タグ:MyHome ( 10 ) タグの人気記事

2008年 08月 28日
マイホームへの道~ 上棟式

先週末、8月23日に上棟式を執り行った。

ついこのあいだ着工したばかりだと思ってたのに、工事が始まると結構展開が早い。
地鎮祭に続いて今回も、式の段取り一切をビルダーのB社M社長にお任せした。

上棟式は、作業を早めに切り上げて16時に始めるとのことで、オレッチ家は少し早めの15時に現場に入るつもりで現地に向かった。

さて、家の方はどこまで工事が進んだのかな?と思いつつ現場に到着してみると・・・・


b0039141_1131016.jpg



建ってる!すげぇ!!


すっかり骨組みが出来上がっていて、家のカタチがハッキリと分かるようになっていた。

これには結構感動した。

これまでは工事が始まったとは言っても、基礎工事だけだったから家のスガタカタチがまだ見えなくて、なんとなく現実感に乏しかったんだけど、こうしてスガタがいよいよ顕になると、いよいよ「おぉ、オレ家建ててんだなぁ~」と急に現実感がハッキリと感じられるようになってきた。


b0039141_1193556.jpg

これまで写真を撮り続けてきた定点から撮影。
・・・してみたけど、建物が建ったらレンズに納まりきらなくなった。


b0039141_1215739.jpg

少し退いたところから撮ってみた。
おぉ、これがオレの家かぁ・・・・・



この日は生憎の雨模様。時折ポツポツと雨が落ちてくる中で上棟式は執り行われた。
昔は上棟式は結構大げさにやったものらしいけど、我が家の上棟式はM社長の助言もあって、簡素な内容で執り行うことにした。ま、お金も掛かる話ですし。

式は、まずM社長からの挨拶と本日の式次第の説明で始まり、続いて、M社長が祝いに差し入れてくれた酒でオレッチが建物の四隅をお清めをした。
お清めが終わると、酒を全員のコップに注いで、施主であるオレッチからの挨拶だ。

が、ここでようやく何を言うか全然考えてなかったことに気が付いた。ヤバイ・・・

しどろもどろになりながらも、(建築確認審査で時間が掛かったことを踏まえて)ようやくここまで辿り着いてホッとしていること、上棟してスガタカタチを現した我が家に興奮していること、そしてお世話になっている皆さんへの感謝と、これからの工事の安全を願っていることなどを話して、なんとかカタチを取り繕った。

そして親方さんの音頭で乾杯。
皆さんから「おめでとうございます」の言葉をいただいて、ちょっと感激・・・

乾杯と言っても飲酒運転はご法度なので、もちろん皆少し口をつけただけ。我が家の子供達も、お祝い事ということで、ちょっとだけ口をつけて飲むマネ。

・・・のはずが、息子(2)が30ccほど一気飲み。ダメダメ!と周りの大人たちは慌てたけど、当の息子はケロリとした顔。こいつ、将来は大酒飲みになるのかも・・・・・?

最後に、棟梁の音頭で三本締めをして、我が家の上棟式はつつがなく終了した。

その後、M社長からは不要と言われていたけど用意しておいた土産の弁当と缶ビール、そして(これが肝心の)ご祝儀を職人さん達にお渡しして、この日は解散となった。

最近は、地鎮祭だけでなく上棟式も省略する場合が多いと聞く。だけど、恐らく一生に一度のことだし、せっかくだからやっておくべきなんじゃないかな?
我が家は地鎮祭も上棟式も両方やったけど、やっぱりやって良かったなと思う。


【上棟式費用】
 ご祝儀 40,000円 (親方・棟梁に各1万円、職人さんに各5,000円×4)
 お弁当 15,000円 (1,000円×15 式出席者全員分)
 飲み物  7,000円 (差し入れのお茶、お土産の缶ビール等)

 合計  62,000円


b0039141_2301840.jpg


→ マイホームへの道~ 上棟式 続き(現場写真あれこれ)
[PR]
by oretch | 2008-08-28 01:13 | マイホーム

2008年 08月 20日
マイホームへの道~ 基礎工事

夏休み開始直後、カミさんの実家に行く途中でマイホームの建築現場に寄ってみた。
表層改良工事で掘り返された大穴はすでに塞がれて、すでに基礎工事の真っ最中だった。

気温35度近い炎天下、親方さんがもう1人の作業員さんと一緒に黙々と作業をしていた。
差し入れの冷たい飲み物を渡したときの親方さんの笑顔は、えなりかずきに似ていた。


b0039141_156141.jpg

すでに基礎工事が始まっていた。
基礎の広さから、建物の大きさがだんだん実感できるようになってきた。



基礎工法には布基礎とベタ基礎があり、どちらにもメリットとデメリットがある。
設計・監理をお願いしている建築家Sさんにお任せして、我が家はベタ基礎を採用した。

建築確認にさんざん時間がかかったので、いざ工事が始まってからの進捗の速さには驚く。
結構スピーディーなのね。


b0039141_1541973.jpg

ちょっとコストはかかるけど頑丈なベタ基礎を採用。



そして今週末は上棟式の予定。
弁当やご祝儀の準備をしないとね。

天気、大丈夫かな?
[PR]
by oretch | 2008-08-20 02:02 | マイホーム

2008年 08月 04日
マイホームへの道~ 表層改良

週末、うだるような暑さの中、マイホームの建築現場を見学してきた。

現場に着いてみると、土地の北側に細長く大きな穴が掘ってあった。

b0039141_232139.jpg

土地の北側(写真左手)に細長い穴がポッカリ空いていた。


この穴は、表層改良のために掘られたもの。

基本的にこの土地一帯はしっかりした地盤なんだけど、着工前に実施した地盤調査で、敷地の地盤表層の一部が軟弱で、測定点によって地耐力の大きなバラツキがあることが判明。このままだと、あの恐ろしい「不同沈下」が起こってしまうので、軟弱な部分を幅1.5m深さ1.25m掘削し、砕石等で十分締め固めた上にベタ基礎を施工することになったのだった。

この日は工事がお休みだったのか、親方はじめ工事関係者は誰も居ない。そこで、勝手に敷地に入って(と言っても、オレッチが土地の所有者だけどね)、穴を除くと、底の一部に小石が敷き詰めてあった。


b0039141_2326341.jpg

底に敷き詰められた小石。
この表層改良工事の代金は20万円也。


いまはまだ土を掘り返したりしてるだけだから、今のところ全然マイホームを建ててる実感が沸いてこない。だけど、建築確認審査でさんざん待たされたから、こうして着実に工事が進んでいることを確かめられただけで嬉しかったり、ホっとしたり、ラジバンダリ!


b0039141_2329462.jpg

地表から50cmくらいから下は粘土層になってる。
穴はまた埋め戻されるので、もうこの地層は見られなくなる。貴重だと思って撮った一枚。

[PR]
by oretch | 2008-08-04 23:47 | マイホーム

2008年 07月 30日
マイホームへの道~ 地鎮祭

7月頭に待ちに待った建築確認が降りて、ようやく「マイホームへの道」を、また一歩踏み出すことができた。

7月14日にビルダー(いわゆる工務店)のB社と建築請負契約を締結。
B社は、我が家の設計監理をしてもらっている建築家Sさんから紹介されたところだ。
ここの社長のMさん(一級建築士)はとっても頼もしそうな方だ。

そして2008年7月21日(月)、地鎮祭を執り行い、遂に着工した。


b0039141_038370.jpg


地鎮祭は、神主さん含めて全てB社がアレンジしてくれたので楽だった。

建築家Sさんからも、B社のMさんからも、「上棟式はやった方がいいけど、地鎮祭は特にやらなくてもいい」と言われていた。

でも、一生に一度やる機会があるか無いかってものだし、まぁ、思い切ってやってみるか、ってことでやってみたんだけども、実際にやってみた感想としては、やっぱりやっといて良かったな、と。

土地の神様に首を垂れてたら、あぁ、オレッチはこれからここで長く暮らしていくんだな、っていう、なんと言うか、気構えと言うか、ケジメと言うか、なんかそういうもんができたような気がした。

ちなみに地鎮祭費用は、玉串料だの供え物だの全部込みで一式4万5千円。
地鎮祭終了後はお供えものの果物だの野菜だのが貰えたので、なんか得した気分♪


b0039141_0381554.jpg


地鎮祭終了後、早速基礎工事のための「墨入れ」が行われた。

ビニールテープで仕切られたところが、実際に建物が建つところ。
意外に狭いなぁ、と思ったけど、まぁ、こんなところか。

この日初めて紹介された親方(基礎工事のボス)と棟梁(大工仕事のボス)に挨拶した後、B社の我が家の工事担当者であるKさん(この方も一級建築士)と一緒に、近所に工事前の挨拶に回った。
我が家の敷地は傾斜した土地の、ちょっと変形した交差路の角地にあるので、「向こう三軒両隣」ならぬ、「向こう五軒両隣&裏一軒」を回った。

正直なところ、挨拶回りする前までは、「近所に電波な人とか居たらどうしよう~」とか心配していた。でも、実際に回ってみたら、皆さんとっても好印象な方々ばかりで一安心。

我が家の子ども達と同年代のお子さんのいるお宅もあった。
良いお友達になれるといいな。


工事はこれから4ヶ月間。
8月23日に上棟式を予定していて、順調なら、完成引渡しは11月末になる予定。

現在の住所から建築現場までは遠いので、そう気軽に行くことはできないけど、これからできるだけ週末には、現場に顔を出す予定。

大工さんだけじゃなく、オレッチにとっても長丁場だな。

がんばれオレ(施主)!




注文住宅の支払い条件は、「着工時1/3(着手金)、上棟時1/3(中間金)、完成引渡時1/3(精算金)」というのが一般的。でも、今回B社には「着工時1/3、完成引渡時2/3」という条件で受けてもらった。
だって、上棟時の中間金なんて払えないもの。

建売住宅の場合、いきなり購入→引渡しの流れになるから中間金どころが着手金も必要ないから楽だよね。でも、建築家物件などの注文住宅の場合、この中間金がネックになる。
オレッチに限らず、着工時に支払総額の2/3も資金を用意できてる人なんてほとんど居ないのが実態だ。だから、この中間金のハードルを越えられずに、建築家に依頼するのを諦める人も多いのだとか。

金融機関によっては中間金の融資(=つなぎ融資)があるようだけど、今回オレッチが利用する大手都市銀はそんな気の利いたものが無いので、上記のような条件でお願いさせてもらった。
B社も実情を良く分かってるのでスンナリ受けてくれたから良かったけど、大手都市銀もいつもでも殿様商売やってないで、是非そういう実態に合ったローン商品を考えてもらいたいもんだ。


ちなみに、オレッチが今回払った着手金はR35GT-Rが買えるぐらい。

銀行で振り込む時、マジで手が震えた・・・・・
[PR]
by oretch | 2008-07-30 01:11 | マイホーム

2008年 07月 11日
マイホームへの道~ 建築確認審査完了

先日、ようやく建築確認審査が完了した。

これでようやく着工できる。

→ 以下に続く (※以降、下品な言葉連発なのでご注意ください)
[PR]
by oretch | 2008-07-11 02:15 | マイホーム

2008年 02月 08日
マイホームへの道~ 水道工事と擁壁工事と整地

建物の確認申請も、いよいよ来週ぐらいには降りそうな気配。

11月に申請して、結局2ヶ月ぐらいかかった。

長過ぎだっちゅーの・・・・・


さて、建築確認が降りる前に、土地の方の準備をやっておかなくてはいけない。

12月末から、年末年始を挟んで1月末にかけて、
上水道の引き込み工事、擁壁工事、そして土壌入れ替えして整地を行った。

b0039141_154348.jpg

この写真は夏頃に撮ったもの。草ぼーぼー。


b0039141_1462295.jpg

草刈をしてスッキリ。工事前の状態。


b0039141_1471194.jpg

そして工事後。スッキリ!
本体着工の準備は整ったぜ。


まだ建物は建ってないのに、
土地代を除く準備経費だけで既にウン百万円が飛んじまったい!

水道加入料      210,000円
上水道引込工事   367,500円
擁壁工事(L型)    595,228円
土壌入換・整地工事 122,850円

合計         1,295,578円
(税込)


マイホームまでの道のりは険しい・・・・・
[PR]
by oretch | 2008-02-08 01:57 | マイホーム

2007年 11月 26日
建築法改正の影響
J-CAST : 建築法改正で不況? 国交省の準備不足で混乱 (2007/11/25)
耐震偽装問題を受けた建築基準法の厳格化に伴う混乱が景気に悪影響を及ぼしている。国土交通省がまとめた2007年7~9月の新設住宅着工戸数は前年同月比23~44%減と、6月20日の改正建築基準法の施行後3カ月連続で急減した。9月の下落幅は同44%減と過去最大で、回復のめどは立っていない。
住宅会社だけでなく、資材会社にも売上減などの影響が出始め、経済成長の押し下げ要因となった。

今回の混乱を招いた原因の大半は、国交省の準備不足にある。改正法は耐震偽装防止のため、手続きの厳格化と罰則強化を打ち出した。そこまではよかったものの、改正内容を詳述した技術指導書の発行が法施行2カ月後になり、偽装防止の切り札とした構造計算用の新ソフトがまだ完成しないなど、後手後手の対応になっている。

加えて、厳罰化を恐れた建築士や審査機関側が必要以上に慎重な対応をとり、細かな訂正でも建築申請の再提出を求め、混乱に拍車をかけた。もともとが「おおざっぱだった」(都内の建築士)という業界の体質は否めないにせよ、この点についても、過剰な対応を把握しながら、「時間が経てば慣れる」とばかりに甘く見て、具体策が遅れた国交省の責任は大きい。
(J-CASTより抜粋引用)


オレッチも全力で影響受けてます。

我が家は来月には着工予定だけど、建築確認が降りるまでどれだけ(時間が)掛かるか分からずに困ってる。

着工数は減ってても、それは建築確認に時間が掛かっていて着工できないでいるだけで需要は堅調だし、中国やら中東やらが建築ラッシュのせいもあって建材の価格は上昇中。
着工が遅くなればなるほどコストが増えていく状況。

サブプライム・ローン問題の影響で、銀行の住宅ローンの利上げ傾向は一息ついたものの、いつまた引き上げ基調に戻るか分からずビクビクだ。


国交省の税金泥棒どもは
腹切りやがれボケ!

[PR]
by oretch | 2007-11-26 22:50 | マイホーム

2007年 11月 08日
休業明け宣言
いったい何度目なんだって話で恐縮ですが・・・・・

ご無沙汰してました。オレッチです。またも長らく開店休業状態になってしまいまして、その間も愚ブログをご覧いただいて皆さんには、お詫びの言葉もございません・・・・・


ノリックがあんなことになってしまって、その後しばらくはブログに何を書いていいやら分からなくなりました。前月にはコリン・マクレーが他界したばかりだったので、たて続けの悲劇に、さすがにショックを受けました。
ノリックもマクレーも、オレッチにとっては特別な存在だったし・・・

ノリックとマクレーについて何か書き残しておきたいと思いつつも、オレッチの書く記事といえば、どれもつまらない冗談を書き殴ったような軽い記事ばかりなので、どう書き出そうかと考えているうちに1週間が過ぎ、2週間が過ぎ・・・・

気が付けばWGPもF1もシーズンが終わっていました orz

また、この間には我が家にとって現在最大の重要事に関しても急に忙しくなったことも重なり、そんなこんなで、すっかりブログの更新が途絶えておりました。


それでも、記事のネタ原稿はずっと何やかやと書き溜めていたので(ブログの編集画面はどうにも使い難いので、オレッチはいつもワープロソフトで原稿を書いてから、それをコピーして投稿してます)、これからボチボチとアップしていきたいと思います。
もっとも、かなり時機を逸した古いネタも混ざっていますが・・・

そんなわけで、愚ブログにお立ち寄りいただいている皆さんには、今後とも何卒よろしくお願いいたします。


b0039141_22205630.jpg

先週末、江戸川区の葛西臨海公園で見上げた空。
天高く、オレッチ肥ゆる秋・・・・・






このところ忙しい原因となっていた我が家の重大事とは、マイホームのことであります。

我が家は、まず土地を買って、そこに建てる家を知人の建築家に設計してもらうことにしたんですが、これがなかなか施主(=オレッチ)にとっては忙しくて大変大変。

9月中には基本設計を終わる予定だったのが、いくつかの部分で施主のオレッチと建築家の意見が合わなかったりして、10月に入ってからは連日連夜、資料や雑誌やWebサイトで色々調べたり勉強したり、メールをやり取りしながら建築家と議論したりなんかしていました。

我が家の設計・監理をお願いした建築家Sさんは、確固とした建築家としてのポリシーをお持ちの方で、意見が合わなかった時なんかは、こちらの要望を通すのにかなり骨が折れました。
Sさんに説得されて断念せざるを得なかったリクエスト(ガレージとか書斎とかプールの下の秘密基地とか巨大ロボットへの変形とか・・・・)も多々ありました。

でも、それはSさんの「オレッチ家にとって、より良い住まいを作ってあげたい」という誠実さゆえのことだと分かってましたから、Sさんとの議論はなかなか面白いものでしたし、リクエストが次々見送られたことも十分納得したうえでのことです。

もっとも、リクエストが削られた一番の原因は予算が少ないからなんですけどね(テヘっ)

そうして先月末にようやく基本設計が完了。現在はSさんが、3月末完成という無茶な目標を達成すべく、必死で実施設計してくれているところです。
施主のオレッチは、今はコンセントの数と位置をどするかとか、外構をどこに頼もうかとか、ミノフスキー粒子をどこに塗布しようかとか、そんなことを色々検討しつつ、ハウスビルダーからの見積りをビクビクしながら待っているところです。

そんなこんなで、少し時間に余裕ができたので、これからボチボチと記事を投稿していこうと思っとります。

b0039141_2227392.jpg

建築家との共同作業で家を建てるっていうのは、大変ではあるけど、それ以上に面白い!


b0039141_2228186.jpg

オレッチ家の場合、こんな感じで自分達のイメージをイラスト化して、
ココをこーしたい、アソコをあーしたいとリクエストを伝えました。


b0039141_22382554.jpg

これは設計図の一部。苦労の末にようやく満足のいくプランが完成した。
でも大変なのはこれからだ・・・・

[PR]
by oretch | 2007-11-08 22:40 | 雑記

2007年 05月 18日
住宅ローン申込み
申し込んじゃった。

b0039141_34785.jpg

ローンと一緒に加入する団体信用保険って、保証開始後1年以降に自殺すれば保険金出るのね。
まぁ、だからなんだってワケじゃないけど。


あぁ、申し込んじゃったよ。

まだこれから審査だけど、まぁ間違いなく審査は通るから、人生最大の借金確定。

こんな多額なローン自体初めてだ。

年収の何倍だ? ポルシェやフェラーリが買える額じゃん。すげぇなぁ・・・

書類提出の時は淡々と実印押しまくったけど、
あとになってからなんか肩のあたりが重くなってきたぞ・・・

でも今回の申込みはまだ土地の分だけ。
これから建築家のSさんと一緒に家づくりを進めていって、建物を建てたらまた借金だ。

繰上げ返済しなければ、支払いが終わる頃にはオレッチは70歳。

絶対生きてねぇって・・・


さぁ、きっちり借金返すためにガンバルぞ!!
[PR]
by oretch | 2007-05-18 23:23 | マイホーム

2007年 05月 01日
契約
例の100万円はすでに手元に無い。

遂に契約してしまった。

b0039141_23352470.jpg

土地、買っちゃった。



b0039141_2336532.jpg



大丈夫かオレ?

借金返せんのか?

ガンバレ、オレ。

これからガンバレ、オレ。



すげーガンバレ、オレ!
[PR]
by oretch | 2007-05-01 23:41 | マイホーム