2005年 11月 16日
レーシングマシンの最高速の話 その1
少し古いネタだけど。11月6日、BARホンダが最高速記録に挑戦して415km/hをマークしたという話。

FMotorsports.nifty : B.A.R・ホンダ、史上最速415キロ記録!! (2005/11/7)

もともと有名なソルトレークの塩湖(←なんか変な文章だな)での最高速記録イベントにチャレンジする予定だったのが、湖に水が張っちゃってできなくなったのでターゲットを来年のボンネビルの最高速チャレンジに変更。その準備走行として、モハベ砂漠でトライして上記最高速を記録したとのこと。

モータースポーツのメカニカルな面にも関心のあるオレッチは、「F1とかMotoGPとかのレーシングマシンって、マックスで何km/h出せるんだろう?」と、昔から強い興味を持っていた。
でも、年々記録される最高速は確かに上昇しているものの、サーキットを走るマシンは最高速よりもラップタイムの方が重要だから、コーナリングスピードや加減速重視で開発&セッティングされるし、近年は安全性のためにできるだけ速度を落とそう落とそうとしているから、まるでデキモノのようにシケインがぼこぼこと作られたおかげでホームストレートは短くなって最高速を伸ばす余地が減ってるしで、むしろ最高速方向のポテンシャルは年々プライオリティが下がってきている。
だからそれに反比例するようにオレッチのレーシングマシンの最高速に対する興味は強まっていた。なので「ドゥカがテストで340km/hオーバー!」なんてニュースなんかを聞くと思わずワクワクしたもんだ。

今回のBARホンダのチャレンジに対しては「だから何?」って感じの反応もあるみたいだし、415km/hという記録は実は予想していたよりも低かったのだけど、オレッチにとっては長年の疑問に一つの答えを出してくれたのでとてもバリューの高いニュースだった。

今回は準備走行ということで、来年の本番ではさらに記録を伸ばすことが期待できそう。430km/hくらいは行くんじゃないかなぁ?

それと、同じホンダだし次はMotoGPマシンでもチャレンジしてみて欲しいな。
こっちの記録は、そうだなぁ、エアロダイナミクスで劣ってる分、380km/hくらいかな?

福井社長サン、鶴の一声で是非。
[PR]
by oretch | 2005-11-16 21:49 | モータースポーツ

<< レーシングマシンの最高速の話 その2 カーオブザイヤーって何だ? >>