タグ:Rossi ( 57 ) タグの人気記事

2006年 06月 18日
【ロッシ狂奏曲】結論確定 ロッシコラム
「レースにかける僕の情熱は、昔も今も変わっていない。このコラムを読んでいるみんなは分かってくれるだろうけれど、この変わらぬ情熱こそが、僕がモトGPに留まる決断をした理由だ。そう、僕はF1へは転向しない。」
(ヤマハ発動機「Ciao tutti!」より)


b0039141_1422430.jpg

ロッシ自身が告白するF1転向見送りの理由とは・・・?
Photo (C) Yamaha Motor Co.


ヤマハのレース情報見にいったらロッシのコラムが掲載されていた。

ヤマハ発動機 バレンティーノ・ロッシコラム「Ciao tutti!」 (2006/03/15)

こんなの前からあったっけ? コラムの末尾に今回が最初って書いてあったから、これから定期的に掲載していく予定なのかな?
ま、どうでもいいんだけど。

いや、内容の方はどうでもよくないか。ここ最近のロッシにまつわる数々の話題について、ロッシみずから語ってるから貴重なコラムだ。

続きを読む
[PR]
by oretch | 2006-06-18 00:38 | MotoGP

2006年 06月 06日
【ロッシ狂奏曲】ロッシがF1を蹴った理由
ロッシの2輪残留のニュースが流れた時は、ロッシがF1を蹴った理由を環境面から考えてみた。シューマッハ残留とライコネン移籍(という噂)によるフェラーリ・シートの空きの問題や、本業である今季WGPでの低迷、強力な新人の台頭、そして来季のレギュレーション変更。


さて、いつも巡回している「F1通信」に、ロッシの内面的な理由を伝える記事が紹介されていた。

itv SPORT : Rossi gives his reasons (2006/06/02)
“It was at the Valencia test when Valentino realised that the driver is nothing in Formula 1,” the source told MCN.
「ヴァレンティーノが、F1ではドライバーは無価値だということを実感したのは、バレンシア・テスト(F1合同テスト)の時だ」と情報源はMCNに語った。

“While he was driving the car the engineers were constantly on the radio telling him what he could and couldn’t do.
「彼がF1カーをドライブしている間中、エンジニアが絶えず無線で、何をすべきで何をすべきでないか指図していた」

“Straight away he didn’t like this.”
「彼はすぐにこれが嫌になった」

The test reportedly convinced Rossi that F1 is primarily an “engineer’s sport” and that he would be unable to express himself the way he does on a motorcycle.
ロッシはこのテストを通して、F1とは元来「エンジニアのスポーツ」であり、自分が2輪でやっているように自分自身を表現することはできないとことを確信したと伝えられている。


「エンジニアのスポーツ」という表現はウマイな。現代F1はまさにその通り。
マシンのハンディを自分の腕でカバーして勝つ喜びを知っているロッシには、あれこれ指図されながら走るなんて、きっと退屈極まりないに違いない。

レース界の自由人((C)ベストカー)ことロッシは、そもそも権威主義のF1の中に納まりきるような器じゃないんだよ。

やっぱりF1に行かなくて正解。

b0039141_0354434.jpg

こんなことしちゃうロッシは、そもそもF1とは水と油だったんだよ。
(通算7度目のチャンピオンを決めた2005年マレーシアGPにて)
Photo (C) Yamaha Motor Co.

[PR]
by oretch | 2006-06-06 00:10 | MotoGP

2006年 06月 05日
【MotoGP】ロッシの強さの秘密
結局LiveTimingで観戦しちゃった。
次の土曜日(地上波放送日)まで我慢できんかった・・・


さて、ロッシの恒例スペシャル・ヘルメットについては既に触れたけど、ろっしふみの奴め、用意してたのはそれだけじゃなかった。

前戦フランスGPでのこと。
ロッシはスタート前まで、ポイント・スタンディング・トップのヘイデンとのポイント差「32」を茶化した自虐的なステッカーを用意しておチャラケてた。

More
[PR]
by oretch | 2006-06-05 22:56 | MotoGP

2006年 06月 04日
【MotoGP】ロッシのイタリアGPスペシャル・ヘルメット
イタリアGPの地上波の放送は来週かよー!?
うーん、どうしよっかなぁ?
明日、LiveTiming感染するか、それとも1週間ネット断ちしてTV放送を待つか・・・。

さて、毎年恒例のロッシのイタリアGPスペシャル・ヘルメットが今年も登場した。

motogp.com : Rossi with new helmet for Mugello (2006/06/03)
As is traditional at Mugello, Valentino Rossi has taken a turn on the MotoGP carwalk with a new helmet designed by Mino Manara. In a comic-book style, entitled "Quarantasei," the reigning World Champion has put the main characters on his headgear.
His bulldog mascot Guido, alongside some of Rossi's favourite celebrities including Jim Morrison, Steve McQueen and Enzo Ferrari, feature alongside
the Italian rider.

なんかこれまでとちょっと雰囲気違うね。

More
[PR]
by oretch | 2006-06-04 02:22 | MotoGP

2006年 06月 03日
【ロッシ狂奏曲】2007年もヤマハ 契約更新
納まるところに納まったって感じ。

ヤマハ発動機 : V・ロッシ、来季もヤマハでモトGPに参戦! (2006/06/01)
モトGP世界選手権チャンピオン、バレンティーノ・ロッシ選手のヤマハ・ファクトリー・チーム残留がこのほど決定した。モトGPの排気量上限が800ccへと変更され新たな時代を迎える2007年、ロッシは引き続きヤマハ・ファクトリー・チームから参戦し、マシン開発を担うこととなる。

L・ジャービス(ヤマハ・モーター・レーシング・マネージングダイレクター): 「まず、バレンティーノがモトGPに残ることが決定してとても嬉しい。彼はモーターサイクル・レース界の大使のようなもの。今日のライダーのなかで最も速く、最も才能があり、このスポーツのイメージを世界に向けて発信するにはなくてはならない人物だ。
そのバレンティーノが来季もヤマハとともに戦う道を選択してくれたことも素晴らしい。ヤマハファンにとっても非常に嬉しいニュースだ。バレンティーノの活動はファンに一体感をもたらし、さらにこれからも“ヤマハファミリー”の輪が日々広がっていくだろう。」

V・ロッシ: 「来年もヤマハに残ることになってとても嬉しいよ。ヤマハとともに戦った2年間は、僕のこれまでのキャリアのなかでも最高の2年だったからね。この選択が正しかったと確信しているし、来年も彼らと一緒に新クラスにチャレンジするのが楽しみだ」

(ヤマハより抜粋)


b0039141_3563896.jpg

ヤマハと契約を更新したろっしふみは、いま何を思う?
Photo (C) Yamaha Motor Co.


ロッシのF1転向が取りざたされるようになったのはいつごろからだったかな?

ロッシがフェラーリの社内コース、フィオラノで初めてF1マシンをドライブしたのは2004年の4月。極秘テストのはずがその日のうちにTVでトップニュースとして報道されちゃったとか。

あれからどんどん話が大きくなって、一時はまるで本職のテスト・ドライバーなみに「月イチでテスト」なんて話まで飛び出したり、今年のオフにはついにF1合同テストにまで参加しちゃって、ヨーロッパでの報道を見てると、もうほとんどフェラーリ入りは秒読み段階に入ったような雰囲気にまで盛り上がっちゃった。

背景には色々な理由が考えられる。

まず、イタリアの象徴の一つであるフェラーリの凋落。皇帝がタイトルを失い、その神通力に翳りが見えてきてただけに、いまやイタリアNo.1の人気者となったロッシを新しいフェラーリの救世主に祭り上げることは、あるいはイタリア国民にとっては必然だったんだろう。

そしてなんと言ってもロッシのモチベーションの問題があった。

年齢的にはロッシは今年ようやく27歳になったばかりで、まだまだ若手と言っても違和感のない若さ。にもかかわらず、これまでに獲得したタイトルはすでに7つを数え、最高峰クラス5連覇を持ち出すまでも無く、もはや敵無しの状態。これ以上、一体何をモチベーションにしようってーのよ? というところまできてしまっていた。

このモチベーションの問題を考えたとき、実のところロッシがF1に行ってもしょうがないかな? と思ってた。

バーンナウト。燃え尽き症候群。

若くして既に成功を収め、すべてを手に入れてしまった早熟の天才が、もはやそれ以上のモチベーションを見出すことが出来ずに燃え尽きたように消えていくという悲劇。過去にフレディ・スペンサーという実例を知っているだけに、あの時のようにこのままロッシを失うくらいなら、F1に行ってくれたほうがマシだものね。

b0039141_3565255.jpg

もはや全てをやり尽くしてしまった天才ゆえの悩み・・・って感じでもなかったか
Photo (C) Yamaha Motor Co.


ところが、シーズンが始まると状況は一変した。

フェラーリが見事復活し、ロッシにシートを譲ると見られていたシューマッハは現役続行の様子。さらにライコネンが既にフェラーリと契約しているという噂は根強く、となるとフェラーリにはもはやロッシのシートは残っていない。

さらに足元を見てみれば本業の方が絶不調。頼りのYZR-M1に深刻なバイブレーション問題が発生し、カタールでこそ勝ったものの、中国、フランスで次々とマシントラブルに見舞われて、ポイントトップのヘイデンに40点以上の差をつけられてしまった。現在のランキングは8位。ロッシの闘志が燃えないはずがない。

そしてダメ押しはペドロサやストーナーといった若手の台頭だ。王者のモチベーション・カンフル剤として、強力なライバルの出現ほど効果的なものはない。

そうそう、来シーズンはエンジンの排気量が990ccから800ccに変更されることも重要なポイントだ。再びマシンをイチから作り上げていくという作業も、きっとロッシのモチベーションを掻き立てるに違いない。
もしロッシが800ccになったMotoGPクラスでもタイトルを獲れたなら、WGP史上初めての5クラス(排気量)制覇という偉業を達成することになるしね。


まぁ、そんなこんなで、結局F1への転向話は立ち消えとなり、ヤマハと来季の契約を更新するに及んで、ここ2年余り続いてきた騒動も一件落着となった。

めでたしめでたし。
これでロッシ・ファンはようやく枕を高くして寝ることができるね。


少なくとも来年までは、ね。


b0039141_357312.jpg

Photo (C) Yamaha Motor Co.





そういえば契約更改に伴って次のような宣言もしてたな。
「残り12戦で11勝する」

ドゥーハンの持つ年間最多勝記録を更新してチャンピオンを獲ると。
それでこそロッシ。
[PR]
by oretch | 2006-06-03 01:41 | MotoGP

2006年 05月 26日
【ロッシ狂奏曲】WGP参戦継続発表
「全てが順風満帆」「向かうところ敵なし」「何をやっても上手くいく」

これまでのロッシをたとえるならそんな感じ。

b0039141_14221332.jpg

なぜかって? ボクがボクだからサ
Photo (C) Associated Press / Yahoo!ITALIA


世の中には、何をやっても上手くいく奴というのがいる。
これまでのロッシはまさにそんな奴だった。



これまでは。

そう、「これまで」は。

なぜ「これまで」なのかと言えば、なんかこのところロッシのツキが落ち始めた感じがするから。

今年の1月、F1の合同テストにロッシが登場したあたりまでは問題なかった。2輪の天才王者が賛否両論の中、4輪に殴りこみをかける。稀代の天才ロッシだからこその話題が沸騰する様に、まさにロッシ天下の絶頂を感じさせた。

ところがその後突然として持ち上がったYZR-M1のバイブレーション問題。解決せぬまま突入したシーズン開幕戦では、スタート直後の1コーナーで追突されてレースを棒に振る不運。カタールで持ち直したかに見えたものの、次のトルコでは存在感の無いままに表彰台を見上げ、中国GPでは絶好調宣言を出した途端にタイヤトラブルでリタイア。そしてダメ押しとばかりに、フランスGPではトップ独走中にマシントラブルが発生し奈落の底に突き落とされた。
仲がいいはずのあの人物から猿呼ばわりされた、なんてのもあったな・・・(もちろんこれは冗談でだけど)

そうそう、先日発表されたローレウス賞では3年連続受賞を逃した。スピリッツ賞という特別賞は受賞したものの、見方によっては体のいい残念賞と言えなくも無い。

b0039141_14121520.jpg

レース前は「-32」。レース後は「-43」に拡大・・・
Photo (C) Yamaha Racing


フランスGPのレース前は、こんなポーズとってお茶らける余裕があった。
つい数日前には爆笑したこの写真も、リタイア後にガックリと肩を落としたままモーターホームに消えていく後姿を見てしまったら、今はただ空虚なものにしか感じられない。
天真爛漫、天衣無縫。かつてはロッシの代名詞とも言えたこれらの言葉も、このところすっかり剣のある表情が目立つようになった最近は、ただ空しく響くばかり。

今この状況では、シューマッハの冗談も笑っていられないよな。
やることなすこと全てダメ。まったく思い通りにコトが運ばない。なんか今そんな感じ。

どうした、ロッシ? ちょっと、疲れちまったのか?



なんて心配していたところに飛び込んできたビッグニュース。

motogp.com : V.ロッシ、MotoGP継続参戦を表明 (2006/05/25)
バレンティーノ・ロッシは24日、イタリア通信社の取材に対して、2007年のF1入りを否定。MotoGPに継続参戦すると語った。

"no Formula 1, at least not for the moment. I am staying with bikes...."
F1はない。少なくとも現時点では。バイクを続けるよ。もう少しMotoGPで走り続けるつもりだ

"I believe my work in motorcycling is not yet finished. I still have so much to do and will carry on in MotoGP for a while."
バイクの仕事はまだ終わっていないと考える。たくさんの刺激があり、もうしばらくMotoGPに参戦する

そうか、そういうことか。ああ、そういうことだったんでぃすか。

つい数年前までのロッシは、レース前半は余力を残してライバルをわざと先行させ、先行したライダーが勝ちを意識し始めた頃合を見計らって、そののぼせ上がりをまるで嘲笑うかのように土壇場になってその本来の力を爆発させて逆転勝利を飾るのが常套手段だった。

今度はそれに倣って、シーズンそのものを演出しようって腹か?

さすがだな、このヤロ。

More
[PR]
by oretch | 2006-05-26 14:16 | モータースポーツ

2006年 05月 26日
ローレウス・スポーツ賞 結果
スポーツ界のアカデミー賞こと「ローレウス・スポーツ賞(LAUREUS SPORTS AWARD)」の今年の受賞者が発表された。

LAUREUS SPORTS AWARD

最注目の「WORLD SPORTSMAN OF THE YEAR」にノミネートされていたのはこの6人。
フェルナンド・アロンソ(スペイン) 自動車 初ノミネート
ランス・アームストロング(アメリカ) 自転車 5年連続5回目
ロジャー・フェデラー(スイス) テニス 3年連続3回目
ロナウジーニョ(ブラジル) サッカー 初ノミネート
ヴァレンディーノ・ロッシ(イタリア) バイク 3年連続3回目
タイガー・ウッズ(アメリカ) ゴルフ 3年ぶり5回目

4月に候補者が発表されたとき、オレッチも独断と偏見で予想をたてた。オレッチ一押しは当然ロッシ。今年こそ、3度目の正直でロッシが獲得するはず!
鼻息荒く断言したオレッチの予想は果たして当たったのか?

さぁ、注目の結果は・・・!!

More
[PR]
by oretch | 2006-05-26 11:41 | MotoGP