タグ:Lifelog ( 59 ) タグの人気記事

2008年 08月 01日
お盆の墓参りと都電もなか

オレッチの父方の実家は東京の下町にある。そして東京のお盆は7月。
ってことで、先月中旬、子供達を連れて墓参りに行ってきた時の話し。


我が家の墓は、都内では珍しい路面電車、都電荒川線の沿線にある。
父方の実家所在地から墓のある寺までは都電に乗って5分ほどの距離。
子供の頃は爺さん婆さん(2人とも既に他界)と、都電に乗って一緒に墓参りに行っていた。

フトそんな自分の子供の頃のことを思い出し、今回は子供達と都電に乗って墓参りに行くことにした。

自宅から地下鉄と山手線を乗り継いで、JR大塚駅で三ノ輪方面行きの都電に乗り換えた。

都電に乗るのは初めての我が家の子供達は、物珍しそうに車内でキョロキョロ。
オレッチは懐かしくて興奮して、車内から写真を撮りまくった。


b0039141_23321023.jpg

庚申塚停留所近辺で向うから来た車両とすれ違う。
大興奮でデジカメのシャッターを押しまくるオレッチ。気分はタモリ倶楽部♪


→ お盆の墓参りと都電もなか 続き
[PR]
by oretch | 2008-08-01 23:42 | 雑記

2008年 07月 30日
ベランダで米作り


b0039141_2241875.jpg

Before @ June 21


b0039141_2244962.jpg

Now @ July 26



ダッシュ村に負けねーぞ。



[PR]
by oretch | 2008-07-30 22:07 | 雑記

2008年 07月 30日
ジブリの森と東京の道

7月中旬にジブリ美術館に行ってきた。


b0039141_20454355.jpg

入場時間より現地に少し早くついたので、周囲の公園を散歩した。
したら見つけたこの案内板。なんだか、トトロの森に紛れ込んだような気分。



ジブリ美術館に行くのは今回が2回目。

我が家では先月辺りから、子供達がポ~ニョポニョポニョとうるさくてしょうがないので、んならちょっくら行ってみっか、と思い立った。

美術館開設当時はヤフオクでチケットが出回って事件になったりしてたけど、今では結構余裕でチケットが取れるね。


b0039141_20522848.jpg

美術館のシンボルの一つ、屋上のロボット兵発見。
ロボット兵って言うと、ラピュタよりルパンだね。オレッチは。



チケットは簡単に取れたけど、やっぱり人気の方は相変わらず高いらしい。
館内は結構混んでいた。

館内に入ると、子供達はあっちだこっちだと駆けずり回って、落ち着くことが無い。

それも当然。建物の造形や細工が実に凝っていて、魅せるクオリティが高い。
この圧倒的なレベルの高さは、いったいどういうだろうね?
このレベルに達してるのは、ほかにはTDL/Sのオリエンタル・ランドくらいじゃない?
やっぱりジブリはすごいね。改めて感心した。


b0039141_2115577.jpg

あ、猫の恩返しに出てきたSP猫だ!
(館内は撮影禁止でしたね。スミマセン・・・・・)



大人だけでなく、子供達も、もうヘトヘトってくらい存分に遊び、楽しんだ。
この日は気温も高かったので、デッキで飲んだラムネが実にウマかった。

そして、「マンマユート」で見つけた飛行艇の精密模型に後ろ髪を引かれながら、
日が傾いた頃に我が家一行はようやく帰路についた。

ジブリ最高!


さて今回、ジブリ美術館にはクルマで行ったんだけど、その道中に気付いたことがある。
東京の道が空いてるのだ。

我が家からジブリ美術館までは環八を使うのだけど、環八といえば慢性的な大渋滞をオレッチはイメージしていたので、入場指定時間に遅れないように、2時間も前に家を出た。
したら、ほんの30~40分程度で到着しちゃった。

往路だけじゃなく復路も、青梅街道こそ以前と変らず渋滞してたけど、環八はまたもや空いていて、1時間ほどで帰宅できてしまった。

昨今のガソリン高騰で道が空いてるという噂を聞いていたけど、ウチの近所の交通量は相変わらずだから、「そんなん噂だけじゃろ~」って思ってたけど、東京の道に限っては確かに空いておりました。ビックリ。


b0039141_21133494.jpg

ロッカーはもちろん「46」番を使わせていただきました。

[PR]
by oretch | 2008-07-30 21:30 | 雑記

2008年 07月 30日
マイホームへの道~ 地鎮祭

7月頭に待ちに待った建築確認が降りて、ようやく「マイホームへの道」を、また一歩踏み出すことができた。

7月14日にビルダー(いわゆる工務店)のB社と建築請負契約を締結。
B社は、我が家の設計監理をしてもらっている建築家Sさんから紹介されたところだ。
ここの社長のMさん(一級建築士)はとっても頼もしそうな方だ。

そして2008年7月21日(月)、地鎮祭を執り行い、遂に着工した。


b0039141_038370.jpg


地鎮祭は、神主さん含めて全てB社がアレンジしてくれたので楽だった。

建築家Sさんからも、B社のMさんからも、「上棟式はやった方がいいけど、地鎮祭は特にやらなくてもいい」と言われていた。

でも、一生に一度やる機会があるか無いかってものだし、まぁ、思い切ってやってみるか、ってことでやってみたんだけども、実際にやってみた感想としては、やっぱりやっといて良かったな、と。

土地の神様に首を垂れてたら、あぁ、オレッチはこれからここで長く暮らしていくんだな、っていう、なんと言うか、気構えと言うか、ケジメと言うか、なんかそういうもんができたような気がした。

ちなみに地鎮祭費用は、玉串料だの供え物だの全部込みで一式4万5千円。
地鎮祭終了後はお供えものの果物だの野菜だのが貰えたので、なんか得した気分♪


b0039141_0381554.jpg


地鎮祭終了後、早速基礎工事のための「墨入れ」が行われた。

ビニールテープで仕切られたところが、実際に建物が建つところ。
意外に狭いなぁ、と思ったけど、まぁ、こんなところか。

この日初めて紹介された親方(基礎工事のボス)と棟梁(大工仕事のボス)に挨拶した後、B社の我が家の工事担当者であるKさん(この方も一級建築士)と一緒に、近所に工事前の挨拶に回った。
我が家の敷地は傾斜した土地の、ちょっと変形した交差路の角地にあるので、「向こう三軒両隣」ならぬ、「向こう五軒両隣&裏一軒」を回った。

正直なところ、挨拶回りする前までは、「近所に電波な人とか居たらどうしよう~」とか心配していた。でも、実際に回ってみたら、皆さんとっても好印象な方々ばかりで一安心。

我が家の子ども達と同年代のお子さんのいるお宅もあった。
良いお友達になれるといいな。


工事はこれから4ヶ月間。
8月23日に上棟式を予定していて、順調なら、完成引渡しは11月末になる予定。

現在の住所から建築現場までは遠いので、そう気軽に行くことはできないけど、これからできるだけ週末には、現場に顔を出す予定。

大工さんだけじゃなく、オレッチにとっても長丁場だな。

がんばれオレ(施主)!




注文住宅の支払い条件は、「着工時1/3(着手金)、上棟時1/3(中間金)、完成引渡時1/3(精算金)」というのが一般的。でも、今回B社には「着工時1/3、完成引渡時2/3」という条件で受けてもらった。
だって、上棟時の中間金なんて払えないもの。

建売住宅の場合、いきなり購入→引渡しの流れになるから中間金どころが着手金も必要ないから楽だよね。でも、建築家物件などの注文住宅の場合、この中間金がネックになる。
オレッチに限らず、着工時に支払総額の2/3も資金を用意できてる人なんてほとんど居ないのが実態だ。だから、この中間金のハードルを越えられずに、建築家に依頼するのを諦める人も多いのだとか。

金融機関によっては中間金の融資(=つなぎ融資)があるようだけど、今回オレッチが利用する大手都市銀はそんな気の利いたものが無いので、上記のような条件でお願いさせてもらった。
B社も実情を良く分かってるのでスンナリ受けてくれたから良かったけど、大手都市銀もいつもでも殿様商売やってないで、是非そういう実態に合ったローン商品を考えてもらいたいもんだ。


ちなみに、オレッチが今回払った着手金はR35GT-Rが買えるぐらい。

銀行で振り込む時、マジで手が震えた・・・・・
[PR]
by oretch | 2008-07-30 01:11 | マイホーム

2008年 07月 12日
ゲンコツは体罰か?

ええええええええええええ????

YOMIURI ONLINE : 遅刻83人にゲンコツ、宇和島の中学教諭…行き過ぎと謝罪 (2008/07/11)

愛媛県宇和島市の市立中学校の男性教諭(41)が、学年集会に遅刻した2年生の男女83人全員の頭をゲンコツで殴っていたことがわかった。うち生徒7人の頭にコブができ、男性教諭は「行き過ぎた指導だった」と、保護者らに謝罪したという。

同中学の校長は「情熱的な指導の教諭だが、生徒に痛い思いをさせてしまい申し訳ない。再発防止に努めたい」と話している。

(YOMIURI ONLINEより引用)

オレッチが子供の頃は、先生に殴られない日の方が少なかった。
正座とゲンコツのコンボなんて日常茶飯事だったけどなぁ・・・

もちろん、当時の先生たちがみんな武闘派だったってことではなくて、オレッチが殴られない日が無かったということ。ゲンコツやビンタなんて当たり前。職員室前の廊下に1日中正座して晒し者にされる刑なんかもあったな。

今の基準に照らして考えれば相当ハードな体罰を受けてたわけだけど(当時の基準に照らしてもかも?)、当時を振り返ってみても、先生たちに対する恨みはほとんど無い。恨みどころか、オレッチが道を踏み外さないよう本気で指導してくれたことに感謝している。
遅刻グセや生意気なところは全然直っていませんが・・・・

体罰には2種類あると思う。ただの暴力と愛の鞭だ。両者の違いは、殴る人間が殴られる人間のことをどれだけ真剣に考えているかに尽きると思う。殴り殴られる両者の間に信頼関係が構築できている場合は、暴力ではなく愛の鞭になるんだと思う。

愛の鞭の体罰はアリでしょ。

上記記事のゲンコツ先生が、生徒達のことを一人前の人間に育てようと真剣に考えて熱心に指導していた結果だったのなら、ゲンコツはまさしく愛の鞭だ。生徒達にとって必要な指導だったと思う。


”あの人”だってこう言っていたじゃないか。


b0039141_014123.jpg

Photo © アキバblog





まぁ、最後のセリフを載せたかっただけなんだけどね。:p

大事なのは、体罰ウンヌンの前に信頼関係が築けていること。殴り殴られて信頼関係が築かれることもあるけど、鉄拳が無くとも信頼関係を築くことはできる。そこが、教員としての技量と人間としての質が試されるところなんだろう。


b0039141_23582059.jpg

”あの人”の本。”あの人”の名台詞が一冊の本にまとめられたそうな。「染みる」って(笑)
Photo © アキバblog

[PR]
by oretch | 2008-07-12 00:02 | 雑記

2008年 07月 04日
もう夏だ

”IT土方”とはよく言ったもので、
サービスイン前の怒涛のスケジュールは、
何度経験してもアホになるね。

b0039141_135183.jpg


会社から眺める徹夜明けの朝日は目に染みるぜ・・・・





なんつって。
フツーに夕方の曇り空だしw
[PR]
by oretch | 2008-07-04 01:39 | 雑記

2008年 05月 30日
第●次マイ横溝ブーム

blogサボってむさぼり読んどりました。
数年置きに定期的にやってくるマイ横溝ブーム。

今回で何回目だろう?


b0039141_0291693.jpg

角川文庫の古い表紙絵(by杉本一文)も魅力の一つ。
(会社支給の新しい携帯で撮ってみたけど、なんかボケてんな)



短編もいいけど、オレッチの好みはやっぱ初期の長編モノ。
都会モノより、田舎モノなら尚良し。
田舎の因習にドップリ浸かった"まがまがしい"事件なんかゾクゾクくる。
まさに傑作揃い。
一度読み始めたらやめられない止まらない。
何度読んでも面白過ぎる。


で、原作を読んだら次は映画をチェック。
オレッチにとって金田一映画と言えば故市川崑監督作品を指す。
原作同様、こちらも何度観ても飽きない。


b0039141_045439.jpg

オレッチの脳内の金田一耕助は完全に石坂金田一とイコール。
これは、某掲示板で拾った「悪魔の手毬唄」の1シーン。金田一耕助と犯人が交差する一瞬。
名シーン揃いの市川作品の中でも、このシーンは屈指の名シーン。



横溝正史&金田一耕助サイコー。そしてフォーエバー。
[PR]
by oretch | 2008-05-30 00:52 | 雑記

2008年 05月 15日
母の日とケーキ

先週末、結婚記念日&カミさんの誕生日&母の日がまとめてやってきたので、子供達とケーキをつくってみた。


b0039141_1243177.jpg


ケーキづくり、けっこう面白いね♪

思ったよりウマかったし、子供達に好評だったからまた作ろっと。



b0039141_1244595.jpg



おっと、そう言えば自分の母親のことスルーしちゃった。スマン、オフクロ・・・・・

→ ケーキの作り方メモ
[PR]
by oretch | 2008-05-15 01:52 | 雑記

2008年 04月 25日
2歳になった息子のプレゼントと五月人形

昨日、我が息子は2歳になった。

昨年は誕生日プレゼントはスルーしたけど、今年はちゃんと用意してやったぞ、息子よ。


b0039141_152857.jpg

奥がMaisto製の1/18スケール YZR-M1 #46 V.Rossi。
手前はスケール不明の映画Carsの主役、ライトニング・マックィーン。
これの他に3号サイズのサッカーボールもプレゼント。


b0039141_223153.jpg

早速、両車を手に取って異種格闘レース開始



どうやら気に入ってくれたらしい。両手に持って、早速「ブーブー!ブーブー!」とアグレッシブにドッグファイトを演じている。
左手がヴァレンティーノ・ロッシで、右手はジル・ビルヌーヴといったところか。


そんな息子の姿を見ていて、フト、まだ息子に五月人形を用意してやっていなかったことを思い出した。
いずれ立派なものをと思っていたけど、なかなか「これぞ」というものに出会わない。
夜、誕生日ケーキをみんなで頬張り、子供達が満足して寝静まった後で、息子の健やかな成長を喜びながら、まったりとネットで探してみた。


したら、とうとう見つけちゃった!
「これぞ」というのを遂に見つけちゃったよ (゜∀゜)!

→ 2歳になった息子のプレゼントと五月人形 続き
[PR]
by oretch | 2008-04-25 01:57 | 雑記

2008年 04月 17日
幸手権現堂でお花見
今月上旬、実家近くの桜の名所に花見に行った時の写真。


b0039141_22372125.jpg


b0039141_22384100.jpg



場所は埼玉県幸手市の権現堂桜堤。

幸手は昔から地味すぎるほど地味で静かな街なんだけど、最近なんだか、ある特定の方面では随分有名になってるみたいね。
花見に行った時は、そっち方面の人たちはあまり見かけなかったけど。


b0039141_22385338.jpg



実家には、子供達を連れてしょっちゅう遊びに行ってるんだけど(カミさんを休ませてあげないとね)、権現堂に花見に行くのは3年ぶりくらいかな?
実家から権現堂までは自転車でも行ける距離だから、子供の頃は毎年ここに花見に来てたけど、さすがに10年、20年と月日も経って、権現堂の雰囲気も随分変わっちゃったな。

現在の権現堂は、周辺に大規模な駐車場や飲食施設なども揃っていて、沢山の人が訪れる公園として随分立派に整備されている。
でも、オレッチの子供の頃の権現堂は、周りを田畑や草っぱらに囲まれて、鮮やかな花を咲かせた桜の並木がただ静かに、土手の上に浮きあがったように横たわっているだけの、実に野趣溢れた雰囲気のところだった。写真に写ってる見事な菜の花畑も当時は無かった。

確かに今は色々便利になったようだ。公園としての整備が進んだのも、地盤沈下が続く地元経済を盛り上げようと地元の人たちが努力した成果なんだろう。

でも・・・・・

オレッチはやっぱり昔の権現堂の方が好きだな。


ま、10年以上も前に幸手を離れたオレッチがとやかく言うことじゃないんだけどね・・・


b0039141_22392453.jpg

[PR]
by oretch | 2008-04-17 22:51 | 雑記