タグ:Preview ( 18 ) タグの人気記事

2010年 02月 06日
【MotoGP】仁義なき戦い ~フィアット・ヤマハ発表会

合同テストやってるセパン、いまさらながらフィアット・ヤマハが今季体制の発表会を行なった。


b0039141_2471971.jpg

「やあホルヘ君」「やあヴァレ君」「一緒にやろうか」「やろうか」
Photos © Yamaha Motor Co.


b0039141_2495478.jpg

(声を合わせて)「ジャジャジャ・・・」
Photos © CRASHNET


b0039141_2504051.jpg

「ジャーーーン!」
Photos © Yamaha Motor Co.



ロッシもロレ坊も愛想よく、なかなか和やかな雰囲気の発表会。

だが、こんなニュースも・・・・・

CRASHNET : Rossi and Lorenzo stop sharing data (2010/02/04)

"I don't have anything to comment on this" - Jorge Lorenzo.

Fiat Yamaha team-mates Valentino Rossi and Jorge Lorenzo, whose pit garages are already separated by a wall, will no longer directly share data during a grand prix weekend.

“In 2010 we will have small changes [in terms of information sharing between Rossi and Lorenzo], compared to 2009,” Brivio said.

“In consideration of the fact that the two riders are the main rivals for the championship, we have decided to respect this competition internally and to respect their own ways to race and to approach the competition, so during the weekend the two teams will be much more independent and the challenge will be closer.

(CRASHNETより抜粋引用)


長いので思いっきりザクっと要約すると、

  • 二人はタイトルを争うライバル同士だから、現場での情報交換は今後しない。
  • ヤマハのエンジニア達は2人のデータを共有するので、後でフィードバックは行なう。
  • ロッシ曰く「ホルヘだってもう一人前さ。これまでとたいして変わらないしね♪」
  • ロレンツォ曰く「・・・・・」


ってことらしい。
ま、そりゃそうだろうな、って話だな。

それにしても、ロッシとロレンツォ、この2人の関係って実に面白い。

ロッシは昨年タイトル獲得直後のインタビューで「ロレ坊のおかげさ」と褒め称え、ロレ坊はわざわざパルクフェルメまでやってきてロッシを祝福した。(表彰台にもやってきてた)
そうやって関係が良好なところを見せたかと思えば、「ヤマハはオレ様を取るかロレ坊を取るか選べ」とロッシが言ってみたり、ロレ坊も「奴だけがライバルじゃない」と言ったりして、互いに挑発し合うような真似もする。

2人の不仲を取り沙汰すニュースは今後も色々出てくるだろうけど、実のところ2人は、“ライバルとして非常に良い関係にある”んじゃないかな?



b0039141_2542355.jpg

お控えなすって。あっし、ヤマハ一家フィアット組組長のロッシと申します。
今年でGPキャリア15年目です。タイトルはもう9回獲ってます。
今年10個目いただきます。若造どもにはまだまだ負けせん。
Photo © Yamaha Motor Co.


b0039141_2553054.jpg

お控えなすって。あっし、ヤマハ一家フィアット組若頭のロレンツォと申します。
MotoGPクラスにステップアップして3年目。過去2年はちょいとミスが多すぎやした。
今年のあっしは違います。タマぁ獲って、オトコ上げさせていただきます。
Photo © Yamaha Motor Co.




単なる仲良しではなくて、言ってみれば、互いの力量を認め合い、闘争心を煽り合うライバル同士。だから、相手を讃える言葉が素直に出てくる一方で、時には相手を牽制したり、プレッシャーを掛けるために挑発し合うような姿も見せる。

そういえば、かつて似たようなライバル同士の姿を見たことがあった。
関係が良好だった頃のセナとプロストだ。
互いに認め合い、競い合い、高めあった2人は、2人で全16戦中15勝を挙げる歴史的勝利を記録した。

どうやら今季も、フィアット・ヤマハがライバルを圧倒する強さを発揮しそうだな。


b0039141_253353.jpg

チームメイトこそ最大のライバル。これ、モータースポーツ界の定説です。
Photo © Yamaha Motor Co.











・・・・・そういえば、セナとプロストの良好な関係はずいぶん短かったなぁ(ボソ
[PR]
by oretch | 2010-02-06 03:01 | MotoGP

2007年 08月 08日
【MotoGP】第11戦 アメリカGP レビュー
ストーナーの圧勝に感嘆の溜息。ロッシの惨敗に絶望の溜息。

b0039141_252391.jpg

いまのストーナー&ドゥカ&BSはまさにパーフェクト・パッケージ。
マジ強い。奥さんマジかわいい。
Photo © DPPI / www.Moto-Live.com


b0039141_2525128.jpg

ロッシもうボロボロ・・・
思うようなレースができずに相当フラストレーション溜まってんだろうなぁ。
Photo © DPPI / www.Moto-Live.com


関連記事 → 【MotoGP】第11戦 アメリカGP 結果

→ Rece Review 本編
[PR]
by oretch | 2007-08-08 23:53 | MotoGP

2007年 06月 29日
【MotoGP】第9戦 ダッチTT(オランダGP) プレビュー
今シーズン前半戦を締める伝統のダッチTT。ヨーロッパ・ラウンドに入ればロッシが反撃する予定だったのが、蓋を開けてみれば好調ストーナーがロッシの得意なコースで2連勝と強烈な返り討ち。
WGP創生の時から、数え切れないほどのドラマを生んできたアッセン。魔物が棲むとも言われるファン・ドレンテで、今年はどんなドラマが見られるやら・・・・


■ アッセン・サーキット概要

オランダ北部アッセンの郊外の牧草地にあるサーキット。正式名称は「TT Circuit Assen」。GP初開催は1949年。つまりWGP創設の年から57年間、絶えることなくWGPが開催されてきた最も伝統と歴史のあるサーキット。「オランダGP」ではなく「ダッチTT(Tourist Trophy)」という名称を使用したり、6月最後の週の土曜日(宗教上の理由)に毎年開催される点もWGPのド定番中のド定番の伝統である。

古いサーキットの例に漏れず、ここも元々は一般公道を閉鎖して使用する公道サーキットの一つで、全長6kmを超える世界でも屈指の高速テクニカル・コースとして有名だった。が、近年のレース速度の高速化にと安全対策への対処から、ここ数年にかけて大規模な改修工事を敢行。2006年には遂に、数々の好バトルを生み出した “ノース・ループ”と呼ばれるコース北側が姿を消し、全長4,555mの全く新しいサーキットに生まれ変わった。

コースは左ターン6個、右ターン11個の合計17個のコーナーから成り、全長は短くなれど依然としてテクニカルなレイアウトを誇る。コースはタイトなコーナー主体の低速セクションから始まって、サーキットで最長のストレート区間、長さ560mのバックストレートへと続く。そこから先は旧来のコースがそのまま残されていて、高速コーナーがこれでもかと続く高速セクションに変わる。ピットエリアから最も遠い「Mandeveen」「Duikersloot」の2つのコーナーを抜けた先は特にダイナミックで、コースをぐるっと囲むように造成されている土手製の観客席の目の前を、カント(イン側に下る傾斜)のつけられたコーナーを右に左にマシンを倒しながら、200km/h以上の高速で駆け抜けていく。

パッシング・ポイントは1コーナーとバックストレート終わりの右コーナー。そしてホームストレート手前の最終シケイン。特に最終シケインは、これまで数々の大逆転劇を演出してきたこのコース最大の勝負どころ。最終ラップにシケイン出口からフィニッシュラインまでが短いので、もし混戦になったら、最終ラップのシケインを過ぎるまでは誰が勝つか予測不可!
昨年、最終ラップにC.Edwardsが痛恨のクラッシュを喫し、フィニッシュ・ラインまで残り僅か数十mのところで初勝利を逃したドラマは記憶に新しい。

シーズンの折り返しに近い時期に開催されること、そしてテクニカルなコースゆえのアクシデント発生率の高さもあって、ダッチTTはこれまでたびたびシーズンの行方を左右する重要なレースとなってきた。それゆえ、“ファン・ドレンテ(アッセン・サーキットの別名)には魔物が棲んでいる”と恐れられている。
さて今年、アッセンの魔物に取り憑かれるのは果たして誰かな・・・?

b0039141_16314194.jpg
Image © Aerodata International Surveys
© Europe Technologies / Google


 Adress : 9400 AD Assenm, Netherlands
 URL : http://www.tt-assen.com
 GoogleMaps : 52.958773,6.521544

過去のデータと分析と独断予想
[PR]
by oretch | 2007-06-29 21:39 | MotoGP

2007年 06月 03日
【MotoGP】第6戦 イタリアGP 予選

今シーズン前半の山場、イタリアGPが始まった。

こっから反攻に転じたいロッシは、今年もやっぱし恒例のスペシャル・ヘルメットで登場。


b0039141_15203514.jpg

b0039141_15204367.jpg

アタマにでっかいハートをあしらったヘルメット。
後頭部になんか書いてあるけど読めないや。
Photo © Yamaha Factory Racing / Motorsport.com


今年はスペシャル・ヘルメットはロッシだけじゃなくて、カピとマルコメも用意してた。
イタリア祭りでもやろうってぇのかな?

b0039141_15223775.jpg

カピはイタリア国旗のトリコロール・カラー。以前ロッシが同じの使ってなかった?
Photo © CRASHNET


b0039141_15234297.jpg

メランドリは赤地にでっかく「33」のナンバリング。で、そのココロは?
Photo © CRASHNET


さて、そんで予選結果だけども、あいにくの雨でタイム的には見所はなく、
でもPPにストーナー、3番手にロッシと、主役の2人がきっちりフロントローに並んできた。


Qualify Classification / Wet

Pos. # Rider (Nat.)      Makes; Team; Tyre Time/Gap (Grid)
-------------------------------------------------------------
[ 1] 27 Casey STONER (AUS) Ducati; Marlboro; BS  2;00.359
[ 2] 71 Chrsi VERMEULEN (AUS) Suzuki; Rizla; BS  2:01.381 +1.022
[ 3] 46 Valentino ROSSI (ITA) Yamaha; FIAT; MI  2.01.695 +1.336

[ 4] 19 Olivier JACQUE (FRA) Kawasaki; K.R.T; BS  2:01.709 +1.350
[ 5] 65 Loris CAPIROSSI (ITA) Ducati; Marlboro; BS  2:01.797 +1.438
[ 6] 33 Marco MELANDRI (ITA) Honda; Gresini; BS  2:02.001 +1.642

[ 7] 14 Randy De PUNIET (FRA) Kawasaki; K.R.T; BS  2:02.443 +2.084
[ 8] 26 Dani Pedrosa (ESP) Honda; Repsol; MI  2:02.776 +2.417
[ 9] 21 John HOPKINS (USA) Suzuki; Rizla; BS  2:02.932 +2.573

[10]  4 Alex BARRPS (BRA) Ducati; Pramac; BS  2:03.025 +2.666
[11] 66 Alex HOFMANN (GER) Ducati; Pramac; BS  2:03.920 +3.561
[12] 56 Shinya NAKANO (JPN) Honda; JiR; MI  2:04.185 +3.826

[13]  1 Nicky HAYDEN (USA) Honda; Repsol; MI  2:04.353 +3.994
[14]  7 Carlos CHECA (ESP) Honda; LCR; MI  2:04.971 +4.612
[15] 24 Toni ELIAS (ESP) Honda; Gresini; BS  2:05.592 +5.233

[16]  5 Colin Edwards (USA) Yamaha; FIAT; MI  2:06.254 +5.895
[17] 50 Sylvain GUINTOLI (FRA) Yamaha; Dunlop; DL  2:06.426 +6.067
[18] 10 Kenny ROBERTS (USA) Roberts; Roberts; MI  2:06.660 +6.301

[19] 80 Kurtis ROBERTS (USA) Roberts; Roberts; DL  2:07.571 +7.212

DNQ  6 Makoto TAMADA (JPN) Yamaha; Dunlop; DL  2.:09.080


b0039141_15403926.jpg

Photo © Ducati Corse / Motorsport.com


ストーナーが久々のPPゲットで、まずは予選でロッシに先制パンチ。

でも雨だからね。決勝は全く予測がつかない。

いったいどんなレースになるのかワクワクワクワクワク(決勝スタートまで繰り返し)



ところで、タマヤンの予選落ちってどういうことよ?

b0039141_15435243.jpg

タマヤンにいったい何があった!?
Photo © CRASHNET

[PR]
by oretch | 2007-06-03 15:31 | MotoGP

2007年 06月 02日
【MotoGP】第6戦 イタリアGP プレビュー
脅威の最高速を武器に絶好調のストーナーが勝つか?
それともムジェロ5連覇中のロッシが反撃の狼煙をあげるのか?
今季前半の山場となりそうなイタリアGP。つーことで久々プレビュー。

■ ムジェロ・サーキット概要

イタリア北部トスカーナ地方の山中にあり、土地の起伏を活かしたアップダウンに富んだ中高速のテクニカル・サーキット。正式名称は「Autodromo Internazionale del Mugello」。
WGP初開催は1976年。当時はイタリアGPではなく、ネイションズGPという名前で開催されていた。イタリアで開催されるGPは、年によってコース(イモラ、ミサノ、モンツァ)やGP名(ネイションズGP、イタリアGP、サンマリノGP)がいろいろ変わってきたけど、 1994年以降はイタリアGP開催地として定着した。
F1のフェラーリがテストコースとしても使用されていて、ロッシがフェラーリF1を、シューマッハがドゥカティのMotoGPマシンをここでテストしたこともある。
b0039141_0135947.jpg

コースの全長は5,245m。セパン(マレーシア;5,548m)、ロサイル(カタール;5,380m)、イスタンブール(トルコ;5,340m)、上海(中国;5,281m)に次ぐ長さ。1,141mのホームストレートは上海のバックストレート(1,202m)に次ぐ長さを誇り、2005年のイタリアGPでC.Checaが340.5km/hの最高速をマークした。

コース・レイアウトは、右コーナー9つ、左コーナー6つの合計15のコーナーから成り、カタカナのコの字を反対にした形で、名物の超高速ホームストレートを囲むように配置されている。1コーナーを抜けた後は、左、右、左、右と登り勾配の中速コーナーがダラダラと続く。その先で8コーナー、9コーナーと右回りのコーナーを連続してグルっと大回りしてコースの反対側に出ると、今度は下りながら進入する難しいコーナーが再び右、左、右、左と続く。180度ぐるりと回る最終15コーナーは、そのあとの長い長いホームストレートでのトップスピードの伸びに影響するので立ち上がり重視のラインで回る。ライダーはみな身体をスクリーンに目一杯伏せてアクセル全開でホームストレートを突進する。
剥き出し340km/hの超高速で繰り広げられるスリップストリームを使った抜き合いはまさにスペクタクロ。そこから一気に100km/h以下にまで減速する1コーナーがこのコース最大の勝負ポイント。

b0039141_0163646.jpg

Photo © CRASHNET


Adress : Via Senni, 50038 Scarperia, Italy
URL : http://www.mugellocircuit.it
GoogleMaps : 43.997369,11.371965

過去の成績と独断と偏見に満ちた予想
[PR]
by oretch | 2007-06-02 00:15 | MotoGP

2007年 03月 25日
【MotoGP】第2戦 スペインGP プレビュー
第2戦は地上波も当日放送! ラブ日テレ!

■ ヘレス・サーキット概要

正式名称は「Circuito de Jerez」。全長4,423m。WGP初開催は1987年。ここ数年、スペインでは年に3回もGPが開催されているけど、ヘレスはその中で最も歴史が古く、今年で21周年を迎える。かつては敷地内の丘に、地元の名産品シェリー酒の瓶を模った巨大なモニュメント(ブランドは確か「TioPepe」だったと思う)が聳え立っていたけど、今はもう無くなっちゃたんだっけ? 今はホームストレートを覆うように鎮座する円盤のようなプレスセンターが目を引く。

b0039141_3411678.jpg

Photo (C) Yamaha Motor Co.


今季は3年ぶりに開幕戦をフライアウェイ・サーキット(ロサイル)に譲り、再び“ヨーロッパラウンドの開幕戦”として開催されることになった。
ヘレスではエキサイティングなレースが展開される確率が高い。1989年はトップ独走中のシュワンツが単独クラッシュしてローソンがホンダ移籍後初優勝を飾った。1996年は最終ラップに興奮した観客がコースに雪崩れ込んで大混乱を巻き起こし、地元の英雄クリビーレがドゥーハンに大逆転で敗北を喫した。一昨年は最終ラップの最終コーナーでロッシとジベルノウが接触して大きな禍根を残し、昨年はロッシがスタート直後の第一コーナーでクラッシュし、V6を逃すきっかけになったのは記憶に新しいところ。

b0039141_342688.gif

Map (C) Rizla Suzuki


コースレイアウトは、流れるように中高速コーナーが連続したあと、短いストレートとその最後にヘアピンが待ち受けるはなかなかテクニカルなレイアウト。コーナーの連続区間ではフロントの安定性が、ヘアピンの立ち上がりではリアのトラクションが大事。大きなトラクションのかかるコーナーに右ターンが多いことから、タイヤのライフマネジメントも重要。セッティング難しそう。

コース脇には、1993年にこの地で他界した故若井伸之のためのフラミンゴのモニュメントが今も立っている。

Adress : Carretera de Arcos, Apartado de Correos 1709, Jerez, Spain
URL : http://www.circuitodejerez.com/
GoogleMaps : 36.709356,-6.032739

b0039141_3435179.jpg

Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA


過去のデータと分析と独断予想
[PR]
by oretch | 2007-03-25 02:20 | MotoGP

2007年 03月 25日
【MotoGP】2007シーズン・プレビュー その2 (DSKRI編)
その1(H、Y編)に続き、Ducati、Suzuki、Kawasaki、Roberts、Ilmor編。

 ★★★★★=チャンピオン争いレベル
 ★★★★=優勝争いレベル
 ★★★=表彰台争いレベル
 ★★=入賞争いレベル
 ★=グリッドの賑やかしレベル
 ☆=0.5

 ※ [ ]はカーナンバー。
 ※ テスト・タイムは2007年中に開催されたテストでのベスト・タイム。
 ※ テスト・タイムの順位はフル・エントリー・ライダーのみ対象としたもの。
 ※ 参戦シーズン数は最高峰クラスのフル・エントリー・シーズンのみ対象。
 ※ キャリアは最高峰クラスの記録のみ対象。

More
[PR]
by oretch | 2007-03-25 01:41 | MotoGP

2007年 03月 25日
【MotoGP】2007シーズン・プレビュー その1 (HY編)
すでにシーズン開幕してて後出しジャンケンみたいだけども。

つーことで、昨季の成績やオフ中のマシンテストの様子などから、各ライダーの今季の活躍を★印評価で独断予想。評価と一言コメントについてのご苦情はコメント欄まで。

まずはタイトルを争い双璧、HondaとYamaha編から。

 ★★★★★=チャンピオン争いレベル
 ★★★★=優勝争いレベル
 ★★★=表彰台争いレベル
 ★★=入賞争いレベル
 ★=グリッドの賑やかしレベル
 ☆=0.5

 ※ [ ]はカーナンバー。
 ※ テスト・タイムは2007年中に開催されたテストでのベスト・タイム。
 ※ テスト・タイムの順位はフル・エントリー・ライダーのみ対象としたもの。
 ※ 参戦シーズン数は最高峰クラスのフル・エントリー・シーズンのみ対象。
 ※ キャリアは最高峰クラスの記録のみ対象。


それではプレビューいってみよう!




Honda

Honda RC212V

b0039141_23424355.jpg

Photo (C) Repsol YPF Media / Intelimark

 評 価  : ★★★★★
 昨 季  : チャンピオン
         優勝 8回 (1位)
         表彰台 27回 (1位)
         ポールポジション 6回 (1位)
         ファステストラップ 7回 (1位)
         リードラップ 125周 28.6% (2位)
 今季テスト: @Sepan (Jan) 2'01.664 (4/6位) 26 D.Pedrosa
         @Phillip Island 1'29.520 (1/4位) 1 N.Hayden
         @Sepang (Feb) - (-位) -
         @Qatar     1'55.471 (1/7位) 26 D.Pedrosa
         @BMW Award 1'38.527 (2/7位) 26 D.Pedorsa


Repsol Honda

[ 1] Nicky Hayden (USA) / Repsol Honda

b0039141_23491665.jpg

Photo (C) DPPI / www.Moto-Live.com

b0039141_2351960.jpg

Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA

 評 価  : ★★★★☆
 一 言  : 真価問われるディフェンディング王者
 年 齢  : 1981年7月生まれ 25歳
 昨 季  : チャンピオン
         優勝 2回 (4位タイ)
         表彰台 10回 (1位タイ)
         入賞 16回 (1位タイ)
         ポールポジション 1回 (5位タイ)
         ファステストラップ 2回 (4位)
         リードラップ 29周 6.6% (6位)
 キャリア : 5シーズン目
         チャンピオン 1回 (歴代14位タイ) 2006年
         累積獲得ポイント 705点
         出走 65回
         優勝 3回 (同34位タイ)
         表彰台 20回 (同26位)
         ポールポジション 4回 (同25位タイ)
         ポール・トゥ・ウィン 1回 (同22位タイ)
         ファステストラップ 4回 (同29位タイ)
 今季テスト: @Sepan (Jan) 2'01.884 (7/21位)
         @Phillip Island 1'29.520 (1/12位)
         @Sepang (Feb) - (-位)
         @Qatar     1'57.070 (14/22位)
         @BMW Award 1'39.556 (4/21位)
 備 考  : 昨季念願の王者獲得したものの、実際はロッシの自滅に助けられた。
         キャリア3勝のうち2勝が母国GPという内弁慶ぶりは克服が必要。
         真の王者として名を残したければ、死に物狂いでV2を決めろ!

More
[PR]
by oretch | 2007-03-25 01:01 | MotoGP

2006年 10月 29日
【MotoGP】第17戦 バレンシアGP プレビュー
世紀の一戦!

b0039141_2401936.jpg

Photo © motogp.com



■ バレンシア・サーキット概要

b0039141_2364793.jpgスペイン、バレンシア州のチェステ近郊に建設された、ヘレス、カタルニアに次ぐスペイン第3のサーキット。少数派の半時計回りサーキットの1つ。
正式名称は「Circuit de la Comunitat Valenciana Ricardo Tormo」。名前にあるRicardo Tormoとは、50ccクラス(現在は廃止)で2度タイトルを獲った地元のライダー。
WGP初開催は1999年。地元のクリビーレがスペイン人として始めて最高峰クラス(当時500ccクラス)でチャンピオンになった記念すべき年。当初はシーズン終盤のフライアウェイ・ラウンド前のヨーロッパラ最終戦として開催されていたが、MotoGPクラス元年の2002年以降はシーズン全体の最終戦として定着している。
(Map © F1.LT)

全長4,005mはラグナセカ、ザクセンに次ぐ3番目の短さ。最長ストレート区間は876m。近代サーキットらしい、Rのきついタイトな低速コーナーが次々と現れる典型的なストップ&ゴーのレイアウト。サーキット全体に渡ってアップダウンがあり、下りながら進入するコーナーが多い。コーナーセクションはとにかくミスせず加速減速で遅れをとらないように無難に走って、ホームストレートエンドの第1コーナーで勝負するのがセオリー。
また、グランドスタンドからはサーキット全体が見渡せるように設計されているので、よく見てるとTV画面からも観客の興奮が伝わってくるよ。

URL : http://www.circuitvalencia.com
GoogleMaps : 39.485979,-0.630662


b0039141_244499.jpg

Photo © motogp.com


過去のデータと分析予想を読んでみる
[PR]
by oretch | 2006-10-29 01:36 | MotoGP

2006年 10月 07日
【F1】第17戦 日本GP プレビュー
ミハエル・シューマッハは「このトラックは夢のようだ。特に最初のセクターがね」と言う。
「トラックのこの部分をドライブするのはすごくワクワクするね。S字カーブやそのリズム、本当に素晴らしい」
F1通信より)

今シーズンが始まってからは、F1に関する記事といえば結果を書くので手一杯。プレビューどころかレビューすら書く余裕が無かった。

だけど日本GPだけはそういうわけにはいかん。

来季から日本GPの舞台は富士に移る。過去20年にわたって最高のショーを提供してくれた鈴鹿は今年で“当面の間”ラスト。さらにF1史上に残る数々の金字塔を築いてきた偉大なチャンピオン、皇帝シューマッハも今季限りで引退。つまり「鈴鹿ラスト×皇帝ラスト」ってことなんだから、これはプレビューからちゃんと書いとかないと気がすまない。

っつーことで久々のF1GPプレビュー。

b0039141_10285550.jpg

Photo (C) CRASHNET / Yahoo!ITALIA


■ 2005 Result

Classification : Dry : 74Laps

[1]  9 Kimi Raikkonen (FIN) / McLaren MP4-20 / MI  1:29'02.212
[2]  6 Giancarlo Fisichella (ITA) / Renault R25 / MI  +1.633
[3]  5 Fernando Alonso (ESP) / Renault R25 / MI  +17.456
[4]  7 Mark Webber (AUS) / Williams FW27 / MI  +22.274
[5]  3 Jenson Button (GBR) / B.A.R. 007 / MI  +29.507
[6] 14 David Coulthard (GBR) / Red Bull RB1 / MI  +31.601
[7]  1 Michael Schumacher (GER) / Ferrari F2005 / BS  +33.879
[8] 17 Ralf Schumacher (GER) / Toyota TF105 / MI  +49.548

Race Leader

 Lap 1  17 R.Schumacher / Toyota
 Lap13  6 G.Fishichella / Renault
 Lap21  3 J.Button / BAR
 Lap23 14 D.Coulthard / Red Bull
 Lap24  1 M.Schumacher / Ferrari
 Lap27  6 G.Fishichella / Renault
 Lap39  3 J.Button / BAR
 Lap41  9 K.Raikkonen / McLaren
 Lap46  6 G.Fishichella / Renault
 Lap53  9 K.Raikkonen / McLaren

Pole Position

17 Ralf Schumacher (GER) / Toyota TF105 / MI 1'46.106

Fastest Lap

9 Kimi Raikkonen (FIN) / McLaren Mercedes MP4-20 / MI 1'31.540


去年の日本GPはまさに「ライコネン・ショー」。17番グリッドから怒涛の追い上げで最終ラップに逆転優勝。前戦で初タイトルを獲得したアロンソも8列目から見事な追い上げだった。恐らくF1史上に残る名レース。
それもこれも鈴鹿だったからだと思うんだけどねぇ・・・

【F1】第18戦 日本GP 結果/レビュー

過去の成績と独断予想
[PR]
by oretch | 2006-10-07 10:26 | F1