に縮小。白い部分が目立つ。
Photo © Honda Motor Co.


思い切りが悪くなったな。

地球を消して白くした部分に広告入れてくつもりなんでしょ?

そうでしょ?
[PR]
by oretch | 2008-02-13 00:37 | F1

2008年 02月 09日
【F1】バーレーン合同テスト 前半終了

今年4回目の合同テストが中東バーレーンで開催されている。
2月4~6日の前半3日間と、9~11日の後半3日間、合計6日間の予定。

とりあえず前半3日間が終わったので、その速報。

b0039141_15213755.jpg

参加してるのは金持ち2チームのみ。寂しい。砂漠だけに余計・・・
Photo © Ferrari S.p.A. / F1grandprix.it


b0039141_1519352.jpg

チッ、また砂が入った・・・(怒
Photo © Associated Press / Yahoo!ITALIA


■ 前半3日間総合 各ドライバーのラップタイムと順位

[順位] ドライバー(国) チーム シャシー  タイム(周回数)
---------------------------------------------------------
[ 1]  1 K.Raikkonen (FIN) Ferrari F2008  1’30.455 (219)
[ 2]  2 F.Massa (BRA) Ferrari F2008  1’31.293 (64)
[ 3]  - L.Badoer (ITA) Ferrari F2008  1’32.230 (136)
[ 4] 11 J.Trulli (ITA) Toyota TF108  1’32.145 (157)
[ 5] 12 T.Glock (GER) Toyota TF108  1’32.889 (143) ☆
[ 6]  - 小林可夢偉 (JPN) Toyota TF108  1’32.265 (115) ※

Note : 2007 March Testing Best Lap
 F.Massa (BRA) Ferrari F2007  1’29.989 @ 2007/03/01


b0039141_15232682.jpg

#1 K.Raikkonen Ferrari F2008 : 1’30.455 (1位)
Photo © Ferrari S.p.A. / F1grandprix.it

前半3日間でトップタイムをマークしたのは王者ライコネン。
トラクション・コントロール無しで昨年のGPのPPタイムを上回った。

絶好調!

2番手は3日目に登場した僚友マッサ。
乗り始めてすぐに、トヨタ勢を余裕で上回るタイムをマーク。

今年もフェラーリの最強ペアは調子万全だな。


それにしても、なにもわざわざ遠く砂漠まで行ってテストせんでも・・・・・


b0039141_15242747.jpg

誰だよ? こんなところでテストしようとか言い出したのは・・・?
Photo © Ferrari S.p.A. / F1grandprix.it

[PR]
by oretch | 2008-02-09 15:26 | F1

2008年 02月 09日
【F1】バルセロナ合同テスト 結果

再びバルセロナに戻ってきて今年3回目の合同テスト。
フェラーリとトヨタ、スーパーアグリを除くチームが参加し、ルノーとホンダが新車を投入した。

スーパーアグリ(泣)

今オフこれまでの合同テスト・トップ
バルセロナ (2007/11) : #2 F.Massa Ferrari  1’21.044
ヘレス (2007/12) : #14 S.Vettel Toro Rosso  1’18.213
ヘレス (2008/01) : #5 F.Alonso Renault  1’19.503
バレンシア (2008/01) : #23 H.Kovalainen McLaren  1’11.000

b0039141_0185397.jpg

ホンダが復活を期して新車RA108を投入してきたけど・・・
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


b0039141_019418.jpg

王者フェラーリ不在の今テストでベストパフォーマンスを見せたのは・・・
Photo © DPPI / www.F1-Live.com


F1 Barcelona Febrary Testing
@ Barcelona, Spain, 2008.02.01~03

★=移籍
☆=新人(新レギュラー契約ドライバー。スポット参戦経験済み含む。)
※=テストorゲスト・ドライバー
太字=2008年新車

■ 3日間総合 各ドライバーのラップタイムと順位

[順位] ドライバー(国) チーム シャシー  タイム(周回数)
---------------------------------------------------------
[ 1] 14 S.Vettel (GER) Toro Rosso STR2B  1’21.679 (252)
[ 2] 15 S.Bourdais (FRA) Toro Rosso STR2B  1’21.782 +0.103 (222) ☆
[ 3] 22 L.Hamilton (GBR) McLaren MP4-23  1’22.135 +0.456 (254)
[ 4] 10 M.Webber (AUS) Red Bull RB4  1’22.385 +0.706 (191)
[ 5] 23 H.Kovalainen (FIN) McLaren MP4-23  1’22.422 +0.743 (137)
[ 6]  4 R.Kubica (POL) BMW Sauber F1.08  1’22.492 +0.813 (238)
[ 7]  5 F.Alonso (ESP) Renault R28  1’22.509 +0.830 (239) ★
[ 8]  3 N.Heidfeld (GER) BMW Sauber F1.08  1’22.874 +1.195 (225)
[ 9]  9 D.Coulthard (GBR) Red Bull RB4  1’22.889 +1.210 (226)
[10]  6 N.A Piquet (BRA) Renault R28  1’23.002 +1.323 (223) ☆
[11] 20 G.Fisichella (ITA) Force India F8-VIIB  1’23.015 +1.336 (98) ★
[12]  7 N.Rosberg (GER) Williams FW30  1’23.347 +1.668 (46)
[13]  - G.Paffett (GBR) McLaren MP4-23  1’23.349 +1.670 (45) ※
[14] 17 R.Barrichello (BRA) Honda RA108  1’23.795 +2.116 (137)
[15] 21 A.Sutil (GER) Force India F8-VIIB  1’23.800 +2.121 (86)
[16] 16 J.Button (GBR) Honda RA108  1’23.808 +2.129 (143)
[17]  8 中嶋一貴 (JPN) Williams FW30  1’23.948 +2.269 (75) ☆
[18]  - V.Liuzzi (ITA) Force India F8-VIIB  1’24.263 +2.584 (61) ※
[19]  - A.Wulz (AUT) Honda RA107B  1’26.975 +5.296 (26) ※


Note; 2007 November Testing Best Lap
 F.Massa (BRA) Ferrari F2007  1’21.044 @ 2007/11/15



b0039141_0192088.jpg

Photo © xpb.cc / Motorsport.com


→ 【F1】バルセロナ合同テスト 結果 続き
[PR]
by oretch | 2008-02-09 00:28 | F1

2008年 02月 06日
【F1】レッドブルの革新的なフィン

う~ん、カッコイイようなカッコ悪いような・・・

FMotorsports F1 : レッドブル、『RB4』に斬新リヤウィングをトライ (2008/02/02)

エレクトロニクスによるコントロール・システムが次々と制限される中、各チーム共エアロダイナミックスの開発に力を入れているが、バルセロナ合同テストでレッドブル・レーシングが『RB4』に斬新なエアロダイナミックスをトライして注目を集めた。

これは、ドライバー後部のエンジンカバー中心部を、そのままの高さでリヤウィング部まで伸ばすという目新しいもの。

(FMotorsports F1より抜粋引用)


b0039141_154130.jpg

これがレッドブルの”斬新リアウィング”。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


b0039141_193587.jpg

走っている姿。リアウィングに向かう空気の流れを整え、増やす効果があるとか。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com



カッコ良いんだか悪いだか判らんけど、とりあえずコレ思い出した。


b0039141_1245311.jpg

マクラーレンMP4/10@1995年
Photo © Minichamps GmbH & Co. KG


少なくともMP4/10よりはカッコイイかなぁ。




MP4/10の画像を探してたらこんなの見つけた。

b0039141_1252426.jpg

Photo © Mclaren Group?

こんなの初めて見た。写真は1991年のものらしい。恐らく、前年登場し、F1界に衝撃を与えたティレルのコルセア・ウィングにヒントを得てテストしてみたんだろうな。

うん、悪くないかも・・・
[PR]
by oretch | 2008-02-06 01:27 | F1

2008年 02月 01日
【F1】スーパーライセンスというビジネス

恥ずかしながら、もう20年以上もF1ファンをやっていて全然知らなかった。
F1のスーパーライセンスって、前年成績によって発給料金が違ってたのね。

FMotorsports F1 : F1スーパーライセンス、大幅値上げか (2008/01/19)

英『オートスポーツ』誌が伝えるところによれば、2008年シーズンからF1ドライバーに不可欠のスーパーライセンス発給の料金が大幅に値上げされる見通しということだ。

これまでスーパーライセンスの料金について公にされたことはないが、同誌によれば2007年の場合、基本料が1,690ユーロ(約26万円)で、これに加えて前年のチャンピオンシップで獲得したポイントに応じ、1ポイントあたり447ユーロ(約7万円)を加えたものだったという。
FIAは2008年、これを一気に基本料が1万ユーロ(約156万円)、前年獲得したポイント1毎に2千ユーロ(約31万2千円)にまで引き上げるというもの。

これでいくと、110ポイントを獲得した2007年のチャンピオンであるキミ・ライコネンの場合、基本料1万ユーロに加えてポイントの加算分が実に22万ユーロで総額は23万ユーロ(約3千588万円)という巨額ライセンスになる。

(FMotorsports F1より抜粋引用)

FMotorsports F1 : 『スーパーライセンス値上げ』FIA会長、認める (2008/01/29

先に英誌が報じたF1スーパーライセンス発給料金の値上げの可能性について、FIAのマックス・モズレー会長がこれを認める発言をしている。

モズレー会長は「そもそもドライバーたちはF1に参戦することにより巨額の報酬を受けている。それにわれわれはこれをF1レースの安全性のために使うんだ。引き上げたからといって、何もバチは当たらないよ」と、涼しい顔だ。

110ポイントを獲得した2007年のチャンピオンであるキミ・ライコネンの場合、2007年は3万745ユーロ(約480万円)だったのに対し、2008年の料金は23万ユーロ(約3,588万円)という巨額のライセンスということになる。

(FMotorsports F1より抜粋引用)

b0039141_114750.jpg

取れるところからトコトン搾り取ります
Photo © CRASHNET / Yahoo!ITALIA


ニュースは「ライセンス発給料金がスゲェ高い」というところにポイントが置かれているけど、オレッチは冒頭に書いた通り、前年成績に応じて料金が変わるという仕組みの方にまず驚かされた。
なんだか、税金の話みたいじゃない? 計算の基準が収入か成績かという違いはあるけど、成績の良し悪しが収入に結びついていることを考えると、やっぱり同じようなもんだよね。
頑張って良い成績をあげるほど、翌年の発給料金が高くなるなんて、まるで何かの罰ゲームみたい。

ハミルトンやコバライネンのように、昨年の好成績によって収入が増えたドライバーならともかく、フィジコにとっては完全に罰ゲームだよ(笑

→ 【F1】スーパーライセンスというビジネス 続き
[PR]
by oretch | 2008-02-01 01:14 | F1