タグ:News ( 23 ) タグの人気記事

2012年 10月 03日
【F1】ハミルトン移籍の件
b0039141_019178.jpg

じゃあ、オレは出ていくぜ・・・
Photo © PABLO SANCHEZ / Reuter


先月末、ハミルトンがメルセデスに移籍することが発表された。

マクラーレンは直近の3戦で連続PP&Win。相変わらず地力の強さを証明した。

一方メルセデスは、ブラウンGPから生まれ変わった2010年以降のこの3年間で、今季序盤にロズベルがマークした1勝のみ。おまけに、ダイムラーのうるさい株主達から常に厳しい目で見られていて、いつF1から撤退させられるか分からないリスクも抱えている。

そんなメルセデスへ常勝マクラーレンから移籍だなんて、いったいなにを血迷ったんだ? なんだかんだ言ったって結局大金積まれたからだろ? と思ったけれど、どうやら様子が違うらしい。

F1通信 : ニキ・ラウダ 「ハミルトンは新しいチャレンジを必要としていた」 (2012/10/01)

メルセデスの非常勤会長ニキ・ラウダは、ルイス・ハミルトンの移籍に関わったことを明らかにし、この移籍はハミルトンに新しいチャレンジを提供すると繰り返した。

マクラーレンのチーム代表マーティン・ホイットマーシュはハミルトンに、メルセデス移籍は間違いだと警告したが、3度の元ワールドチャンピオンであるラウダは先週、実際的で外見上は感情を表さないハミルトンと話をして、ハミルトンは新しい章を始めたがっていると述べた。

ラウダはBBCラジオ5ライブの番組「スポーツ・ウィーク」で「彼とは数回話したが、彼を説得する必要はなかった」と語った。

「わたしはお金の議論はしなかった。お金は問題ではなかった。オファーはマクラーレンと非常に近かった。最終的に、彼が新しいチャレンジを求めていることが決め手になった」

「同じチーム、互いによく知っているスタッフのために6年間も走っていれば、彼の気持ちがよくわかる。彼はチャンピオンシップで優勝しており、今季もレースで優勝しているが、それにもかかわらず、新しいスタッフと新しいチャレンジに立ち向かえば、違うことや違うアプローチを学ぶことができる。これは、ルイスのような負けず嫌いの人間がとても興味を持つことだった」

-Source: guardian co.uk

(F1通信より抜粋引用)

“非常勤会長"は冗談として、どうやらハミルトンにとっての優先事項は、マクラーレンから出ていくことだったっわけか?

“非常勤会長”はたまに見当違いのことも言うので、ラウダ一人の話だといまいち信用できない。

もっと信頼できる人の話が無いかと探していたら、今度はこの人からこんな発言が。
Response : 元チャンピオンが語る「ハミルトンはかごの鳥扱い」 (2012/10/01)

元ワールドチャンピオンのデイモン・ヒルは、マクラーレンのルイス・ハミルトンの待遇を考えると移籍の決断は理解できると語った。

「ルイスの扱いはまるでかごの鳥だった。私生活の自由も極めて厳格に制限されてきた。彼がどこか別の世界へ出て行こうとしたとしても、責めることはできないよ。マクラーレンを出ない限り、彼は自由に羽ばたくことすらできなかったんだから」

「チームの意のままに輪くぐりをさせられたドライバーがようやくタイトル手に入れた後、ふと考え込む瞬間が来るんだ。『これが自分の人生なのか?』と。水族館のアシカみたいな生き方が嫌になるときが……ね」

(Responseより抜粋引用)

カゴの鳥か・・・

2007年、アロンソとハミルトンの内紛状態の責任を取る形でロン・デニスがF1界からフェードアウトして以来、マクラーレンも少しはオープンな体質になったのかな? なんて思っていたけど、組織の風土というものはそう簡単には変わらないようだな。

ハミルトンは少々いけ好かないヤローではあるけど、新しい環境にチャレンジしていく勇気や良し。

オレッチは挑戦する人を応援したい。ハミルトン頑張れ。


b0039141_0474182.jpg

勝てば官軍だ。がんばれ。
Photo © xpb.cc / Motorsport.com

[PR]
by oretch | 2012-10-03 00:49 | F1

2012年 09月 29日
【WRC】その日は突然やってきた
なんで??????
RALLY PLUS.NET : ローブ、2013年はスポット参戦 (2012/09/29)

シトロエンレーシングは9月27日、パリモーターショーでプレスカンファレンスを行い、2013年はアブダビから支援を受けてのフル参戦を継続することを発表。ミッコ・ヒルボネンもシーズンを通して参戦することが決まったが、セバスチャン・ローブは部分的な参戦に留まることが伝えられた。

9連覇がほぼ確実となっているローブに関しては、本人にはまだ参戦への情熱が残っているとしながらも一戦を退く時期だとして、2013年はタイトルを目指すことはないことを明かし、開幕戦のモンテカルロには出場しながらも、2013年は一部イベントのみの参戦となることが伝えられた。

ローブは、スポット参戦の合間に、今後シトロエンとどのような関わりを持つかを模索することになり、一案として2014/2015年のWTCC参戦が検討されているという。

(RALLY PLUS.NETより抜粋引用)

b0039141_227239.jpg

先日のドイツ・ラリーで通算71勝目をあげたばかりのローブ。
圧倒的な強さに陰りなし、のはずだったのに....
Photo © PSA Peugeot Citroën


・・・・・・・・・・なんで?

という言葉が頭の中でグルグルと回る。

とにかくビックリ。
9連覇確実のいま、なぜこんな決断をしたんだろう?

かねてからサーキットレースに興味を持っていたローブのことだから、WTCC転向というのはそれなりに説得力のある話だけど、それにしても突然すぎる。


続報を待とう。

b0039141_2325648.jpg

勝ち過ぎて飽きちゃったのかな?
Photo © PSA Peugeot Citroën

[PR]
by oretch | 2012-09-29 02:37 | WRC

2012年 09月 29日
ジダンの頭突き
これが現代芸術ってやつか...

AFPBB News : ジダンの「頭突き」が巨大銅像に、パリのポンピドー・センター (2012/09/27)

2006年サッカーW杯ドイツ大会決勝で、フランス代表のジネディーヌ・ジダン選手(当時)がイタリア代表のマルコ・マテラッツィ選手に頭突きするシーンを再現した高さ5メートルの巨大銅像が26日、仏パリの近代美術館「ポンピドー・センター」前に登場した。

 タイトルはその名も「頭突き(Headbutt)」。アルジェリア人芸術家アデル・アブデセメド氏の作品で、ポンピドー・センターで10月3日~来年1月まで開催される回顧展の一環で制作され、会期終了まで展示される。展覧会主催者のアラン・ミショー氏は、「銅像というのはある種の勝利を記念して作られるという伝統をくつがえす作品だ。これは敗北にささげる賛歌だ」と説明している。

(AFPBB Newsより抜粋引用)

b0039141_1175277.jpg

.....(絶句)
Photos © ?


敗北にささげる賛歌?

それはいいけど、なんだこのデカさはwww


b0039141_113237.jpg

こちらはオリジナル。ナイスヘッド。
Photos © AFP/MEHDI FEDOUACH

[PR]
by oretch | 2012-09-29 01:21 | 雑記

2010年 02月 17日
一生どうでしょう宣言

とうとうサイコロでカナダに上陸ですか!


ITMedia News : 大泉洋さん、「五輪応援する日本人」として米Yahoo!ニュースに (2010/02/15)

タレントの大泉洋さんの顔写真が、米Yahoo!のバンクーバー五輪特集記事に掲載され話題になっている。タレントとしてではなく、奇抜な格好で応援をする一般人として掲載されたようだ。

米Associated Press(AP)が配信した画像。

解説文には淡々と「スキーノーマルヒル予選を観戦する札幌から来た大泉洋さん」と書かれている。

(ITMediaから抜粋引用)

b0039141_2358395.jpg



大泉さん、さすがwww




ま、実際は「1x8で行こう」のロケみたいだけどね。

大泉さんはバンクーバーで、札幌テレビ放送(STV)の番組「1×8いこうよ!」(いっぱちいこうよ)のロケ中だったよう。同番組のブログなどによると、大泉さんの姿は五輪について伝えるテレビ番組にも映ったようで、STVスタッフが「出ちゃいましたね~」などコメントしている。

(ITMediaから抜粋引用)

どうでしょうフリークのオレッチとしては、「1x8で行こう」ってちょっと微妙...




ほぼ毎日のように、どこかで「水曜どうでしょうClassics」が放送されている。

 月曜日 23:15~ @ BS BS朝日
 水曜日 23:00~ @ 地デジ 東京MX
 木曜日 24:30~ @ CS テレ朝チャンネル
 金曜日 23:30~ @ CS テレ朝チャンネル
 土曜日 19:55~ @ 地デジ チバテレビ

まさにパラダイス状態。幸せ♪
[PR]
by oretch | 2010-02-17 00:17 | 雑記

2008年 06月 26日
情報のプロ(笑)

こんなことやってれば、そりゃ「マスゴミ」って揶揄されてもしょうがないわ。

J-CASTニュース : 毎日新聞英語版サイト 「変態ニュース」を世界発信 (2008/06/20)

「ファーストフードで女子高生が性的狂乱状態」「防衛省の『ロリータ』漫画キャラクターで内実が明らかに」――なんと毎日新聞の英語版サイトでこんな驚くべき記事が配信されていた。中には「六本木のレストランで豚を獣姦し、その後食べた」という、目も当てられなくなるような「変態ニュース」もある。これらの記事は国内だけでなく、海外のネット上でも話題になっていた。

毎日新聞社長室広報担当はJ-CASTニュースに対し、
「ご指摘の英文記事は過去に配信しておりました。ご批判は謙虚に受け止め、削除する措置を取りました」

と回答していている。

一連の「WaiWai」の記事を巡っては「まとめサイト」まで登場し、毎日新聞社に抗議するよう呼びかけている。そこには、インターネットの匿名性を問題にした同社の『ネット君臨』という書籍の一文を引いて、こんな主張が展開されている。
「『ネット君臨』も書いている通り、ネットによって『一度つけられた傷は簡単には回復しない』(P76)のだ。日本国全体につけられた汚名に対し、いったい毎日新聞はどのような責任を取るつもりなのだろう」

(J-CASTニュースより抜粋引用)

上記記事中にある「まとめサイト」はこちら↓
毎日新聞の英語版サイトがひどすぎる まとめ@wiki


一体これまでにどんな記事が配信されていたのか、まとめサイトでだいたい把握したけど、いやしかし、これはホントにヒドイなんてもんじゃないね・・・・・。

こんなことを、日頃「クオリティ・ペーパー」を気取ってる毎日新聞がやらかしたってんだから呆れ果てる。

日本人全体を誹謗中傷しているという批判はまったくあたってるよ。この問題を知って、怒りを覚えない日本人はいないんじゃないかな?
特に日本人女性に対する偏見と悪意は度を越している。日本人女性は本気で毎日新聞に怒った方がいい。

この問題を引き起こした毎日新聞のデジタルメディア局の幹部が、以前、GIGAZINEというサイトでインタビューを受けていた。その記事の中で、同局次長兼編集局の磯野彰彦氏は、こんなことを言っていた。

GIGAZINE : 「毎日jp」を運営している毎日新聞デジタルメディア局にインタビュー (2007/10/24)

(オレッチ注:新聞というメディアが現在危機を迎えているのではないか?という質問に対して)

『信頼』を大事にしていこうと考えています。わたしも2ちゃんねるやWikipediaを見ていますが、ネットサーフィンをしていると、さまざまな情報があふれています。

そういう世界で新聞社は情報で飯を食っている、つまりお金をいただいている以上、情報の目利きができる『情報のプロ』として、『毎日新聞が発信する情報というのは信頼のあるもので、役に立つし、便利だし、世の中を変えるかもしれない』という思いでやっています。なので、そういうところに力を入れてやっていけば、たとえ紙の読者が減ってもネットのニュースで見ていただけると思っています。そして、135年の歴史がある会社として、紙媒体も大事にしつつ、インターネットや若年層が知りたいものに関しても力を入れて情報発信を続けていけば、ピンチであることに変わりはありませんが、私は新聞社がつぶれることは無いと考えています。

(GIGAZINEより抜粋引用)

磯野氏は今頃どんな心境なんだろうね?
少なくとも、GIGAZINEの記事は記憶から消したいところだろう。

新聞社はつぶれないという考えも捨てたほうがいいね。こういうことやってれば、いつか必ずつぶれるよ。

とにかく、この問題はお詫びしてデータ削除して関係者を処分した程度で済むような簡単な話しじゃない。毎日新聞は紛れも無く日本を代表する大手新聞社の一つなんだから、その罪は、個人のブログや他業界企業が同じようなことをした場合と比べても格段に重いと考えるのが当然だろう。

まして、日頃は大手メディアとして、一般市民や他企業とは比較にならないほどの「情報」に関する特段の便宜と特権を享受してきた組織なんだから、「情報」に関して犯した罪に対する責任の取り方も、また特段のものである必要がある。

具体的にどう責任を取るかは毎日新聞自身が考えることだと思うけど、少なくとも、自身がこれまでに発信した記事によって世界中に広まったであろう日本人に対する誤解を、一つ残らず全て是正することは最低限やって欲しいね。

そんなこと、実際できるかどうか知らんけどね。
でも、それぐらいの義務は課せられて当然でしょ。

それと、毎日新聞の中の人たちは、今すぐ「情報のプロ」という看板を降ろすべきだろうね。

→ 情報のプロ(笑) 続き
[PR]
by oretch | 2008-06-26 01:08 | 雑記

2008年 05月 03日
【MotoGP】Rd.4 中国GP ロレンツォ骨折!

寝る前に公式サイトをチラっと覗いてみたら・・・・

b0039141_2483693.jpg

b0039141_2444653.jpg

b0039141_249298.jpg


MotoGP公式 : J.ロレンソ、左足首を骨折 (2008/05/02)

フリー走行1の12ラップ目にハイサイドから路面に叩きつけられ、クリニカ・モービルから上海市内の病院に精密検査を受けるために転院。レントゲン検査の結果、左足首に小さな骨折が見つかった。

激痛を訴える右足首と左膝には、幸い骨折は確認されなかった。

(MotoGP公式より引用)

b0039141_2515449.jpg

b0039141_2544382.jpg

Photos © motogp.com


なんてこった・・・・

好事魔多し、 ----という言葉を使うのはこれで何回目だろう?

こういうことがあるから、やっぱり2輪レースは恐い。

とりあえず、骨折だけで済んで良かったけど、レースへの影響が心配だな。
[PR]
by oretch | 2008-05-03 02:56 | MotoGP

2008年 04月 16日
三菱自工が試んだ新しいCM手法

怪しい。あまりにも写真がデキすぎてる。

the Daily Mail : Living on the edge: Pictures show how car thieves' getaway ended precariously near a cliff-face (2008/04/09)
ニュースウォッチ2チャンネル : 断崖絶壁の中腹に盗難届けが出された三菱車を発見!…一体、どうやって?深まる謎 (2008/04/13)

自動車泥棒が四駆車を崖っぷちの危ない場所に置きっぱなしにして、「living on the edge(危ない人生)」を表現しようとしているように思える。

サンドラ・アトリーさんは犬の散歩中に車を発見した。「車を見つけた時はまだエンジンがかかっていました。この辺りは過去何人も自殺している場所 なので誰か中に居るのではないかと心配しました。降りて行こうと思いましたがすぐに止めた方がいいと気づき、引き返して警察を呼びました。私には車が転落 してそこで止まったように見えました」。

この車は3月11日にウィットビー近郊のヒンダーウェルで盗難に遭ったものだが、泥棒が運転して急斜面を降りたのか、あるいは崖から落下させようとして押し出したのが止まったのかは分かっていない。
この不思議な写真は観光で来ていたトム・パティンソン氏が撮影した。警察は車を回収して現在科学捜査を行っている。窃盗容疑者の逮捕には至っていない。
(ニュースウォッチ2チャンネルより抜粋引用)

これはきっと三菱自工が、パジェロの比類無き悪路走破性能をアピールするためにこっそり仕掛けた全く新しい広告宣伝手法に違いない!


b0039141_23433927.jpg

b0039141_23434550.jpg

パジェロすげえええええ!!(笑

Photos © Mr. Tom Pattinson? / the Daily Mail

[PR]
by oretch | 2008-04-16 23:46 | バイクとクルマ

2008年 02月 13日
このいじめ対策は無い
あまりこのブログには馴染まないテーマの記事だけど、あまりにヒドイと思われたので書かずにいられない。

これは、あまりにも愚かな策だ。むしろ、いじめを増長する。


京都新聞電子版 : 「いじめをしません」 舞鶴・白糸中 バッジで宣言 (2008/02/12)

京都府舞鶴市の白糸中(浜)で12日、「いじめをしません」と宣言してバッジを付ける取り組みが始まった。いじめ被害は口頭で友人や教職員に訴えにくいことから、いじめを見かけたり、いじめられた時はバッジを外してSOSを伝える試み。

1年生と3年生はそれぞれ、「みんなと仲良くします」「誰とでも笑顔で接します」と後野文雄校長に誓ってバッジを受け取り、胸元に着けた。2年生には13日に手渡す。教職員も付ける。
後野校長は「いじめ被害を言いにくければバッジを外してほしい。教諭たちがすぐに相談に応じるから」と呼びかけていた。

(京都新聞電子版より抜粋引用)


→ このいじめ対策は無い 続き
[PR]
by oretch | 2008-02-13 23:45 | 雑記

2008年 01月 26日
世界一の大トヨタ様には逆らうな

販売台数のカウントの仕方で混乱はあるようだけど、どうやら勝負はついたようだ。

REUTERS : 07年の世界自動車販売、トヨタが首位=米自動車専門紙 (2007/01/25)

米自動車専門週刊紙オートモーティブ・ニューズは24日、米ゼネラル・モーターズ(GM)の中国合弁会社での販売台数を除外すると、2007年の世界自動車販売台数でトヨタ自動車がGMを抜いて首位になると報じた。

2007年のGMとトヨタの世界自動車販売台数はほぼ937万台となったが、GMが僅かにリードした。

しかし、オートモーティブ・ニューズは、GMの中国合弁会社に対する出資比率は約30%で過半数には達していないとして、合弁会社の販売台数51万6000台は除外されるべきとしている。

(REUTERSより引用)

すごいね~。とうとう世界一ですよ。
日本人として、とりわけクルマ好きの日本人として実に誇らしい気分だ。

大トヨタ様、おめでとうございます!

b0039141_3124965.jpg

水道橋近くにある大トヨタ様の東京本社ビル。
さすが世界一の自動車メーカーにふさわしい威厳に満ちてます。
Photo © BLUE STYLE .COM


晴れて世界一の自動車メーカーとなった大トヨタ様は、もはや恐いもの無し。昨年のF1日本GPで、大トヨタ様の杜撰な運営で被害に遭った人たちが、遂に集団訴訟に立ち上がったなんてニュースも、大トヨタ様にとっては痛くも痒くもない些事に過ぎないだろう。

「うっさいわボケ!潰すぞ!」って感じ?

ただ、オレッチはこの集団訴訟のニュースに興味があったので、「あの問題はいったい何だったのか? 何が原因だったのか?」改めて調べてみた。すると、オレッチの知らなかった事実や、その後発覚した新事実などがいくつもあって驚いた。

→ 世界一の大トヨタ様には逆らうな 続き
[PR]
by oretch | 2008-01-26 01:11 | F1

2007年 12月 04日
BBCスポーツ賞とハミルトン

オレッチはなんかハミルトンを好きになれない。
上っ面は優等生なんだけど、言ってることは遠慮が無くて不遜なところが、どうもね。

でも、ハミルトンが世界中で大人気なのは事実。
オフに入ってから、あっちこっちで色んな賞をもらってるみたいね。
そして今度はこんな賞も取りそうな勢い。

BBC SPORT : Shortlist revealed for BBC award (2007/11/30)
F1通信 : ハミルトン、BBCスポーツ大賞の候補者に (2007/12/03)
2007年BBCスポーツ・パーソナリティ・オブ・ザ・イヤーの候補者10人が発表された。

候補者は、F1のエース、ルイス・ハミルトン、ボクサーのリッキー・ハットンとジョー・カルザゲ、陸上選手のポーラ・ラドクリフとクリスティーン・オールグー、ゴルファーのジャスティン・ローズ、バイクのジェイムズ・トーズランド、テニス選手のアンディ・マレー、イングランドのラグビー選手のジョニー・ウィルキンソンとジェイソン・ロビンソンである。

12月9日の授賞式番組中の一般の電話投票によって受賞者が決定される。

ブックメーカーによると、ハミルトンが最有力候補とされている。
(F1通信より抜粋引用)


トスランド頑張れ!

ハミルトン負けろ。

b0039141_21105143.jpg

まだ1年しかF1走ってないのにもう自伝だって。何様のつもりだっつーの。早過ぎ。
Picture © HarperSport





トスランド? トーズランド? トーゼランド?



ハミルトンを、よりにもよってアイルトン・セナに似てるなどという戯言を言ってるヤツがいると聞いたけど、それはいったいどこのどいつだ?

GrandPrix.com : A Hamilton-fest in London (2007/12/03)
F1通信 : セナの姉(ヴィヴィアン) 「ハミルトンを見ているとアイルトンを思い出すわ」 (2007/12/03)
オートスポーツ賞におけるルイス・ハミルトンの圧勝は当然だった。彼は「最優秀国際レーシングドライバー賞」、「最優秀英国人競技ドライバー賞」、「最優秀新人賞」の3賞を獲得した。ハミルトンは賞のひとつをルイスのヒーロー、アイルトン・セナの姉であるヴィヴィアンから受け取った。彼女は英国のレーシング・スターを祝福するためにサンパウロから駆けつけたのである。
彼女は「彼を見ていると、ドライバーとしてのアイルトンを思い出すわ。それに弟と同じ優しさが目に表れているの」と語った。
(F1通信より抜粋引用)

えぇーーーーーっ!?

いくらお姉さんでも、それには全く同意できません。

最近は、スイス移住の件もあって、母国イギリス国内でもアンチが出てきてるみたいだし、ハミルトンの天下もそう長くは無いな。
[PR]
by oretch | 2007-12-04 21:13 | モータースポーツ