タグ:Lifelog ( 59 ) タグの人気記事

2008年 01月 16日
本年もよろしくお願いいたします

新年とっくに明けてしまいまして、おめでとうございます

拙ブログは2004年10月にスタートして、今年で足掛け5年目になります。
飽き性のオレッチにしては予想外に長く続いているなと勝手に関心しております。

ま、途中で何度も開店休業状態りなってるので、実働7割と言ったところですが・・・

それでも数えてみると、これまでにアップした記事数は1,000を超えていました。ビックリ。
これもひとえに、拙ブログをまったりと見守ってくださる慈悲深い皆様のおかげでございます。

そんなこんなで、本年も生暖かいご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます


そうそう、1等当選予定だった年末ジャンボは、なぜか3,000円しか当たりませんでした。
おかげでデスモRRが買えませんでした。
なんだかガッカリな新年のスタートです。 <なんじゃそら
[PR]
by oretch | 2008-01-16 00:58 | 雑記

2007年 12月 25日
メリークリスマス

娘達には、それぞれシルバニア・ファミリーのお家セット。

そして長男には、これだ。

b0039141_261130.jpg


長男も、もう1歳半。
プロ・レーサーになるために、そろそろ本格的にトレーニングを始めないとね。
来年は電動トイ・バイクにしようかな?

さて、仕込みは全て完了。

子供達の反応が楽しみだ。

b0039141_2104016.jpg

毎年、クリスマスの日の朝に子供達の喜ぶ姿を見ると
お父さんやってて良かったなーって思う。


b0039141_2121237.jpg

みんなとってもイイ子だから、今年もサンタさんがやってきましたよ。







さっき、長男のプレゼントを組み立て終わった直後、突然長女が現れてビックリ!
なんとか誤魔化すことができて良かった・・・・・ ε-(´・`)

でも、あの表情は絶対お父さんを疑ってるに違いないな・・・・

b0039141_254681.jpg

[PR]
by oretch | 2007-12-25 02:17 | 雑記

2007年 12月 20日
機動戦士ガンダム劇場版DVD

あぁ、またTVで「機動戦士ガンダム 劇場版メモリアルボックス」のCMが流れてる。

欲しい。スゴク欲しい。
喉から手が出て腕が出て足まで出てくるほど欲しい。

待ち続けて待ち続けて、ようやくリリースされた念願のオリジナル版DVD。
オレッチのようなファースト世代が欲しがらないわけがない。


けどなぁ・・・・

b0039141_2333444.jpg

b0039141_234315.jpg

機動戦士ガンダム 劇場版メモリアルボックス ¥18,900 (税込)
Amazonなら26%OFFで驚きの¥13,986 (税込)!
・・・・・でも、なんかなぁ・・・・・
© バンダイビジュアル



Amazonのレビューでバンダイ商法への批判が噴出してるように、
バンダイってホント、ファンを舐めた商売するからなぁ。

なんか、買ったらきっと何か後悔することがあるような気がして、
どうにも購入に踏み切れない。

Amazonに、実際に購入した人達のレビューがチラホラ載りだしたし、
もう少し様子を見ることにするか。




Amazonにレビューには、早くも「画面縦横比がおかしい」とか、「クライマックスに歌が挿入されるタイミングがおかしい」といった声が出てきている。

う~ん、やっぱり怪しい。

初回封入特典として、ミニサイズの劇場パンフレットがついてるそうだけど、
劇場公開当時に買ったオリジナルのパンフレット持ってるから、どうでもいいや。

まぁ、焦らずノンビリ構えて良く考えよう。

b0039141_23385547.jpg

公開当時に劇場で買ったパンフレット。我が家の家宝です。





「逆襲のシャア」はすでにBlue-ray版が出てるのね。

b0039141_23505982.jpg

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (Blu-ray) ¥8,190 (税込)
もちろん「逆シャア」もオリジナル劇場パンフレット持ってるで~
© バンダイビジュアル


→ 機動戦士ガンダム劇場版DVD 追記
[PR]
by oretch | 2007-12-20 23:54 | 雑記

2007年 12月 20日
小池繁夫さんのボックスアート

オレッチはCDを「ジャケ買い」をしたことは無いけど、箱絵(ボックスアート)に魅かれてプラモを買ったことならある。言うなれば「箱買い」。

ん? ちょっと意味が違うか?

とにかく、オレッチが飛行機少年だった頃、プラモを買いに行く時はいつもそうだった。模型屋に行くまでは何を買うか決めてなくて、店に行って箱絵を見ながら「今度はこれ作ろう」と決めて買っていた。

当時のオレッチにとって、飛行機プラモと言えばハセガワだった。スケールは1/72。
そしてハセガワの飛行機プラモの箱絵(ボックスアート)と言えば、小池繁夫さんである。

小池繁夫さんの生み出す飛行機のイラスト(ご本人曰く、ご自身は画家ではなくイラストレーターとのこと)は、どれももう、なんと言うか、とにかく素晴らしいんですよ!

どんだけ素晴らしいかは、とにかく一目見れば分かる!
男の子なら、あるいは心に中にまだ男の子がいる人なら、一目見ればすぐ分かる!


b0039141_0293213.jpg

オレッチお気に入り*の一品。「中島飛行機 四式戦闘機 疾風」
かかかかかかかかっこいいいいいいいい!!!!
小池繁夫さんは天才 \(゜∀゜)/!!
©小池繁夫 / HASEGAWA CORPORATION
* 松本零士の「戦場まんがシリーズ」に「疾風」が主役の一話がある。
それを読んで以来、オレッチはゼロ戦より「疾風」の方が好きになった。


小池さんのイラストは、一言で言うと「美しい」。
戦闘機なんかのイラストなら、普通は「カッコいい」とか「勇ましい」「迫力がある」なんて表現するものなんだろうけど、小池さんのイラストはそんな言葉よりも「美しい」という表現が相応しいように思う。だから、オレッチは小池さんのイラストが特別に感じられるんだな。

オレッチはプラモを作り終わると、箱絵のイラスト部分を切り抜いて、組み立て説明書と一緒に保管しておくのが常だった。

そんな小池繁夫さんのイラスト集を、先日、仕事で出かけた先の近くの古書店で偶然発見した。
これまでに何冊か小池さんのイラスト集が出ていたのは知っていたが、なにぶん一部6千円近くするので、なかなか手が出せなかった。でも古書なら何割か安く手に入れられるだろうと思い、「ラッキー!!」と思いながら手にとって値札を確認したら、「¥5,000-」の表示・・・・・

やっぱり高い。ま、それだけ人気がある=需要が多いってことなのかな?

b0039141_037272.jpg

これが古書店で発見した小池繁夫さんのイラスト集「FLYING COLORS 2」
この表紙のイラストを見た瞬間に、オレッチは飛行機少年に戻ってしまうのよ
© 小池繁夫 / 大日本絵画


色々出費の多いこの時期だけに、その時は長い逡巡の末に諦めて古書店を後にした。
でもやっぱり、何日経っても気になって気になってしょうがなかったので、えぇーい迷ってるな買ってしまえ!と、遂に購入を決意して再び件の古書店に戻ったのだけど、残念ながらその時には既に売れた後だった。(ネット・オークションで売れたとのこと。昨今は古書店もIT化してるのね。)

まさに一期一会。古書古物は見つけたら買え! これが鉄則だね、やっぱし。

ところで、小池繁夫さんのイラストと言えば、ハセガワの飛行機プラモと並んで、スバルこと富士重工が毎年制作しているカレンダー「World Famous Airplanes」も有名。
なんてったって、富士重工の前身は「疾風」を生んだ中島飛行機だもんな。

カレンダーは書店などで購入できて、1部1,000円とのこと。
年始にでもスバルのディーラーに遊びに行って、担当の営業さんにおねだりしてみようかな?

b0039141_0315362.jpg

これは2004年版。表紙は当然、中島飛行機製の「夜間戦闘機 月光11型」
© 小池繁夫 / 富士重工


→ 小池繁夫さんのボックスアート 続き
[PR]
by oretch | 2007-12-20 00:46 | ホビー

2007年 12月 14日
デジタル家電浦島太郎

オレッチはIT系企業に勤めている。会社は色々ハードウェアも作っている。なのに、オレッチは実はデジタル家電全般に対する関心が業界人平均に比べると非常に薄い。なので、我が家のデジタル家電は、おそらく世間様に比べると2、3周ぐらい周回遅れ状態になっている。

TVは10年ほど前に買ったアナログ地上波チューナーの32インチのブラウン管。そもそもデジタルじゃないし。
ビデオデッキは3年ほど前にレガシィ買った時の特典でスバルに貰ったDVDレコーダ。HDDはついてない。
ビデオカメラは長女が生まれた時、つまり7年前にかったパナソニック製で、当時は最新だった3CCDカメラ搭載機。メディアはMiniDV。値段は9万円ぐらいしたかな。
PCはこれまた7年前に買ったWindows Meマシンで、CPUはPentiumIIIの800MHz、ディスプレイは15.4インチ液晶で、内蔵HDDは40GB、メモリは256MBしかなかったけど、それでも値段は25万円ぐらいした。メモリを384MBに増設して、2年前に買った外付けHDD250GBをつけてある。
デジカメは比較的新しい600万画素の富士フィルムFinepix。それでも買ったのはもう2年前だ。これが約4万円。
そしてプリンターは、これが我が家の最新デジタル機器になるけど、1年前に買ったキャノンのMP600。お値段2万円ぐらい。

そんな家電石器時代状態の我が家のパナ製ビデオカメラは、夏場に故障したままもう半年間も放置されている。液晶画面に表示されるエラーメッセージによると、ヘッド部分に問題があるらしい。修理するとウン万円かかってしまう。だったら新しいのに買い換えようかなぁ、なんて思っているうちに半年経ってしまった。

そんな面倒臭がりなオレッチだけど、今週、次女の通う幼稚園で年末恒例の発表会(園児が歌と踊りを披露する)が予定されているので、ボーナスも出たことだし、やっぱり思い切って買い換えようと一念発起。会社帰りに大手家電量販店をいくつか回ってみることにした。

最後に量販店を回ったのはいつだったろう? 我が家の一番新しい電化製品は、そうだ、プリンターだ。昨年末、近所のヤマダで買った。あれから1年、ほとんど家電量販店に足を踏み入れていなかった。

デジタル家電の進歩スピードにとって1年は長い。1年ぶりに訪れた家電量販店は、オレッチにとってまさに見るもの聞くもの全てがアメージング&サプライズだった。
デジタル家電市場の進歩のスピードはほんとすごいね!

→ デジタル家電浦島太郎 続き
[PR]
by oretch | 2007-12-14 22:56 | 雑記

2007年 12月 04日
現在の子供の学力、ここまで深刻だったとは・・・

硬派ネタ2つ目。これもまた深刻な問題。
学校教育に多少関わりのある仕事をしている身として、この結果はちょっとショック。

読売新聞 : 理科実験身につかず 文科省調査 (2007/11/28)
100グラムの水に20グラムの食塩を溶かして食塩水にする実験の映像を見せたうえで、この食塩水の質量を答えさせる問題を小5と中2に共通して出題したところ、「120グラム」と正しく解答できた子供の割合は小5が63%で中2は59%。一方、食塩水の質量が120グラムよりも少なくなると誤って答えた子供は小5が34%、中2は37%だった。
(読売新聞より抜粋引用)

小5はまだしも、中2の正答率の低さはどういうことなんだろう?
10人中4人が、質量保存の法則を理解していないということだ。
しかも正答率が小5より低いなんて・・・・

記事の主題は理科の実験・観察の学習効果についてだけど、もはやそういう次元の話しではないと思う。

どこに問題があるのか?

教員の指導力に問題があるのは当然ながら、それ以上に、子供の学習意欲や態度の問題の方が大きいように思える。

ベネッセの研究によれば、子供の学習意欲は将来の職業観や進路に対する興味・関心の度合いに影響されるらしい。将来、自分のなりたい職業や進路が明確な子ほど、学習意欲は高いという。そして、そうした子供の職業観や進路に対する意識や関心の醸成には、親の影響が最も大きいとのこと。

こうした研究成果などを考えると、オレッチら現役子育て世代は、子供達の学力の問題の根っこは家庭にあることを改めて認識しなければいけないな、と思う。


ということで我が家では、日頃から子供達と将来の夢について色々話をするようにしている。
我が家の長女(7歳)は、大きくなったらお花屋さんになりたいらしい。理由は単純。お花が好きだから。近所の遊歩道や公園などにいくと、よく道端の花を摘んだりしている。(摘んではいけない花は見るだけ)
「お花が好き=お花屋さんになる」という実に子供らしい単純な発想だけど、もちろん、大変結構なことだと思っている。

そんな長女にオレッチは、小売業として捉えたお花屋さんの話をいつも聞かせる。
商品の仕入れや管理、販売、店舗運営、顧客対応などなど、具体的にお花屋さんのお仕事の内容を、子供にも分かりやすい言葉に置き換えて説明する。そして、今学校で習っている算数や国語の勉強が、お花屋さんの仕事のどの場面で、どういう風に活きてくるかも併せて伝えるようにしている。今習っていることと将来の夢の具体的な繋がりを理解することで、学校での授業を楽しく、意欲的に受けられるようになると思うからだ。
その効果なのかどうか分からないけど、長女は学校の勉強がとても楽しいそうだ。

さて先日、子供たちと一緒にお使いに出かけた際、近所のお花屋さんの前を通ったところで、あらためて長女に将来の夢を聞いてみた。
すると長女はこう答えた。

「お花屋さんは大変そうだからやめた。魔法使いになることにした」

ガ━━━(゜Д゜;)━━━ン!!

働きかけ過ぎるのも良くないようで・・・・




先々週末、長女の通う学校で授業公開が行われた。オレッチは朝早くから学校に行って、長女のクラスの授業を見たり、学校全体の雰囲気を知りたくて校内を探索(?)したりしてたのだけど、オレッチのほかに学校に来ていた父親は驚くほど少なかった。児童数は400人ぐらいの学校だけど、全校で父親は20人にも満たなかったと思う。
いくら平日開催とは言え、これは少な過ぎだと思う。

確かに会社の休みが取り難い人もいるだろうし、自営業で休めない人もいるだろう。オレッチの職場の同僚連中にも、子供のことは奥さんに任せっぱなしにしている人が少なくない。と言うか、それが多数派だ。

でも、子供達の社会性を育むうえで父親の存在が重要だということは、多くの教育研究者が一致して認めるところ。

もっと我が子のことに関心持とうよ > 世のお父さん達
[PR]
by oretch | 2007-12-04 21:06 | 雑記

2007年 12月 03日
反省
1年前と全く同じことをやらかしてしまった。

夜更し
 ↓
寝不足
 ↓
寒い朝に薄着で出勤
 ↓
体力落ちたところで細菌感染
 ↓
40℃を超える発熱
 ↓
3日間、寝込む
 ↓
回復して反省 ←いまここ


三十路も半ばを過ぎたのに同じ過ちを懲りずに繰り返す愚か者。

「四十にして惑わず」なんて、オレッチの場合はありそうもない orz
[PR]
by oretch | 2007-12-03 22:49 | 雑記

2007年 11月 26日
建築法改正の影響
J-CAST : 建築法改正で不況? 国交省の準備不足で混乱 (2007/11/25)
耐震偽装問題を受けた建築基準法の厳格化に伴う混乱が景気に悪影響を及ぼしている。国土交通省がまとめた2007年7~9月の新設住宅着工戸数は前年同月比23~44%減と、6月20日の改正建築基準法の施行後3カ月連続で急減した。9月の下落幅は同44%減と過去最大で、回復のめどは立っていない。
住宅会社だけでなく、資材会社にも売上減などの影響が出始め、経済成長の押し下げ要因となった。

今回の混乱を招いた原因の大半は、国交省の準備不足にある。改正法は耐震偽装防止のため、手続きの厳格化と罰則強化を打ち出した。そこまではよかったものの、改正内容を詳述した技術指導書の発行が法施行2カ月後になり、偽装防止の切り札とした構造計算用の新ソフトがまだ完成しないなど、後手後手の対応になっている。

加えて、厳罰化を恐れた建築士や審査機関側が必要以上に慎重な対応をとり、細かな訂正でも建築申請の再提出を求め、混乱に拍車をかけた。もともとが「おおざっぱだった」(都内の建築士)という業界の体質は否めないにせよ、この点についても、過剰な対応を把握しながら、「時間が経てば慣れる」とばかりに甘く見て、具体策が遅れた国交省の責任は大きい。
(J-CASTより抜粋引用)


オレッチも全力で影響受けてます。

我が家は来月には着工予定だけど、建築確認が降りるまでどれだけ(時間が)掛かるか分からずに困ってる。

着工数は減ってても、それは建築確認に時間が掛かっていて着工できないでいるだけで需要は堅調だし、中国やら中東やらが建築ラッシュのせいもあって建材の価格は上昇中。
着工が遅くなればなるほどコストが増えていく状況。

サブプライム・ローン問題の影響で、銀行の住宅ローンの利上げ傾向は一息ついたものの、いつまた引き上げ基調に戻るか分からずビクビクだ。


国交省の税金泥棒どもは
腹切りやがれボケ!

[PR]
by oretch | 2007-11-26 22:50 | マイホーム

2007年 11月 08日
休業明け宣言
いったい何度目なんだって話で恐縮ですが・・・・・

ご無沙汰してました。オレッチです。またも長らく開店休業状態になってしまいまして、その間も愚ブログをご覧いただいて皆さんには、お詫びの言葉もございません・・・・・


ノリックがあんなことになってしまって、その後しばらくはブログに何を書いていいやら分からなくなりました。前月にはコリン・マクレーが他界したばかりだったので、たて続けの悲劇に、さすがにショックを受けました。
ノリックもマクレーも、オレッチにとっては特別な存在だったし・・・

ノリックとマクレーについて何か書き残しておきたいと思いつつも、オレッチの書く記事といえば、どれもつまらない冗談を書き殴ったような軽い記事ばかりなので、どう書き出そうかと考えているうちに1週間が過ぎ、2週間が過ぎ・・・・

気が付けばWGPもF1もシーズンが終わっていました orz

また、この間には我が家にとって現在最大の重要事に関しても急に忙しくなったことも重なり、そんなこんなで、すっかりブログの更新が途絶えておりました。


それでも、記事のネタ原稿はずっと何やかやと書き溜めていたので(ブログの編集画面はどうにも使い難いので、オレッチはいつもワープロソフトで原稿を書いてから、それをコピーして投稿してます)、これからボチボチとアップしていきたいと思います。
もっとも、かなり時機を逸した古いネタも混ざっていますが・・・

そんなわけで、愚ブログにお立ち寄りいただいている皆さんには、今後とも何卒よろしくお願いいたします。


b0039141_22205630.jpg

先週末、江戸川区の葛西臨海公園で見上げた空。
天高く、オレッチ肥ゆる秋・・・・・






このところ忙しい原因となっていた我が家の重大事とは、マイホームのことであります。

我が家は、まず土地を買って、そこに建てる家を知人の建築家に設計してもらうことにしたんですが、これがなかなか施主(=オレッチ)にとっては忙しくて大変大変。

9月中には基本設計を終わる予定だったのが、いくつかの部分で施主のオレッチと建築家の意見が合わなかったりして、10月に入ってからは連日連夜、資料や雑誌やWebサイトで色々調べたり勉強したり、メールをやり取りしながら建築家と議論したりなんかしていました。

我が家の設計・監理をお願いした建築家Sさんは、確固とした建築家としてのポリシーをお持ちの方で、意見が合わなかった時なんかは、こちらの要望を通すのにかなり骨が折れました。
Sさんに説得されて断念せざるを得なかったリクエスト(ガレージとか書斎とかプールの下の秘密基地とか巨大ロボットへの変形とか・・・・)も多々ありました。

でも、それはSさんの「オレッチ家にとって、より良い住まいを作ってあげたい」という誠実さゆえのことだと分かってましたから、Sさんとの議論はなかなか面白いものでしたし、リクエストが次々見送られたことも十分納得したうえでのことです。

もっとも、リクエストが削られた一番の原因は予算が少ないからなんですけどね(テヘっ)

そうして先月末にようやく基本設計が完了。現在はSさんが、3月末完成という無茶な目標を達成すべく、必死で実施設計してくれているところです。
施主のオレッチは、今はコンセントの数と位置をどするかとか、外構をどこに頼もうかとか、ミノフスキー粒子をどこに塗布しようかとか、そんなことを色々検討しつつ、ハウスビルダーからの見積りをビクビクしながら待っているところです。

そんなこんなで、少し時間に余裕ができたので、これからボチボチと記事を投稿していこうと思っとります。

b0039141_2227392.jpg

建築家との共同作業で家を建てるっていうのは、大変ではあるけど、それ以上に面白い!


b0039141_2228186.jpg

オレッチ家の場合、こんな感じで自分達のイメージをイラスト化して、
ココをこーしたい、アソコをあーしたいとリクエストを伝えました。


b0039141_22382554.jpg

これは設計図の一部。苦労の末にようやく満足のいくプランが完成した。
でも大変なのはこれからだ・・・・

[PR]
by oretch | 2007-11-08 22:40 | 雑記

2007年 09月 08日
夏休み 2007

b0039141_3285864.jpg


ずいぶん長いことブログを夏休みさせていただきあんした。
おもさげなござんす。
夏休み中、こんなことしておりあんした。
お許しえってくだんせ。

More
[PR]
by oretch | 2007-09-08 01:27 | 雑記