タグ:google maps ( 9 ) タグの人気記事

2008年 08月 06日
Googleのストリート・ビューはヤバイ
 
ようやく日本でも公開されたGoogleストリート・ビュー。

早速試してみたけど、いや~、これはスゴイね。
というか、スゴすぎて怖いね。


b0039141_23362224.jpg

ストリート・ビューは、平面目線で街の風景を見ることが出来る。スゲェ・・・
Image © Google



現在オレッチが住んでるところもストリート・ビューにバッチリ写っていた。
我が家は公道から奥まったところにあって、(カメラから見て)手前にある大きなナラの木が丁度良い目隠しになっていて不鮮明にしか写ってないから良かったけど、隣の家はベランダに干してある洗濯物がハッキリ写っていた。

でもこれってどうなのよ?

公道から撮影しているから、街中でなにげなく撮ったスナップ写真とたいして意味的には変わらないのかも知れない。でも、自分の行動がいつ、どこで撮影されているのかも分からず、そして撮影された自分の姿が知らないうちに世界に向けて公開されているとなると、やっぱりこれは怖い気がする。


b0039141_084878.jpg

独身時代、カミさんとの初デートで行った江戸川競技場。ラグビーの試合を見に行った。
・・・・あれ? 初デートは品川水族館だったかも? どっちだったっけ?
Image © Google


b0039141_23403981.jpg

同じく独身時代、よくクルマの中でカミさんとイチャイチャしてたところ。
もしそんな場面をGoogleを見つかってたら結婚してなかったかも・・・?
Image © Google



ストリート・ビューは本家アメリカでプライバシー侵害など色々な問題が噴出している。日本公開に合わせたのかどうか知らんけど、結局、個人を特定できるような情報(顔やカーナンバーなど)はボカシを入れることで対応しているみたいだけど、それだけで解決する問題かね?

これから問題や批判が噴出して大論争になるんだろう。アメリカではGoogleに反発する市民団体が報復としてGoogle幹部の自宅をネット上に晒したりしてるし、日本でも早速あちらこちらで「これはマズイだろ~」って言うようなシーンが色々見つけ出されて批判を呼んでいる。

今のところ、オレッチ自身はストリート・ビューに対して是とも非とも判断ができない。
色々問題はあるにせよ、多分に有用なサービスだとは思うから。

ただ、現在建築中のマイホームの所在地がまだGoogleに“見つかってなくて”、ちょっとホっとした。

ま、“見つかる”のは時間の問題なんだろうけど・・・・・


b0039141_23465473.jpg

我が家のレガシィはバッチリ写っちゃってるよ。こえぇぇ・・・・・
Image © Google


→ Googleのストリート・ビューはヤバイ 続き
[PR]
by oretch | 2008-08-06 23:18 | 雑記

2008年 03月 29日
気がつけばもう春
おっと、油断してたらもうすっかり春になってやがんの。

この1ヶ月、あれやこれやと仕事がたて込んできて、おまけに、今まで延ばし延ばしにしてた社内資格の勉強ももう逃げ切れなくなって、まぁ~えらいこと忙しい一月だった。

それでも、忙しい合間を縫って、家族であちこち遊びに行ってきた。
息抜き&リフレッシュには家族で遊ぶに限るね、やっぱし。


b0039141_14826.jpg


3月初旬、ポカポカ陽気に誘われて、多摩川・二子玉川まで散歩。
土手に自転車を停めて、ブラブラと河原を歩いたり、芝生に寝転んで日向ぼっこ。


b0039141_18164.jpg

二子玉川から多摩川の下流(海)方向を望む。抜けるような青空。


b0039141_182338.jpg

土手の芝生に寝転んで見上げた空。青一色の高い空。



そして3月中旬、春の兆しを求めて南房総へ。


b0039141_1182426.jpg

た い へ い よ う !


→ 気がつけばもう春 続き
[PR]
by oretch | 2008-03-29 01:22 | 雑記

2008年 01月 24日
D・ブラウンの『天使と悪魔』 そしてセルン

『天使と悪魔』という小説を昨日読み終えた。
『ダ・ビンチ・コード』で有名なダン・ブラウンの作品だ。

主人公は『ダ・ビンチ・コード』と同じく、宗教象徴学者のロバート・ラングドンで、ヴァチカンとローマを舞台にした宗教と科学の衝突を描いたサスペンスなんだけど、いやー、これがまた『ダ・ビンチ・コード』に勝るとも劣らず面白いの何のって。
またしてもやズッポシとハマってしまった。

クライマックス近くで、「おまえはセガールかっ!?」って突っ込みたくなるような場面もあるんだけど、ま、それはご愛嬌。

天使と悪魔 (上) (角川文庫)
ダン・ブラウン / / 角川書店
ISBN : 4042955010
スコア選択: ★★★★★



で、この小説の中に科学を代表する組織としてセルン(CERN)が登場する。
セルンとは、「CERN(Conseil Européen pour la Recherche Nucléaire)」、通称「欧州原子核研究機構」のこと。
→ 欧州原子核研究機構 公式サイト
→ wikipediaの欧州原子核研究機構の項

小説の中に実在の人物や組織、機関、事件なんかが出て来たらすぐにネットで調べずにはいられないオレッチは、早速セルンについても調べることにした。

→ D・ブラウンの『天使と悪魔』 そしてセルン 続き
[PR]
by oretch | 2008-01-24 01:22 | 雑記

2008年 01月 20日
【MotoGP】ジャカレパグア・サーキットが無くなる?

F1関係で流れたニュースだけど。

Home of Sport : Rio plans to demolish former Brazil GP track (2008/01/09)
F1通信 : リオデジャネイロ、かつてのブラジルGPトラック(ジャカレパグア)を撤去か (2008/01/09)
リオデジャネイロが2016年のオリンピック誘致のため、ブラジルにおけるF1の歴史の一部が脅威に曝されている。

同市は8日誘致計画の詳細を発表したが、1989年までブラジルGPを10回主催したジャカレパグアのレーストラックを撤去するという。

計画によると、1978年にいわゆるアウトドローモ・インテルナシオナル・ネルソン・ピケのために整地された湿地帯の平坦な埋立地は、いくつかのオリンピック競技の会場として利用されるという。
(F1通信より抜粋引用)

2004年、玉やんがダイジローの誕生日の7月4日にWGP初優勝を記録したのも、ノリックが1999年に海外サーキットで自身唯一の勝利を飾ったのも、このジャカレパグア(旧ネルソン・ピケ)・サーキットだった。

そんな思い出深いサーキットが姿を消すのは、なんとも悲しくて切ない。

でも、サーキットはなくなっても、思い出までは決して消えない。

あの時の玉やんやノリックの勇姿は、絶対に忘れないだろう。


とは言ったって、やっぱり寂しい話だなぁ・・・

b0039141_152917.jpg

b0039141_1522658.jpg

2004年第7戦ブラジルGPは7月4日開催。前年他界した親友ダイジローの誕生日だ。
タマヤンはビアッジとのバトルに競り勝ち、どうしても勝ちたかったこのレースを見事制した。
Photos © Honda Motor Co.


b0039141_1592171.jpg

1999年にノリックが勝った時も、バトルの相手はビアッジだった。
マシンをぶつけ合いながら最終コーナーを立ち上がってきた瞬間は鳥肌が立ったよ。
Photos © Yamaha Motor Co.





Google Mapで宇宙から覗いてみたら、すでに撤去作業は始まってるっぽいね・・・

→ Google Map : ジャカレパグア(旧ネルソンピケ)サーキット W22.976, S43.396
[PR]
by oretch | 2008-01-20 02:12 | MotoGP

2007年 12月 15日
【F1】世界最速タクシー・ドライバー その名はシューマッハ
わざわざ飛行機に乗って子犬受け取りに行くってスゲー!! <そこに驚くのかよ

Telegraph : Michael Schumacher drives taxi in airport dash (2007/12/13)
F1通信 : ミハエル・シューマッハ、タクシードライバーとして空港にダッシュ! (2007/12/12)
7度のF1ワールドチャンピオンは空港に向かうタクシーに乗ったが、飛行機に間に合うようドライバーと運転を交代したというのだ。
タクシードライバーのキャビー・トゥンジェル・ユルマズは、伝説のレーシング・ドライバーが運転をするのを畏敬の念を持って見守った。
ユルマズ氏はドイツ紙 "Muenchner Abendzeitung" に「乗客用シートに座っているだけでも十分変だったが、『シューミ』が僕のタクシーのハンドルを握っているなんて信じられなかった」と語った。
スイスに住むシューマッハは、9日ドイツ・バヴァリア地方のコブルク近くにある飛行場に到着し、新しい子犬を受け取るためにタクシーでゲヒュエルツに向かった。
そして、飛行場への帰り道(30km)、シューマッハは時間がないと感じてユルマズ氏に丁寧に運転を代わってほしいと頼んだ。
シューマッハは妻とふたりの子供と、新しく家族の一員となったオーストラリアン・シェパードの子犬エドと共に、シューマッハはアクセルを踏み込んだ。
ドイツのアウトバーンには速度制限がないので、ドライバーはタクシーをハイ・ペースに維持することができた。
冷や汗をかいたユルマズ氏は「彼はコーナーを全開で走り、信じられないような場所で追い越しをした」と語る。
(F1通信より抜粋引用)

FMotorsports F1 : 世界最速のタクシー・ドライバー現る (2007/12/12)
運転手の名は、元7回の世界チャンピオンに輝くミハエル・シューマッハ(38歳:ドイツ)その人。
シューマッハは、家族が旅行に行くため空港まで送ったあと、志願して帰りのタクシーを自ら運転して戻ったということだ。
その間、助手席に座っていたという運転手は、「ミハエル・シューマッハが運転するクルマの横に座っているなんて、なんとも奇妙な感じで頭がおかしくなりそうだったよ」と、興奮を隠さない。
また同運転手によれば正規の料金が本来60ユーロ(約9,700円)のところ、この非合法の臨時運転手は別途、100ユーロ(約1万6千円)ものチップをくれたそうだ。
(FMotorsports F1より抜粋引用)

まるで都市伝説のような実話だな。シュー、やるじゃん!

史上最高のドライバーとも言われるシューのドライブするクルマに乗れて、そのうえチップまでもらえるなんて、この“正規の”タクシー・ドライバーは一生分の運を使い果たしちゃったんじゃないの?

b0039141_22294966.jpg

えぇ~!? どうしてバレちゃったの? まいったなぁ~
Photo © xpb.cc / Motorsport.com


b0039141_221145.jpg

今回シューが運転したタクシーの車種はこれ。Opel Vivalo。最高時速160km/h。
たとえシューが運転してる場面に遭遇してとしても、きっと気付かなかったろうなぁ。
まさかシューがこんなミニバンを運転してるなんて・・・・・。気付いたら爆笑しちゃいそう。
Photo © Adam Opel GmbH



マクラーレンの2人乗りF1マシンやフェラーリの3人乗りF1マシンなんかもあったけど、シューの運転するタクシーとどっちがいいかなぁ?
やっぱ2人乗りF1マシンの方かな? だって隣でシューが運転してると思ったら、落ち着かなくて楽しんでなんかいられなさそうだもんね。

今回シューがタクシーを運転した道のり、30kmの正規料金は1万円弱ってことだけど、もしシューの現役時代の1kmあたりの契約金に換算したら、いったい幾らになるんだろう?
F1ドライバーの1年間の走行距離は約2.5万km(参考:F1通信「BMW、2007年の事実と数字」より)。シューの現役時代の契約金が約44億円と言われているから、1kmあたりの報酬は17.6万円になる。で、17.6万円に30kmをかけると・・・・、なんと528万円!!
なんて贅沢なタクシードライバーだ・・・

→ 【F1】世界最速タクシー・ドライバー その名はシューマッハ 続き
[PR]
by oretch | 2007-12-15 22:15 | F1

2007年 12月 03日
シューマッハ宮殿完成
豪邸と言うより、もはや宮殿だなこりゃ。オレッチのマイホームとは桁が違うもんね。

しかも一桁じゃなくて二桁だもんね。

F1通信: ミハエル・シューマッハ、スイス・レマン湖畔の豪邸(68億円)完成 (2007/11/29)
ほぼ6年間の工事と約3,000万ポンド(68億6,645万円)の経費をかけて、F1レーシングの伝説ミハエル・シューマッハ(38歳)の豪邸がついに完成した。
これほど豪華な自宅を持つ人は少ない。この自宅はシューマッハが妻のコリーナ(38歳)とふたりの子供ジーナ・マリア(9歳)、ミック(7歳)と多くの「充実した時間」を過ごすための場所である。

彼はガソリンを入れるために外出する必要さえない。地下のガレージの下には彼のスポーツカー・コレクションのために何千ガロンを貯蔵するタンクがあるのだ。
庭にはヘリポートがあり、500万ポンド(11億4,440万円)のクルーザー用の個人用桟橋が、水際の林のなかに隠されている。
豪邸には寝室8つ、浴室5つがあり、キッチン単独でも300万ポンド(6億8,664万円)を要した。30人用のプライベート映写室、ジャグジー、スチームサウナ、屋内温水プール、天然の礁湖を模した屋外温水プール2つがある。
また塔の中には7度のワールドチャンピオンのトロフィ・ルームもある。この塔に使われているドイツ製の光沢仕上げの金属瓦は40万ポンド(9,155万円)と噂されている。

大理石のフロア、シルクの壁紙、木部はすべてセコイアなどのインテリアが完成したあと、一家は元旦に引越しする予定である。
(F1通信より抜粋引用)

b0039141_051928.jpg

レマン湖畔に建つシューマッハ御殿。湖の対岸はフランス。

b0039141_164011.jpg

シューマッハ御殿全景。敷地の広さは東京ドーム何杯分?

b0039141_0515394.jpg

半地下フロアの開口部に見えるところは、サンダーバード2号の発進口。
発進口から湖畔にかけての庭の下にはスキージャンプ台が隠されている。

b0039141_0524891.jpg

地下のガレージには、フェラーリ・エンツォ、ブガッティ・ベイロン、マクラーレンF1などなど
自慢のカーコレクションが納まってるわけやね。
Photos © xpb.cc / Motorsport.com


キッチンの費用だけでオレッチの家が10軒以上建っちゃうわけか。
たぶん、ジーナ・マリアちゃんの素敵なお部屋の方がオレッチの家より豪華だよ。

なんかもうスケールが違いすぎて僻む気にもなりませーん。


ちなみに、google map上ではまだ完成してない。




ライコネンは乗馬の選手である奥さんのために馬を4頭飼っているらしいけどさ、馬を飼える家ってどんだけデカイの?
[PR]
by oretch | 2007-12-03 22:50 | F1

2007年 05月 19日
人類が宇宙最強
火星人のトライポット?

ゼントラーディの戦闘ポッド?

そんなんオモチャみてーなもん、屁でもねぇよ!

かかってこいや、宇宙人!!




b0039141_1441748.jpg


More
[PR]
by oretch | 2007-05-19 01:57 | 雑記

2007年 01月 16日
リアル・メーヴェ
すげぇ・・・・

ラジコンは知ってたけど、まさか人が載れる機体まで作れるとは思わなかった。

オープンスカイ2.0 主要展示作品

まぁ、B2ステルス爆撃機みたいなのが実際にあるんだから、できるっちゃあ、できるもんなんだなぁ。

このクリエイターの人、どっかで名前を聞いたことあるなぁ、と思ったら、「ポストペット」開発した人だったのね。
楽しい人生だろうなぁ。



久しぶりにgoogle mapsの航空写真に写ってるB2爆撃機を見てみようと思ったら消えてた。
やっぱりステルスなのに写ってちゃマズかった(笑)?

以前はこんな風にバッチリ写っていたけど、現在は何も無い状態。
周囲の様子から考えるに、加工されたわけじゃなくて、写真が置き換えられたみたいね。
[PR]
by oretch | 2007-01-16 22:14 | 雑記

2005年 07月 10日
WGPサーキットを旅してみた
Google Mapsは、衛星写真は世界をカバーしたけど、地図の方は北米とイギリスのみなので、探すの大変かな~、と思いましたが、さすがインターネット。こんな便利なサイトがありました。おかげでサクサク全コース見つけられた。
Motor Racing Circuits Database

ってことで、今シーズンのカレンダーに載っているサーキットを中心に、過去の懐かしいサーキットまで、全部まとめて行ってみよう!

2005 Season

  R01 Circuito de Jerez - Spain
  R02 Circuito do Estoril - Portugal
  R03 Shanghai International Circuit - China
  R04 Le Mans Circuit des 24 Heures - France
  R05 Autodromo Internazionale del Mugello - Italy
  R06 Circuit de Catalunya - Spain
  R07 TT Circuit Assen - Netherlands
  R08 Mazda Raceway Laguna Seca - United States
  R09 Donington Park - Great Britain
  R10 Sachsenring Circuit - Germany
  R11 Automotodrom Brno - Czech
  R12 ツインリンクもてぎ - Japan
  R13 Sepang Internation Circuit - Malaysia
  R14 Losail International Circuit - Quatar
  R15 Phillip Island Circuit - Australia
  R16 Istanbul Racing Circuit - Turkey
  R17 Circuit de la Comunitat Valenciana Ricardo Tormo - Spain

Extra

  ・ Autodromo Municipal De La Cuidad De Buenos Aires - Argentina
  ・ Salzburgring - Austria
  ・ Circuit de Spa Francorchamps - Belgium
  ・ Autodromo Nelson Piquet - Brazil
  ・ Rijeka - Croatia
  ・ Circuit Paul Ricard - France
  ・ Hockenheimring - Germany
  ・ Isle of Man - Great Britain
  ・ Silverstone Circuit - Great Britain
  ・ Hungaroring - Hungary
  ・ Autodromo Enzo & Dino Ferrari - Italy
  ・ Autodromo Santamonica - Italy
  ・ 鈴鹿インターナショナル・レーシング・コース - Japan
  ・ Phakisa Freeway - South Africa
  ・ Circuito Permanente Del Jarama - Spain
  ・ Scandinavia Raceway (Anderstorp) - Sweden

More
[PR]
by oretch | 2005-07-10 15:11 | MotoGP